フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

« 俳句を詠んでみる_0138《宝塚俳句[ミュージカル Me & My Girl に登場した弁護士役 未沙のえる さんの名演に捧げる]》【 お屋敷の弁護士 胸に薔薇ひとつ 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0139【 炎天の びしょ濡れゾーン 悲鳴立つ 】 »

2024/06/21

「東海林さだおのフルコース“丸かじり傑作選”」を読みました。

20240621_shoji_sadao_001

『東海林さだおのフルコース “丸かじり”傑作選/東海林さだお著(朝日文庫)』という本を古本で手に入れ、読みました。
2001年第一刷発行となっていますが、東海林さんのヒット・シリーズ、“丸かじり”シリーズからの傑作選となっていました。

実に450頁に渡る分厚い文庫本です。
いくら内容が食べ物についての軽く楽しい文だと言っても、この量はかなりのもので、けっこう体力つかいました(^_^;)

福神漬けに入っている「鉈豆」というものは、どういう豆なのか、カレーを食べる時には、皆んなこれはなんだと気にしているのか、福神漬け以外で見たことあるか、などといつもの探求心は衰えを見せておりません(^^;)

この傑作選にも書かれていましたが、読者からは「くだらんこと調べたり、心配しているひまがあったら、国のことでも考えろっ!」というかなり強い語調の苦情をもらったこともあるそうで、東海林さん、でもめげません。
探求力、そして実験力も凄いのですが、東海林さんはちょっと怖いくらいの苦情でも、ギャグで対応してぐんぐん書き進んでいました。さすがです。

「海苔の醤油は内か外か」なんてテーマでもガシガシ書き込んでいますが、“大の大人”がここまで出来るというのも、立派なことです。誰も出来やしないし、やろうともしないと思いますけど(^-^;

クサヤの干物を自家製でつくれないかと、あれこれ考え、クサヤの原液は極秘企業秘密なので手に入れられないと知り、秋田の「ショッツル」、さらにベトナムの「ナンプラー」、アンチョビソースまでも用意し、アジを開いてその液体を塗り、なんちゃってクサヤを作ったりもしていました。
この人の探求心、好奇心は分別ある大人のものというよりも、まるで子供です。

「ピザ丼」なんていうものにも挑戦していて、ご飯の入った丼にピザをのせて、どうやったらうまい丼になるか、なんてのもありましたよ。
そんなもん、乗せるかいっ!!と、思いますが、やってました。
玉ねぎなども乗せていましたが、果たして・・^_^;・・まあいいでしょ、こういう人なんです。

450頁に渡る文章は、身体に応えましたが、面白い時間を過ごせました。
まだまだ東海林さんの本、古本で何冊もあります ^^; またご紹介いたしますね。

 

« 俳句を詠んでみる_0138《宝塚俳句[ミュージカル Me & My Girl に登場した弁護士役 未沙のえる さんの名演に捧げる]》【 お屋敷の弁護士 胸に薔薇ひとつ 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0139【 炎天の びしょ濡れゾーン 悲鳴立つ 】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌その2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句を詠んでみる_0138《宝塚俳句[ミュージカル Me & My Girl に登場した弁護士役 未沙のえる さんの名演に捧げる]》【 お屋敷の弁護士 胸に薔薇ひとつ 】 | トップページ | 俳句を詠んでみる_0139【 炎天の びしょ濡れゾーン 悲鳴立つ 】 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック