フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0073【 足早き 白魚の如し 手も触れず 】 | トップページ | 「車のある風景/松任谷正隆」を読みました。 »

2024/04/25

俳句を詠んでみる_0074【 スコッチでハイボール 立夏 喉に沁む 】

20240417_highball_001

暑い日になりそうです。そんな日のことを思った句のストックがありましたのでアップいたします。

【 スコッチでハイボール 立夏 喉に沁む 】

《背景》季語:立夏[夏]
春から夏へ、夏の気の立つような日、すこし奢ってスコッチを使ってハイボールを作ってみた。
夏の始まり、スコッチと炭酸が喉に沁みた。

 

« 俳句を詠んでみる_0073【 足早き 白魚の如し 手も触れず 】 | トップページ | 「車のある風景/松任谷正隆」を読みました。 »

お酒」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0073【 足早き 白魚の如し 手も触れず 】 | トップページ | 「車のある風景/松任谷正隆」を読みました。 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック