フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2017/05/23

森茉莉の「紅茶と薔薇の日々」を読んだ

20170523_mari_mori01

『紅茶と薔薇の日々/森茉莉著・早川茉莉篇(ちくま文庫)』を読みました。
森茉莉さんはもちろん森鴎外の娘です。

ステェキ、ロオスト・ビイフ、サラドゥ、スゥプ、シチュウ、チョコレエト・・出てくる洋食その他の呼称もこんな感じで、昭和の洋食の雰囲気漂うその感じを味わうだけでも十分価値のある本です。

あまりの“最強・箱入り娘”ぶりに唖然としますが、いや・なに・・読んでいくうちに“慣れて”きます(^^;)

少女の頃の朝起きて学校に行くまでもすべて使用人にやってもらっている姿は、こりゃいつの時代だと思ってしまいますが、結婚してからも超然とした森茉莉ぶりに、逆に惚れ惚れとしてしまうのでした。

父親である鴎外の溺愛ぶりも“親ばか”を遙かに超え、想像を絶するものがありますし、森茉莉さんが父、鴎外の思い出について語る部分も“自慢たっぷり”(^_^;)ですが、それに辟易としないのがこれまた不思議なのでありました。

自分で一種の性格だと思うと書かれていますが、「二十五になっても三十になっても、四十になっても、永遠に情緒の世界の中では少女的情緒のまま残っていて、今でも誰かを一寸いいと思うときには、少女の心境である」と・・。

「自分では幼児的性格だと思っている。少女的情緒というよりは幼児的情緒で、何かものが解るという方面では大分おとなになっていて、だから頭でっかちで・・」とも綴っていて、それがまたこの人の魅力なんでしょう、私は恐れ入りました(*^_^*)

ただひとつ理解不能だったのは、森茉莉さんも変だと言っていますが、鴎外は葬式まんじゅうを貰うと、それを一口くらいに切り、ごはんの上に載せ、上から煎茶をかけて、お茶漬けにして食べていたという・・( ̄O ̄;)お話。

これだけは、想定外のショックを与えてくれました…σ(^_^;)


【Now Playing】 Harbour Lights / 青江三奈 ( Jazz )

2017/05/01

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №004 千葉市中央区白旗/彩蓮:さいれん(ラーメン)】

20170429_sairen01

今回の行ってみた・・は、ラーメン屋さん。割と新しくできたお店です。
場所は千葉市中央区の白旗、大森小学校の道路を隔てて向かい側にあります、通り沿いです。

お店の方もあたたかくやさしい印象、さっそくメニューを見て私は「かに玉ラーメン」、子ども達は「チャーシュー麺(塩)」と「チャーシュー麺(醤油)」を注文!
高菜の入ったラーメンも気になりましたが・・。

かに玉ラーメンは、ドンブリ一杯にかに玉が乗っかっていて(^-^)うまそぅ~。
で、うまぁ~いヽ(=´▽`=)ノ
こりゃうまい、玉子の味付けもちょうどいいっ。どんどんすすみますよ。
ちょっと平たい感じの麺とスープのからみもいいぞ。また食べたいですd(^_^o)


20170429_sairen02

お店はこぢんまりとしていて、中は明るい感じでした。
お店の方も自慢のチャーシューの特徴などを説明してくれたり、三人で行った私達に他のお客さんに移動していただいたりして、席を広くしてくれたりもしてくれて親切でした。
席を替っていただいた方、ありがとうございました。


20170429_sairen03

チャーシュー麺は塩と醤油の二種類有り、長男と長女がそれぞれにたのみました。
どちらも好評でした。
低温でつくったチャーシューは柔らかく、あまりスープの上に長く置いておくと熱が通り過ぎてしまうので、早めに食べてくださいね、と説明がありました。
私も一枚食べさせてもらいましたが、たしかに普通のチャーシューとはひと味もふた味も異なる美味しさでした(*^_^*)


【Now Playing】 グッチ裕三の日曜ヒルは話半分 / 三田寛子 ( NHK-FM )

2017/04/29

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №002 千葉市緑区平山町/杏樹絵(カフェ・ランチ)】

20170427_anjue001

この行ってみた・・シリーズ、第二弾です。
今回は千葉市緑区平山町にある「杏樹絵」というランチのみの・・カフェ。

よく“隠れ家的”なお店、なんて言うことがありますが、ここは隠れ家というよりも“探すことが困難”的なお店です(^^;)

大宮インター近くの細い道に小さな木の看板があるのみで、何のお店かもわからない。しかも、平日昼しか開いていないらしいことしか書かれていない。さらに入り口らしい道の先にほんとうに道があるのか・・というくらい信じられないような場所にある。

それでもって、ついに意を決してクルマで入って行きました。行きましたが、細道を入っていって、クルマがすれ違うのが大変な感じの道・・そしてクルマでなければここにはたどり着けません。そんなところ・・。

お店を見つけ、おそるおそる入っていくと、やさしい声に迎えられ、靴を脱いでリラックス気分で店内へ。床、ピッカピッカです'(*゚▽゚*)'


20170427_anjue002

窓ガラスはピクチャーウインドウですね、外の景色は額縁に入った一服の画です、まるで。
「御膳」というランチもありましたが、きょうは偵察的な感じでしたので、トマトのパスタランチを選択。
ていねいにつくられた印象で、添えられたサラダ、ゼリー共においしかった。
トマト味もほどよく、B級的なものではなく、おしゃれな酸味の利いた女性にウケる味です。得点高し!


20170427_anjue003

私が掛けた席から見える景色は、日中であるのにほの暗い竹藪と灯りの入った灯籠のある幻想的なもの・・時の経つのを忘れます。何しろ、何の音もしない・・いや、鳥のさえずりのみ聞こえるのです。
単にランチを楽しむというよりも、空間と時間も楽しむのがここの過ごし方なんだと思いました。


20170427_anjue004


20170427_anjue005


20170427_anjue006

駐車場から歩いて最初に見つけた「杏樹絵」の門。立派です。すごいです。最初は気後れしました。


20170427_anjue007

そして、近隣の細い道を歩いてもみたのですが、あちこちの門、入り口付近にこんなふうなものが刺されているのです。これはどういう意味のものなんでしょう。この集落独特の宗教的なものなのか。


20170427_anjue008

あたりの景色はこれまたすごい。
小鳥の声と水の流れる音しか聞こえません。時間が止まっているというか、騒がしい世間と隔絶された世界です。
だからここに来る人がいるのだと思いました。

かなり衝撃的な経験でした。「杏樹絵」あなどれない空間でした。


【Now Playing】 深層深入り 虎ノ門ニュース / 有本香、竹田恒泰 ( YouTube )

2017/04/28

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №001 神保町/ボンディ(カレー)】

20170423_bondy01

今回から新たなカテゴリーを設けました。「行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた」に決めました(^-^)
初めての「行ってみた」「喰ってみた」「飲んでみた(珈琲など)」「酔ってみた(もちろんお酒)」をリポートいたします。
要するに新鮮なインパクトを受けた初回の上記経験について書いていこうと思っています。

今回は“喰ってみた”にあたるカレー屋さんです。
神田神保町の「ボンディ(Bondy)本店」に行って、「欧風カレー」というものを食べてみたわけです。

以前にも来たことがあったのですが、神田古書センタービルの二階にあるボンディですが、二階から階段を降りてきて一階に至るまでの行列を見てあきらめたのです。

でも、今回は意を決して並びました。
カレーなので、割と回転率が良く、そんなには待ちませんでした。

階段で並んでいるときに渡されたメニューから“イチ押し”と言われた「ビーフカレー」を注文いたしました。

最初に出て来たのがこのジャガイモ。バター付きです。
これをやりながらカレーを待ちます。ついでにビールも頼んじゃった!(*^_^*)
ジャガイモ、ほくほくでおいしかったです(^-^)/☆ビールもおいしく飲めます。


20170423_bondy02

続いて待ちかねたビーフカレーの登場!'(*゚▽゚*)'
店員さんが「ビールのおつまみ、チーズ忘れてました」(^^;)と、チーズ“ふたきれ”も併せて置いていきました、ま、いいでしょ。

カレーは大きなビーフがたくさん“ごとごと”って感じで入っていて、やわらかく、味わい深くておいしかった。
カレーそのものも、「通常のカレーよりは辛いですよ」と店員さんに言われましたが、私には中辛で頼んだのですが、そんなに辛く感じませんでした。むしろ、果物などがすり入れてあると思うのですが、その甘さを感じたりもしました。
全体的には、濃厚とまではいきませんが、深く、濃い、しかも煮込み時間の長い、隠し味的な要素もあるカレーでした。おいしいと思いました!!d(^_^o)

ライスはチーズがのっているのが写真で見えるでしょうか、それにカリカリ梅と漬け物も、さらに薬味が左上に見えると思います。それらを乗せて食べると、またまたおいしさ、食欲も倍加するのでした。
ライスの量も多めなので、大盛りはあえて頼まなくてもいいと思います。

結論として、並んでまで食べても、それでもよかった、おいしかった(゚ー゚*)。oOという感想です。神保町にはまだまだ未知のカレー屋さんがあるので、このコーナーでどんどん追求していきたいと思います。
第一回はここまで!ヽ(=´▽`=)ノ


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 石澤典夫 ( NHK-AM )

2017/04/19

「その手をにぎりたい」を読んだ

20170418_asako_yuzuki01

『その手をにぎりたい/柚木麻子著(小学館文庫)』を読みました。
この小説の舞台となっている時代は、まさにバブル期。著者の柚木さんはその当時幼稚園児だった・・(^^;)・・なのに、見てきたようにあの時代が描かれていました。

主人公は女性。まさに“平野ノラ”さんがシリアスになり、バブル期の大都会に生き、高級寿司店に通い、白木のカウンターの向こうから、その田舎から東京に出て来た純朴な女性に提供される丁寧なつくりの寿司。
そこにはほのかに漂うような恋のようなものが通う・・。

女性は一度は東京で働いてみたいと、東京の中小企業に勤めるが、都会の生活も味わったし、かんぴょう農家の実家に帰ろうとして、「よく働いてくれた」と連れて行かれた高級寿司店で今まで食べたことのない“世界”に驚き、そして握ってくれた一ノ瀬という職人にもあこがれ、都会で生きていこうと決意します。

そこからはバブルに乗じて日の出の勢いをみせる不動産業界に転職。全てを仕事に捧げるかのような鬼神の働きをして主人公の女性はブイブイいわせて都会を泳ぎまくります。
いいよる男とも愛のない付き合いを二股でしつつ、突き進み、しかし初めて東京で知った高級寿司店「すし静」には常に自分をニュートラルにして通い詰め、怒濤の生活の節目節目で味わう寿司と、一ノ瀬との会話に深い人生の味わいを刻んで行きます。

もうねぇ、久しぶりに心に染み渡るいい小説でした。
この小説をバブル期に幼稚園児だった女性が書いたとは、とても思えませんでした…σ(^_^;)

物語中に出てくる“流行り物”やユーミン、ワムの曲、六本木あたりのあの頃の夜の様子・・。
ラストに向けて自分のバブルな東京での生活、人生について振り返るときの様子、そしてそれでも自分の人生をまだ前を向いて生きていこうとする主人公・・。
最後の最後であこがれの一ノ瀬としみじみと心かよわせるシーンに我が事のように大きな感動がひろがりました。

いい本だったなぁ・・、いつまでも自分の中でたいせつにしたいものを見つけたような気がしました。


【Now Playing】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

2017/04/13

「麺と日本人」を読んだ

20170413_men_to_nihonjin01

『麺と日本人/椎名誠・選 日本ペンクラブ・編(角川文庫)』を読みました。

“麺”と言えば、椎名誠さん。かつて小説新潮という雑誌で「麺の甲子園」という連載もやった方、その椎名さんが選び、日本ペンクラブが編んだという本です。
麺についての文が選ばれた方々も時代もジャンルも多士済々、渡辺淳一、五十嵐喜芳、池辺良、島崎藤村、壺井栄、桂三木助、江國香織、出久根達郎、内田百閒、山口瞳・・まだまだまだまだ、多くの方の名文が掲載されています。

全体を読んで強く感じたのは“日本人は麺好きだねぇ~”(*^_^*)ということです、誰もがそう思っていると感じます。
蕎麦、うどん、冷や麦、素麺、ラーメン、それぞれの麺にそれぞれの方が“異様”な感じでこだわっています(^_^;)・・そんなことどうでもいいじゃん、と思わず突っ込みを入れたくなるようなエピソードもありましたが、でも、私だって蕎麦やうどん、ラーメンを食べるときにはそれなりのこだわりがあったりします。
だから、人のことああだこうだと言っている場合ではないんですよね…σ(^_^;)

中には、蕎麦好きを通していたが、実は最近うどんが好きになり、うどんに凝っている・・と、そっと告白している方もいました。
なんとなくその気持ちもわかります。
蕎麦好きの人って、割と頑固でこだわりタイプの人が多いと思うし、“蕎麦打ち”を始めたなんて言って人にもそれをすすめる人もいます。
でも、うどん好きの人って、楽しく美味しく満腹になればそれで満足(#^.^#)って人が多そうです、なんとなくそういうふうに感じません?!

この本に書かれている“ガチ”な麺に対するこだわりは、読んでいてとても面白いd(^_^o)
そして、面白いと感じることのできる感覚は、いかにも日本人という気がします。
「麺好きに幸あれ!!」と思わず声高になってしまう本、楽しかった。


【Now Playing】 真相深入り 虎ノ門ニュース / 有本香、竹田恒泰 ( YouTube )

2017/04/10

『砥部焼』の魅力にあらためて気づかされた

20170409_tobeyaki01

NHKのテレビ番組に「美の壺」というタイトルのものがあります。
このあいだ録画して見ていたら、「砥部焼」について掘り下げていました。

砥部焼というと、器の“肉厚さ”と、持つ手になにか温かみを感じること、それに器に盛った食べものが冷めにくい、などという印象があります。割とどっしりとしていて、でも重過ぎず、手になじむ、そんな感じもありますね。


20170409_tobeyaki02

番組内でやっていたのですが、太い筆で描く絵柄も独特の魅力があります。
それに料理が映えるように思います。


20170409_tobeyaki03

で、写真のように実際に砥部焼に料理を盛っている様子が放送されたのですが、そのレストランを見ていたら、「あれ?ここは八千代市の“貝殻亭”じゃないか」と気づきました。
二十代の若い頃、当時の“大人”な彼女がおしえてくれた仏蘭西料理の素敵なお店です。


20170409_tobeyaki04

そうか貝殻亭は砥部焼を器として採用していたんだ、と今のこの歳になって気づきました。
思い起こすと、当時パンは貝殻亭内で焼いていて、パンの器はきれいな色の透き通るような貝殻に乗っていました。
そして、食後の珈琲の器は、給仕してくれた方が食事するときの様子を見ていて、その人そのものというカップを選んで淹れてくれました。
それが吹き出すくらいにその人そっくりな器を選ぶので何人かで行ったときには皆で大笑いになったものでした。

まだ続いていたんですね、貝殻亭。
また行ってみたくなりました。今度は家族で。


【Now Playing】 嶌信彦 人生百景「志の人たち」 / 瀬木比呂志 ( TBSラジオ )

2017/04/06

「楽しむマナー」を読んだ

20170406_tanoshimu01

『楽しむマナー/中央公論新社編(中公文庫)』という本を読みました。
著者っていうか、次々とさまざまなテーマのマナーについて書いているのは、角田光代、鎌田實、藤原政彦、乃南アサ、荻野アンナ、武内公美子、福岡伸一、さだまさし、酒井順子、綿矢りさ・・まだまだいるんですけど(*^_^*)すごい面子です。

長生きのマナーの項目で私の気持ちをググッととらえたのは、何かを好きになり、それがずっと好きであり続けられる人、そんなアマチュアの心こそが長い人生を送るうえで大切なことだと思う・・という福岡伸一さんの言葉。

何かを好きであることが、ずっとその人を支え続ける・・、とてもうれしくて、心強くなる言葉でした。

私も好きな何か、好きであり続けることができるものがとても多く、だからなんとか生きていけるのかな、(*^_^*)なんて思いました。

薬味のマナーの項目では、乃南アサさんが、カレーには「紅しょうが」だろうという意見を大提出!!d(^_^o)
一度試して・・、ほんとうにイケます・・って言ってるけど、ほんとかな、興味あります。

ついでに書いておくと、乃南さん、大阪に「紅しょうがの天ぷら」がごく当たり前に売られていることに驚いています(^_^)そしてうれしがっています。
そんな乃南さん、刻んだ紅しょうがと漬け酢で「紅しょうがご飯」を炊いているという・・(^_^;)ことで、なんだか私も食べたくなってきた・・(#^.^#)


【Now Playing】ライオンズナイター SET UP / おすぎ、沖繁義アナ ( 文化放送 )

2017/03/23

「お~い、丼(どん)」を読んだ(*^_^*)

20170323_donburi_bon01

『お~い、丼(どん)-満腹どんぶりアンソロジー-/ちくま文庫編集部 編(ちくま文庫)』という本を読みました。
タイトルそのままに、作家・著名人が“丼(どんぶり)”への思いのたけをぶっつけたエッセイが50篇も収められています。

読んでみて、あらためて日本人は“どんぶりもの”が大好きなんだね、と思いました。

天丼、カツ丼、牛丼に親子丼(#^.^#)、海鮮丼にうな丼、まだまだいくらでもあります。
それらについて、赤瀬川原平、嵐山光三郎、角田光代、杉浦日向子、團伊玖磨、平松洋子、山本晋也、吉本隆明・・まだまだたくさんの方が熱く語るのですd(^_^o)

天丼についても、揚げたものをつゆにくぐらせるのか、それともつゆを上からかけるのか・・、タネは海老を中心にするのか、いやいや野菜天ぷらが入っていなければ、などと自らの主張を強く前面に出している人もいました。

カツ丼はあえて熱々のものでなく、出前で届いた状態から蓋をしてあるものをしばらくおき、さめて冷えたものをあえて食べる・・冷めたカツ丼のなんというかわびしさが、これまたいいのだ・・なんて話も書かれていました。なんかその気持ちはわかるのです。熱々のカツ丼もいいけど、さめたカツ丼のよさっていうものもあるよ、確かに、と思ったのです。

岡山の「ドミカツ丼(ドミグラスソースのかかったものだそう)」にはまっている人も複数人いました。私も未体験です、ドミカツ丼。
あの小沢昭一さんも、わざわざ新幹線に乗ってリピーター的に食べに行っている。

団鬼録は、吉野家の“酒三本まで”というルールが気に入って、飲み会のあとに吉野家に寄り、帰宅前最後の酒をそこで三本飲み、牛丼を喰らう・・これまた男の“わびさび”のようなものを感じさせ、ぐぐっと引きつけられ、読んでしまいました。

とにかく、みんな大好きな『丼』があり、食べ方があり、行く場所があるのだと、よくわかりました。
読んでみてくださいよ、あなたも同感の、「これだよ、これ」的な食べ方の人もいるし、「そんな食べ方ありかい?!」って人もいます。それがまたそれぞれで楽しいですよ(^_^;)

今回もおすすめの「丼本」でした。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / アートは脳のチョコレート・林 容子 ( NHK-AM )

2017/03/15

“ぐだぐだ”な浅草の午後

20170310_hoppy_road01

このブログで前々回ご紹介した浅草の「伝法院庭園」で、心安らぐひとときを過し、しかもなんだか自然豊かな庭園で心安らぎつつもその空気に身の引き締まるような思いもしたのでした。

すっかり身体的にリラックスしたあとで、友と繰り出したのは浅草「ホッピー通り」でした。
もう完全に油断していてるので写真も“ぐだぐだ”です(^_^;)
通常は食べる前に撮るのにほらもう皮むいて食べてます。塩つけてね(^^;)ちょっとうしろに見えるのは筍。カウンターでお皿にのって美味しそうにたたずんでいたので注文しました。


20170310_hoppy_road02

でさぁ、ビールの写真も・・もう飲んでる…σ(^_^;)だめだねこりゃ。

友と軽く一杯やっつけてから、友から提案の雷門近くで酒屋さんがやっている呑み屋に出掛けました。


20170310_daimasu01

なんかねぇ、いっぱい日本中のお酒があるんですよ(*^_^*)さすが我が永遠の友。
行くところがちがうよねぇ。


20170310_daimasu02

ちょっとオシャレにスパークリング日本酒から始めました。
まだ明るいのに飲むって最高の贅沢です、もう気分は有頂天&ぐだぐだ(^o^)


20170310_daimasu03

気も緩んでいるので、手作りポテトサラダも・・また食べちゃってる・・(^^;)

いろいろなお酒を試しつついい時間を過しました。
皆さんにもおすすめですよ。
ちょっといつも行かないところで昼日中から飲んで、友と語り合う、これはいい!


20170310_sensouji01

そうこうしているうちに、いつの間にやら夜のとばりがおりて、二人して浅草寺に再度ライトアップされているのではないかと見に行きました。


20170310_sensouji02

いいですねぇ、日本人に生まれてよかった。
そしてこの友と知り合えてよかったと、つくづく思いつつ、雷おこしを土産に買い求め、帰宅したのでした。 ・・終わり。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 東京大学教授 山本博文 ( NHK-AM )

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック