フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0094【 蕎麦 古本 珈琲で 秋過ごす 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0096【 夏に 長男のカレー あついめし 】 »

2024/05/10

俳句を詠んでみる_0095【 埋み(うづみ)火 知るや そんな人でありたい 】

20240506_12_uzumibi_001

本を読んでいて“埋み火”というものを知りました。いい言葉だと思い一句詠んでみました。

【 埋み(うづみ)火 知るや そんな人でありたい 】

《背景》季語:埋み火[冬]
埋み火とは、灰に埋めた炭火。
ちょっとだけ火が見えるようにして灰をかぶせておく。
そうすると火鉢やこたつの炭火が長持ちしたそう。
今や季語としても“死語”に近いようだが、私はカッと赤く熾っている炭火よりも、下に隠れてはいるものの、寒い寒いと入って来た人にありがたがられる「埋み火」のようでありたいと思った。

 

« 俳句を詠んでみる_0094【 蕎麦 古本 珈琲で 秋過ごす 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0096【 夏に 長男のカレー あついめし 】 »

しみじみモード、私の気持ち」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0094【 蕎麦 古本 珈琲で 秋過ごす 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0096【 夏に 長男のカレー あついめし 】 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック