フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 城山三郎さんの「この命、何をあくせく」を再読しました。 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0051【 春暑し 昼日中から 酌み交はす 】 »

2024/04/13

俳句を詠んでみる_0050【 神の住む 音なき春の 道を往く 】

20240409_02_otonaki_haru

最近は妻と神社参りが楽しくなってきました。そこで一句。

【 神の住む 音なき春の 道を往く 】

《背景》季語:春[春]
昨年あたりから、妻と神社巡りをすることが二人のたのしみとなった。
神社へ向かって二人で歩いていると、段々と神様に近づいているのだなと、実感する。
いい日和、静寂の道を歩く。

 

« 城山三郎さんの「この命、何をあくせく」を再読しました。 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0051【 春暑し 昼日中から 酌み交はす 】 »

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 城山三郎さんの「この命、何をあくせく」を再読しました。 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0051【 春暑し 昼日中から 酌み交はす 】 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック