フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0048【 師との旅 菜の花色の ローカル線 】 | トップページ | 城山三郎さんの「この命、何をあくせく」を再読しました。 »

2024/04/12

俳句を詠んでみる_0049【 ぬくめ酒 温度計差す手 鮮やか 】

20240405_003_sakekan_ondokei

セルフで燗酒にするお店に行ったときの様子で一句。

【 ぬくめ酒 温度計差す手 鮮やか 】

《背景》季語:ぬくめ酒[秋]
銘酒を選び、セルフで燗をする店に、お酒好きな女性と行ってみた。
温度計が用意されていて、自分の好みの温度を探るのが楽しい。
彼女は鮮やかな手つきでスッと温度計を差し、「ここだ」というところでコップに移し、笑顔で呑みだした。

 

« 俳句を詠んでみる_0048【 師との旅 菜の花色の ローカル線 】 | トップページ | 城山三郎さんの「この命、何をあくせく」を再読しました。 »

お酒」カテゴリの記事

様々な交流」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0048【 師との旅 菜の花色の ローカル線 】 | トップページ | 城山三郎さんの「この命、何をあくせく」を再読しました。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック