フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2022/06/30

「一日一言 -人類の智恵-/桑原武夫編」を読みました。

20220630_kuwahara_takeo_001

『一日一言 -人類の智恵-/桑原武夫編(岩波新書)』を読みました。
これまた、ブックオフにて“100円+税”で、手に入れました。

この本は、人類の歴史上、偉大な行為をした人々の「英知」に輝く言葉、名言を偉人の生没日にあわせ、一年366日に配列し、略伝・肖像を付したものです。
ほんとうに、いろいろな偉人の様々な名言などが網羅されていて、人類の歴史をなぞっていくような感じで読みました。

今の私に響いた言葉をあげてみます。

【壮士】

人為で天下を治めようとするのは、海や河を歩いて渡ろうとし、蚊に山を負わせようとするものである。
・・・民は自然のままに放任するのが一番よいのである。
聖人はこの放任と自由をしっかりとつかんでゆく。


【墨子】

一人を殺せば、不義の行為として、かならず死罪にされる。
この論法でゆくと、十人を殺すものは、十不義を重ねたのであり、十倍の死罪にしなければならず、百人を殺すものは、百不義を重ねたのであり、百倍の死罪にしなければならない。
・・・しかし、大きく不義を犯してひとの国を攻めると、非難しないで、名誉とし、正義とする。
それが不義であることを全然ご存じない。
・・・天下の君子は、義と不義の乱れを見わけなければならないものである。


【トレーズ】

戦争、それは破滅した家庭であり、雨露しのぐ屋根もなく、パンもなく、金銭もなく、仕事もなく、路上をさまよう生活であり・・憲兵であった。
・・・そして私は誓うのだった、私の一切の力をもって、この憎むべき元兇と、戦争と、戦うことを、それを準備しそれで生活している者どもと戦うことを、戦争の永遠のギセイ者である人民を防衛することを!


かなり端折ってご紹介していますが、現在の戦争の状況を見て、とても重い言葉を過去に残していたんだな、と思いました。

なぜ、人類は、何度も戦争をして、結局、市民が犠牲になり、反省をして、そのときに残された言葉があるにも関わらず、そして後々にはその反省の言葉には目もくれず、また戦争に突入していくのだろうかと思います。

今回の戦争がなんらかの形で終結しても、また人類はもっともらしい理由を見つけてきて戦争を始めるんでしょうね。
人類は、地球上でも意外と下等な部類の生き物かもしれません。

 

2022/06/27

「ロシア点描 -まちかどから見るプーチン帝国の素顔-/小泉悠」を読みました。

20220627_koizumi_yu_001

『ロシア点描 -まちかどから見たプーチン帝国の素顔-/小泉悠著(PHP研究所)』という本を読みました。

私、不勉強で著者の小泉悠さん(東大先端科学技術研究センター専任講師)を存知上げなかったのですが、ラジオでこの方のお話を聞いて、とてもわかりやすく、おもしろいお話をされる方だと思ったのです。

書店でこの「ロシア点描」を見つけたので、さっそく読んでみることにしました。

過去、ロシア科学アカデミーなどにも在籍していた小泉さんは、ロシアにも住まれたことがあり、しかも奥様はロシア人ということで、ロシアの日常の様子などが(今までニュースやその他報道では見聞きすることが出来ないような身近な話題)、そのまま書かれていて、とても面白かった。

スーパーでの買物の仕方、レジがどんな様子か、どんなものが売っているのか。

帝国からソ連、さらに現在のロシアに至るまでの一般の人達の住居の変遷、商売の仕方なども過去の建物などを壊して改築しようとすると、その痕跡が現われて「ああ、昔はこんなことをしていたのだ」などと驚く様子も書かれていました。
この部分を読むだけでも、とても興味深く、ロシアの人達の生き方、物の考え方が今までの知識だけでは想像できなかったところまでわかるような気がしました。

また、元外交官でロシアと関わってきた、あの佐藤優さんが現役時代のロシア人とのやり取りについて書かれた書籍を過去に読んだことがあるのですが、そのときとはロシアの役人達のやり方も、かなり変化を見せていることがわかりました。

とんでもない量の「酒」を飲んで信頼を得た後に、やっと相手との信頼関係が出来るというようなことも、近年はあまり無くなっているようだということがわかりました。

ただし、変わっていないと思ったのは、一度信頼関係を築き上げたあとは、かなりの親密な人間関係となり、意外なほど深いところまで情報を得ることが出来たり、便宜を図ってもらえる・・というのは、変わっていないようでした。

それから、ロシアの地下鉄というものは、かつてドイツとの戦争の時に防空壕的な意味での発展をしていて、地下 70~80メートルくらいに展開されていたこともあり、その名残りがまだある。
また、かつてはロシア政府用の第二地下鉄網が、通常の地下鉄とは別にあったとか、国の重要な大学の地下には政府が地下で運営できるようなものが作られていたとか、地下にはまだまだ謎というか、未知の部分があるようです。
このご時世、そんなことを調べようとしたら、怖いことになるかも・・。

そして、その防空壕として使われる地下鉄の駅・・というと、今現在のウクライナの戦争報道で再現されているのです。
今になって、こんなことになるとは、誰も想像していなかったのではないでしょうか。

余談ですが、私が東京勤務時、国会議事堂や議員会館など、地下道で繋がっていることを仕事上の使用で知りました。
一般人は入ることが出来ませんが、あの大きな地下施設は、まだまだいろいろなところに繋がっているんじゃないかということは想像に難くありません。
日本も何か戦時や戦後にいろいろ考え、地下の戦略的世界があるのかも・・と思いました。

最後に、ロシア人って、ちょっと近寄りがたくて、こわい感じがしていたのですが、実はちょっと仲良くなると、“おせっかい”なくらいに、いろいろ面倒を見てくれたり、心配してくれたり、良くしてくれる人達なのだ、ということもわかりました。

わかりやすくて、読みやすく、今まで知らなかったことがたくさん書いてあり、著者の人柄までわかる、楽しい本でした。

 

2022/05/20

やったと見せかけるために作るシステム

20220520_newspaper_001

「ココア」ってアプリ、覚えていますか。
新型コロナウイルスの感染が拡大し始め、国が「入れろ入れろ」と、しつこく言って来た“感染者接近通知”をするようなアプリだったと思います。

導入直後に作動していないことが発覚し、修正するなどと、いろいろアナウンスがありましたが、現在はダウンロード数が合計でいくつになったかはわかるが、実際の利用者数も通知件数も国ではわからないんだそうです・・今朝の新聞より。

新聞の見出しにもありましたが、「アプリ 作って終わり」っていうのが、このシステムを一番表現している言葉だと思いました。
私の周囲にも、ひとりも通知があったという人はいません。
当初、「オレは入れたぞ」と自慢している人(ほとんどが公務員上がりのOB)は、とてもよく見かけました。

結論。「何の役にも立たないが、大金を掛けて作ったシステム。“作った”という実績をつくりたい人のためだけに存在しているシステム。」ということだと思います。
メディアも、国民も、もっと監視する視線をビームのように出して、こんなもの作った人間を牽制しないといけないと思いました。
だから、このブログもその牽制のひとつです。

そして、上記のような不始末の代表格が「マイナンバーシステム」だと思います。
国民全員に番号を付けたのに、世帯も、夫婦関係も親子関係も把握出来ず、もちろんコロナ禍でワクチン接種時の確認、接種券発送、接種証明どれにも使えず、給付金に使えると国が言い出したから「あやしいな」と思っていたら、実際は自治体職員に裏で手作業させ、マイナンバーシステムで交付申請が出来たと思わせるという、この時代には考えられないポンコツ・システムぶりを発揮しました。

保険証として使える・・っていうから作って実際に薬局で使おうとしたテレビ・ラジオのコメンテーターの方が時間を掛けてその様子をお話ししているのをラジオ番組で聞きましたが、すったもんだの挙げ句、ものすごく時間が掛かっただけで、最初から保険証とお薬手帳を出せばすぐに終わったと結んでいました。
そのコメンテーターの方は、マイナンバーカードの良さを伝えたいという意志でやってみたのに・・と、嘆いていました。

保険証として使えるようにすると、「何万円分だかのポイントが付くから、頼むからカードを作ってくれ」と国はまたキャンペーンを始めました。
テレビやラジオでも「マイナンバーカードを作ると“何かいいらしい”」(^_^;)という、結局いいことはほとんど無いので実に力の入らないような“腑抜け”なCMを流しています。
出演しているタレントも、あんなCMの仕事をよく引き受けたな、と思いましたが、仕事なんでしょう。ご愁傷さま。

マイナンバーカードを皆に作ってもらいたいなら、役に立つように作って、これもできるあれもできる、こんなときにこんなに便利、というシステムにすればいいだけのことです。

ただ、税金の取りっぱぐれを将来無くそうとするだけの、「高邁な理念」の無いものを作るから、あとで苦労しているのです。

ということで、書くことによって怒りが少し静まってきましたので、この辺で。

 

2022/05/17

「自分は死なない」って人

20220517_newspaper_001

ラジオを聞いていたら、こんなこと言っていました。

人間は、部位によってその期間は異なるみたいだけど、体中の細胞が、ある一定期間で入れ替わるというか更新されている。
更新される細胞は、自らが死んで新しい細胞に更新され、人間本体は生き続けていく・・。
という話だったんです。

でね、それになぞらえて、現在、世界に迷惑をかけている「プ」のつく人を例に挙げ、「自分だけは絶対に死なない。生き続ける。自分はずうっと生き残る。」と居座り続ける細胞みたいだ、というわけです。
それは、人体で言うと、《がん》だというのです。

《がん》は仲間を増やし、増殖しながら生き続けようとして、結局は本体である人間が死んでしまう・・というわけです。

自分は死ぬのだ、自分が亡くなったあとは、新しい人が受け継ぎ、そして社会(世界)はその更新により生き続けていく。・・とは、考えられない人です。

こういう人、日本にもたくさんいそうで、私思うんですけど、一度首相になったら、その職を辞したあとは、政治の世界から去る・・っていうふうに出来ないものですかね。
第一線を退いても、“院政”を敷こうとする。

自分の命は永遠だとでも思っているのでしょう(たぶん本気)、そして自分の思うが儘の世界にしようとする。

でも、そんなこと考えているから、「人々のしあわせ」なんて一度も考えたことがないんだと思うんですよ。
家族皆で晩ご飯を食べた。それだけで「しあわせ」と思う人がたくさんいるなんて、夢にも思わないことでしょう。

どこそこの国の領土をこれだけ“ぶんどった”。あの民族を全滅させた。
財産をこれだけ蓄積した。宮殿のような家を建てた。

・・そんなこと、つつましく、ささやかに生きている人たちにとっては、「しあわせ」とは何の関係もありません。

あなたの身の回り、職場組織の中にも「プ」のつく人みたいな“自分は死なずに、永遠に君臨する”って人いるんじゃありませんか。

自分がエラくなったら、あわててルールを変えて、任期を伸ばしたり、“院政”が効くような居場所をつくったりする人が、まさにその人ですよ。

ちょっとラジオを聞いていて思ったことを書いてみました。

 

2022/04/16

自分を中心にものごとを拡大しようとする人たち

20220415_newspaper_001

毎日、毎日、ニュースを聞く度に、またテレビなどで画像を見る度に悲しくなり、つらくなり、身体の具合もそれに伴って変調を来しています。
なるべく悲惨な映像は見ないようにして音声としてのニュースを聞くようにして、今起こっていることを確認することにしています。

たったひとりの男により、人々は苦しみ、悲しんで、つらい思いをして、そして罪も無いのに殺されている、そして世界中にその影響が及んで人々の生活にも暗い影を落としています。

この困った人は、自分を中心に世界が動き、自分を中心に世界を拡げ、自分のための世界をつくろうとしています。

この人が今、世界で一番の“困った人”ですが、この人を“ミニ化”した人、“ミニミニ化”した人は其処此処にもいるんじゃないでしょうか。

“露”の字のつく国の一番困った人、“中”の字のつく国の困った人、“北”の字のつく国の困った人、・・・いやいや、米の字のつく国のひとつ前の困った人もいました。“日”の字のつく国のふたつ前のえらい人も「困ったもんだ」の人でしたし、まだいろいろ口をだしています。ひとつ前の人も口を出そうと自分の派閥をつくろうとしたりしていて、その器じゃないのにミニ化した“プ”のつく人になろうと無駄なことをしているようです。

国の指導者や政治家だけでなく、企業経営者、投資家などにもそんな人がいそうです。
イー〇ン・マ〇クという人は宇宙開発や電気自動車などをやっていたのかと思いきや、今度はツイッター全株式を取得して、買収しようとしています。
国と会社の違いこそあれ、似たような印象を持ちます。
よりよい電気自動車を作っていてくれればいいのに・・。

日本での戦国の時代だって、領土を拡げ天下統一などと言って、結局やっていることは“プ”のつく人と同じことだと思います。そのためには、兄弟だって何だって殺すし、人を陥れて自分だけが生き残り、「自分の世の中」を実現しようとしてきました。

あなたの会社、職場にもミニ・プー〇ン、ミニミニ・〇ーチンはいませんか?
いないことはないでしょう、そんな人ばかりで世の中が動いているような気がしますよ。

ミニでもミニミニでも、そんな人の下にいる人は、ただ真面目にコツコツと働き、その“ミニの人”の影で苦しみ、悩み、何とか自分の良心だけを頼りに生きて、やがて死んでいくのです。

そんなことを思うと、救いようのない気がして泣きたくなりますが、そんな中、人のためになるように、そして自分の生き方を常に自分の信ずる方向に舵を保ちつつ生きていこうと思います。
それしか自分には出来ないから。

 

2022/04/10

伊集院静さんの「もう一度、歩きだすために」を読みました。

20220410_ijuin_shizuka_001

『もう一度、歩きだすために -大人の流儀11-/伊集院静著(講談社)』を読みました。
この三月に出たばかりの本です。

新しい本なので、伊集院さんご自身の病気からの回復の様子や、現在の心境なども書かれていて、少し安心しました。

ただ、愛犬が亡くなったことについては、なんどもふれられていて、その寂しさが伝わってきて、こちらも“しんみり”してしまいました。

また、新しい本ということで、コロナ禍での当時の菅首相の対応、東京オリンピック開催についても、伊集院さんは決して臆することなく、思うところを書いています。
はっきり言って、政治家も報道メディアも“腰抜け”ばかりの今の世の中で、これほど堂々とご自身の考えを述べられているのには、とても“うれしさ”と共に“共感”と“心意気”を感じました。

「国民がコロナに感染して生死の境にあるのを無視したたげの話だ」と、当時のコロナ対応の遅れについてバッサリと切り捨てています。

菅首相が人が尋ねていることと違った答えを言った後で、「どの質問にも、国民の安心と安全を、と同じことをスピーカーのように繰り返して恥ずかしくないのか」と書かれています。
私もまったく同様のことをこのブログで書きましたが、その反応は低かった。
伊集院さんのような方が“言ってこそ”だからかもしれませんが、記者や一般の人達は、当時あまりにも首相の発言・行動について批判が足りなかったと、私は今でも思っています。

この本の帯にも書かれていますが、この「大人の流儀・シリーズ」は、かなりのベストセラーになっているようです。
買っている人の多くは、たぶん私のように、「ああすっきりした、私の言いたかったことを歯に衣着せずに書いてくれている」と思うから、ベストセラーになったのだと思います。

伊集院さんは、あの大震災と、このコロナ禍を経験した私達に「体調がよくなれば、立ち上がって歩きだそう。立ち上がることができれば、次は少しずつ前へ歩み出せるものです」と書かれています。

私もこの一年、病気で体調を大きく崩し、仕事も辞め、療養半分の日々で、とても落ち込むことが週に何度もありますが、それでも少しずつ前へ歩みだそうと、この本を読んで思い直しているところです。

 

2022/03/13

落語「粗忽(そこつ)長屋」を聞いて感じたこと。

20220313_kosan_danshi_001

日曜朝の立川志の輔さんがゲストを迎えて、そのゲストと二人で落語を聞くという番組を聞きました。
ゲストはBS日テレ「深層NEWS」の隔週金曜日を担当する鈴木あづさキャスターでした。
報道局の現役記者で、最近は「水野梓」の名で社会派ミステリー小説も書いて作家デビューもしています。

志の輔さんと二人で聞いたのは、五代目・柳家小さんの「粗忽長屋」でした。

話は、身元不明の行き倒れが出た現場に出くわした八五郎が、死んでいるは同じ長屋の熊五郎だと言い、今から本人の熊五郎に「お前が死んでいる」と言って連れてくると長屋へ引き返します。

熊五郎はワケがわからずに説得され、現場に二人でやって来て「これはオレだ」と悲しみます。

周囲の者はそんなわけないと呆れるが、熊五郎も八五郎も納得しない・・(^^;)という話なんです。
小さんの“引き”の芸が見事でした。聞いているこっちも身を乗り出して現場の輪に加わっている感覚になりました。

この「粗忽長屋」を小さんの弟子であった立川談志は、『主観長屋』とタイトルを変えて演じていたそうです。

ようするに、粗忽などということでは計りきれない“強すぎる主観”を持つ人が起こす騒動ととらえたのです。

常識と非常識の戦いです。
死体を見守り、誰かこの人を知らぬかと言っているのが常識側。
この死体本人に死んでいることを教えてくる・・というのが非常識側。
なんだか自分が死んでいると説得されてしまう中間にいるのが、熊五郎。

非常識も細部だけ見ればうなずけるところがあり、それを積み上げると相手を納得させてしまう。
そして、“問題なのは”→非常識側の人間は、自分ではそれが常識だっ思っているということ。

なんか“超最近”に起こっているどこかの国の大統領・・非常識側の八五郎と“瓜二つ”です。

これは、この日のゲストの鈴木あづささんも気づいて、中国の幹部の人達にインタビューしたときも、世界が見ている中国と、幹部が見ている世界の中の中国はまるで異なっていて、まったくそれに気づいてもいないということでした。

落語を聞いただけで、これだけのことを考えることが出来たのですが・・あの戦争を止めない大統領、日本の柔道好きで知られていますが、落語も好きになって、「粗忽長屋(主観長屋)」を聞いてもらい、「あっ!」と、自分の非常識に気づいてもらいたいものです。

2022/03/09

沈黙したり、まるで何事もないようにしているということは、今起こっていることを許し、認めていることです。

20220309_newspaper_001

ニュースを見たり、聞いたりすることがつらく、怖くなり、テレビやラジオのスイッチを入れるのを、ここ数日ためらうようになってしまいました。

「人道回廊」なんて言って、ウクライナが設けた待避ルートに露軍が砲撃したり、回廊の行き先が“そいつらから逃げようとしている相手方の国”だったり、無茶苦茶です。

どうやらあの悪魔のような指導者は、KGB時代の同僚だった人達を主要とする5人程度でインナーサークルのようなものを組織して、数人で様々なことを決断しているようです。

そしてそれを今まで支援していたのが、互いに持ちつ持たれつしている「オリガルヒ」と呼ばれる、やはり元KGBを中心とした大財閥の大金持ち達だそうで・・見事に揺るがない独裁・弾圧体制が構築されているようです。

ロシア国内で、「戦争反対」のデモなどをした人達は捉えられ、その人達をウクライナの戦場に送り込む算段までしているとのこと。悪魔よりもひどい所行です。

よく、歴史の話をして、「あのとき、誰それが誰それを討った」などとうれしそうにしている人をテレビ・ラジオやその他身近なところでも見かけますが、「今、それそのようなことが現実にウクライナで起こっているんですよ」と言いたい。

そしてその陰には、泣き叫び、殺され、家族はいなくなり、今まであった生活が跡形もなく無くなり、つらいおもいをしている人達が何十万、何百万人もいるということを、もう一度心の中で思ってほしい。
あなたが好きな歴史上の出来事の最中にも同様のことが起こっていたのだ、ということに気づいて目を覚ましてほしい。

今、その歴史の真っ只中にいて、私達はSNSというものを利用できるのに、自分の思いなどを伝えようとする人が少なすぎると思います。
また、何も“思い”が無い人が多すぎると思います。

黙っていることで事態は進展してしまい、取り返しのつかないことになるのは、“ついこのあいだ”だった第二次大戦でも同様です。
そして核爆弾が日本に投下された。広島・長崎は一瞬で数十万人の人が焼かれ、街は破壊されました。その他東京他何箇所も空襲で焼け野原になってしまいました。

もう二度とこんなことがあってはいけない、核爆弾は人類が人類に対して落とすものではない、それは世界の終わりだ、と焼け野原で気づいた私達日本人なのに、「核を共有しよう」という、これまた悪魔のようなことを言う人達がいるのを知りました。

小さな声でもいい、何らかの発言をしないと事態はどんどん進行してしまう。
今回言いたかったのはこのことです。

 

2022/03/02

今の世界を生きている人間として書いておきたい。

20220302_newspaper_001

ウクライナへのロシアの侵略は続いています。
市街地を砲撃し、子供を含む市民にも死傷者が出ています。
どうやら、人道的に使用してはならないと言われている兵器も実際に使われているとの報道もありました。

先だってこのような状況下に、「日本も核の共有について議論が必要だ。タブー視してはならない。」という発言をした元〇相がいましたが、広島、長崎の人達はもちろんのこと、日本人としてこの発言に怒りを感じなければ、日本はやがて現在のウクライナのような戦火にまみれるようなことになると思いました。

現在のような緊急時に、もっともらしく人の心の動揺につけ入って、国民、市民のことなどまったく考えない、現在のロシ〇大統領のような考えで発言する人間の言うことを聞いてはいけないと思いました。

それに加えて、維〇のあの松〇という人物が、「核の共有についてタブー視するのは、きわめて“昭和的”な考えだ。」という、この男の本性を見るような発言をしている。
核を持ちたいんでしょうねえ、おそろしい人達だ。

今、ウクライナで起こっていることは、私達人類に起こっていることで、人が殺され、家族が殺され、建物が破壊され、都市も破壊されている・・それは今日本で暮らしている私達に起こったら、いったい日々をどう暮らしていけばいいのか、家族とのささやかな幸せのある生活はどうなるのか、と真剣に考えねばならないことです。

何度かこのブログに書いてきましたが、その時代にこんな発言をしている者がいた、世の中の空気、雰囲気はこういうふうだった、と後々残ったらいいなと思って書いている・・というのがブログを書くひとつの理由なのです。

この時代、さまざまなSNSを見ることになるわけですが、今のおそろしい戦争について、知人を含め書いている人はきわめて少ない。

こんなときに声をあげないで、なんのSNSか、と思うのですが、ふだんたいそうなことを書いているのに、何の発言もしない人ばかりで、ほんとうにがっかりします。

私のようなものが何を書いても、何の影響もない、と思われると思いますが、それが何十人、何百人、何千人、何万人となれば、それは「力」になるのです。

今、強く思っていることを書きました。

 

2022/02/25

想像していたとおり、おそろしいことになりました。

20220225_newspaper_001

ロシアは、一方的に「独立承認」したウクライナの東部地域にロシア軍を侵入させ、ウクライナの軍事施設、そしてキエフ、オデッサなどへの攻撃を始めました。

ウクライナという国の主権と領土を侵し、国連憲章や国際法なども無視、踏みにじっての行いは、この時代に考えられない「侵略行為」です。

プーチン大統領の演説では、今回の軍事行動はウクライナ東部地域の「要請」を受けたもので、国連憲章51条の「集団的自衛」だとしています。
一方的に「独立」を認めた地域・集団との集団的自衛などありえません、国際法上も根拠のない暴論です。

自分の生命は永遠であり、自分は支配者・皇帝であり、世界征服を狙う・・漫画じゃないんです、でも本気なんですよね。
こういう人、まだまだ何人も世界に居ますね。

国民、市民のひとり・ひとりが日々懸命に働いて、家族と共にささやかな幸せを求めているなんてこと、生まれてから一度も頭の中で考えたこともないのだろうと思います。

私は、よく「戦国武将で誰が好きですか」などという質問を受けると、「人殺しに好きな人なんかいません」と答えると、何度かこのブログに書きました。
人の命なんか、なんとも思っていないから戦を起こし、自分の私利私欲のために、征服欲のために人殺しを策謀するのです。

それを面白がるような気持ちは持ち合わせておりません。
私は、その時々の人々の生活がどうだったか、ということに興味があるのです。
だから、ほとんどが「人殺し話」の大河ドラマは見る気にもならないというわけです。

人間というものは愚かなもので、百年、千年経っても学習することが出来ないものだと思います。
ほんとうに暗い気持ちになりました。

 

より以前の記事一覧

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック