フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0047【 春の空 部下四年ぶり 携帯で 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0049【 ぬくめ酒 温度計差す手 鮮やか 】 »

2024/04/12

俳句を詠んでみる_0048【 師との旅 菜の花色の ローカル線 】

20240409_03_nanohana_rocal_railway

元職場の上司とあちこち歩いた想い出を詠みました。

【 師との旅 菜の花色の ローカル線 】

《背景》季語:菜の花[春]
かつての職場の上司は、同じ課に勤務している時も良くしていただいたが、その後ご本人の退職前あたりから、退職されてからも色々なところへ誘ってくださった。
私は“師匠”と呼んで、名所や山、川、海、おいしいものなども沢山教わった。
千葉のローカル線、いすみ鉄道も楽しい想い出となった。
菜の花の中を、黄色い車体の列車が走る姿が印象的な鉄道だった。

 

« 俳句を詠んでみる_0047【 春の空 部下四年ぶり 携帯で 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0049【 ぬくめ酒 温度計差す手 鮮やか 】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

様々な交流」カテゴリの記事

想い出交錯」カテゴリの記事

建物・風景」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0047【 春の空 部下四年ぶり 携帯で 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0049【 ぬくめ酒 温度計差す手 鮮やか 】 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック