フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2018/11/19

武田百合子さんの「日日雑記」を読んだ

20181118_yuriko_takeda001

『日日雑記/武田百合子著(中公文庫)』という本を読みました。
本屋でたまたまこの本を発見するまで、著者の武田さんを知りませんでした。

故武田泰淳氏と結婚し、一女をもうけ、夫の手足となり、口述筆記をしたり、車の運転をして取材旅行に同行されていたとのこと。
夫の没後に、「富士日記」などで文学賞などを受賞され、平成5年に亡くなられています。

この本が目につき、ちらっと見た瞬間に、ただのエッセイではないものを感じました。
身辺の出来事、その折々の想いを綴ったものですが、その表現力、様々な事象に対する受けとめ方、感じたことを“まんま”書いているようで、ストレートに見えるが、微妙に手元で変化する球のような・・一筋縄ではいかないものを感じました。

はっきり言って、その表現に“虜”のようになってしまい、そして自分がこうしてブログ等でいろいろと書いている文にもたいへんな参考になりました。

「打て」と言って投げて、相手が打とうとすると、フッと打つ瞬間にボールが揺れるような感じ。
それが読んでいるこちらには、とても魅力的な文になっているのです。

逆に武田百合子さんを打者に例えると、来る球はなんでも打つ。
しかも右に左に、単打、長打、バントまで含めて変幻自在です。

テレビで見た人の発言についてああだこうだ、通信販売についても、猫の死とそれに伴う弔いの際に思ったことや、美空ひばりのドーム公演に行ったときに見たファンの異様とも言える様子と、ひばりの歌への感動について、などなど、どんな話題も武田さんが料理すると、誰にも考えもつかない文章になってしまう、というのが私の感想です。

例えば上記の美空ひばりさんの公演でのファンの様子について書いている部分では、読んでいるこちらが、がっかりするというか、残念に思ってしょぼんとしてしまうようなことを平気で書いていて、でもそれが武田さんの目を通した世間の様子として、とてもリアルに描かれているのです。
ひばりの歌とステージについては、そのまま武田さんが感じたことが直接的に書かれていて、こちらは別の面でその臨場感ある表現に唸ってしまうのでした。

その他、武田さんの周囲の人達とのやりとりや、出来事についても淡々と書かれているのに、毒があったり、よろこびがあったり、あきらめがあったり、感嘆があったりと、飽きることのない話題とエピソードに次々と頁をめくりました。

不思議で味わい深い武田百合子さんの文章。
いいものに出会いました。

2018/11/15

斎藤孝さんの「大人の対応力」を読んだ

20181114_takashi_saitou001

『大人の対応力/斎藤孝著(ワニブックス)』という本を読みました。
この本は、最初に本屋さんでチラ見したときに、もう驚いてしまったのですが、まさに現代の、現在の日本で起こっている事象に対して、どう大人は対応するのか、即読み、即実行出来るような事例がわんさと載っているのでした。

その事象というのは・・特にここで書かれていたのは仕事の場でのことにほとんど特化されていましたが・・。

嫌味を言ってくる

急にスケジュールを変更してくる

一方的に怒りをぶつけてきた

帰りたいのに、飲みに誘われる

業務連絡への返事が来ない

愚痴を聞かされる

打ち合わせが長引く

部下から強めに反論された

上司がミスを自分のせいにした

結婚しないのかと聞かれる

妊活問題に首を突っ込んでくる

・・ちょっと挙げただけでもこんなです。

で、それぞれに今いちばん難しいというか、センシティブというか、部下や女性に対する対応については、事細かに、問題に発展しないように、実に丁寧にその実際の方法について書かれていました。
これは現在の大人社会で生き抜いていくには“必須”の項目であり、作法であるな、と思いましたよ。

また、部下だけでなく、自分のミスではないのに、勘違いをして怒る上司への対応についても書かれていました。目下の者に対する扱い方だけでなく、社会人として生き残るためには、上司への対応も、これまた大変っ!ていうのが現在の大人な社会です。

上司へは、ぜったいに反論せず、タイミングを見計らっての、言い訳でない説明をするということが書かれていましたが、その方法も実にきめ細かくて、ここで書いてしまうと斎藤さんへの営業妨害になってしまうので書きませんが、私には今まで一度も出来なかった“ミラクル”な対応が書かれていました。

というわけで、この全方位注意しつつ生きていかねばならぬ世の中、この本も参考に、“しずしず”と、でもって“アクティブ”に生きていこうじゃないの!と、自分を鼓舞したのでした。


【Now Playing】 Dance Cadaverous / Wayne Shorter ( Jazz )

2018/11/08

メンタリスト Daigo の「メンタルハック大全」を読んだ

20181108_daigo001

『メンタルハック大全(MENTAL HACKS)/メンタリスト Daigo 著(セブン&アイ出版)』を読みました。

著者のダイゴさんは、テレビで見ていても超人的な洞察力や、確信を持った様々な行為、活動をされていて、私から見ていると、やや人間的なちょっと“おっちょこちょい”な部分や、情緒的なところがあまり感じられません。
・・不思議な人物です。

著書も、ものすごい数で出版されていますが、彼の日々の勉強や、完全に制御されたスケジュールからすると、それも可能なことなんだな、なんて感心というよりも、ただ茫然とするだけの私です。

この本では、人のどんな行動からどんなことが読めるのか・・とか、じゃあ自分はどうやって日々の生活を送っていけばいいのか、などの毎日のルーティーン的なことへのアドバイスや、失敗と成功の10のチェックリスト、仕事上の人とのつき合い方、自分を成功に導く様々なテクニックのようなことも書かれていました。

それらは、ほとんどが、アメリカなどの研究機関で実際に検証されたものからダイゴさんが導き出しているもので、参考にはなりましたが、それを覚えて実践するって大変なことだと感じました。

気になったのは、「情報を選んで、メンタルを守る」という項目。
私は、炎上系のニュースや悲しいニュース、不快感を覚える情報に接することがいやで、あえて避けている傾向があります。
それは、世の中で生きて行くためには、甘受しつつ接していかなければいけないんじゃないかと、悩み、迷うことが今まで多くありました。

でもね、ダイゴさんは「自分からわざわざネガティブなニュースに接していくのは、自分で自分の体を傷つけているのと同じ」と言っています。

ネガティブなニュースにふれていると、それに引っ張られてネガティブな人になる可能性があると説いていて、少しばかり安心したのです。
・・それでもいいんだ・・ってね。

またSNSでフォロワーを増やすのは、ポジティブな投稿であるとも言っています。
「良い投稿をする」が何よりのことだと。
これにも少し安心しました。
徹底的にネガティブにやっていて、得意げで肩で風切っているような人もいますが、私はそんな投稿には馴染めずにいました。
これまたこのダイゴさんの意見にやや安心(#^.^#)

この本は、アイデアや情報が多すぎて、私にはすべてを吸収しきれませんでしたが、ヒントはたくさんいただきましたよ。
少しずつ使わせていただきます。

2018/10/27

太田和彦さんの「おいしい旅」を読んだ

20181027_kazuhiko_ohta001

『おいしい旅 -錦市場の木の葉丼とは何か- /太田和彦著 (集英社文庫)』を読みました。

太田さんといえば居酒屋の本ってことになりますが、この本については食べ物が主体!
太田さんが全国各地を巡ったときに出会った美味しい食べ物について、カラー写真とともに紹介しています。

京都で修学旅行生とお話しながら食べる「親子丼」、お店は<鳥岩楼(とりいわろう)>です。
小丼の真ん中にうずらの黄身ひとつ。もも肉と玉子だけのシンプルなその丼の写真は出汁と玉子が“ふるふる”いっていて、ああ食べたくなる・・(#^.^#)

錦市場の「木の葉丼」も紹介されていましたが、関東に住んでいる私にはとても珍しいものです。
その他「衣笠(きぬがさ)丼」という、きざみきつね(細く刻んだ油揚)の玉子とじや「、若竹丼」という筍(たけのこ)の玉子とじ、さらに「ハイカラ丼」という天かすの玉子とじなども紹介されていて、また食べたくなるものばかり(*^_^*)

神戸、<民生支店>の「カレー」は、一見なんということもないカレーで、ご飯の上にそのままダァ~っとかけてある“黄色い”もの。
中華出汁の旨みが感じられるシンプルなものだそうで、中華屋なのに、このカレーを食べている人が多いという・・(^_^;)

その他、天丼や焼きそばなど、シンプルだけど、そのお店独特の工夫や味が光るものがたくさん紹介されています。
もちろん、居酒屋の専門家、太田さんなので、特に後半では美味しいお酒のある居酒屋さんがそのお店となったりしています。

美しくて、美味しそうな写真と共に読んでいると、あっという間でした、読了。

ごちそうさまでしたヽ(=´▽`=)ノ

2018/10/23

古い本だが興味深かった「総理大臣という名の職業」

20181023_jin_ikkou001

『総理大臣という名の職業/神一行著(角川文庫)』を読みました。
これもまたまたブックオフで108円。

1994年12月に刊行されたものの文庫化です。
出てくる最後の総理大臣は森首相だけど、でも総理大臣という職業の人がどんな環境で、どんな人達と関わり合いになり、どんな形で仕事をしているのかというものは、現在に至っても、読んでみたかぎり、そう変化は無さそうに思いました。

ひと言でいうと、総理大臣は「孤独」な職業だな、と思いました。
それはこの本の中にも頁を割いて書かれていたけど。

ジャーナリストである著者は、国の組織に詳しく、他の著者の同様の本なども過去に読んだことがありますが、その細部に渡る組織への深い取材と分析、実際に過去に起こった事実の記述などは比べるものがないくらいにすごい!

歴代総理がどうやって組織を動かし、誰を懐刀にして突き進んで行ったのか、また、誰が総理大臣に向かう途中で墜落していったのか、どうしてそんなことになったのか、これまた詳細な書きぶりに、昔のことながらドキドキしてしまいました。

また、総理とは名ばかりの人が居る傀儡政権や、“タナボタ”で首相になってしまった総理の政権がどんなことになってしまったのか、これほど簡潔で、なおかつ詳しく書いてある本は類を見ないと思いました。

歴代の官房長官の話も、総理以上にと言ってはなんですが、面白く、興味深く読みました。
総理とは盟友、右腕、腹心となるのが官房長官ですが、特に後藤田さんについての話は、これだけで一冊の本になるくらいのものでした。

今読んでも、まったく違和感のないこの本。
総理を中心とする日本の政治の根本的な知識がしみてくるようにわかる本でした。
歴代の総理大臣を思い浮かべながら読むと、ますますいい本だと思いました。

2018/10/20

「最後のおでん -ああ無情の泥酔日記-」を読んだ

20181020_kitaooji_kimiko01

またまたブックオフで108円にて手に入れた本、『最後のおでん -ああ無情の泥酔日記-/北大路公子著(新潮文庫)』を読みました。

フリーライターの著者がもともとはネット上にあげた日記で人気のあったものを本にまとめたものでした。

読み始めたときには、しょうもない人だ(^^;)なんて、笑って読んでおりました。
ネット上で人気があったというのも、そんな私の気持ちと同様の読者が多数いたからでしょう。

でも、見通しが甘く(甘いというよりも何も考えていない)、意志は弱く(弱いのではなくやる気がまったくない)、酒に溺れ(溺れるというよりも、“泥酔土左衛門”状態だ)る著者の日々をあまりにも無防備に赤裸々に語られると(しかも女性だ)、こんなヤツ絶対に身近にいてほしくない!と強く思ったのでした( ̄O ̄;)

飲んだくれて記憶をなくし、ついでにサイフを無くすことも一度や二度ではない。
これが大人か?!と思うような行動も、たまにあるってわけじゃなく、いつものことだ。

私の知っている人で、いつも安い酒場で泥酔飲酒し、半年間に5度もスマホを無くし、自分が帰宅した経路も覚えていないという、この著者と似たタイプの人がいるが、見かけるのはせんべろ(千円でべろべろ)酒場ばかりだ・・という情報をいつも聞いていた。
飲めりゃなんでもいいんだ、こういう人・・。
そして、近づかないのが一番なんだ、気をつけろ!

こういう人になると、親や兄弟姉妹からも「こいつはウソつきだ」なんて罵られることも常態となってくる。読んでいると、著者もその轍を踏んでいた。
人からも身内からも信用を無くしているその状態は、本人にとってはけっこう心地いいらしい。
落ち込んだ“ふり”をしていたかと思うと、姪っこなどにとんでもないウソをついて、また叱られるのだ・・もう、人生、底辺を歩いていることに何の迷いもないのだ、「それがどうした」って感じ。

というわけで、読書後半は気持ち悪く (・_・;なってまいりました。

さすがの自堕落な私もサジを投げた一冊でした。アーメン。


【Now Playing】 ナイツのチャキチャキ大放送 / ナイツ、バイキング ( TBSラジオ )

2018/10/13

「徳川四百年の内緒話」を読んだ

20181013_munefusa_tokugawa001

『徳川四百年の内緒話/徳川宗英著(文春文庫)』という本を読みました。
またまたブックオフで108円(#^.^#)

著者は田安德川家第十一代当主、つまり内部関係者d(^_^o)ということになります。
著者自身は理工系の方で、慶大工学部を出て、石川島重工業に入社し、その後IHIエンジニアリング・オーストラリア社長なども務められています。

この本への興味は、あまり歴史的なものではなくて、“内緒話”と書かれているくらいなので、聞いて驚くような、あまり知られていないことをちょっと知りたかった・・というものです。

たとえば、家光は美少年が好きで、周囲には14歳から18歳くらいの小姓が大勢いて、みな美少年であったとのこと。そして、私は知らなかったのですが、彼らは性の対象にもなっていた・・。

16歳の時には、可愛がっていた小姓が、風呂で他の小姓と戯れたことに腹を立てて斬り殺すという事件も起こしていたのだそうです。
他の可愛がっていた小姓でも、やがて奥さんをもらい、子供が出来、側室にも子供が出来たら切腹を命じているという・・あまりといえばあんまりな事実も知りました。

十五代に渡る将軍のうち、暗殺されたといわれる将軍が四人もいる、というのも、ある意味そんなことだろうな、という想像は出来るものの、その権力に対する人の欲望に怖ろしさを感じました。

15歳で将軍となり、69歳で亡くなるまでに55人の子供をつくった家斉。
早世した正室の他、40人の側室をかかえていたのだそうです。・・これをどう考えればいいのか、うらやましいのか、“地獄”と見るのか。

全員大奥で育てるわけにもいかず、息子は養子に、娘は大名たちに押し付けたんだそうで、押し付けられた側もそれなりに準備せねばならず、とくに娘をもらう場合は大奥からお付きの女性がぞろぞろと付いてきたそうで・・まあたいへんなことだったでしょう。

水戸黄門と呼ばれる徳川光圀は、63歳のときに家督をゆずって、隠居したんだそうですが、亡くなるまでの10年間は、田畑を耕し、収穫した作物を美味しく食べ、晴耕雨読の生活。
自然派文化人の理想みたいな暮らしを晩年していたようです。
しかも、年貢米まで納め、作物の一部は近隣に分け与えていたようです。
テレビでは漫遊している時代は、実際には水戸から20キロほど離れた西山荘でそんな暮らしをしていたとのことで、これはいい話だなと思いました。
そこでの人柄があの水戸黄門漫遊記を生んだのかもしれません。

歴史に疎く、武将が嫌いな私ですが、興味深く読めました。
ありがとう、ブックオフ!


【Now Playing】 Love Is Strange / Wings ( Rock )

2018/10/09

「この人はなぜ自分の話ばかりするのか」を読んだ

20181009_j_e_dimitrius001

『この人はなぜ自分の話ばかりするのか -こっそり人の正体を読む法則-/ジョーエレン・デミトリアス著・冨田香里訳(ヴィレッジブックス)』という本を読みました。
またまた例によってブックオフで108円(*^_^*)

著者は「人を読む」プロと言われる陪審コンサルタントを職業にしていて、長年の経験から培った“人を読む”方法を具体的に例をあげてこの本に記しています。
職場、家族、恋愛、友人その他様々な関係においても共通するそのテクニックというか、パターンの読み方は、どんな人にも参考になり、世界各国でベストセラーになった本のようです。

というわけで、私も興味深く読み進みましたが、行動パターンや、第一印象、職場や自宅、行動範囲などの周囲の環境、話し方、さらに質問したあとの答えに耳を傾けて相手のことを読む、その他細部に渡って“人を読む”方法について書かれていて、それらを覚えていくのは大変なことだと気づきました。

なので、途中でギブアップ気味になってきました。3分の2くらいまでいったところで・・。
そこまで相手のことを読もうとしている自分はいったいどんな人間なんだろう?!と自問自答してしまうようなことにもなってしまい、自分自身がどんな人間なのか見失うという( ̄O ̄;)本末転倒の読書になってしまったのです。

それに、この本に書かれているテクニックは、よくよく考えてみると、いつも自分がやっていることなんじゃないか、などとも感じました。
つまり無意識にやっていて、日本人にとっては、こういうことって得意なことなんじゃないかって、思ったのです。
あらためて言われるまでもなく、あまり自己主張をしない一般的な日本人には、自然にこの著者が書いているようなテクニックは、ある程度身についているんじゃないかと思い始めました。

そうなると、スラスラと読むことが出来て、「ああ、これは知ってる」「これは既にやっている」などと素直な感じで読め、人を読むというよりは、人と接するときのテクニックというかヒントになるなと思ったのです。

けっこうボリュームがあるので、読むのは大変ですが、人付き合いに悩んでいる人にはアドバイス的に参考になるものだと思いました。

2018/10/02

福田恆存の「人間・この劇的なるもの」を読んだ

20180930_fukuda_tsuneari001

『人間・この劇的なるもの/福田恆存著(新潮文庫)』を読みました。
昭和31年に刊行されたものを文庫化したものですが、それも昭和35年のことで、古い本です。
ブックオフにて108円でまたも購入。

福田恆存については、シェイクスピアの作品のほとんどをこの人の訳で読みましたが、何名かの訳者の中では、けっこう文語調の“固い”文体が印象に残っています。

そのシェイクスピアのハムレットやオセローなどの作品の台詞なども例示しながらの人間の生き方の本質に迫るような本でした。

時代が昭和30年代ということもあってか、実に真面目で、丁寧に微細に探求していて、途中でそのあまりに詳細な研究の様子と、ある意味くどいくらいの読者へのフォローを含めた解説に疲れました(^_^;)・・すこしうんざりもしました。

この本の言いたいことって、つまり・・人間はただ漫然と生きているだけでは満足できる動物じゃなくて、自分の人生が“劇的”でないと納得がいかないものだ。っていうことでしょうか。

だから、自分の身に起こったことは、人生のドラマとして劇的であるが“必然”なのであるっていうふうに考えないとこれまた納得が出来ない・・そんな人が多いのだ!みたいなことが書いてあると思うんですよ( ̄O ̄;)・・いくら読み込もうと思っても私のお粗末な頭脳と思考では「わかった!なるほどね」というわけにはいかんかったのです(^^;)

人間て、面倒くさいというか、複雑というか、ただ楽して暮らせればそれでいいってわけじゃないんですよね。
自分の人生の今までと、今後の未来についても、何らかの必然性、あるいは劇的な何かを求めるわけですよ。
それじゃないと、自分の生きている証しっていうんでしょうか、それが曖昧模糊としてしまい、自分の生き方がつまらないものになってしまうなんて、許せないってことになるでしょ。

私が特にシェイクスピアの戯曲に惹かれるのは、そんなところも影響しているのかもしれません。
シェイクスピアが書いたものは、いずれも主人公が考え過ぎなくらい考えてしまうし、ちょっと異常なくらいの“心配しい”だし、物語の展開もあまりと言えばあんまりな「そして皆死んじゃった」みたいなことが多いし・・。

ドラマチックな舞台に思わず引きずり込まれるわけです。それはある意味疑似体験的でもあります。
そんなこともあって、宝塚も好きなのかもしれません、私。

自分の人生に意味づけするということは、自分が生きて行く推進力にもなってきます。
そして人生そのものを味わう・・ということにもつながっているように思います。

難しくて私には手に負えない本でしたが、読んでみて以上のようなことを考えたのでした。

2018/09/26

「お気は確か?」恋する女への忠言・・を読んだ

20180924_gomabukko001

『お気は確か? 恋する女への忠言/ゴマブッ子著(宝島社文庫)』を読みました。
またまた例によってブックオフで108円d(^_^o)

2012年発行となっていますので、6年ほど前の本。
著者は、人気の辛口ブログを書いていた「ゲイブロガー・ゴマブッ子」さん。
私はこのブログを知りませんで、この本で初めて知った次第です。

相談形式で進められるこの本は、読んでいくと、相談してくる多くの女子は、このゴマブッ子さんに“叱られたい”そして、“罵倒されたい”ような人が多い(^_^;)

そうだねぇ、ここで相談している女子は、我儘か、めっちゃ自信が無いか、または自分で自分がやっていることを客観視できない、そんな人がほとんどでした。

相談者は皆、思いっきりゴマブッ子さんにガツンとお叱りを受けるパターンが多いのですが、皆、それを聞いて喜んでいるようです。
そういうことってありますよね(^^;)現代は、親にもなかなか叱ってもらうことができない世の中だし・・。

“愛が重い女”の章では、「私と彼氏の年表」を作り、それを数ヶ月刻みで彼に会う度に渡す女が登場します( ̄O ̄;)

しかも、「あそこではこうして欲しかった」などと、“ダメ出し”まで書き込んであるということで、“いなさそうで、いそうな女”だと思いました。やだねぇ、自分の彼女だったら人生真っ暗です。

もちろん、ゴマブッ子さんは「お気は確か?」と突っ込みを入れていますが、いやはやこんな相談者ばかり。

相談の中には、新しい彼女が出来ると「しばらく距離をおきたい」なんて言って別の女に走り、それが破局すると「やっぱり会いたい」なんてメールを送ってくる男も登場しました。

男も女も、皆、ゴマブッ子さんの餌食となっていくわけですが、「好きになってしまうと、わかっちゃいるけど愚かな行為をする」、そんな女の“性”についてもよくわかるゴマブッ子さんの人情味ある、そして同情するような回答編もあり、それはそれで面白く読めました(*^_^*)

愚かな男と愚かな女の物語を味わってみたい方はどうぞ読んでみてください。
あら・・これって自分と同じじゃん!ってこともありますよ、あなたも人間だもの。

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック