フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0125【 謹呈の栞(しおり) 見つけた 夏の夕 】 | トップページ | 映画「東京カウボーイ」を見て来ました。 »

2024/06/09

俳句を詠んでみる_0126《宝塚俳句[ミュージカル、「エリザベート」で宝塚歌劇に新たな一頁を加えた一路真輝さんを詠む]》【 一路真輝 蝦蛄葉仙人掌(しゃこばさぼてん) 黄泉(よみ)の国 】

20240601_11_ichiro_maki_001

何句か既に詠んだ“宝塚俳句”、今回は特定のトップスターについて詠む試みです。

【 一路真輝 蝦蛄葉仙人掌(しゃこばさぼてん) 黄泉(よみ)の国 】

《背景》季語:蝦蛄葉仙人掌[冬]
これは、宝塚の、しかも特定のトップスターに因んでの一句。
一路真輝は宝塚歌劇団・雪組の男役トップスターだった。
退団公演で演じた「エリザベート」の「トート」は死神で、皇妃エリザベートを死にいざなう役。
当時のオールドファンからは、その役柄に対し批判があったが、やがてその役の魅力に観客は虜になる。
遂には宝塚歌劇を代表する演目となる。
季語に選んだ「蝦蛄葉仙人掌」は、12月から1月に開花するもので、その蝦蛄葉仙人掌という名前にしても、棘状の鋭い突起がある特徴にしても、美しい花を咲かせる姿も、黄泉の国の帝王「トート」のように感じました。
今も光り輝く一路真輝さんを讃えて一句詠みました。

 

« 俳句を詠んでみる_0125【 謹呈の栞(しおり) 見つけた 夏の夕 】 | トップページ | 映画「東京カウボーイ」を見て来ました。 »

宝塚」カテゴリの記事

俳句を詠んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0125【 謹呈の栞(しおり) 見つけた 夏の夕 】 | トップページ | 映画「東京カウボーイ」を見て来ました。 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック