フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2017/05/04

久しぶりに「ブルックリン(ジャズ喫茶)」に出掛けた

20170504_brooklyn01

きょうは、午前中いっぱい庭の草刈をやっておりました。
ヘトヘトになりましたが、なんとか終え、お昼休みをしたあと、「さてどうしようか」と思いついたのが久しぶりの「ブルックリン」に出掛けることでした。

千葉県八街市のJR八街駅近辺の住宅地内にある“ジャズ喫茶”です。
音は間違いのないJBL&Macintoshサウンド。過激ではなく、端正でしっかりとしたジャズを聞かせてくれます。


20170504_brooklyn02

こんにちは!と入っていくと、マスター覚えていてくださいました。うれしい(*^_^*)
そしてそれまで掛かっていたレコード盤からサッとバド・パウエルのライブ盤に切り替えて“ジャズ戦闘モード”(^^;)けっこうガツンガツンときましたよぉっ!!d(^_^o)私も日頃自宅でジャズを聞いている状態とは異なる態勢に入りました。

きょうの午後は割と暑かったので、アイスコーヒーをたのんでJBLサウンドを楽しみました。


20170504_brooklyn03

ロリンズの「ウエイアウト・ウエスト」も自宅で比較的よく聞いているアルバムですが、いやはやまったく異なる骨太なサウンドと臨場感・・ヽ(=´▽`=)ノジャズ喫茶に来る目的のひとつはここにあります。


20170504_brooklyn04

さらにキャノンボール・アダレイの珍しい1955年のライブ盤も選んでいただいたのですが、これもなかなか興味深いアルバムでした。
そしてこうして自分が今まで知らなかったアルバムを聞くことができるのが、またジャズ喫茶のいいところです。

午後のいい時間をジャズで過し、気分よくブルックリンを出ました。
また来ます!(^-^)/☆


【Now Playing】 孤独のグルメ / 松重豊 ( YouTube )

2017/05/03

SPレコードの音で心をおだやかに休んでいます

20170503_nhk_radio_sprecords01

ただいま、3日(水)夜、NHKのラジオで「教授の休日 蓄音機&SPレコード特集」という番組をやっていて、風呂にも入り、ゆっくりと聞いているところです。

100年近く前に製造された蓄音機で聞くSPレコードの音、・・いいですねぇ、落ち着きます。そしてじわじわと潮が満ちてくるように心が動かされます。
今掛かっている曲は“竹針”を使って聞かせてくれています。味わい深い音です。

きょうは午前中に“草ぼうぼう”になってしまっている部分の庭の草刈をしました。
なんとか半分を終えたところで体力的に限界が来て終了。
午後は疲れ果て、猫とともに昼寝してしまいました。
明日もきつい作業が待っているので、今夜はくつろいで体をいったん休めようと、のんびりしています。

番組の方では、ジャズのエラ・フィッツジェラルドが掛かったかと思うと、クラッシックの名曲も。
そして蓄音機なのでラインで音をとるわけでなく、マイクで拾っているので、スタジオで書類を落とした音まで流れています。こういうのもいいですね。
ギスギスした世の中、こうしてそんなことも気にせずに大らかに音楽を聞く・・、いい時間です。

GWはあまり大きな予定はありませんが、後半で中学時代の担任の先生夫妻と牡丹の花が素晴らしい先生の知り合いのお宅を訪問して楽しい時間を過す予定です。

あとはジャズ喫茶か、寄席などにも行ければ・・と思っています。
・・ま、遠出せずに小さな楽しみを追求する・・ってところです(゚ー゚*)。oO
皆さんも楽しい休日を過されますように。


【Now Playing】 教授の休日 / 黒崎政男、梅田英喜他 ( NHK-AM )

2017/04/17

「絵本はここから始まった -ウォルター・クレインの本の仕事-/千葉市美術館」に行ってみました

20170416_walter_crane_b_01

4月5日(水)から5月28日(日)まで、千葉市美術館(千葉市中央区中央3-10-8)で開かれている表題のウォルター・クレイン展に行ってきました。

19世紀後半に英国で活躍し、現在の絵本の基礎を築いたともいえる重要な画家ということで、とても興味深く見てまいりました。

ウォルターのほぼ全ての絵本と主要な挿絵本を網羅する約140点が展示されているとのことでしたが、たしかにその展示数に驚きました。
そして“見応え”あります!

当時の英国の風景や人々のコスチューム、建物、調度、小物、さら童話に出てくる動物などの“子供だまし”ではない細密で味わいのある「ウォルターの絵」を楽しむことができました、とてもいい企画展だと思いましたよ(#^.^#)


20170416_walter_crane_b_02_2

今回の展示を見て、真っ先に私が小さい頃に見た童話の本などの挿絵を思い出しました。
つまり、童話や物語の挿絵って、このウォルター・クレインの絵が大元にあったんだな、と感じたのです。だから何だかなつかしい(゚ー゚*)。oO

「美女と野獣」「シンデレラ」「長靴をはいた猫」「赤頭巾」など、私が子供の頃に読んだ童話の世界がウォルターの絵で再現されていて、絵を楽しむと同時になんだか“キュン”となるんですよね、小さい頃の思い出が甦って・・。

ウォルターの円熟期の作品を見ると、やや派手さが消え、大人びた感じに見えました。そしてシェイクスピアの戯曲の挿絵などはかなり本格的でこちらも別の意味で見応えがありました。
単に絵本の挿絵だけを見るというよりも、物語の挿絵の原点と、その後の進展まで見えてくる展示で、充実していました。

ゴールデンウィークもやっているので、出掛けてみてはいかがでしょう。
大人も子供も楽しめると思います。


【Now Playing】 Scarborough Fair / 原田知世 ( Pops )


2017/04/16

映画「メットガラ -ドレスをまとった美術館-」を見ました

20170415_the_first_monday_in_may01

映画『メットガラ -ドレスをまとった美術館-(The First Monday in May)/2016年アメリカ 監督:アンドリュー・ロッシ 出演:アナ・ウィンター、アンドリュー・ボルトン』を妻、長女と見てきました。

世界三大美術館のひとつ、ニューヨークのメトロポリタン美術館で毎年、5月の第一月曜日に開催される<メットガラ>。
世界の美術品、衣裳を多く収集する同美術館がそれらを総合的に“魅せる”イベントです。

「プラダを来た悪魔」のモデルで VOGUE の編集長、そして美術館の理事でもあるアナ・ウィンターが映画中でも言われていますが、“本人そのものが事業体”と化して繰り広げるそのイベントのすごさに魅了されました。

圧倒的で想像もつかないような世界、そしてそれが繰り広げられるまでの葛藤と困難をドキュメンタリーとして映画の範囲内で捉えられた様子には息をのみました。


20170415_the_first_monday_in_may02

この映画最大の見せ場は、トップのセレブがそれぞれ衣裳を纏って、レッド・カーペットに登場するシーンです。
ここで一気にそれまでのスケジュール通りに進まぬ様子にジリジリしているこちら見ている側もテンションが上がりますd(^_^o)

開催ギリギリまでああでもない、こうでもないとやっていた美術館の会場が素晴らしい状態で現われ、ストーンズの派手な演奏と共に盛り上がりに盛り上がります'(*゚▽゚*)'

そして、ディナーに集うセレブ達の様子、音楽はナット・キング・コールに変わり、目眩く世界に酔いしれることができました。


20170415_the_first_monday_in_may03

もっともっと展示の内容を詳しく見たかったのですが、短時間の映画の中でそこまでは詳細に見ることができませんで、垣間見た展示室は「死ぬまでに一度は行ってみたい」と思わせるものでした。

「メットガラ」おすすめしちゃう映画です。気楽に見ることができますよ(#^.^#)


【Now Playing】 風笛~あすかのテーマ~ / H.Garden ( おうちスパMusic )

2017/04/10

『砥部焼』の魅力にあらためて気づかされた

20170409_tobeyaki01

NHKのテレビ番組に「美の壺」というタイトルのものがあります。
このあいだ録画して見ていたら、「砥部焼」について掘り下げていました。

砥部焼というと、器の“肉厚さ”と、持つ手になにか温かみを感じること、それに器に盛った食べものが冷めにくい、などという印象があります。割とどっしりとしていて、でも重過ぎず、手になじむ、そんな感じもありますね。


20170409_tobeyaki02

番組内でやっていたのですが、太い筆で描く絵柄も独特の魅力があります。
それに料理が映えるように思います。


20170409_tobeyaki03

で、写真のように実際に砥部焼に料理を盛っている様子が放送されたのですが、そのレストランを見ていたら、「あれ?ここは八千代市の“貝殻亭”じゃないか」と気づきました。
二十代の若い頃、当時の“大人”な彼女がおしえてくれた仏蘭西料理の素敵なお店です。


20170409_tobeyaki04

そうか貝殻亭は砥部焼を器として採用していたんだ、と今のこの歳になって気づきました。
思い起こすと、当時パンは貝殻亭内で焼いていて、パンの器はきれいな色の透き通るような貝殻に乗っていました。
そして、食後の珈琲の器は、給仕してくれた方が食事するときの様子を見ていて、その人そのものというカップを選んで淹れてくれました。
それが吹き出すくらいにその人そっくりな器を選ぶので何人かで行ったときには皆で大笑いになったものでした。

まだ続いていたんですね、貝殻亭。
また行ってみたくなりました。今度は家族で。


【Now Playing】 嶌信彦 人生百景「志の人たち」 / 瀬木比呂志 ( TBSラジオ )

2017/03/17

仏像めぐり入門コミック「仏像に恋して」を読んだ

20170316_kyouko_mafune01

『仏像に恋して/真船きょうこ著・画(中経の文庫)』というコミック形式の楽しい仏像めぐり入門を読みました。

著者の真船さんは、京都の美大で学んだときに「日本古美術見学」という講義に興味を持ってそれを履修。
熱心な先生が近畿を中心に地域の寺社を巡って仏像、古美術品を見学するというもので、真船さんはどんどん仏像の魅力にとりつかれます。

なので、真船さんはその授業だけでなく、友達や彼とも仏像を見に様々なお寺をたずねます。
その興味の持ち方がとても私のような素人にも共感が持てるというか、専門的に過ぎず、しかもコミックですからとても読みやすく、あっという間に読み終えてしまいました。


20170316_kyouko_mafune02

私の住んでいる千葉市の美術館でも以前県内の仏像を一堂に集め展示した豪華な企画展があったのですが、そのときに私も仏像に魅せられました'(*゚▽゚*)'
しかも間近によく見ると、細部に実に不思議なものを発見したりもしました。意外なところに動物がいたりして・・。

著者も鎌倉に彼と出かけ、たくさんの仏像を見学していますが(・・彼はデートなのに仏像ばかり見ていて引き気味(^^;)・・)、何度も鎌倉に行ったのに仏像をそんなに見ていなかったのは私の不覚でした。

これから県内についてもどんな仏像が存在するのかちょっと調べてみようと思います。
そして、著者の真船さんのようにわくわくしながら仏像をたずねてみたいな、なんて思っているところです。

たぶん、このブログを読んでいる方で仏像に興味がある方もおいでかと思いますが、この文庫コミック入門本、わかりやすくていいと思いますよ。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / イギリス・コルチェスター 黒川育子 ( NHK-AM )

2016/12/20

荒俣宏さんの「喰らう読書術」を読んだ

20161220_aramata_hiroshi01

『喰らう読書術/荒俣宏著(ワニブックス「PLUS」新書)』という本を読みました。
例によってブックオフ価格でd(^_^o)

何年か前だったらこの本をむさぼり読む荒俣さんの若かりし頃から今に至る様子を奇異に感じ、よくわからない部分が多かったと思いますが、今ならよくわかります(゚ー゚*)。oO

若い頃は、本を読むことに何か利益がないといけないんじゃないか、とか、読んだあとにも、自分に残ったものはなんだとか、何を得てどう生かす・・みたいなことをよく考えていました。
だから、読書が義務的だったんですよね・・。

荒俣さんは、何か最初から上記のようなことを考えずに、まさに“喰らう”ように読むこと自体が“本好き”の本望だと言っているわけですが、この著書ではそんな読書三昧の中から見えてくるものもあり、次代に残さなければならないものも浮き上がってくるということも語られています。

荒俣さんもそうですが、今の私は本を読むことが生きている自然な自分の姿となっています。
気合いを入れて読むぞっ!と突入するでもなく、まったく自然体でいつも読んでいる・・そんな感じです。

この本では、荒俣さんが出会った数々の本、そして荒俣さんの生涯に大きな影響を与えた人達・・紀田順一郎先生や梅棹 忠夫先生、さらに稲垣足穂などの超然とした物書きについても書かれていて、“本好き”にとっては、まさにこの本もむさぼり読めるものになっていました(#^.^#)

本大好き、いつも手放さない、そんな本の虫の方々におすすめです。
300頁を越すボリュームですが、楽しく読めますよ(^_^)


【Now Playing】 すっぴん! / 高橋源一郎・藤井彩子 ( NHK-AM )

2016/11/10

「オーディオ小僧のいい音おかわり」を読んだ

20161107_yoshiyuki_makino01

『オーディオ小僧のいい音おかわり/絵と文:牧野良幸((株)音楽出版社)』を読みました。
牧野さんの著書(絵と文)は、過去に牧野さんが少年時代から聞いてきたビートルズのレコードの話をまとめたものを二冊、このブログでご紹介しましたが、今回はオーディオについての牧野さんの様々な経験をまとめたものです。

面白かったエピソードのひとつは、アナログ・プレイヤーの「ガラード301」を手に入れてからの牧野さんの様子です。
ガラードで聞いた音をイラストで表現している部分があるのですが、実にリスナーの眼前に広がる音の世界がわかりやすく描かれていて、「そうか、こんな感じに劇的に変わるのか」と、私もちょっと高価なプレイヤーに心が傾きかけてしまいました。

フォノイコライザーや、カートリッジも取り替えて試しているのですが、それも私は一度も経験していない羨ましい光景でした。そういう楽しみってあるよなぁ・・と、またも憧憬のまなざしでイラストに見入ってしまいました。

それから、今まで読んできた牧野さんの本では登場してこなかったクラッシックの世界についてもふれられていて、牧野さんが息子さんとオペラを聴きに(観に)、ドレスデンやプラハを訪れるシーンもあって、私には未知の世界が繰り広げられ、「今後、そこまで行くかな、自分・・」と思いましたが、そこまでいくと人生のスパンが足りないような気がしてきました。・・今後の課題といたします(^_^)

後半、多くの部分を割いて、私が気になってはいるが、まったくどうしたらいいのかわからない“ハイレゾ”の世界に突入する牧野さんのオーディオ世界が描かれていました。

・・まったく聞いたことが無いのです、ハイレゾ。
牧野さんが紹介している文を読むと、明らかに今まで聞いていた世界とは異なる音が聞こえているようです。しかも、クラッシックや既存のロック、ジャズなどの録音について多くふれられているのですが、かつての歌謡曲についてもハイレゾ音源がたくさんあるという・・。
これも、そこまで足を突っ込んでしまうと、オーディオの底なし沼にはまり込んでしまって、「楽曲そのものを楽しむ」という私の基本姿勢が大きく崩れ、私の音楽人生が楽曲中心から音の世界中心に遷ってしまう懸念を感じました。

もうちょっとハイレゾは待ってみようかな・・というところです(^^;)

というわけで、牧野さんの本はいつも楽しく拝見しています。今回もあっという間に読み終えました。結局、楽曲も楽しむし、オーディオ的にもほんとうは楽しみたい自分を発見しちゃいました。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 村上里和 ( NHK-AM )

2016/09/19

ジャズ、JBLの「はしご」をした!

20160917_jazz001

前回の中学時代の担任の先生とその同窓生の展覧会の合間。
先生の同級生の自宅が近くにあるということで、そのお宅で珈琲タイムを、ということになり、私もお相伴に・・(*^^*)

ということで、淹れていただいた珈琲の味もさることながら、そのお友達のお宅のオーディオ・ルームから流れてくるソニー・ロリンズの「Way Out West」の音がただ事ではないと、掛った瞬間に反応した私。

「部屋で椅子に掛けてじっくり聞くといい」という先生のお友達のお言葉に甘え、LPレコードとCDが整理されているラックのあるお部屋にお邪魔・・。

そこに鎮座していたのは、JBLの STUDIO MONITOR 4343B でした。左右のスピーカー上には、独特な形状のツイーターが・・。

ロリンズのサックスが浪々と鳴っているのですが、我が家で聞く同じアルバムとは全く異なる骨太なジャズ。
全ての音に“芯”があり、ゴリゴリ、ぐりぐり押してくる感じ。シンバルの音など、そのガシンガシンという金属音が神経に“ビンタ”をくれるようです。「凄いっ、すご過ぎる!」


20160917_jazz002

システムはこの写真のとおりで、アナログ・プレイヤーも二台ありました。その他はすっげぇ高いんだろうなぁ、というアンプ、CDプレイヤー等・・だと思う、私はそんなにオーディオに詳しくないのでわからない。


20160917_jazz003

お話を聞いてみると、オーディオ用の電源は家庭用の電源とは別に引いているとのこと( ̄O ̄;)・・音が濁らないためらしい・・。

コンセントへは工事用みたいな“ぶっとい”ケーブルが差し込まれ、さらになにか雑音除去用のものが咬まされているようでした。
スピーカー・ケーブルもきっと高いものなんでしょう、見たこともないもので、それにも何か咬まされていました。もう、私にはわからない異次元の世界です。


20160917_jazz004

先生も興奮してきたらしく、私に「どうだ、時間を見て八街のブルックリン(ジャズ喫茶)にちょっと行ってみるか?」ということになり、迷った挙げ句、先生と高速に乗ってブルックリンまで行くことに・・(^^;)
お仲間に展覧会のことは頼んで、一路八街、ブルックリンへ。


20160917_jazz005

ブルックリンのスピーカーは先ほど先生のお友達の家にあったものの親戚とも言える JBL 4344 です。
仲間のスピカーなのに、こちらでマッキントッシュのアンプで鳴らされるジャズは全く異なる音でした。先ほど聞いたばかりなので、その違いは歴然!
こちらは非常に整理された音で、先ほどの“個性むき出し”のゴリゴリな音とはちがって、しっかりとした骨格と芯は持ちつつ、丁寧にジャズの名アルバムを聞かせてくれるプロフェッショナルな仕事が施された音という印象でしたd(^_^o)

特にベースの音が、無理なデフォルメがされておらず、自然な感じでブイブイいわせているのがとてもいい!(^-^)
気分がのって、ノンアルコール・ビールをやりつつ、いい時間を過しました。
午後はジャジーな時間となりました。


【Now Playing】 ビートルズ10 / ゲスト:ホンマちゃん ( ラジオ日本 )

2016/07/29

「東京かわら版」はイイ!!

20160729_tokyo_kawaraban01

以前書店で見かけ、ちょっとおもしろい雑誌だぞと思いつつ手を出すまでにはいかなかった「東京かわら版」という落語・講談・浪曲に限った月刊誌。

このあいだラジオで落語ファンのベテラン・アナウンサーの方が紹介されていたので、あらためて書店に向かい、入手しました。
細長くて持ち歩きにも便利な丁度良いサイズ!(#^.^#)
その結果が、ついこのあいだ、このブログでご紹介した「上野・鈴本演芸場」でのお話につながりました。

この「東京かわら版」、おもしろい記事もあるのですが、何といってもその月の日付順で落語の出し物が網羅されているのがすごい。
さらに噺家別で、どの噺家がいつどこに出るかも五十音順に出ています。

独演会や、寄席ごとの出演者紹介、演目紹介などもびっしり、さらに関東圏以外についても別ページでふれているし、噺家が出演するテレビ、ラジオ、それから出版している書籍も掲載されているので、もうこれは選んでいるだけでも楽しくなってしまいます。

このあいだの鈴本演芸場では、この雑誌を持って窓口に出すと、300円引きになりました(*^_^*)、うれしい。

これから落語を聞いてみよう、寄席に行ってみよう、という方には強い味方になること請合いです。
私も7月号に続いて、本日8月号を手に入れました。
さて、8月はどこに行こうかと、わくわくしています'(*゚▽゚*)'


【Now Playing】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック