フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2018/06/17

北大路魯山人の「春夏秋冬 料理王国」を読んだ

20180617_kitaouji_rosanjin001

『春夏秋冬 料理王国/北大路魯山人著(中公文庫)』を読みました。

魯山人と聞いただけで、食にうるさく、素材にうるさく、下手をするとヘマな私のような人間はその誹りを免れない・・そんな印象だったのですが、この本を読んで驚いたのは、魯山人、とても静かで落ち着いた印象、しかも文体は優しく平明で、思い込みというのはおそろしいものだと気づくことになりました。

魯山人の料理に対する哲学のようなもののひとつに、料理は美術と同じだということ。
「美」がわからぬような人間に料理そのものの「美しい様子」はわからない・・そんなふうに私は理解しました。
料理は芸術であるということでしょうか。

味にこだわるのは魯山人にとって当たり前のことでしょうが、素材へのこだわり、さらに料理が盛られる食器(ご存知のとおり、魯山人はそのために窯を持ち、自分で器を焼いている)への審美眼も問われます。
さあたいへんだ、と思いつつ読みましたが、でも魯山人の意外やあまりにもわかりやすく平易な文に、「うんうんそうそう、そうかもねぇ」と肯いてしまうのでした(^_^;)

この本の中で最も興味深く、しかも魯山人本人も“乗って”書いている様子の「食通閑談」の章。
特に『鮎』について、「鮎の試食時代」「鮎の名所」「若鮎について」「鮎ははらわた」「鮎の食い方」「弦斎の鮎」「インチキ鮎」と立て続けに書かれている部分については圧巻でした。
鮎はどういう魚で、どういうふうに棲息し、どう扱って、どう食するか、その味は、味わい方は・・と、読んでいるだけでこちらも“鮎通”になったかのような錯覚に陥りましたよ(^^;)ほんと。

とにかく、私が生まれる前に書かれたとは思えないわかりやすい表現の文章には「ほんとうにそのことに詳しく、わかっている人は誰にでもわかるようにそれが語れるのだ」ということがわかりました。

私も何か説明したり、自分が持っている知識を人に披露したりするときには、こうありたいものだと思いました。
「名著」だと思いました。


【Now Playing】 Bring On The Lucie / John Lennon ( Rock )

2018/06/09

酒井順子さんの「食欲の奴隷」を読んだ

20180609_jyunko_sakai001

『食欲の奴隷/酒井順子著(角川文庫)』という本を読みました。
ブックオフ、108円でゲット!!(*^_^*)
平成4年初版発行だから、けっこう古い本ですが、内容充実でした。
酒井さん、言いたいことどんどん言ってました(^^;)

大学時代に、皆、それぞれの家庭に育つ中で、例えばカツにソースとマヨネーズをかけるのが常識になっていたりする友や、あったかいご飯に水をかけてお茶漬けする友だとか、しゃけと納豆とご飯に味噌汁、それに加えて牛乳って友もいたと、当時驚いたことが書かれていて・・。

田園調布双葉出身のお嬢様が「肉まんは、絶対にウスターソースをかけて食べるものだ」と言い張り、「何もつけず食べるものだ」と主張する酒井さんと衝突!とうとう彼女を泣かせてしまったというエピソードを書いていました。酒井さん、大人げない・・(^_^;)

周囲の非難の視線を浴びながらも「何も肉まんぐらいで泣くことねぇだろ」と、毒づく酒井さん( ̄O ̄;)・・私の学生時代の女友達にもこんな人、必ずいたなぁ、と青春の苦い一頁がよみがえりましたよ。

で、どんどん読み進んでいくと、男にはわからないような“こだわり”が書かれていて、「なんだかなぁ」となりましたが、女性には「うんうん、そうそう」ってことなんだろうなと思いました。

行列をつくってラーメン屋などに並ぶことについて、自分は並ぶときには「ほんとうは並びたくないんだけど、“仕方なく並んでいるんだという体”を見せる方法」だとか・・全然意味がわからない。

バイキング形式の食事をとるときには、まずスイーツ、ケーキ類を真っ先に見て(男でこういうのって、たぶん1000人に一人くらいだと思う、メシ食いに来てるんだからさぁ)、そこにするか決めるだとか、カフェなどでケーキセットをたのむときに、店員にケーキ・メニューの一つ一つを全部説明させるだとか、漬物が嫌いな彼と和食を食べるときに、いかにして音も立てずに、気付かれずに漬物を食べるか、・・などなど、どうでもいいことが“みっしり”と書き込まれていて、うんざりしました…σ(^_^;)

特に、結婚披露宴で席に着いた途端にメニューを見て、フォアグラでしょ、エビでしょ、フィレのパイ包み、デザートはと、果物とアイスクリームかぁ・・などと、ここでもチェックを入れているさまに驚きとうんざりが私の心に押し寄せました。
結婚式の料理なんて、はなから何も期待していないし、まあ、早く帰りたいってのが男なんだよね。

でもね、近年は、招待してくれた部下などから「料理は期待してくださいよ、二人で時間をかけて決めたんです」なんて言ってくる男もいて、そんな男の気持ちはまったくわからないおじさんになりました、私 (・_・;

というわけで、とりあえず「食欲の奴隷」は、おじさんから見て、女子が「食」に対してどんな姿勢で臨んでいるかがわかる貴重本でしたよ、おじさんにも、そして酒井さんに同調する女性にもおもしろい本じゃないでしょうか。


【Now Playing】 (I Can't Get No)Satisfaction / The Rolling Stones ( Rock )

2018/05/31

門前仲町あたりを歩いてきた 【3/3】

20180527_nomikai001

門前仲町散策も深川不動堂の濃いものも含め、終了。
夕方になってきましたので・・ちょっと飲みましょうか、ということになりました。

本格的にいく前に、富岡永代通り沿いにある、ちょっと風変わりな店構えの「タイガー餃子会館 門前仲町店」立ち寄りました。


20180527_nomikai002

生ビールと“ぷっくり餃子”、“坦々麻辣餃子”を注文。
まずは喉を潤すってことで「乾杯」!!(^-^)/☆

こういうときに、今日あったことがクルクルと頭の中を巡ります。
初めて来たけど、来てよかった、あの護摩焚きの炎にはなんだか心の中のいやなものが消え去ったような気がしたなあ、などと思ったのです。

餃子で軽く一杯やったあとは、まだまだ辺りがそんなに暗くなっていなかったのですが、開いていた深川公園前にある「おごじょ家 門前仲町店」に入りました。
ここは靴を脱いでゆっくりするようなところ。


20180527_nomikai003

店名に“おごじょ”って入っていますから、もちろん焼酎の品揃えは半端じゃありませんでした。
どれを飲んでいいのやら、迷いに迷って、“変わった名前”のやつからたのんでみました。

明るいうちから飲んだので、すぐに酔ってしまい、写真を撮り逃し、残っていたのはこれだけ(*^_^*)

うしろにある容器は、芋の形をしていたのですが、それもうまく撮れてない(^_^;)

でも、おいしかったですよ'(*゚▽゚*)'
焼酎も料理も。

焼酎好きの友だちなら、ここに呼ぶといいなぁと思いました。
“よりどりみどり”です。「前割」もあった。

休日に友と遊んだ門前仲町、今回でご報告は終了です。

また楽しいところ、おもしろいところに行ったらこのブログでご紹介します!d(^_^o)
それじゃまた。


【Now Playing】 No Time Or Space / George Harrison ( Electronic Sound )

2018/05/02

『コーヒーの鬼がゆく 吉祥寺「もか」遺聞』を読んだ

20180501_shimanaka_rou01

『コーヒーの鬼がゆく 吉祥寺「もか」遺聞/嶋中労著(中公文庫)』を読みました。
これは以前このブログでご紹介した同じ嶋中さんの著書「コーヒーに憑かれた男たち」の続編とも言うべき本、コーヒーについて、そしてコーヒーにそれこそ命を懸けた男のことを書いた本でした。

自家焙煎コーヒーの世界の御三家が「コーヒーに憑かれた男たち」に登場していましたが(銀座 カフェ・ド・ランブル 関口一郎、南千住 カフェ・バッハ 田口護、吉祥寺 もか 標交紀)、この本ではタイトルのとおり、吉祥寺の「もか」標交紀(しめぎ・ゆきとし)の焙煎コーヒーに人生の全てを燃焼させた一部始終が書かれていました。

学生時代は映画にたずさわりたいという夢もあった標氏、生活のためにコーヒー屋をやって一時をしのごうなんてことでコーヒーに関わりを持ち、やがて売れるためには・・と思案の挙げ句、「自家焙煎」という方策に出ます。

最初はそれこそ納品されて既に焙煎されたものを、さらにフライパンで煎る、みたいなところから始まるのですが、そこからコーヒーの“底なし”な世界に魅了され、むしろ“底なし地獄”のようなところにはまってしまうのです。
それについていった奥さんの苦労の数々も書かれていましたが、まさに夫婦二人三脚、地獄の果てまで二人でコーヒーの世界を極めようと突き進む物語・・読んでいるだけで過酷なものでした。

不器用で客扱いも下手、しかも自分が「これだ」というコーヒーを客が残したりすると大きなショックを受け、精神的に大きなダメージを受けてしまう一本気・・というか、あまりにも人生の荒波をまっすぐに泳ぎすぎる標氏。

師となる襟立氏との出会いや、手廻し焙煎から始めた挑戦、コーヒー豆の現状の問題、何度にも渡る世界各国へのコーヒー行脚等々、コーヒーのように中身の“濃ぉ~い”(^_^;)コーヒー話の数々、食い入るように読みました。

今までこんなにコーヒーのことを知ったことはありません。また、それに関わる人達の情熱についても。

“熱い”本でした。


【Now Playing】 Like Someone In Love / Duke Pearson ( Jazz )

2018/04/09

「コーヒーに憑かれた男たち」を読んだ

20180408_shimanaka_rou01

『コーヒーに憑かれた男たち/嶋中労著(中公文庫)』を読みました。
この本は、コーヒー屋の御三家と呼ばれた名人についてのお話が中心になっています。
関口一郎(銀座「カフェ・ド・ランブル」)、田口護(南千住「カフェ・バッハ」)、標交紀・しめぎゆきとし(吉祥寺「もか」)の三人です。

とにかく、それぞれがそれぞれにコーヒーに“取り憑かれた”というくらいの人生を歩んでいたことが綿々と書かれています。

日本でコーヒーが飲まれることになった黎明期から、単に焙煎されたものを買い、コーヒーを淹れていたコーヒー屋主流の時代。
さらに「焙煎」を自らやってコーヒーを淹れることによる“味の追求”をするコーヒー店が台頭してくる時代の話。

その焙煎の奥深さや、抽出の方法についても名人三人三様、また、名人を取り巻く人達が見た名人達の人間的な魅力についても書かれていて、引き込まれます。

私もたまたま昨年から何十年ぶりに豆を挽いてコーヒーを淹れ、家族と共に楽しむようになりました。これは長男が父の日にミルと豆を買ってきてくれてからです。
そしてまた、たまたま職場の人から紹介された自家焙煎をやっているコーヒー店を紹介され、そこで美味しいコーヒーを味わい、さらにコーヒーに対する興味がわいてきました。

それまでコーヒーに対しては雰囲気のよい店であれば、味わいそのものは“そこそこ”でいい、みたいなところがあったのですが、今やそんなわけにはいかなくなってきました。
ましてや、この本を読んでしまったからには。

でも、この本に出てくる名人のような人生そのものを懸けてコーヒーを淹れるという世界は、まだまだまったく理解が及ばないところです。

今の段階で私が思うのは、コーヒーの味わいを追求しているマスターがいて、そのお店に独特の雰囲気というか、惹きつけるような魅力があり、そこに集まってくる人達から自然に心地良い空間が生み出される・・そんな中で味わうコーヒーが美味しいのでは、というところでしょうか。

だから、千葉市の中央区、大巌寺にある「じゃくう鳥」というコーヒー店は今、コーヒーと共に何かを感じ、期待し、居心地よく過ごせる場所となっているのです。

コーヒーには、そういう世界があるんですよねぇ。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 柴田祐規子 ( NHK-AM )

2018/04/04

支那そば「うみ」に行ってみた

20180331_umi01

前回の八街にあるジャズ喫茶ブルックリンを出たあと、ちょっと気になっていたラーメン屋さんに行ってみることにしました。

JR八街駅から歩いてすぐそこにある「支那そば・うみ」です。
ブルックリンをネット検索していたときに、たまたま画面に現われたラーメン屋さんでした。

割と近年開店したようなのですが、「八街でいちばんウマい!」なんて評価が載せられていると何だか気になったのです。
で、行ってみましたd(^_^o)

写真が載っていたワンタンメン関係が美味しそうに見えたので、「エビワンタンメン」を所望・・(゚ー゚*)。oO


20180331_umi02

店内は明るくて、若い学生さんなどが入って来そうな雰囲気でした。
私が入ったときには、家族で食べている方がいて、そのあと年配の方が一人で食べていましたが、「やっぱり、ここがいちばんだね」などと、お店の方と“和気あいあい”な感じがとてもよい(#^.^#)

私が入って来たときも明るい声で「いらっしゃいませ」とハキハキしているのが好印象でした。
なんだかわからんけど、“強面”な人が麺を茹でてたり、「ラッシャ~イ!!!」みたいに、こちらがビクつくような威勢のよさもなく、安心です。別にラーメン屋さんが体育会系になる必要なんかないもんねぇ。

「エビワンタンメン」はおいしかったよぉ~'(*゚▽゚*)'
ぷりぷりとしたエビワンタンは、透き通ったさっぱり系のスープに合いました。
そして麺は細麺。
上品な感じのラーメンでした。


20180331_umi03

お店は、店主らしき男性と、奥さんかもしれない女性の二人で切り盛りされていましたが、若々しくて爽やかなところがとてもいいです。

そして、私には、世間一般“こってり系”ばかりがもてはやされているような気がしているのですが、あっさり、さっぱり、旨味がよくしみでているような、こういうラーメン、大歓迎です。
家族のための偵察でもありましたので、次回は家族全員でやって来ようと思います。

八街駅付近を通る方、「支那そば・うみ」けっこういいですよ(^-^)/☆


【Now Playing】 NHKジャーナル / 朝倉あき・女優 他 ( NHK-AM )

2018/04/02

阿川弘之さんの「食味風々録(しょくみぶうぶうろく)」を読んだ

20180401_hiroyuki_agawa01

『食味風々録(しょくみぶうぶうろく)/阿川弘之著(中公文庫)』という本を読みました。

いやもうたいへんだわ。
こんな食べ物にうるさいオヤジが家にいたんだから阿川佐和子さんは小さい頃から苦労したり、ぶつぶつ言われたり、無理やり色んなことを教え込まれたんだろうな・・と思いました。
この親の言い分をいつも子供という否応なしの境遇で聞いてきたのだ、人の話を聞くのもうまくなるし、インタビューの達人になるはずです(^_^;)

という冗談半分の話はさておいて、これだけの「食」の本を書けるのは日本広しと言えども、この阿川弘之さんはじめ、たぶんほんの数名なんじゃないかと思いました。
私には深すぎて、マニアック過ぎて、こだわり過ぎで、手に負えない感じでした。

私のような「食」の入り口にも達していない者でもちょっと面白かったのは、「サンドイッチ」の話。

アメリカではサンドイッチの概念が違うらしいという阿川さんのご意見には私も賛同した。
あのサブウェイみたいなのがアメリカ感覚みたいだけど、私には食パンの耳を落としたやつにバターやマスタードを塗り、そこにハムをはさんだみたいな・・そんなのがサンドイッチです。阿川さんも同じ。

阿川さん、英国のハロッズ百貨店でサンドイッチを買い求めると・・「日本と同じだ」と驚くが、きっと当時の日本が取り入れていた“欧米もの”の基本は英国だったのだろうと気付く。

ロンドン郊外の古城を改造したホテルでサンドイッチをたのんだら、やはり日本と同じものが出たという。

1990年代初期の駐英大使の著書「英国診断」によると、英王室主催の園遊会に美味しいサンドイッチが出たのだそうです。
エリザベス女王らと歓談しながらつまむ宮廷サンドイッチで格別珍重されるのが“キュウリのサンドイッチ”?!なんですって。

キュウリは古来、値段の張る高級野菜で、庶民の手に入り難い貴重品だったらしいのです。
なので、色々なサンドイッチが並んでいても、バターを充分塗ってあるキューカンバー・サンドイッチがまず選ばれるd(^_^o)・・私も今まで“ぞんざい”に扱っていたキュウリ・サンドに今後は敬意を表したいと思います…σ(^_^;)

てなわけで、サンドイッチひとつでも話題満載の面白い「食」の本でした。
ブックオフで格安で買ったけど、価値あるものでした。


【Now Playing】 Here Comes The Sun / The Beatles ( Rock )

2018/03/21

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №028 千代田区神田神保町/OKINAWA CRAFT BEER ガチヤマ 琉球バル】

20180317_gatiyama01

前回のブログでは、神田錦町の「青二才」で日本酒を楽しみました。
最後にどうしようかということになり、今回の琉球バル「ガチヤマ」へ。

半地下にある入り口から店内に入り、天井を見上げると・・、写真のような色とりどりのグラスを傘にした照明に、なんだかちょっと“屋台”な気分も感じました。
なんかいいぞ!と思いつつメニューに目を通す。


20180317_gatiyama02

まずは泡盛がいいだろうと、私は「残波」、友は「北谷長老」ともに30度をたのみました。
もうけっこう食べて飲んだあとなので、すっきり、ぐいっといきました。
ウマい!互いに交換しても飲んでみましたが、さきほどまでの日本酒と同様その違いにうれしい驚き(#^.^#)


20180317_gatiyama03

アーサ湯豆腐と、いきなりソーキそばを頼んでしまい、歩いて飲んできただけだけど、一日の疲れを癒やしつつぼぉっとしました。

最後はどうしようかと二人で決めたのは沖縄のビール。
沖縄サンゴビールのアルトとブラックエールでシメました。
見学関係はちょっと“空振り”気味でしたが、結局はいい一日になりました。
友よ、お酒よありがとう(^-^)/☆


【Now Playing】 くにまるジャパン / 立川こしら ( 文化放送 )

2018/03/06

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №025 文京区湯島/みたび!!(*^_^*)名酒センター御茶ノ水店】

20180303_meisyu_center01

このブログで二度ご紹介した「名酒センター御茶ノ水店」。
前回のブログで書いた「ビストロ彩」で飲んでいるうちに、「やはり日本酒もちょっといきたい」(^^;)ということになり、結局、御茶ノ水に出て来てるんだから・・「あそこだよねぇ」ってなわけで(^_^;)また行っちゃいました。

もう、お店に入ったときに「初めてですか?ご説明しますか?」という問いかけにも「大丈夫、OK・OK」ずんずん中に入っていくのでありました。

さっそく、“飲み比べセット”で、大きな冷蔵棚から三本のお酒を友と二人で選びました。
写真がまずは選んだ三本。


20180303_meisyu_center02

お通しは、自分で二・三種あるものを冷蔵庫から取り出します。今回は二人でこの二種。


20180303_meisyu_center03

こっちの三本は友が選んだもの。
人によって選ぶモノが異なるのがまた面白く、互いにひとくちずつ交換して味わったりもしてみます。それがまた楽しいのです。


20180303_meisyu_center04

お通し以外にも毎回異なるおつまみ単品メニューもあり、今回はキンメのパテを。
添えられた海苔で巻いて食べてみました。
・・う・うまい・・。


20180303_meisyu_center05

一回だけでは気が済まず…σ(^_^;)二回目の三本に突入。
こっちが私が二度目に選んだ三本でしたが、友が一回目に選んだものと一本重なっていました。
なんか、気が合っちゃいました。


20180303_meisyu_center06

そしてこちらが友が選んだ二度目の三本。
“骨太”“本格派”な印象です。
さすが“日本酒好き”、やります(#^.^#)

そんなこんなで、小石川後楽園で楽しい散策をしたあとは、ハイボール大会と、この名酒センターで日本酒を堪能してお開きとなりました。

いい一日となりました。
友よ、いつもありがとう。


【Now Playing】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

2018/03/05

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №024 千代田区神田駿河台/ビストロ彩】

20180303_drinks01_2

今回は、「喰ってみた」「飲んでみた」「酔ってみた」です(^-^)/☆

前回の小石川後楽園を出たあと、近くの YEBISU BAR 東京ドームシティ店で、かるくビールを飲んでエンジンを温めたあと、いよいよ繰り出そうとしたお店が予約で満杯だったため、急遽この御茶ノ水にある「ビストロ彩」まで脚を伸ばしました。

検索では日本酒がたくさんありそうでしたが、実際はワインとなぜかハイボールの種類が多数。
でも、いっぱい歩いて喉も渇いていたので、ハイボールで爽やかにいくことにしました。

ここはコースのようなものがいくつかあって、私と友はコースをひとつだけ頼んでそれをシェアし、さらに単品を注文することにしました。
しかし、そのコースはかなりのボリュームで、途中で「二人前って言っちゃいましたかね?」とお店の人に確認してしまいましたが、「これで一人前ですよ」との返事、これはいい!!

生ハムや牡蠣、ポテトサラダなども大盛りで、しかも美味しかった'(*゚▽゚*)'


20180303_drinks02

写真は、数あるハイボールの中の「スプラッシュ・ハイボール」!!
白く見えるクラッシュアイスは、炭酸水を凍らせているので、通常のハイボールよりシュワッと爽快感が倍増となっておりましたd(^_^o)

その他私はジャックダニエル・ハイボールも飲んだのですが、こちらは“ガツン”とくる濃さ。こちらも気持ちよく酔えましたよ。

ビルの地下にあって、ちょっと隠れ家的なお店のたたずまいも良い感じ(*^_^*)
また行ってもいいな、と思えるお店でした。


【Now Playing】 ほっこり街探 / 小堺翔太 ( YouTube )

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック