フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2017/05/20

映画「マイ・ビューティフル・ガーデン(This Beautiful Fantastic)」を見てきました

20170520_beautiful_garden01

映画『マイ・ビューティフル・ガーデン(This Beautiful Fantastic)/2016年英国 監督・脚本:サイモン・アバウド 出演:ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、トム・ウィルキンソン、アンドリュー・スコット、ジェレミー・アーヴァイン』を見てきました。

予告を見ただけで素敵なイングリッシュ・ガーデンに目が釘付けだったのですが、本編でも美しい自然を感じさせる庭を楽しめました。

そして、庭を造り出すことがテーマの映画だと思って足を運んだのですが、実際は主人公の女性(役・ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)が、予測不能な自然の営みが苦手・・特に植物・・で、何にでも秩序と規則正しさを求める“超風変わり”な性格であり、それゆえ庭の手入れが出来ずに、大家から住居の価値が下がってしまうので一ヶ月以内に庭の手入れをせねば追い出されるというそんなストーリー展開のものでした。


20170520_beautiful_garden02

そして隣家の“偏屈じじい”(役・トム・ウィルキンソン)からも荒れ放題の庭について苦情が出て、主人公の女性は意を決して庭を造り始めるのでした。

そこからが実に面白く、隣家の偏屈じじいだと思った男性は、厳しくもやさしく庭について、花について、自然について、そして生きることがどういうことか、について主人公に深く関わってくるのです。

さらに偏屈じじいに雇われていた料理人役のアンドリュー・スコットが二人の間に入り、絶妙な狂言回しを繰り広げます。
この辺はいかにも英国映画らしい演劇的な展開でした。

もう一人、主人公の女性が好きになってしまう男性(役・ジェレミー・アーヴァイン)。
主人公が勤める図書館に資料を求めて来たときから奇天烈な行動をするのですが、主人公に自分の作った機械仕掛けの鳥を見せてくれ、そのうちに二人は“恋に似たもの”をするようになり・・でも、波乱の出来事が起きて二人の恋の行方は・・という楽しみな展開(゚ー゚*)。oO

美しい庭や花々も堪能できますが、むしろこの映画は、人として生きて行く、住まうという行為、自然とのつきあい、人とのつきあい、うつろう季節と時、そんなことを意識させてくれるヒューマン・ストーリーだったと感じました。
やさしい心の持ち主のあなたには絶対のおすすめ映画ですd(^_^o)


【Now Playing】 子ほめ / 桂米朝 ( 落語 )

2017/04/07

映画「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由( MON ROI )」を見た

20170407_mon_roi01

映画『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由( MON ROI )/2015年・仏 監督:マイウェン 出演:エマニュエル・ベルコ、ヴァンサン・カッセル』を見ました。

恋愛映画といえばフランス映画を見ろ!なんて誰が言ったか、言わなかったか・・、でもこのフランス製映画は、そんな“恋愛もの”を楽しもうなんて気で見に行ったら痛い目に遭います( ̄O ̄;)

男と女の生き方、恋も愛も憎悪も怨念も淡い気持ちも、ごった混ぜだっ!!
そしてこれが男と女だ、そんな映画だった。


20170407_mon_roi02

過去に顔見知りだった男にふとしたところで声を掛け、それが瞬間的に導火線に火が点いた形となり、“モテ男”で完璧風だった男と、住んでいる世界が異なるような知的な女性が一気にのめり込むような愛の世界に突入、子供までつくって、そのまま結婚に・・。

やがて男の女関係のだらしなさ、モテ風で男臭かったように見えて、実はもろい部分、なさけないダメ男な部分も出て来て、女はあきれるが、家庭や人生そのものを崩壊させるような男の振る舞いに、女性も精神的にも身体的にも最悪の状態に追い込まれる。

なのに、何度も男が謝ったり、仲直りしたり、離れたり、拒絶したり、くっついたり、・・これは誰もが経験する男女関係をフランス風に大きくデフォルメさせた男女物語になっていました。


20170407_mon_roi03

見ている人は誰もが“腹に一物”的に持っている配偶者への感情を思い起こされ、ちょっと痛い、グサッとくる部分もあるのではないでしょうか。

そして今どきの「異性と付き合うと自分の時間がなくなるからイヤ」などという“腑抜け”には絶対にわからない映画となっておりました(*^_^*)

相手のために自分の時間なんか無きものとして、ぼろぼろになりながら地獄の一丁目まで付き合うのが男女の仲だ、わかってんのか、このぉ~っ!!・・というのが私の意見です、そしてこの映画の意見でもあるようにお見受けいたしました(^_^;)

根性据えて、男に、そして女に向き合う者だけがわかるこの感情、それをあらためて知りたかったら行ってみるといいです。そんな映画でした。甘っちょろい気持ちで行くなよ。


【Now Playing】 Old Folks / Karin Krog ( Jazz )

2017/04/05

三日で一ヶ月分の重み

20170405_pagem01

4月3日から職場が変わり、仕事内容そのものは変わらないけれど、でも私一人が新しい世界に入って行くことで職場での生活も、家での生活も大きく変わりました。

事前に引き継ぎで新しい職場に行ったときにも、同じ仕事をしているのに職場の雰囲気はまったく異なるものだと瞬間的に感じました。
自分がその場に慣れるのか、あるいは新しい雰囲気、環境の職場を作り出していくのか・・。

新しい職場の環境、雰囲気の変化、という方向を直感的に選びました。

ものすごく大変だと思うけれど、その方が結果的に良いのだと思いました。

少しずつ会話をして、少しずつ溶かしていく・・それがいい・・と信じて、まだ三日間ですが新しい職場で過しています。

だから疲労度は三日で一ヶ月分くらいになりました。
でも、それでいいのです。

今までの自分だったら、そんな方向は選びませんでしたが、ここ数年の自分は常に今までの自分と異なる道を歩むことにしています。結局そっちの方が結果がいいのです。

というわけで、疲れもはげしく、今夜はそろそろゆっくりします。
おやすみなさい。


【Now Playing】 深層深入り 虎ノ門ニュース / 上念司、半井小絵他 ( YouTube )

2017/04/03

ネコがいてよかったとおもう

20170403_marron01

写真は朝、我が家のネコ、マロンが人とともに起きてきて、東側の出窓に上がり、朝日を浴びているところです。
晴れの日はこれがマロンの日課になっています。
出窓からおりてくると、マロンの体は“ほかほか”です(*^_^*)

そんなマロンの姿を見ているだけで次々と起床してくる家族の心はほんのちょっとですが、ほわんと温かい気持ちになります。

昨年から、今年に入り今に至るまで、私自身、毎日体調に大きな変動があり、古傷の脚腰がしびれるような時もあれば、食事をしたあとに過去の手術の影響で具合が悪くなってしまうこともあります。しばらくなりを潜めていた現象だったのですが・・。

だましだまし、仕事に出掛けているような状況ですが、なんとか頑張ります。
4月から職場が変わったのですが、それまでの職場近くに漢方の薬を出してくれるやさしい先生のいるお医者さんを見つけ、今やそこにたよっているのですが、少しずつよくなっているような気がします。

倒れぬように自分をなだめつつ明日も職場に出掛けましょう。


【Now Playing】 ウソツキ鴎 / 小林幸子 ( 歌謡曲 )

2017/03/26

ブログでも『PEN散歩』・・庭で花々が咲き出した

20170326_flower01

facebook ではこれ以外の写真をアップいたしましたが、こちらブログでもPENを使って撮った庭の花々の写真をアップいたします。

先週は異動の内示があり、昨日は休日でしたが、職場に行き、残務整理をしておりました。
今までと同様の仕事内容なのですが、次に来る人への引き継ぎのための準備等をしてきたのです。
夕方近く、帰宅すると妻が庭に出て手入れをしていました。
「おおっ、花たちも咲き始めたね」とあらためて庭を見ていました。


20170326_flower02

こうして花々が咲き始める時期は、上記のように人にとって変化、転換期でもあります。
胸いっぱいに期待をふくらませる人も多いのかもしれませんが、私は小心者で、心の中は不安感でいっぱいになります。


20170326_flower03

私の住んでいる地域では通勤時のメイン通りが“こぶし”の花で満開になっていて、それを見ると、この時期の不安感が重なって、心に何か雲が垂れ込めてくるような気分になるのです(^_^;)
いい歳して困ったものですが、そういうことになってしまっていて・・、この時期はあまりほんとうは好きではないのです・・。こぶしの花も、・・もちろん通勤時に写真も撮っていませんけど・・…σ(^_^;)

さて、これから家族で食事に行くことにいたしました。
いろいろなことを忘れて、楽しく皆で話しながら食事してきます。
それではまた。


【Now Playing】 浜美枝のいつかあなたと / 浜美枝 ( 文化放送 )

2017/02/21

ゲッターズ飯田さんの「開運レッスン」を読んでみた

20170220_kaiun_lesson01

『開運レッスン/ゲッターズ飯田著(セブン&アイ出版)』という本を読みました。
この本を知ったのは、土曜日の午前中にTBSラジオで放送されている「ナイツのキャキチャキ大放送」という番組の中で紹介されていたのを聞いてです。
ゲッターズ飯田さんが当日のゲストとして出演し、番組中の飯田さんのお話も興味深かったので、セブン・イレブン限定販売とのことだったので、後日買い求めたものです。

最近、私、こういう本を読むと“目からウロコ”なんていうことがめっきり無くなってしまいました。
けっこう人生達観してしまったというか、野心のかけらも無く、「あるがままに」「なすがままに」「自分の感性を大切に」生き始めたので、沁みてくるというよりも、そうだそのとおりだ・・ということが多くなりました(^_^;)

たとえば

人生は絶対に思いどおりにはならない

どんな人も、これまで誰一人思いどおりに生きてきた人はいない

・・そのとおりだ。わかっているよ・・(*^_^*)・・そんな感じです。


現実を受け止めて、あたりまえのことをやるだけでいい。

明るくしている人は明るくなれる

楽しそうにしていると楽しくなる

日々続ける。続けるから自然とそうなっていく。

・・ほんと、そのとおりだよ・・d(^_^o)・・そんな感じ。


勉強になりましたが、でもすでに自分の心の中に芽生えていたものを再認識した感覚でした。


不安なんてことはあたりまえのことだから、それは悩みでもなんでもない。

・・以前は毎日毎日、一年365日が不安な日々でした。
でも、上記の言葉によって救われます。日々持っている不安が現実のものとなったことなど今まであったかなぁ・・と思い返してみました。
これもここ数年間で、自分の中である程度解決しかかっていたことでした。
最後のひと押し的に背中をトンと押して前に出してくれたような気がしました。


ちょっとした心がけで、運はどんな人にもやってくる

・・やってこなくても、今や全くOKな私、これを成長というのか、諦観というのか・・。


【Now Playing】 ラジオ深夜便・雪の下の小さな魔物 / 菌類学者 星野 保 ( NHK-AM )

2017/01/31

原田マハさんの「本日は、お日柄もよく」を読みました

20170131_maha_harada01

『本日は、お日柄もよく/原田マハ著(徳間文庫)』を読みました。
本屋にふらりと立ち寄り、この本の“腰巻き”に「何度も泣きました!言葉の持つ力に感動!!元気がでるお仕事小説!」とうたわれていて、最初は“まゆにつば”つけて、誇大広告なんじゃないの、と手に取り、パラパラとページを繰ってみたのですが・・ん?これはおもしろいかも、と思い始め手に入れたのでした。

最初は主人公の女性が結婚披露宴に呼ばれ、たいくつなスピーチに居眠りをしてスープ皿に顔を突っ込む(^^;)という失態から始まるのですが、その披露宴の会場で伝説のスピーチライターに出会い、意外や主人公のドジな女性がスピーチの才能があるということになって物語は進行します。

最初はむしろ家族的であたたかなドラマ的展開かと思っていると、次第に政治の世界のスピーチライターのガチな仕事小説になっていって、俄然面白さとスピード感が増します。

何よりも随所に出てくる披露宴のスピーチや、プレゼンテーション、議員立候補者の演説に、本の腰巻き(帯)に書かれているとおり“何度も泣きました”(T_T)
原田マハさんは既に有名な方で、伊藤忠商事、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て2002年に独立、フリーランスのキュレーターとして活躍、その後は作家として数々の賞を受賞という経歴を持つ方で、今まで存知上げず、早く知りたかったと思っているところです。

で、ほんとうに泣いたのです、私…σ(^_^;)

言葉のもつ力、スピーチが持つ影響力、そしてそれらは話す人本人が持ち合わせているものから醸し出されるものである・・ということをあらためて感じました。

とりあえずこの本を読んでみて、感動のスピーチの数々で泣いてください(^_^;)
そして、胸を打つ物語にまた泣いてください(゚ー゚*)。oO

悪意や恨み辛み、怨恨渦巻くような小説ではありません、まっすぐでひたむきな人物が悩みながら、つまずきながらも前を向いて歩いて行く小説です。だから読んだのです。
今の私にはそういうのが合います。良薬って感じ!d(^_^o)

胸が熱くなり、涙とともに幸せな気持ちがやってくるような小説でした。
これはかなりのおすすめ本です。


【Now Playing】 深層深入り 虎ノ門ニュース / 百田尚樹・山口敬之 ( YouTube )

2017/01/27

あきらめない心 -心臓外科医は命をつなぐ- を読んだ

20170127_atsushi_amano01

『あきらめない心 -心臓外科医は命をつなぐ-/天野篤著(新潮文庫)』を読みました。
天野先生は、記憶にある方もいらっしゃるでしょう、2012年に天皇陛下の心臓バイパス手術を執刀された方です。
この本が出版された時点で、執刀例は7,200件にも及び、98%という高い成功率を保持しています。
その先生が書いた本というだけで読んでみたくなったのです。

この本によれば、天野先生は意外とエリート街道まっしぐらではありまんせでした。
大学には二浪しているし、卒業後は多くの人が選ぶ大学病院に残る道を選ばず、民間の病院でそれこそ武者修行的に心臓外科という先生にとっては命懸けの天職に就きます。

先生の性格上、“あつれき”も多々あったことが書かれていましたし、その際には去って行った人も多かったようです。ようするにただの成功物語ではなく、人間的な部分も自らクローズアップしていると感じました。

そして、天皇陛下の手術の担当医となり、実際の手術の時の様子が、“開いて”バイパス用の血管を見つけて「あった、あった」と思わず心の中で言ってしまうような場面まで書かれていて驚きました。
こういうことまで書いていいのか、というか、先生にはむしろ、そういうことを読者始め多くの人に知ってほしいという気持ちがあって書かれているのだと思いました。

そして、いかにきつい仕事になっても、患者さんにとって一番よい状況になるようにスタッフにも求めている姿に感銘を受けました。今、私自身が仕事に対する考え方をかなり変えているのですが、この本を読んで少し逆戻りしようかとも思ったのです。

私も10年くらい前に心臓の手術を受けましたが、担当の先生は当時県内でも有名な先生でした。
そしてその先生もやはり、自分のことなんかよりも患者のことを第一に考え、手術の数日前に診察室ではなく、あかるい部屋でモニターを使いながら、具体的な手術の内容を説明してくれ、自分がその時点で執刀した3,000例について失敗した例も正直にどんな失敗だったかも伝えてくれ、先生自身の今の技量であれば十分安心してもらえる手術だと力強く語ってくれました。
そのときはうれしさを感じ、手術への最終的な決断をすることができたのでした。

そのときから、特に心臓外科というものについて、ある種強い興味を抱いていたのですが、この本を読んで氷解するようなことがたくさんありました。

これから大きな手術を受けるかもしれない方や、自ら踏ん切りのつかない方、最後の一押しをしてほしい方などには勇気を与えられるような本だと思いました。
筆致も力強く、スピード感もあり、わかりやすく、正直な内容で、読んでみて何かを得ることがてぎるものだと思いました。


【Now Playing】 深層深入り 虎ノ門ニュース / 武田邦彦、須田慎一郎 ( YouTube )

2017/01/21

河合隼雄氏の「こころの処方箋」を読んだ

20170121_kawai_hayao01

『こころの処方箋/河合隼雄著(新潮文庫)』という本を読みました。
臨床心理学者の著者はユング派心理学の第一人者という観点からも日本の文化や社会、日本人の精神構造などを観察し続けておられた方だそうです。
本のスリーブにお写真がありましたが、そう言えばお見かけしたことのある方でした。

書いてあることは、例えば学校生活で荒れ放題の生徒のカウンセリングをしたときなど、実際の話が多く、「こうだからこうなっているんだ」という決めつけについて、何度も警鐘を鳴らしています。それはまだ未熟な心理学者などに対しても・・。

そして自分の身に起こることに対して、予想外の事や、辛いことがあっても、悔やんだり、相手を憎んだりすることよりも、むしろその状況を受け容れて、そこから何か動きを起こしたり、何かを見いだしたりすることが大切だ・・というようなことも書かれていました。
最近、そういう言葉が自然と身体に沁みてくるようになりました、・・私。
自分に起こる事象に翻弄されるよりも、自分の生き方を中心に生き始めたからでしょうか、去年あたりから。

それから日本人はかつてよりは休日を取ることが出来るようになったが、「“マジメ”に休みを取れ」なんていう人、会社がまだあって、せっかくの休日を「有意義」に過そうなどと考えてしまうのだ・・ともおっしゃっています。

・・休日増えても、マジメさは変わらず・・そんな感じですかね。

「とにかくマジメは休み休みにして頂きたい」と河合氏。

この頃、そういうことを私もよく思います。
マジメちゃんは、どこまでもマジメで、仕事上でもちょっと話にならないことが多くなってきました。人というものがマジメなマシーンでなければならない、自分も他人(同じ組織の人)も、と思っているフシがある人がいるねぇ、つい最近もありました。

で、そのマジメちゃんは、現実に何が起こっているかに目が行かず、理想ばかり言ってて、現場はたいへんなことになっている・・。もう、マジメちゃんばかりが組織を操っているので、そういう人達に抵抗することもやめました。無駄です。
私は私の思うように、生きたいように生きます。

だんだん個人的感情が先立ってきたので(^^;)きょうはこのへんでおしまい!


【Now Playing】 大人のジャズタイム / 島崎保彦他 ( ラジオニッポン )

2016/12/31

密蔵院・名取芳彦住職の「気にしない練習」を読んだ

20161231_hogen_natori01

宝塚忘年会のアップ真っ最中ですが、ここ直近で読んだ本についても隙間に掲載いたします。今年もけっこう本を読んできました。調べたらこの本を含めると74冊でした。

今回は『気にしない練習/名取芳彦著(知的生きかた文庫・三笠書房)』という本です。
以前なら読み進むうちに反省ばかり、ということになり、自己嫌悪に陥るような本ですが、割と今の自分には“出来ている”という気になって、それほどの落ち込みはありませんでした…σ(^_^;)

〇人が自分をどう思うかは「相手の問題」

〇「みんな言っていますよ」は気にしない

〇「どちらが得か」に迷うのは、とても損なこと

などなど、最近は自分でも十分自覚&理解して行動できているようなことが書いてありました。

もうギラギラしたところに行って、相手をへこましたり、へこまされたりするのは人生にとってはいらないことです、・・かつての職場ではそんな人ばかりでしたが。

この本でちょっと可笑しかったエピソードがありました。

「芝居や講演会などの会場で、大勢の観客が集中している時に隣の人に話しかける人は、何かにつけてお節介が過ぎる人である」

いるよなぁ、宝塚劇場でも「あの人この間テレビに出てこんなこと言ってたよ」とか、相手が真剣に舞台を見ようとしているのにそれに気づかない人。近くにいる私も集中できません(*^^*)

こんな人は「昨日、駅前でティッシュをもらったから」と一つ分けてくれたり、「これおいしいから食べてごらん」と自分の料理を半ば強引に分けてくれたりします。

ここにも書かれていましたが、こういう人に限って、後になって「私が言ってあげた」と別の人に吹聴する傾向があるというのです。自分がどれほど人に親切にしているかをアピールしたいのでは、と書かれていました。

たしかに、そういう人はいる。

そういう人に出会ったら、大人の対応で「ご親切にありがとう」と言っておこうと思います。まだ今現在の私にはちょっとむずかしいかもしれませんが。


【Now Playing】 ナイツのちゃきちゃき大放送 / ゲッターズ飯田他 ( TBSラジオ )

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック