フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0040【 幽光差す 水祖神 御神水(みず) 冷たし 】 | トップページ | 「コーヒーが冷めないうちに/川口俊和」を読みました。 »

2024/04/08

俳句を詠んでみる_0041【 花冷えに 雨落ち 記憶も流れる 】

20240406_03_hanabie

暖かいなと思えば突然寒くなったりするこの頃、そんな日に詠んでみました。

【 花冷えに 雨落ち 記憶も流れる 】

《背景》季語:花冷え[春]
桜の咲く頃、不意に陽気が変わり、突然の寒さ。
雨まで降ってきて、何か良い想い出などの記憶までも流れ去ってしまいそうな気になる。

 

« 俳句を詠んでみる_0040【 幽光差す 水祖神 御神水(みず) 冷たし 】 | トップページ | 「コーヒーが冷めないうちに/川口俊和」を読みました。 »

自然・四季」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0040【 幽光差す 水祖神 御神水(みず) 冷たし 】 | トップページ | 「コーヒーが冷めないうちに/川口俊和」を読みました。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック