フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2017/10/11

村上春樹の「雑文集」を読んでみた

20171009_haruki_murakami01

『雑文集/村上春樹著(新潮文庫)』という本を読みました。

音楽の話や、人生の話、若い頃の思い出話、文学賞受賞の挨拶文、その他著者の村上氏が“雑文”と読んでいるものが多数収録されていて、未収録・未発表のもの、没になった文なども含まれていました。

もともとあまり村上作品を読んでいない私がなぜこの本を手に取ったかというと、氏にとってのジャズについて書かれた部分が立ち読みで目にとまり、「すごいな」と思ったからです。
ジャズ評論家やオーディオ評論家の評論なども本や雑誌でよく目にしている私ですが、氏の文章は突っ込みどころが異なっています。

妙に専門的な解説みたいな文にはよく出会いますが、この本でのジャズへの著者の関わり方はよくいる日本のジャズファンみたいな感覚ではありませんでした。
今回のこの本の文でいうと、アメリカ側から、そしてニューヨークの当時の一流ミュージシャンから見たジャズについて書かれていて、単に“ジャズがいい”っていうんじゃなく、ジャズという音楽そのものが人々にとってどう受けとめられているのか・・という、私が今まで考えてもみなかった視点で書かれているのです。

それに付随するオーディオについても、氏はJBLの古いスピーカーを長年使用しているのですが、「いい音を追求する」ということであれば、現在出回っている高級品を揃えれば手持ちのシステムよりも格段にいい音と言われるものが出せるだろうが、自分の求めている音はそういうものじゃないと、現在のシステムで奏でられる音への自らの満足感について読んでいるこちらにもわかりやすく書かれています。
その表現も見事だと思ったのです。

ついこのあいだノーベル文学賞を取られた「カズオ・イシグロ」の作品についてもふれています。
イシグロの作品は礼拝堂の広大な天井や壁の絵画のようであると表現しています。

そして発表される個々の作品はほんのその絵画の一部を提示することに似ていて、やがては構築されるであろう宇宙のように広がった作品を眺望するような感覚であると書いています。
それが感動や興奮をもたらすのだと言っていて、そうか、そうなんだ・・と、思わずうなずいてしまいました。

収録されている文には、私のまったく興味のない分野も多々あって、それらについては、村上氏独特の表現がかえって足かせとなって理解し難く、読んでいてつらい部分もありましたが、それでも他では得られないものをこの本からもらったような気がしました。

・・カズオ・イシグロ作品に対しての記述はまさにタイムリーで、驚きました。


【Now Playing】 石が語る美の世界 / 山田五郎・絹谷幸太 ( NHK-FM録音 2007.9.16 )

2017/10/02

昭和の隠れた名作「コーヒーと恋愛」を読んだ

20171002_shishi_bunroku01

『コーヒーと恋愛/獅子文六著(ちくま文庫)』を読みました。
なんと50年前の作品(もともとは新聞小説だったとのこと)です。
帯に[今年1番面白い小説 早くも決定しました]とありましたが、これは“掛け値無し”、ほんとうに面白かったd(^_^o)

テレビがまだ新しいものだった時代、新劇からテレビドラマへ俳優・女優が流れていった頃、・・時代が偲ばれそうですが、でも、今読んでもほとんど違和感がないのです。

昔も今もテレビって、影響力はあるけれど、ちょっと蔑まれるような存在。
そのテレビでお茶の間の人気女優、そしてただのおばさん役としての“脇役”がウケている女性が主人公なのです。

彼女が淹れる珈琲は天下一品、美味しくて、彼女が好きなのか、彼女が淹れる珈琲が目当てなのか、彼女は年下の同じ新劇の舞台装置の男と同棲(ほとんど結婚)し、珈琲を愛でる「可否会」という愛好会でも奥さんに先立たれた年上の男性から熱い視線を注がれます。

その視線は愛から来るものなのか、彼女が淹れる珈琲から来るものなのか、年下の“亭主もどき”も、実際美味しい珈琲に惹かれているのかもしれない。

さらに年下の亭主横取りを画策する若い新劇の研究生のとんでもない女などが登場するのですが、女性が生きて行くなかでの「人生の機微」みたいなものが、割と“のほほん”とした文章の中で実に味わい深く、しかも示唆的に表現されていました。

今どきの小説を読むと、登場人物は何を考えているのか、読んでも読んでもわからない、しかも主人公まで冷たい心を持つ悪人だったりして、感情移入したり共感したりする部分がほとんどないのですが、でもって“それがいい”みたいな読者も多いようで、私にはどうしても理解不能なものが多くあります。

でも、この小説は穏やかな波間に舟を浮かべるかのごとく、主人公の女性を中心として人生の出来事がしみじみと心に入ってくるのでした。

ストーリーも面白いし、400頁近い一冊をあっと言う間に読んでしまいました。

最近の小説は“辛口過ぎて”何がなんだかわからないとお嘆きの貴兄におすすめの小説となっておりました(*^_^*)・・ぜひに。

2017/09/26

「女の足指と電話機」を読んだ

20170926_aromu_mushiake01

『女の足指と電話機/虫明亜呂無著・高崎俊夫編(中公文庫)』を読みました。

“永遠の謎と美”の存在である女性、その生き方や感受性、美意識を映画、音楽、演劇、文芸などの作品を読み解きながら文章で解析?分析し、巧みな表現を感じさせるエッセイ集・・でした。

その文章の多くは30年以上前、古くは40年以上も前のものなります。
私の知っている女優だけではなく、全く知らない女優、映画、文芸作品、舞台も多々ある、というか知らないものの方が多すぎたのです。
でも、それでも著者の文章には惹かれるのでした。

虫明亜呂無という名は小さい頃に聞いたことがありました。
聞いたことがあるだけで、その文にはふれずにきて、今のこの歳になって初めて読んだのです。

見たこともない文体、怒濤のように書かれたものもあれば、とてもしっとりと落ち着いた文章もあり、その時々の著者の心情によりまるで別人とさえ感じる変容を感じました。

私が感じた限りでは、特に映画に対しての観察眼というか、突っ込み方は常人ならざるものがありました。まさに“本気”で自らの感覚を研ぎ澄ませ、細部に渡りその映画から受けた感覚的なものが表現されていると感じました。

また、女優という職業、生き方についても、職業・仕事として選択したものではなく、人生そのもの、人間そのものが「女優」として存在しなければならない、という信念のようなものを感じました。そういう視点からいうと、現在の女優にそんな人がはたしているのか・・などとも思いましたが、大竹しのぶや、桃井かおりなどにそんな空気を感じるなぁ、と、ふと気づきました。

国内のみならず、外国映画や文学についても鋭角的な視点が向けられていました。
それに私の好きな宝塚についても何度かふれられていて、妙な偏見のない評論をされている人だと再確認。
350頁にも及ぶものでしたが、驚きと感心の渦に巻き込まれている間に読み終えてしまいました。

現在にはない、ガチッとした評論、読み応えがありました。


【Now Playing】 Liza / Herbie Hancock & Chick Corea ( Jazz )

2017/09/24

「知識人99人の死に方」を少しずつ読みました

20170924_hiroshi_aramata01

直前のブログにちょっと書いた『知識人99人の死に方/荒俣宏・監修(角川文庫)』を少しずつながら読み進み、読み終えました。

監修の荒俣さんはすでにテレビ出演されているところなどをご覧になってご存知の方も多いと思います。“博物学の巨人”みたいな人です。

私にとって子供の頃から一番身近な漫画の手塚治虫先生や、澁澤龍彦、森茉莉、三島由紀夫、寺山修司、江戸川乱歩、向田邦子、市川房枝、高村光太郎、棟方志功・・・ありとあらゆるジャンルの知識人、99人の最期について書かれています。

死を当然のものと受け容れ、泰然としている者、怖れるもの、必死で戦う者、突然あっけなく逝く者、それぞれの死の数年前から直前、死に至る様子などが書かれていて、前のブログでも書きましたが、私自身が体調不良の時に読んだもので、こちらもどんどん元気がなくなりました (・_・;

奥さんの名を呼び死んでいった人もいましたし、家族に見守られながら死んでいった人もいました。
孤独な死もいくつもありました。
あらためて自分が死ぬときのことも思いました。どんな状況で死ぬのだろうと・・。

子供の頃から死ぬときのことを考えて寝られぬ夜を過したこともありましたが、今はどうやって死ねばよいのか、などと考えるようになりました。
じたばたしてみっともない死に方はしたくないな・・と。

このブログもある意味、日々自分に決着をつけて、死ぬ準備をしているようなものだとも、あらためて思いました。そう思うと少し、心落ち着くのです。

壮絶なシーンなどもありましたが、私がこの本で一番印象に残ってしまったシーン、再現いたします。
日本の洋画界にあって時代を画した画家・林武(享年78歳 死因・肝臓ガン)の亡くなる数日前の様子です。
美術評論家・田中穣がこう書いています。

【風呂に入るのは無理だから、体をふいてあげましょう、いい子だから、そうしましょ、と看護婦たちが赤子をあやすようにしてその準備にとりかかったところで、私はひとまず病室を出たが、それから四、五十分後、患者の懇望した“入浴”はすでに終わっているはずの病室へ、私は帰り際の挨拶をしにはいって、たじろいだ。ベッドの上の裸のその人の男性が、天に向かって、いきり立っていた。それは不死身の巨大さを見せて、怒りにふるえ泣いていたのだ】

・・う~む、なんということか。


【Now Playing】 歌の日曜散歩 / 杉原満・石山智恵 ( NHK-AM )

2017/09/18

「ギョーザのような月がでた」を読んだ

20170918_makoto_shiina01

『ギョーザのような月がでた/椎名誠著(文春文庫)』を読みました。
ブックオフで買ってきたのですが、初出は1996年となっていますので、椎名さんの文もまだ若い感じ。

この頃は相変わらず日本中を飛び回りつつ、原稿を書き、焚き火をして(#^.^#)、さまざまなイベントなどに出席し、あちこちで飲みまくるという内容で、椎名さん、かなりアクティブです。

書かれている文を読むと、その当時の首相は橋本龍太郎さんで、だいたい時代が想像できると思います。

時代の雰囲気がわかるのは、「唐突な連想だが、このままでいくとむこう十年もしないうちに、日本は携帯電話だらけになってしまうのではあるまいか。どこでも誰でも日本の町中一日中移動個人電話の社会になっていく、というのは考えてみるとどうもオソロシイ。」という椎名さんの懸念です。

今、・・そのとおりになっちゃいました。
そして、当時はこのエッセイの中にも書かれていますが、携帯は通話が主体です。
でも、もっとオソロシイことに、メールやライン、SNSが携帯電話の使い方の中心となり、当時の想像をはるかに超えた状態になっております。

そしてこんなに情報網が発達したにもかかわらず、人と人の心のつながりは、たぶん当時の十分の一くらいになっているのではないかと思われます。
“便利”は人と人のつながりを排除していくのです。見事に結果が出ました。そして、犯罪の温床もここにある・・。

それから、椎名さんもこの頃たぶん50代に突入していて、「せいぜい三~四人の顔ぶれで、酒くみかわしつつしっかりした話をする、というのがいい。」と言っています。今の私とまったく同じ心境。
さらに「まあ少々あやしい女と二人でのむ、というのもいい。」と書かれています。
あやしくなくてもいいけど、私も同感(^_^)

「このふたつのケースぐらいでわが人生もういいもんね、という気がする。」と結んでいますが、さらに同感!d(^_^o)

私も椎名さんの人生のあとを“なぞっている”のか、と思いました。

テンポよく次から次へと人と酒の話題中心に書かれているこの本、いつものことではありながら心の栄養になります。


【Now Playing】 Born to Be Blue / Helen Merrill ( Jazz )

2017/09/15

「もっとハゲしく 声に出して笑える日本語」を読んだ

20170915_danshirou_tatekawa01

『もっとハゲしく 声に出して笑える日本語/立川談四楼著(光文社知恵の森文庫)』を読みました。シリーズ第三弾だそうで、このブログでも以前第一弾だったと思いますが、ご紹介した記憶があります。

著者は時代を反映し、ツイッターなどからもネタを仕入れていますが、読んでいて自らの周辺、あらゆるところにアンテナを張っている様子が窺えます。

楽屋での先輩後輩の中でウケている話も面白く、あっという間に読み終えました。

私が気になったものを二~三ご紹介いたしましょう。

「感動をありがとう」「元気をもらいました」「癒やされました」・・これが三大ひと言感想文だそうで、これを使う人に気をつけましょう、ということでした。
ものを考えない楽をしている人ですから・・と。

以前から気をつけてました。
テレビのインタビューなどで上記のように答えている人って、まさにそんな感じ。

コンビニで「温めますか?」と聞かれた“バカップル”が「私たちみたいにアツアツでお願いします」と答え、店員が品物を渡すときに『今は熱いですが、すぐに冷めてしまいますのでお気を付けください』とやった話には笑いました。

最後に居酒屋で酔ったオジさんが言ってた言葉

「男のロマンが女のフマン(不満)になる」

・・・名言です。

私のロマンは妻の不満の塊となり、日々私におそいかかります (・_・;


【Now Playing】 あさラジ / 髙嶋秀武 ( ニッポン放送 )

2017/09/14

「眠れなくなる 夢十夜」を読んだ

20170914_yume10ya01

『眠れなくなる 夢十夜/阿刀田高他9名著(新潮文庫)』を読みました。
これは夏目漱石の「夢十夜」にインスパイアされた10名の人気作家がそれぞれに「こんな夢を見た」の名文句から始める物語を紡いだものを一冊にまとめたものです。

不思議な話や、いかにも夢らしい道理の通らない話などが収められ、私の“眠れない夜”に読んでみました。

不条理な話よりも、私にはちょっと怖い荻原浩氏の「長い長い石段」という幼い頃に葬儀に出た話が感覚的に“ピン”ときました。
葬儀が行われた実家の裏山に入り込み、迷子になり、やがて見つけた神社のようなところでは何か儀式が行われていて、見たことがあるような人が集まっている。
「まだ来てはならない」そして「また来い」の言葉に逃げ帰るのですが、ものすごく遠かった道のりの記憶があるのに、後に大人になってその裏山を登ってみると、あっという間に“てっぺん”にたどり着いてしまう。
迷子になるような所ではなかったことに驚く・・。神社などありようもない。
あれは何だったのだろうとずっと大人になっても思っている。

後に自分が大人になり、我が子を連れてまたその実家の葬儀に参列した際に、今度は自分の子供がいなくなってしまう。
裏山から帰って来た子供は道に迷い、神社のようなところに出て、そこでは白装束の人達が儀式をしていたと聞かされる・・。

・・けっこう怖かった (・_・;

あさのあつこさんの「厭だ厭だ」は、金に困らない生活と引き換えに自分の意志や衝動を捨て、結婚した男性の物語で、その妻が亡くなったところから話が始まり、三年間も眠れない夜を過しているのです。

亡くなった妻への謝罪の言葉をある日、口にした途端にその妻が現われ、「三年間我慢したから自由にしなさい」と言われる。三年間、自由にしてあげますよと言っていたのに聞こえなかったようだが、今初めて聞こえたのね、と言われ眠れなかった三年間は妻の幽霊がずっとそばにいたことを思う・・。これも不思議な感覚をおぼえる物語でした。

眠れなくなる夜がますます眠れなくなるような本でした。


【Now Playing】 池田めぐみ Fine!! / 池田めぐみ ( TBSラジオ )

2017/09/09

壇蜜日記3 泣くならひとり を読んだ

20170908_nakunara_hitori01

『泣くならひとり 壇蜜日記3/壇蜜著(文春文庫)』を読みました。
壇蜜日記の第三弾、・・結局三冊とも読みました(#^.^#)

一冊目は割と自由奔放な印象、二冊目は世間の様々な目や批判を受けてやや卑屈で怯えているような印象、三冊目で世間の目に対しては割り切り気味でひらきなおりも出て来た感じ(^_^;)・・でも、それも壇蜜さんのうまい読者への表現なのかもしれない。

とにかく、こういう正直な感じの芸能人の日記なんて見たことがありません。
しかも、ゆるい日はとてもゆるく、短い文の日は一行だったりもする。
一日のほとんどを寝て過す日もあれば、猫とのまったりとした時間、水槽の魚の面倒をみている様子、下手な人が書けば、“読めたものではない”ということになるものを巧みに表現している文章。
真似することなんてできないが、とても参考になります。

自分の気持ちの表現の仕方、突っ込むときには思い切り書き、引くときにはフッと消え入るような文末に・・。
壇蜜さんの文章はますます独自のものに磨きがかかっています。

巻末には初の読み切り小説も収録されていましたが、これまたけっこう面白い話でした。

女子大生が目覚めたら男にバイトで貯めたパソコン購入用のお金を持ち逃げされ、男はつかまらず、仕方なく「おっぱいパブ」にバイト先を決め、卒論を書くためにはパソコンが必要で、その18万円のためには“背に腹は代えられない”という話。
登場人物も妙にリアルでありながら、逆に“そんなやついるか?”みたいで(^_^)、短い小説でしたが楽しめました。

壇蜜さんについては“好き嫌い”がはっきりしているタレントだと思いますが、気になる方には読んでいただいて損のない、力の入らない良い本だと思いました。
三冊のうちどれを読んでもいいかも。


【Now Playing】 池田めぐみ Fine!! / 池田めぐみ ( TBSラジオ )

2017/09/08

『「サバを読む」の「サバ」の正体』を読んだ

20170907_kininaru_kotoba01

『NHK気になることば 「サバを読む」の「サバ」の正体/NHKアナウンス室・編(新潮文庫)』を読みました。

こういう本、やはり気になってしまうのです。

「こうばしい」って、どんなにおい?・・・なんて言われて想像するにおいは、人・年代によって様々です。
コーヒーや、ステーキにのせたガーリックのにおい、なんてのは私と同様で、なんとなく“焦げたようなにおい”を想起させます。
でも、スポーツ後にシャワーを浴びていないときに、そのにおいが「香ばしい」という人もいるようです?!
「におっているぞ」の意味で使っているんですね。人それぞれだなぁと思ったわけです。

未明っていつ?
というのもありましたが、私も小さい頃からだいたい何時頃なんだろうと思うことがありました。
辞書的には「夜がまだすっかり明けきらない時・明け方・夜明け前」と時間帯がはっきりしていませんが、NHKなどで放送するときには午前零時から三時頃も「未明」を使って表現しているとのこと。
気象予報などでは、午前零時から三時頃までを「未明」、三時頃から六時頃までを「明け方」としていて、それぞれの使い方があるんだと、今になってわかりました。

そんなこんなの話題がいっぱいで、私には興味の尽きない本でした。

その他、若者達が使うことによって大きく意味が変わってきた言葉など多数紹介されています。
言葉にこだわっている人にはおもしろい本だと思いました。

サバを読むの「サバ」は?・・この本読んでくださいd(^_^o)


【Now Playing】 おはよう定食 / 生島ヒロシ ( TBSラジオ )

2017/09/07

「洋食ウキウキ」を読んだ

20170906_kon_toji01

数日、体調を大きくくずし、ネット関係にはふれませんでした。
あらためて既に読んであったものをアップいたします。

では、さっそく!
『洋食ウキウキ/今柊二著(中公新書ラクレ)』を読みました。
日本の様々な洋食の有名店や、著者が通い詰めたお店などが写真付きで紹介されている本で、洋食の歴史的な経緯にもふれ、さらに東京だけでなく、関西、北海道、仙台、新潟、名古屋、岡山、広島、松山などの全国めぐりも掲載されています。

著者は「定食評論家」という珍しい肩書きで、読んでいると根っからの洋食好きであることがわかります。・・ただしお酒はあまり強くない方で、“ビールにもってこい”みたいな一品を頼んでも飲み物は多くの場合「水」であったりもします(#^.^#)

読んでいてやはり多く出てくるのは、ハンバーグ、揚げ物(フライ)・・その一種だがカツ、スパゲティ(パスタとは言わない)、ピラフ、ドリアなどでした。
どれも先に書いたように写真付きですので、もちろん美味しそうだし、それぞれの店の特徴がよくわかって、・・見ていると食べたくなるんですよ・・本なんか読んでいる場合じゃない状態になる(^_^;)

タイトルにあるように、日本人にとって洋食屋さんに行くことって、“ウキウキ”気分ですよね。
300頁にも及ぶこの本、その洋食の魅力が満載でした。洋食好きの方、ぜひに!!


【Now Playing】 池田めぐみFine!! / 桂米助 ( TBSラジオ )

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック