フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2018/04/26

「古典落語100席」を読んだ

20180423_koten_rakugo100seki001

『古典落語100席/立川志の輔:選・監修(PHP文庫)』という本を読みました。
簡単にいうと、滑稽噺、人情噺、艶笑噺、怪談など多岐に渡る落語の演目の代表的なものを100話選んで、そのダイジェストと、その噺にまつわる話題などもチョコッと書かれている本です。

その“チョコッ”と書かれているコメントも、寄席での噺家の切り処の異なりや、昔と今の男女の機微の違い、どんな過程を経て内容が変化してきたか、などなど興味深いものがありました。
それに、単にあらすじ的なことばかり書かれていても、飽きてしまうので、まさに“ワサビが効いて”この本の良さを引き出す形になっていました。

100席書かれていた噺ですが、8割くらいは聞いたことのある噺でした。
でもあらためてその内容を振り返ってみると、自分の聞き方に洩れがあったというか、奥行きのない聞き方をしていたかも、と思うこともありました。

それから、噺自体は知っていても、その演目のタイトルを知らず、そんな題目だったのだとあらためて知った噺も多くありました。タイトルを入れ違えて覚えていたものもありました。

私の好きな演目もいくつか紹介されていました。

「居残り佐平次(この本では「居残り」として紹介されている)」
郭で一文無しなのに遊び惚け、勘定が払えず居残る佐平次が、その人柄で皆を魅了して最後にはなんだかわけのわからないうちにお金や着物までもらって郭を出て行く愉快な話。

「六尺棒」
道楽息子と頑固親父の木戸を挟んでの愉快な問答が楽しい。

「文七元結」
駄目な父親だが、一本気で人の困ったところをみると我慢出来なくなる男が、その性格がきっかけとなり、幸運にも身売りした娘と共に一家が幸せになる話。


風流な「青菜」
夏にぴったりの縁側での酒と肴をつかっての粋な言葉遊びの話。

「うまや火事」
仲がいいんだか悪いんだか、ケンカしちゃあ仲直りする夫婦の奥さんがだんなさんをあることで試すドキドキな話。最後のオチが秀逸!

「酢豆腐(関西ではチリトテチン)」
知ったかぶりをする人をからかうことの面白さにお腹を抱えてしまう笑い。

「粗忽の釘」
粗忽中の粗忽な人のギャグ連発の楽しくて短い話。

「らくだ」
こわくて人使いの荒い人と善人で大人しい人が突如として入れ替わる可笑しさ。

などなど、また寄席に行きたくなること請合いの本でした。
落語を聞いたら読んで、読んだら聞いて・・みたいにして使いたい本です。

2018/04/12

春風亭昇太さんの「楽に生きるのも楽じゃない」を読んだ

20180412_syunputei_shota01

『楽に生きるのも楽じゃない/春風亭昇太著(文春文庫)』を読みました。
この本は単行本から文庫化を経て、さらに“再文庫化”されたもので、もともとの単行本は1997年のものです。

「けっこう古いな」と思いつつ読み始めたものの、本人のあとがきにもあるように、基本的に昇太さん、今の昇太さんと“何ら変わらない”という印象です。

タイトルの「楽に生きるのも楽じゃない」は、昇太さんの生き方そのものを表現しているような気がします。
そうそう、楽に生きるって案外楽じゃない(^_^;)のだと思います。
だってそれは自分の思うように生きて行くってことで、それはそれはいろいろな障害や、妨害、誹謗・中傷、さらにはくだらないヤツのくだらない突っ込みなどにも耳を貸さず生きて行かねばならず、きっと大変なことです。

この本の中で大学生時代の昇太さんが、サークルに入って大学生活を満喫しようとして、ラテン研究会の部室を訪ねたところ、不在だった・・そして隣の部室の落語研究会の人から「ここに入って待っていれば」と言われ、入った部室の居心地がよく、“落研”に入り、初めて見た春風亭小朝さんの落語に驚き、落語に魅了され、自らの職業としてしまう話がありました。
もし、ラテン研究会の部室が不在でなかっら、今の春風亭昇太さんは存在しなかったわけです。運命って不思議なものです。

雑誌の企画で初めて読んだシェイクスピアの「ハムレット」に思いっきり突っ込みを入れるところでは、「山田くん、座布団ぜんぶもってって」などと書かれていますが、その頃は笑点にも出ていない頃です。

その後、笑点に出演し、やがて司会者になって、ほんとうに「山田くん座布団一枚あげて」などということになろうとは、ご本人も思ってもいなかったことでしょう。

読んでいて、特に上記の提示された課題図書を読みつつ、その作品に突っ込みを入れる企画はおもしろくて大爆笑しちゃいました(^o^)

今も変わらぬ昇太さんの細かいギャグから怒濤の連発ギャグも掲載されている楽しいこの文庫本、落語ファンならずともおすすめですd(^_^o)


【Now Playing】 Danceland / Bud Powell ( Jazz )

2018/04/09

「コーヒーに憑かれた男たち」を読んだ

20180408_shimanaka_rou01

『コーヒーに憑かれた男たち/嶋中労著(中公文庫)』を読みました。
この本は、コーヒー屋の御三家と呼ばれた名人についてのお話が中心になっています。
関口一郎(銀座「カフェ・ド・ランブル」)、田口護(南千住「カフェ・バッハ」)、標交紀・しめぎゆきとし(吉祥寺「もか」)の三人です。

とにかく、それぞれがそれぞれにコーヒーに“取り憑かれた”というくらいの人生を歩んでいたことが綿々と書かれています。

日本でコーヒーが飲まれることになった黎明期から、単に焙煎されたものを買い、コーヒーを淹れていたコーヒー屋主流の時代。
さらに「焙煎」を自らやってコーヒーを淹れることによる“味の追求”をするコーヒー店が台頭してくる時代の話。

その焙煎の奥深さや、抽出の方法についても名人三人三様、また、名人を取り巻く人達が見た名人達の人間的な魅力についても書かれていて、引き込まれます。

私もたまたま昨年から何十年ぶりに豆を挽いてコーヒーを淹れ、家族と共に楽しむようになりました。これは長男が父の日にミルと豆を買ってきてくれてからです。
そしてまた、たまたま職場の人から紹介された自家焙煎をやっているコーヒー店を紹介され、そこで美味しいコーヒーを味わい、さらにコーヒーに対する興味がわいてきました。

それまでコーヒーに対しては雰囲気のよい店であれば、味わいそのものは“そこそこ”でいい、みたいなところがあったのですが、今やそんなわけにはいかなくなってきました。
ましてや、この本を読んでしまったからには。

でも、この本に出てくる名人のような人生そのものを懸けてコーヒーを淹れるという世界は、まだまだまったく理解が及ばないところです。

今の段階で私が思うのは、コーヒーの味わいを追求しているマスターがいて、そのお店に独特の雰囲気というか、惹きつけるような魅力があり、そこに集まってくる人達から自然に心地良い空間が生み出される・・そんな中で味わうコーヒーが美味しいのでは、というところでしょうか。

だから、千葉市の中央区、大巌寺にある「じゃくう鳥」というコーヒー店は今、コーヒーと共に何かを感じ、期待し、居心地よく過ごせる場所となっているのです。

コーヒーには、そういう世界があるんですよねぇ。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 柴田祐規子 ( NHK-AM )

2018/04/03

ジャズ喫茶の良さがいつまで残れるのか

20180331_brooklyn02

このあいだの休日、映画を見たあとに脚を延ばして八街市のJR八街駅近く、住宅街の中にあるジャズ喫茶「BROOKLYN」に行って来た。

この店もけっこう長いつき合いになってきた。
ここを教えてくれた中学時代の担任の先生によれば、マスターは、会社勤めをリタイアしたあと、念願だったジャズ喫茶をここ八街に開いたとのこと。

ジャズ喫茶なんて、特に田舎の八街で(失礼だけど)採算が取れるなんてちょっと考えられないが、それでもやりたかったジャズ喫茶を開店し、マッキントッシュのアンプとJBLのスピーカー、アナログ・レコードで紹介するジャズの名盤・・、あまりにも理想的でうれしい形態だけど、心配しちゃうのです。


20180331_brooklyn01

今回私が店に入ると、客は居なくて、私ひとり。
珈琲を注文すると、もうさっそくアナログ・レコードでエリントンとレイ・ブラウンのアルバムが掛かり、それこそただ事ではない重量感とスピード感あるレコード演奏が始まる。
ふつうの家では絶対に聞くことのできない音量と豊かな表現力、それだけで珈琲一杯700円の元は取れてしまうと思うのだが、でもそれはジャズが好きで(オーディオも好きで?)、いい音が好きな人にしかわからないものです。

難しいよねぇ。

私がひとり大音量のジャズに耳を傾けていると、馴れた様子で入って来た年配の男性はカウンターに陣取り、ビールを注文。
マスターと会話しながら水割りに移行、さらに水割りをお代わり。・・もっと注文して売り上げに貢献して・・なんて老婆心ながら思ってしまうのでした。

そこに今度はもうちょっと若い男性が来て、すぐさま珈琲を注文し、ジャズに耳を傾ける。
きょうはちょっといい感じかもな、と少しほっとする。


20180331_brooklyn03

この八街までは遠いし、クルマで来るしかないのでビールを飲んだりすることは出来ないけど、千葉のジャズの灯を消してはいかんと、度々足を運ぶのです。
何よりもここの音は品があって、しかも折り目正しく、端正な音なのです。
聞いていて耳が疲れない。しかも盤に入っている音の隅々までが再現され、純粋にジャズを楽しめる。

どうかジャズが好きな人、音楽が好きな人、いい音で音楽を聞いてみたい人、この八街駅近くのジャズ喫茶「ブルックリン」を訪ねてみてください。
この音に損をさせられることはないですよd(^_^o)


【Now Playing】 Pensamento Feliz / Greta Panettieri ( Jazz )

2018/02/13

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №021 文京区湯島/お茶の水 おりがみ会館】

20180212_origami_kaikan01

このブログの前々回でご紹介した「妻恋神社」を出たあとに向かったのが「お茶の水 おりがみ会館」です。

御茶ノ水駅から神田明神を過ぎたところの大通りを左側に歩くとすぐにあります。

調べると、安政5年(1858年)に日本初の教育用折り紙を製造した小林染紙店が設立した施設です。
和紙や、折り紙、小物など、見ているだけで楽しい売り場と展示場がありました。


20180212_origami_kaikan02

載せている写真を見ていただければお分かりになるかと思います。
いや、実に見事なものです。


20180212_origami_kaikan04

単なる折り紙という言葉では片づけられない、芸術的な作品となった完成品が展示されていました。

もちろん、それ用の和紙の数々も売られていて、簡単なキットのようなものもありました。
子供から大人まで折り紙に親しめそうなんですよ、これが・・。


20180212_origami_kaikan03

階段で上っていった中二階にあるギャラリーでは、写真の渋い感じの「折り紙雛壇」など多数の作品が展示されていたのですが、部屋に入ると、「この方が、これらの作品を作られた先生です。」と紹介された人物は90歳の女性でした。

先生はとても品の良い、老齢ながら、凜としたものを感じる方でした。
それだけで驚いてしまったのでした。


20180212_origami_kaikan05

エレベーターで3階に上がっていくと、割と大きな売り場や、素材だけの部屋もありました。
その素材の紙類を見ているだけでも楽しいのです。
ここに来るまでは、これほどのものとは思っていませんでした。
そして、お客さんも続々と入って来ます。会館の前で記念写真を撮ってほしいなどとも言われましたので、私が思っていたよりもずっと有名で、ここに来たいと思っている人はたくさんいるのですね。


20180212_origami_kaikan06

素材が売られている部屋には、お酒のボトルをこんなふうにしてお客さんに提供したらどうでしょう、というようなもの、日本人なら誰でもお馴染みの千羽鶴がたくさんぶら下げられていたり、次から次へと目が移り、目玉の動きが止りません(*^_^*)


20180212_origami_kaikan07

予想以上と言っては失礼ですが、とても楽しい時間を過ごせましたd(^_^o)
「折り紙会館」いいですよ!'(*゚▽゚*)'


【Now Playing】 Appreciate / Paul McCartney ( Rock )

2018/02/06

嵐山光三郎さんの「新廃線紀行」を読んだ

20180206_kouzaburo_arashiyama01

『新廃線紀行/嵐山光三郎著(光文社文庫)』を読みました。

この本は、鉄道の「廃線」を訪ね、その消えた鉄道の残影を求め、感じ、全国26路線にも渡る廃線を踏破する紀行文なのです。

そもそもが、そんなに廃線があること自体私は知らなかった。

鉄道が敷設され、伸びていくことによってそこには血が通うように生命が宿るように人が住み始め、やがて様々な理由でピークを過ぎると“廃線”という問題が浮き彫りになり、ある日廃線の憂き目に遭う。

すると、生命線であった血管が突如遮断されることになり、町は廃れる。
その様子もこの本で描かれているが、実に寂しい・・。
そして、その町で健気に食堂や菓子屋などを商っているお店も訪ねるのだが、そこにも人生の悲哀や、わずかだが、希望の灯りのようなものも感じます。
それが実に・・しみじみといいのです。

重要文化財を擁する絶景廃線や、ご当地グルメ、温泉まで堪能できる廃線。
廃線といっても様々、その味わい方も様々です。

嵐山さんは時には自転車で、時にはローカルバスで、国土地理院の五万分の一地図で調べた点と線をつなぎ合わせ、ひたすら廃線を巡りまくります。

ある廃線駅では、次々と現われる廃屋と化した駅舎や、錆びたレール、蔦の絡まる信号機などを見て“マジ”にむせび泣きます。
なぜか、私ももらい泣きしそう・・(T_T)

日本全国、廃線となった路線は、それぞれの物語を持ち、その後その町に住む人々のドラマもあります。

廃線は、一年で草ぼうぼうになってしまう反面、50年経っても消えない鉄道の痕跡があるそうです。
「廃線をたどる」という新しい分野が開けているようですが、まさにその分野の先頭切って走っているのが嵐山さんのようです。

日本人らしい“詫び寂び”さえ感じさせる不思議な「廃線紀行」、新たな感覚の本でした。


【Now Playing】 Wave / Richard“Groove”Holms ( Jazz )

2018/01/03

僕らは寄席で「お言葉」を見つけた、を読んだ

20180103_yoshihiro_nagai01

『僕らは寄席で「お言葉」を見つけた/長井好弘著(東京かわら版新書)』という本を読みました。
これは、演芸誌「東京かわら版」の名物コラム「今月のお言葉」を書籍化したものです。
ようするに、日々寄席に通い、そのとき聞いた噺家のちょっとした言葉を“お言葉”としてピックアップし、ありがたがったり、おもしろがったりしよう・・という本なんです。

昨年は私も何度か寄席に足を運びましたが、やはりテレビなどではなく、寄席という小屋の中に幽閉されたところで、ふと、ついたように出てくる噺家のお言葉は興味深く、その小屋の中にいる客だけの内緒話みたいで、なんだかいいものです。

立川談四楼師匠の「落語ブームで若いお客さんが来るようになったけど、途中で落語に出てくる言葉がわからない。たとえば小間物屋っていっても、そこで何だろうとつっかえてしまう・・。ファンシーショップていうか、化粧品とか、そういう細々したものを売ってる・・そうそうマツキヨ!!」って説明して(^^;)話を進めるのだそう・・。

小間物屋がマツキヨなら、荒物屋は・・・東急ハンズっ!!!d(^_^o)

こんな面白いお言葉がたくさん書かれていました。だから楽しかった(*^_^*)

立川談志門下のお弟子さんたちは、それぞれに“恨み節”っていうか、談志との逸話を持っていて、それを“まくら(噺の本題に入る前に軽く、くすぐってくれるちょっとした話)”に談志の悪口を言っていたら高座真っ最中に大地震が起きて、立川生志師匠、「談志、怒ってます?」に、騒然となっていた会場は爆笑に!なんてお言葉もありました(^_^)

林家正蔵師匠が子供の頃の話を始めて、お父さんお母さん(初代・林家三平さんと海老名香葉子さんです)が大喧嘩。「凄い怒号が聞こえてきて、“てめえ出てけ!馬鹿野郎!”って・・・これ、母がいうんです。」っていうオチのついたお言葉!(*^。^*)
こりゃおもしろかった。

そんなこんなでたくさんの師匠たちの深い言葉、ありがたい言葉、くだらない言葉、あきれる言葉、しみじみとする言葉、などなど珠玉のお言葉集となっておりました。
機会がありましたらぜひ落語ファンは読んでみてください。「東京かわら版」を購読している人には初見ではありませんが・・、ぜひに。


【Now Playing】 NGO世界一周! / 安部亮、須田将啓他 ( ニッポン放送 )

2017/12/31

2017年・暮れていく

20171231_books_and_films01

年末に来て、大急ぎで宝塚歌劇の2017年まとめを終わらせ、ほっといたしました。年中行事みたいなもので。

さて、それ以外の趣味的要素はどんなだったか、2017年。

このブログには今年読んだ本と、映画については全て感想をアップしておりますので、自分で数えてみましたよ。
本については、76冊読んでいました。・・けっこう読んだな。
映画については(実際に映画館で見たもの)、22本でした。これも意外なくらい多かった。

宝塚についてもすでにアップしたとおりですので、考え方によっては、この一年で百数十の異なる人生を経験した・・ような気になります。

いったい何時読んでるんだ、とか、映画なんか何時見とんの?などと言われますが、でもその答えは簡単、「あなたがテレビを見ている時間にですよ」ということです。私、テレビを見ることがほとんどないので・・。
ついでに、その時間に音楽も聞いています。

本や、映画などは、何か自分の中にじわっと沁みてくるものがあって、別に為になるとか、役に立てようなどとも思っていません。でも、読んだあと、見たあとには何かが違うと、感じるんですよね。

そして宝塚には上記のようなこともあるのですが、何か“生きて行こう”っていう気持ちを後押ししてくれるものがあるんですよ、前から不思議に思っているんですけどね。それは次々と入団してくる若い人たちの舞台袖での誰の目にもふれていないかもしれない演技や、キラキラとした目を見ているからかもしれません。これは私の栄養源です。

そうそう、お酒についても今年は日本酒をいろいろ知りました。
日本酒って、ほんとうにいろいろな味わいがあるし、どこでつくられたかを知りつつ飲んでいると、その地に思いを馳せたり、楽しい酒です。
それに、いっしょに飲む人も大事です。その人も大事にしていきたいです。

というわけで、仕事は職場環境も含め大変なこともありましたが、何とか乗り越えつつ来年も頑張りたいと思っています。
このブログをお読みになっている皆さんにとっても来年が良い年でありますように。


【Now Playing】 孤独のグルメ・台湾編 / 松重豊他 ( YouTube )

2017/12/24

じゃくう鳥で珈琲飲みつつ深夜放送特集の雑誌を読んだ

20171224_jyakudori01

年も押し詰まり、クリスマスイブだったが、珈琲豆がそろそろ切れるので、千葉市中央区の大巌寺町、淑徳大学前のカフェ「じゃくう鳥」に珈琲を飲みつつ豆を買いに出掛けた。

珈琲を飲んでいる間に、このお店の書棚にあった、かつての深夜放送全盛時代を特集している雑誌に目を通していました。

イタリアン・ブレンドの苦みを味わいながら、しみじみと私も当時聞いていた深夜放送を思い出しました。

私が実際に聞いていたのは笑福亭鶴光師匠、所ジョージ(+アルフィー)さん、タモリさん、谷村新司さん、小島一慶さんなどでした。

この本にも書かれていましたが、ラジオのいいところって、自分に話しかけられているような感覚になるところです。
「マイクの向こうで何万人という人が耳を傾けている」と、当時のDJの方々がおっしゃっているのですが、双方向な感じが実感できるんですよね。
これに比べ、テレビっていうのは、不特定多数に“まき散らしている”というか、“ぶん投げ”ている感じがあります。
不特定多数に問題なく届けるってことは、誰が見ても聞いても面白くないってことです。
以前よくあった紅白歌合戦での意味のわからないシュールなギャグコーナーなどは、まさに誰にでも“ウケ”ようとして、誰にもウケない典型でした。

だから今も私は、特に平日についてはテレビをまったく見ません。ラジオと USEN ばかりです。

ラジオを聞きながら、音楽を聞きながら、何か本を読んだり、ちょっとした文を書いたり、作業をしたりって今でもいいものです。

珈琲豆を買い、マスターと年末の挨拶を交わし、ほっこりとした気持ちで帰宅し、妻が買っておいたシュトレンを珈琲とともに家族でいただきました。
そんな感じでクリスマス・イブの夜は更けていくのでした。


【Now Playing】 チャリティー・ミュージックソン / オードリー、東島衣里 ( ニッポン放送 )

2017/12/21

先生からうれしい電話(*^_^*)

20171221_sensei01

このブログでご紹介している私の中学時代の担任の美術の先生。
きょう昼間に私の携帯に着信があることに気づきました。

電話してみると、「おおっ悪かったな、実は送ってくれた個展での自分の写真、とてもいいので年賀状に使いたいんだ。いいかな?って、実はもうさっき発注しちゃったんだけどさ。」とうれしそうに大きな声で、先生。

・・私にも、とてもうれしい電話でした。
先生が私が撮った写真を使ってくれる・・。


20171221_sensei02

最近、風景や物だけじゃなくて、「人」を撮りたいと思うようになりました。
人を撮ると、単にポートレイト的ではなくて、その人のなんていうんでしょう、味わいというか、その人のいいところがにじみでてくるような気がしてきてるんですよね。

だから、難しいけれど(テクニック的なこともあるし、その人に話しかけて了承を得たり、実際に撮っているときにどんな雰囲気で会話するかなど・・)、今とても興味があるのです。

よし、来年にかけて“人物”の写真にチャレンジしてみよう!(^-^)/☆

決意をあらたにしたのでした。


【Now Playing】 孤独のグルメ / 松重豊 ( YouTube )

より以前の記事一覧

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック