フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0067【 秋深し オープンリールで 耳コピー 】 | トップページ | 「某飲某食 デパ地下絵日記/東海林さだお」を読みました。 »

2024/04/22

俳句を詠んでみる_0068【 かかりつけの 漢方苦し 春の泥 】

20240418_07_kanpouyaku_001

現在、かかりつけ医は漢方内科の先生です。漢方中心にしてから調子がいい!そこで一句詠みました。

【 かかりつけの 漢方苦し 春の泥 】

《背景》季語:春の泥[春]
春先のぬかるんだ道での歩きに難儀するように、かかりつけ医から新たに処方された漢方の苦さにはなかなか慣れない。

 

« 俳句を詠んでみる_0067【 秋深し オープンリールで 耳コピー 】 | トップページ | 「某飲某食 デパ地下絵日記/東海林さだお」を読みました。 »

心と体」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0067【 秋深し オープンリールで 耳コピー 】 | トップページ | 「某飲某食 デパ地下絵日記/東海林さだお」を読みました。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック