フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0096【 夏に 長男のカレー あついめし 】 | トップページ | 「恋する俳句/黛まどか」を読みました。 »

2024/05/11

俳句を詠んでみる_0097【 梅干しや 腹立て にぎる 産霊(むすび)怒る 】

20240506_14_omusubi_001

初めて聞く「産霊(むすび)の信仰」という考え方を知り、一句詠んでみました。

【 梅干しや 腹立て にぎる 産霊(むすび)怒る 】

《背景》季語:梅干し[夏]
日本人には古くから、『産霊(むすび)の信仰』というものがあったと本を読んで知った。
水を飲む時もすくうとき、手を“むすんで”飲み、水の中の霊魂を体で成長させた。
にぎりめしにも、むすんだ人の心がこもると考え、子供に腹を立てながらにぎれば、おむすびは怒っているし、笑いながらにぎれば、おむすびは笑っているというのだ。
それが面白くてこの句を詠んだ。

 

« 俳句を詠んでみる_0096【 夏に 長男のカレー あついめし 】 | トップページ | 「恋する俳句/黛まどか」を読みました。 »

不思議&恐怖体験」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0096【 夏に 長男のカレー あついめし 】 | トップページ | 「恋する俳句/黛まどか」を読みました。 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック