フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0034【 花曇(はなぐもり) なやみのとげを 抜く仕事 】 | トップページ | 「一年であなたの俳句はここまで伸びる/辻桃子」を読みました。 »

2024/04/05

俳句を詠んでみる_0035【 春浅し 油抜き ヒーター軽し 】

20240415_heater_001

俳句ストック分解放中(*^^*)
今回はヒーターを一台しまったので、そのときを詠みました。

俳句を詠んでみる_0035【 春浅し 油抜き ヒーター軽し 】

《背景》季語:春浅し[春]
春になってまだ間もない春色整わぬ時期。
冬の余韻を感じつつ、ヒーターの灯油を抜いて物置にしまう。
油がゼロになり軽くなったが、何か寂しい。

 

« 俳句を詠んでみる_0034【 花曇(はなぐもり) なやみのとげを 抜く仕事 】 | トップページ | 「一年であなたの俳句はここまで伸びる/辻桃子」を読みました。 »

自然・四季」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0034【 花曇(はなぐもり) なやみのとげを 抜く仕事 】 | トップページ | 「一年であなたの俳句はここまで伸びる/辻桃子」を読みました。 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック