フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0116【 夜涼(やりょう)に遊ぶ 貴女 寝顔を知らず 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0117【 時鳥(ほととぎす)かの声にて 窘(たしな)められ 】 »

2024/05/30

「すごい言い訳!/中川越」を読みました。

20240530_nakagawa_etsu_001

『すごい言い訳!/中川越著(新潮社)』という本を読みました。
2019年発行の本ですが、古本で手に入れました。

内容としては・・浮気を疑われている、生活費が底をついた、原稿が締切までに書けない、酒で失敗した、などなどのことから相手方に自分の文筆力を生かして ^^; 手紙等で言い訳する文豪達の実際の文章を紹介し、解説するという本です。

芥川龍之介、谷崎潤一郎、林芙美子、武者小路実篤、太宰治、宮沢賢治、室生犀星、森鴎外、川端康成、まだまだ文豪のお歴々の「言い訳」が次から次へと紹介されていくのです。

二股疑惑をかけられ、命がけで否定する芥川龍之介

下心アリアリのデートの誘いを見事に断る巨匠、樋口一葉

恋人を親友に奪われ、やせ我慢する寺山修司

などなど(^_^;)どれもこれも文豪が書いた手紙や詫び状だから、なんだかありがたいような気になるのですが、けっこう見苦しかったり、恥ずかしいところがあったりで、同じ人間なんだな・・などと安心したりもするのでした。

特に借金をするときの“図々しさ”や、日頃の無作法を詫びるときの本当に詫びているのか?と思えるような傲慢さなども特筆すべきものがあり、今となっては笑い話として読めるものとなっておりました。

やらかした失礼や失態についての言い訳も見どころが多く、挙句に素人でもなかなかやらない「深酒で覚えていない」という言い訳をする北原白秋も“強行中央突破”的ですが、時代が時代なだけに、まあなんとか許されたのでしょう、面白かった(^-^;

今や、手紙など「紙」として証拠に残るような形での言い訳は珍しくなりましたが、「紙」故に残っていた数々の言い訳、実に興味深く、人間の機微を知るところとなりました。

 

« 俳句を詠んでみる_0116【 夜涼(やりょう)に遊ぶ 貴女 寝顔を知らず 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0117【 時鳥(ほととぎす)かの声にて 窘(たしな)められ 】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0116【 夜涼(やりょう)に遊ぶ 貴女 寝顔を知らず 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0117【 時鳥(ほととぎす)かの声にて 窘(たしな)められ 】 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック