フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 「全身翻訳家/鴻巣友季子」を読みました。 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0091【 露涼し 草花に 声かける朝 】 »

2024/05/07

俳句を詠んでみる_0090【 LINE待つ 地下駐車場 春の宵 】

20240506_05_line_001

前日にお伝えしたように、俳句のストックができましたので、本日二作目のアップです。
待ち合わせ場所でLINEの連絡を待つ様子を句にしてみました。

【 LINE待つ 地下駐車場 春の宵 】

《背景》季語:春の宵[春]
待ち合わせの場所は地下駐車場。
相手からのLINEを待って車で待機。
春の宵は、日が暮れてまだ時間も経っていなく、灯火華やかに美しい遊楽の刻である。
そんな街に繰り出すのがたのしみだ。

 

« 「全身翻訳家/鴻巣友季子」を読みました。 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0091【 露涼し 草花に 声かける朝 】 »

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「全身翻訳家/鴻巣友季子」を読みました。 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0091【 露涼し 草花に 声かける朝 】 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック