フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0088【 甘酒で 喉湿し 明神詣で 】 | トップページ | 「全身翻訳家/鴻巣友季子」を読みました。 »

2024/05/07

俳句を詠んでみる_0089【 記憶というタイムマシン あの夏野へ 】

20240503_03_natsuno_001

子供の頃テレビで見たイギリスの映画「タイムマシン」の中でのセリフを思い出して一句詠みました。

【 記憶というタイムマシン あの夏野へ 】

《背景》季語:夏野[夏]
「人は皆、記憶というタイムマシンを持ち、過去のあの日に記憶が連れていってくれる」
「未来へは希望がタイムマシンとなり、連れていってくれる」と、イギリスの古い「タイムマシン」という映画が子供の頃の私に教えてくれた。
あの少年の頃の夏休みの夏草が生い茂り、草いきれの立つ、見渡す限りの緑の夏の原、もう一度行ってみたい。

 

« 俳句を詠んでみる_0088【 甘酒で 喉湿し 明神詣で 】 | トップページ | 「全身翻訳家/鴻巣友季子」を読みました。 »

想い出交錯」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0088【 甘酒で 喉湿し 明神詣で 】 | トップページ | 「全身翻訳家/鴻巣友季子」を読みました。 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック