フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0070【 窓に夕焼け 地下鉄 地上に出る 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0072【 冬の星 血中濃度 見て祈る 】 »

2024/04/23

俳句を詠んでみる_0071【 木の撥(ばち)で シンバル叩く音 冷たし 】

20240412_07_cymbal_001

また楽器のことで一句、高校生の頃を思い出して詠みました。

【 木の撥(ばち)で シンバル叩く音 冷たし 】

《背景》季語:冷たし[冬]
高校の頃からバンドを作り、楽器はドラムだった。
冬の寒い部屋での練習、木製スティックのチップ(先の丸くなっている部分)が金属製のシンバルに当たる音は、木と金属のぶつかるカツーン・カツーンという、叩いている者だけが聞くことの出来る冷たい音だった。

 

« 俳句を詠んでみる_0070【 窓に夕焼け 地下鉄 地上に出る 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0072【 冬の星 血中濃度 見て祈る 】 »

音楽」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

オトナのグッズ」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0070【 窓に夕焼け 地下鉄 地上に出る 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0072【 冬の星 血中濃度 見て祈る 】 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック