フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「炊飯器とキーボード ~エッセイストの12カ月/岸本葉子」を読みました。 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0115【 南風(みなみ)吹く あの街 知らぬ街のよう 】 »

2024/05/28

俳句を詠んでみる_0114【 夏の空 ながらへて知る 逢わぬ恋 】

20240526_03_summer_sky_001

長い人生経験を振り返って色々なことをふと思うことがある。
今回は創作で詠んでみました。

【 夏の空 ながらへて知る 逢わぬ恋 】

《背景》季語:夏の空[夏]
夏の空を見上げていると、逢えぬ人のことを想う瞬間がある。
しかし人生長い年月を経ると、そんな時でも「逢わぬ恋」もあると知ることになる。
大人にしかわからないものだ。

 

« 「炊飯器とキーボード ~エッセイストの12カ月/岸本葉子」を読みました。 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0115【 南風(みなみ)吹く あの街 知らぬ街のよう 】 »

恋愛」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「炊飯器とキーボード ~エッセイストの12カ月/岸本葉子」を読みました。 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0115【 南風(みなみ)吹く あの街 知らぬ街のよう 】 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック