フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2020/01/21

「良心をもたない人たち」を読んだ。

20200119_martha_stout001

『良心をもたない人たち/マーサ・スタウト著、木村博江訳(草思社文庫)』を読みました。

[良心をもたない人]っていうのは、いわゆる“サイコパス”と言われている人のこと。
その研究本です。

サイコパスには、

・口の達者さと表面的な魅力がある

・ふつうの人より刺激に対する欲求が強く、結果として社会的、肉体的、経済的、法的にリスクを冒すことが多くなる

・共通して病的に嘘をつき、人をだます

などという特徴があり、さらにぞっとするほどの冷たさを感じさせる

などという特徴があげられていました。

調子が良くて、人を“おだて”て自分は何もしないが、人にやらせてしまう。
リスクを恐れず、何の良心も持たないので、けっこう人生の成功者となっている人も多いというのです。・・なんだか思い当たりそうな人がいる・・あなたもそんなふうに感じる人いませんか?!

サイコパスは、愛情などというものが何であるのかなんてまったくわかりませんが、うまく立ち回るため、単なる欲望のため結婚して子をもうけたりします。
でも、配偶者にも子供にも何にも感じていません。何の感情も持ち合わせません。・・おっそろしい。
これが世界の人々の4%を占めているという話です。

努力をつづけることなんて、絶対にあり得ず、組織的に計画された仕事はいやがる。
現実世界で手っ取り早い成功を好みます。
でもって自分にしか関心がないのです。

この本を読んでいると、サイコパスの実例がいくつもあげられていますが、周囲の人はサイコパスだということに気づかずに結局最後までいってしまうことが多いようです。
まさに周囲にいる人達には“ご愁傷さま”ってことです。

「人の心の動きを理解する能力に欠けて」いて、でもだからこそ、たいていは人々を蹴落として社会的地位を得たりする人が多いんだそうです。
いやだなぁ、なんて思いつつ読んでいると、憎しみに燃えた自分の部下たちに追い詰められて失墜した独裁者のように、サイコパスはその中でも頭がいい者でさえ、近視眼的で、驚くほど世間知らずで、やがては退屈や経済的困窮や銃弾などで姿を消していく・・となっていて、少し溜飲が下がったというか、ホッとしました(^_^;)

これを読んでいて、ひょっとしてあの人は「サイコパス」か?!っていう人の顔が何人か思い浮かびました。
人生長いことやっていると、何人かは出会っていたのかもしれません。

サイコパスというものの概念が少しわかったので、これからはサイコパス的な人に近寄られたときの対応が今までよりはうまく出来そうです。

・・「良心」を持った人でありたい、とあらためて思った次第です。

 

2020/01/16

「絶望名人カフカの人生論」を読んだ。

20200116_kashiragi_hiroki001

『絶望名人カフカの人生論/頭木弘樹著(新潮文庫)』という本を読みました。

この本は、あの「変身」や「審判」「城」などの作者。不条理主題のシュルレアリスム作品群を残した『カフカ』が遺した言葉、日記、手紙、ノートなどの膨大な文書の中から彼らしい「絶望」について書かれたものを[編訳]の「頭木弘樹」氏がピックアップし、それぞれにコメントを加えたものです。

驚くのは、カフカは自分の身の回りに起こるすべての事、身体に起こるすべての事、親や会社の人達、恋人とのことについても全てが全てに“絶望”しております。

良いことが起こっても、悪いことの前触れのように脅えます。

この本で幾度も恋人にあてた手紙が紹介されていますが、フェリーツェという恋人とは二度婚約をし、二度婚約破棄をし、その後の恋人ミレナとも一度婚約をし、またもや婚約破棄をしています。
結婚後のことを考えると絶望ばかりが襲い掛かってくるようです。
子供をつくるなんてことも、その子とどう接したらよいか、自分という最悪の人間に似ていたら見捨ててどこかに行ってしまうしかない・・というような、結婚や子を持つということに関しても全く“よろこび”のようなことは微塵も感じないのでした。

細くて虚弱なのに、外部にあるものを口に入れる恐怖も手伝ってほとんど生きて行くのにやっとくらいのもの、しかも粗末なものばかり食べています。
暖房すると空気が悪くなり、身体に悪いからといって、冬でも窓を開け、暖房せずに、窓辺に寝ていたそうです。・・・だから早死にしたんじゃないの(^_^;)と言いたいくらいです。

自分が受けた教育は“害毒”であったと断言し、「非難されたとしてもぼくは聞く耳を持たない」と、頑なです( ̄O ̄;)

仕事でさえも、耐えがたいものだと言い、自分の唯一やりたいこと、唯一の使命と思っていた文学の邪魔になる、と怒っています。
「ぼくは文学以外の何ものでもなく、何ものでもありえず、またあろうとも欲しない。だから、勤めがぼくを占有することは決してできない。」・・と、言いたい放題です。でもこれがカフカ。

これら残された文書は、カフカの友人がカフカから亡くなる前に「焼き捨てろ」と言われたにもかかわらず、努力して断られ続ける出版社を何社も巡り、やっと出版に漕ぎ着けたもので、この友人がいなければあの名作を私達は読むことができなかったわけです。それに、カフカは焼き捨てろといいつつ、本当は逆のことをしてくれると思っていたような気がする。

恋人の手紙も、その恋人が結局別の男性と結婚したが、子を残したまま亡くなってしまい、女手ひとつで子を育てるためにそれを売ることになってしまったとのこと。
最後まで手紙を売らないと、頑張ったようですが、でも背に腹はかえられないということだったようです。

上記のようなことなどを含め、カフカの文書は未完のものが多かったにもかかわらず、世に様々なものが出ることになり、やがて私もその一端にふれることになったわけです。

でね、・・絶望ばかりが書かれているのに、私も小さい頃から今に至るまで、絶望と同居してきたような人間(誰もが小さなカフカであるような気もするのです)であるのに、カフカの救いようのない文を読むと・・不思議と元気が出てくるのです。
これはどういった理論でそうなるのか。

結局、ささやかでも、つつましやかでも、生きて行く元気が出て来たのです。
あら不思議。

 

2020/01/14

城山三郎さんの「無所属の時間で生きる」を読みました。

20200113_shiroyama_saburo001

『無所属の時間で生きる/城山三郎著(新潮文庫)』を読みました。
ちょっと前のこのブログで同じ城山さんの「そうか、君はもういないのか」をご紹介しましたが、この本でも城山さんの人生、仕事に対する真摯で誠実な態度は変わりません。

特に城山さんが還暦になったときに書いたメモが出てきた話が書かれていましたが、そのメモは私にも参考になりました。
そのメモを掲げて、私なりのコメントを添えます。

1. 年齢に逆らわず、無理をしない。

  これは昨年自身が倒れたことで身に染みました。以来、無理は極力避けるようにしています。そうしない人が体調不良の“どつぼ”にはまってしまうのだと思います。


2. いやなことはせず、楽しいことをする。

  これも今までは楽しいことをあと回しにして、仕事の進行状況によって家でもいろいろやっていました。が、もうそんなことしません。人生終盤戦にきているのだ、音楽、読書、観劇を中心に楽しいことをいっぱいやります(^-^)/☆


3. 睡いときに寝、醒めたら起きる(昼夜を問わず)好きな物だけ食べる。但し午後八時まで。

  これはまだあまり実現できる環境にないので、仕事を完全引退したら実現したいと思います。でも、“好きな物だけ食べる”っていうのはちょっと無理みたい。


4. 義理、面子、思惑をすてる。つまり、省事で通す。

  これも難しいけど、仕事上の関係の人には今までがほとんど捨てることが出来ずにおりましたが、今や7割以上捨てている感じになりました。私的な生活上はこれから考えるってところです。


5. 友人をつくり、敵を増やさない。

  仕事上はもう敵をつくるような環境にないので、その心配はなし。友人は適度に私生活上で増えているのを実感します。まあいい感じd(^_^o)


この本は、城山さんの“無所属の時間で活きる”基本的な姿勢と、その仕事ぶりが書かれていました。読んでいるだけで「こういう充実した仕事と生活を目標にしたい」と思いました。いい読書になりました。

 

2020/01/08

「どうぶつ友情辞典」を読みました。

20200108_abe_hirosi001

『どうぶつ友情辞典/あべ弘士著(角川文庫)』という本を読みました。
著者は旭川生まれの絵本作家で、1972年から25年間旭山動物園の飼育係としてゾウ、ライオン、フクロウ、ゴリラなどを担当した方です。
動物たちは「友」という著者の動物への友情あふれるエッセイとなっていました。

さまざまな動物について取り上げていますが、その動物に因んだ「ことわざ」「慣用句」「伝説」「つくり話」なども散りばめ、楽しい本になっていました。
それに動物への愛情がとても自然に感じました。

ゴマフアザラシの赤ん坊の飼育担当になったときの専用ミルクがなくて苦労した話・・結局肉食獣用のミルクで育てたが、乳成分がアザラシには足りなくて死なせてしまう・・。
そののち、海獣用粉ミルクが開発されることになった話には、元気で泳いでいたアザラシの赤ちゃんの様子も書かれていただけに、しんみりとしてしまいました。

動物園で夏休みに子供達を集めて「サマースクール」を行い、保育実習の中でゾウの一日のウンチの量を実際に測ってみた話も驚きました。

スケッチもして、においもかごう!などとやりつつ、計りに乗せてウンチの重さを測り、ものさしで長さを測り、一日子供達と測定。
一日に80キロものウンチが出ることもわかりました。

よく、おしどり夫婦なんて言うことがありますが、夫婦愛の鑑と言われるオシドリのオスが「オシドリ舎」で取っ替え引っ替え雌とデートしているのを著者が目撃する話もありました( ̄O ̄;)
巣箱から出て来たと思ったら、今度は向かいの巣箱に入っていくオス・オシドリ(^_^;)・・ま、人間も同じようなヤツがいるのでなんとも言えないですけど。

でも、ワシやタカは、一生伴侶をともにするらしいんですね。
片割れが死んでも再婚しないやつもいるらしいです。エラいっ!(*^_^*)

そんなこんなで、虎やキリン、各種鳥類から蝉やとんぼなどの虫、なまずやカワウソ、うさぎ、きつね、狼、牛、羊、犬、猫までなんでもござれの豊富な話題、楽しく動物話を読むことができました。

 

2019/12/31

今年も暮れて行きます。一年を振り返って。

20191231_star_troupe001

昨日のこのブログでも少しふれましたが、今年一年を振り返ってみようと思います。

まずは4月から新しい職場での仕事が始まり、リセットしたところから始まりました。
でも、今までの仕事、職場の概念がまったく通じない、不思議な人間関係、仕事の運び方、仕事への考え方に心身共にダメージを受け、10日目にはダウン。
上部消化管からの出血・・と診断され、なんとか回復したかと思い職場復帰し、心にも身体にも無理やりで仕事をしていたら、ついに救急搬送され、入院、一ヶ月の療養となりました。

今でもまだ心身ともにダメージがありますが、考え方を変え、ものごと真剣に考えたり、自分の人として大事にしていることも“無”にして、ただ生きて行くような不本意な姿勢で職場に存在することにして、生命を維持していくという・・そんなことになっています。

仕事での振り返りは、ここまで。

ここからは、このブログでよく取り上げていることについて振り返ります。

まずは、読書。
ブログに挙げているので件数などはすぐにわかるのですが、今年は今日現在までに93冊の本を読みました。
ジャンル的には、歴史や社会、ジャーナリスティックなものと、ひとつのことにこだわって研究・探索していくものなどに関するものが多かったように思います。
読書は自分にとって、知らなかったことや別の人生などを経験できる素晴らしい時間となっています。
来年もこんなペースで読んで行きたいです。

続いて、映画。
今年は17本見ました。
印象に残っているのは、あの「ボヘミアン・ラプソディ」。あらためてクイーンのロック、音楽に中学時代以来の熱い気持ちが蘇りました。
そして、抜群に面白かったのは「翔んで埼玉」。理屈抜きの爆笑映画で、日本映画独特の楽しさでした。
その他は、メジャーな映画館では絶対に掛からないマニアックな映画ばかりでしたが、いつも思うのは「暴力」「戦闘」「破壊」「怨恨」などが渦巻く人気メジャー映画には「用が無い」ってこと。
来年も上記四つが絡むような映画には目もくれずに、密やかに上映されている“いい映画”を見つけ出して見ていこうと思います。

さらに続きまして、このブログの“メイン”とも言える宝塚歌劇についてです。
これは私が倒れたこともあって「低調」でした。
14回の観劇で、11公演を観ました。

いずれ、毎年やっていた“ヅカ友”との2019年の振り返り企画なども出来ればやりたいと思っていますが、まずは自身の今年の「宝塚」を振り返っておきます。

で、あらためて今年見て来たものをリストから振り返ると・・そうか、雪組の「ファントム」は今年だったのね。なんだかずいぶん何年も前に見たような気になってしまいました。自身が倒れたことが影響していることがわかります。
望海風斗(のぞみ・ふうと)さんが、相手役、真彩希帆(まあや・きほ)さんと念願の歌いまくる演目を築き上げた素晴らしい作品になりました。

国際フォーラムの月組「ON THE TOWN」は、“イキのいい”美園さくら(みその・さくら)さんが持ち味を発揮して珠城りょう(たまき・りょう)さんとの新しいトップコンビの勢いを感じさせてくれました。

花組はトップ、明日海りお(あすみ・りお)さんの退団年となりました。「CASANOVA」でも、「A Fairy Tale」でも、明日海さんの素晴らしさ、魅力を実力と共に感じ、滅多に出会えない『トップ・オブ・トップ』の姿を目に焼き付けました。

月組の「夢幻無双/クルンテープ」は、美弥るりか(みや・るりか)さんの退団公演となりましたが、美弥さんの何とも言えないあの妖しく不思議な魅力が印象に残りました。

星組は、紅ゆずる(くれない・ゆずる)さん、綺咲愛里(きさき・あいり)さんの退団年となりましたが、このお二人のコンビの“上昇気流”は驚くべきものがありました。私の想像を遙かにに超えて、日本青年館の「鎌足」はお二人の集大成とでも言うべき『最高傑作』になっていました。
ラスト「GOD OF STAR/E'Clair Brillant」では、弾けんばかりの紅さんの人間的な魅力と綺咲さんの度胸の良さが炸裂し、楽しくて笑いながらもお二人の退団に涙する公演となりました。思い出に残るお二人のお姿、実に麗しいものでした。

さらに雪組の望海さんは、「壬生義士伝」で、望海さんの持つ奥深い演技の実力をまざまざと見せつけてくれました。たいしたトップです。

そして宙組。
今年は「オーシャンズ11」のみの観劇となってしまいましたが、私がイチ押しの組なのにあえて言うと、“もうひとつ”な印象が拭えません。
爆発するような感動や、見る前の想像を超えるようなうれしい想定外の出来映え、などが無いと思います。
次の東京公演を待ち遠しく楽しみにしているので、ぜひとも宙組の魅力をステージで炸裂させてもらいたいと思います。

簡単でしたが、宝塚の話はこんなところで。

最後に、今年は病との闘いに明け暮れましたが、来年はぜひとも健康で楽しい一年にしたいと思います。
ブログをご覧の皆さんにも、健康で楽しい一年になることを祈念して今年最後のブログをアップいたします。

よいお年を!'(*゚▽゚*)'

 

2019/12/28

城山三郎さんの「そうか、もう君はいないのか」を読みました。

20191228_shiroyama_saburo001

『そうか、もう君はいないのか/城山三郎著(新潮文庫)』を読みました。

城山さんは、1957年に『輸出』で文学界新人賞、翌年に『総会屋錦城』で直木賞を受賞した経済小説の開拓者です。

そんな城山さんが先立たれた奥さんとの終戦間もない頃の出会いから、結婚し大学講師をしながら作家を志した頃、お二人の家庭を築いていく様子などを書かれ、没後に発見された未完の原稿を本にしたものです。

それまでの夫妻の仲の良い生活、微笑ましいエピソード、奥さんの天真爛漫な様子が楽しく読めただけに、奥さんに病の影が忍び寄り、病に倒れ、別れがやってくる終盤には、奥さんの子供達に対するあまりにも愉快な振る舞いが笑えるだけに、余計哀しく、私も涙なしには読めませんでした。

喧嘩もせずに様々な困難・苦労を苦労ともせずに過していくお二人の姿はうらやましいくらいの夫婦像です。

今では考えられないような時代的背景も描かれていますが、それもすんなり理解して読めました。
要するに時代の厳しさや困難も二人には“艱難辛苦”みたいにはならずに、支え合って夫婦の生活を築いているのです。だから希望を持って前に少しずつ進んでいく姿が、読んでいるこちらにも楽しく見えるのです。

最後にこの原稿を発見した娘さんの手記も載っているのですが、夫婦としても家族としても素敵な人達であったことがよくわかりました。

とてもいい本でした。

2019/12/27

木村衣有子さんの「味見したい本」を読んだ。

20191227_kimura_yuko01

『味見したい本/木村衣有子著(ちくま文庫)』を読みました。
著者の木村さんが味わい深い「食についての本」38冊を読み込んで、実に共感だらけのエッセイを書いています。

しかも木村さんが読み、ここで紹介し、木村さんご自身の言葉でそれぞれの作者の食についての感性や、自らの思うところの食についての考えを著わしている38冊の本については、私が今まで読んできた本に“まるかぶり”でした。

なので、もう私も読みながら“共感の嵐”でした'(*゚▽゚*)'

東京二十三区全てにある「甘味食堂」について。
私も非常に気になっていた「甘味食堂」にふれている項もあるのですが、稲荷寿司や、焼きそばなどの軽食とあんみつやパフェといった日本的なデザートが共存している、なんともこころ温まるような場所です。

千葉の船橋にも「美松」という、まさに“甘味食堂”そのもののお店があります。
ご近所の人達が気軽に寄って稲荷寿司や、おでん、ラーメンなどを食べ、さらに甘味で楽しく語らいの時間をゆっくりと過していた様子を思い出します。

池内紀さんの「今夜もひとり居酒屋」もいい本で私も読みました。
このブログでも紹介したことがありますが、「居酒屋には一抹の暗さ、さびしさが必要なのだ。けっこう微妙な陰影であって、暗すぎたり、さびしすぎたりしてもいけない。適当に薄暗く、わびしくない程度のさびしさ」と書かれていたのですが、「わかるよなぁ」d(^_^o)

カレーの項では、「カレーライス」と「ライスカレー」という言葉の使い分けについても書かれていますが、これについては時代やその人の生まれ育ち、カレーに対する郷愁のようなもの、家族関係、外食でカレーを食べに行くか、などによって様々な使い分けがされていることがわかりました。
この部分も、とても面白かった。

そのほか、珈琲の話や、パン、うなぎ、味噌汁などなど食の話題には事欠きません。
「名著」の部類に入る良い本でした。あっぱれでした!

 

2019/12/22

野見山暁治の「四百字のデッサン」を読んだ。

20191221_nomiyama_gyouji001

『四百字のデッサン/野見山暁治著(河出文庫)』という本を読みました。
野見山暁治は、1920年生まれの画家。
その絵画への表彰の他、この「四百字のデッサン」では日本エッセイスト・クラブ賞を受賞しています。
しかもこの作品は「名著」の誉れ高いものだそうで、私も読んで納得いたしました。
たしかにその文章の腕前は“すごいっ”!

何がすごいって、野見山氏の生きてきた時代にその周囲にいた人達の描写が絶妙です。

戦争画の傍らに立つ藤田嗣治の様子、そして戦後の混沌とした時代に野見山氏が関わった(その関わり方も半端なものではなく、互いに人間の根源の部分でぶつかり合うような交わりです)画家や詩人、椎名其二、森有正、義弟・田中小実昌、同級生の駒井哲郎など、どの人もこの人も強烈な個性を光らせていますが、それを実に巧みに落ち着き払った様子で書き綴っています。

私も様々なエッセイなどを読み、いろいろな人が書く人物描写などを感じ、味わってきましたが、これほど丁寧に的確に、そして善意と悪意が綯い交ぜになった文を見たことがありません。

また、著者が小さい頃の思い出なども書かれていますが、それについても実に具体的で、しかも面白いエピソードばかり、そして著者が持つ“ネタ”をどのように料理していくのか、実に興味深いものでした。

ちょっとショックを受けるくらいの作品でした。
いい本に出会いました。

2019/12/17

椎名誠さんの「おなかがすいた ハラペコだ。」を読んだ。

20191216_shiina_makoto001

『おなかがすいた ハラペコだ。/椎名誠著(集英社文庫)』を読みました。
2015年12月に新日本出版社から刊行されたものの文庫化です。
だから比較的新しいものなのですが、読んだ印象は昔の椎名さんみたいな豪快で、愉しくて、おおざっぱな感じで、まるで“先祖返り”?しているようでした。

冒頭の「タマネギ」話・四連発は、タマネギを食べることだけでこんなに面白く、おいしい話ができるのか、と“椎名節”炸裂によろこびました(*^_^*)久しぶりに突き抜けた感じで一気に書かれています。こういうのが好きなんです。

また、昔お弁当を持って学校や幼稚園に行った経験のある方ならきっと食べていた「海苔弁当」についても、『スーパーデラックスゴールデン海苔三段重ね弁当』を奥さんにつくってもらって新幹線に乗り込むときのうれしさを書いていて、なんだか私もうれしい気分になってきた。まるで自分もこれから新幹線に乗ってお弁当を食べる気になりました…σ(^_^;)

さらに今まで椎名さんが行った様々な国での料理についても書かれていましたが、スコットランドの「ハギス」という料理は、やわらかく煮た羊、牛、豚の内臓をミンチして、炒めた玉ネギ、スエット(獣脂)、から炒りしたオートミールなどと混ぜ合わせてスパイスを効かせ、羊の胃袋にいれて茹でるものだそうで、それにシングルモルトのウイスキーをたっぷりかけて食べていた話が書かれていて、ちょっと想像もできないけれど、気になりました。どんな味なんでしょう。高級料理ではありませんが、きっとおいしいんじゃないでしょうか。

もう椎名さんの子供達も独立して、夫婦ふたりになったときの状態っていうか、会話はこんなもんだ、とか、お二人での食事の様子も書かれていました。
これは、私もやがて子供達が独立したときに味わうことになるのだと思うのですが、・・・どんなことになるんでしょうね(^_^;)・・会話が“もつ”のかね?!

などと今の自分に照らし合わせたりして読んでいたらあっという間に読了。

久しぶりにスカッとする椎名節で書かれた椎名さんの本でした。
ああ、おもしろかったヽ(=´▽`=)ノ

2019/12/13

新海均・編の「季語うんちく事典」を読んだ。

20191213_shinkai_hitoshi001

『季語うんちく事典/新海均編(角川ソフィア文庫)』という本を読みました。

以前、このブログで「夏井いつき」先生の『子規365日』という正岡子規の句を一年365日それぞれにぴたりとくるものを先生が取り上げた本をご紹介しましたが、もちろん夏井先生が登場するあのテレビ番組「プレバト」は、テレビ嫌いな私もよく見ておりますよ!d(^_^o)

というわけで、また俳句関係のこの本、今回は「季語」についてのうんちく本です。

春夏秋冬の季語をとにかくたくさん取り上げて、その季語について著者があれこれ調べた(かなり深い)内容が紹介されています。
えっ、この季語がこの季節のものなの?!なんて、単純に私のような素人が驚くこともあったのですが、季語それぞれについての“うんちく”は面白かった、これを“おかず”に白いご飯三杯はいけそうでしたヽ(=´▽`=)ノ


夏の季語「冷麦(ひやむぎ)」の項では、冷麦と素麺(そうめん)の違いまで取り上げてくれています。・・正直、私も曖昧な違いしかわからなかった。
太さ1.3ミリ~1.7ミリのものが冷麦、0.7ミリ~1.2ミリが素麺。
素麺には植物油が含まれているのですね、そういえばどこかで聞いたことがあった。

その他、「トマト」の項では、「トマトが赤くなると、医者が青くなる」理由にふれています。ようするにトマトの栄養が素晴らしいってわけですが、その栄養についても詳細にふれています。

で、季語それぞれを使った句も紹介されています。
たとえば上記「トマト」のところでは・・

[二階より駆け来よ赤きトマトあり 角川源義]

・・なんて具合です(*^_^*)

四季それぞれの季語、230ページ全部たのしめました。

・・でも、まだ自分で句は書いていない…σ(^_^;)

 

より以前の記事一覧

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック