フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0069【 音ハズれ 色なき風に 乗るギター 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0071【 木の撥(ばち)で シンバル叩く音 冷たし 】 »

2024/04/23

俳句を詠んでみる_0070【 窓に夕焼け 地下鉄 地上に出る 】

20240421_03_tokyo_metro

地下鉄が地上に出たときの瞬間の感覚で一句詠みました。

【 窓に夕焼け 地下鉄 地上に出る 】

《背景》季語:夕焼け[夏]
東京に通勤していた頃。
夏の日は長く、帰宅の地下鉄が乗り換え駅の新木場に近づくと地上に出てくる。
さっきまでの夏の午後の風景が夕景に変わっていた。

 

« 俳句を詠んでみる_0069【 音ハズれ 色なき風に 乗るギター 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0071【 木の撥(ばち)で シンバル叩く音 冷たし 】 »

建物・風景」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0069【 音ハズれ 色なき風に 乗るギター 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0071【 木の撥(ばち)で シンバル叩く音 冷たし 】 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック