フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2018/07/16

映画「終わった人」を見てきました。

20180716_owatta_hito001

映画『終わった人/2018年・日本 監督:中田秀夫 出演:舘 ひろし、黒木 瞳、広末涼子、臼田あさ美、今井 翼 原作:内館牧子「終わった人」(講談社刊)』を見てきました。

公開前に、この映画に出演している黒木瞳さんの早朝のラジオ番組で、黒木さんが、同じく出演している舘ひろしさん、広末涼子さんを呼んでインタビューしていたのを聞いて、気になっていたのです。

で、ちょっと時間が出来たので見てきました。


20180716_owatta_hito002

タイトルの「終わった人」というのは、主演の舘ひろしさん演ずる主人公が退職を迎え、ようするにサラリーマン生活が“終わった”人という意です。
高校時代はラグビー部のキャプテンで、東大に進学し、一流銀行に就職したが、出世争いには敗れ、出向先の会社で退職を迎えた舘さん。
インタビューでもおっしゃられていましたが、わざと胴回りに肉布団のようなものを入れ、太り気味で気力の失せた様子を演じられていました。
・・私も自分のことを考え、ちょっと胸の中に暗雲が垂れ込めました。

舘さんの奥さん役である黒木さんは、美容院に勤め、コツコツとお金も貯め、自分の店を持とうというところまできている。つまり、夫がリタイアする時期には自分の方向性をすでに見出している状況です。


20180716_owatta_hito003

その後の舘さんは、無気力の状態から大学院に行こうと決心し、そのためにカルチャーセンターに通う。
そこで受付をやっている文学好きな広末涼子さんと知り合う、・・そして「恋」のようなものをしてしまう。

なもんで、ジムで体を鍛えはじめ、広末さんと食事をしようとしたり、ジムで知り合ったIT企業の社長から会社の顧問に迎えられ、仕事を再開したり、そしてその社長が急死し、なんていう巡り合わせか社長になってしまい・・その後は大変な展開に・・。

監督の意図とは異なるのかもしれませんが、私は“仕事に生きること”しか人生に無い人の悲哀を感じました。
舘さんが頑張ろうとすればするほど、奥さんの黒木さんは呆れる。
そして、舘さんは空回りする。
それは仕事をすることで、自分を確立するというタイプの人には、「何故仕事をするのか」「自分にとって仕事の中にある意味は何?」という感覚が抜けているんじゃないか、と思ったのです。・・たぶん監督の意図するところはもっと角度が違うんだろうと思うけど。


20180716_owatta_hito004

ラストが近づくにつれ、舘さん、黒木さん夫婦の人生模様がしみじみと浮き上がるように見えてきます。とどめは、二人の長女を演じた臼田あさ美さんの別れをすすめる叫ぶような言葉でした。

そして二人が選んだ道は・・。
映画を見てね(*^_^*)

見ているうちに舘さん、そして舘さん夫婦を自分の今の状況になぞらえることしばし、でした。
哀しくなったり、心の中にざわざわとするものを何度も感じたりしました。

形としては「コメディ映画」なんでしょうけれど、でも残るものは深く大きいものでした。
舘さんと黒木さんという人生の、そして役者としての“荒波”を乗り越えてきた二人が演じたからこそのものだったかもしれません。

まだ上映されていますので、定年間近、あるいは、今、仕事人生の岐路に立っているような人、または夫婦間で何らかの問題を抱えている人に見てもらいたいと思った映画でした。


【Now Playing】 須田慎一郎のニュースアウトサイダー / 猪瀬直樹、蜷川有紀 ( Podcast )

2018/07/11

「ぼくは眠れない」を読んだ

20180711_makoto_shiina001

『ぼくは眠れない/椎名誠著(新潮新書)』を読んだ。
帯には『35年間、不眠症。』と力強く?!書かれている・・。
あの椎名さんが不眠症だったのか、と驚きました。

世界中の過酷な地に行ったり、日本全国でも釣をしたり、キャンプをしたり、カヌーに乗ったり、浮き球ベースボール大会をやったり、ラーメンすすったり(^^;)、およそ「不眠症」という言葉が似合わないことこの上ないような人と思っていたのですが・・。

でも、本当だった。
ブックオフでこの本を見つけ、パラパラと頁をめくってみたときの衝撃はけっこう強かった。

会社員だった頃の椎名さんのガシガシ仕事をして、夜は人と酒を飲み、家に帰ってくると、“がお~っ”って寝てしまう椎名さんから、物書きとして独立し、フリーランスとなり、いかにも作家っぽい夜更かしの生活が当たり前になってしまった頃から不眠の悩みが始まっていました。

いっきに倒れ込むように寝てしまおうと、酒を飲んでから寝るという・・椎名さんも書いているが、実は午前二時頃に起きてしまう要因となるそれがますます問題を根深いものにしていくのでした。

そういえば、かつて読んだ椎名さんの本の中にわずかではあるが、ダイビング中の閉所恐怖症の話や、ひとつのことが気になると、トコトン考えてしまうような様子、一歩間違えば「鬱」一直線みたいな、“引き金”のようなものを感じたエピソードがありました。

この本を読んでみると、精神的に自分を追い詰めていく椎名さんが垣間見えてきます。

それが、特に外国での豪快な旅をする椎名さんとかけ離れたイメージのため、読者である私が受ける衝撃はかなりのものでした。

外国人と日本人の睡眠の比較や、どんな動物がどのくらいの時間眠っているのか、また睡眠について書かれた国内外の書籍から椎名さんが考えたことなど、これを書いている時点でもまだ「不眠症」に苦しむ椎名さんが、光明を見いだそうとしてもがく様子がうかがえます。

それから、医師から処方された睡眠薬についても書かれていて、でもそれが問題の根本的な解決にはならないということも書かれています。
問題は、現代に生きる人間にとって(文明社会に生きると言い換えてもよい)不眠症となる要因があちこちに、其処此処に、自分を取り巻くような状況になっているということでしょうか。
要するに「文明社会病」みたいなものなのかもしれません。

椎名さんの意外な一面を見ることになったこの本、不眠症について深く入り込んで探求していくと、現代の人間が抱える悩みが見えてくるというものでした。


【Now Playing】 Solar / Miles Davis ( Jazz )

2018/07/01

「一流の人間学」を読んだ

20180630_takeya_yamasaki001


『[品性ある人間関係を築く101項]一流の人間学/山﨑武也著(PHP文庫)』という本を読みました。またまたブックオフで108円d(^_^o)

パラパラとめくってみて“いいこと書いてある”と思い、手を伸ばしました。

1992年に刊行された本ということで古い本ですが、でも書かれていることは、ごくまっとうなことで、私には参考になりました。日々、生きて行く上で、仕事上でも心がけなければならないことがいっぱい書かれているのです。

中身について詳しく書いてしまうと、“ネタバレ”に過ぎるので、101ある項目のタイトルだけでも挙げてみると・・。


外見や地位で判断しない

人は長所を見て付き合う

自慢するのは未熟な証拠

怒りは明日まで温存する

悪口を言うなら本人の前で

嫌な奴とのつき合いは人生修行

隠れて叱り人前でほめる

悪いニュースは早く伝える

時間に遅れるのは強盗と同じ

脅しは最低のテクニック

人を追い詰めない


などなど、内容を読んでいくと、どんどん深い話になり、私としては自分がまだまだまったく出来ていない人間だということを痛感するのでした。
そして、“謙虚”にならなければと、自分を戒めました。

「古い人間なんかに言われたくない」というような人もたくさんいるけれど、でも、古くから言われていることには大切なことが含まれている・・そんな本でした。


【Now Playing】 Cocuette / Paul McCartney ( Rock )

2018/06/30

Tea Time

20180630_teatime001

ブログの更新がいつもみたいに頻繁でなくなりましたが、特に何か大きなことがあったわけではありません。
ただちょっと“ぼーっ”とする時間が帰宅してから多くなり、気づくと夜になっていて寝てしまうため(^_^;)更新できなくなっていただけです。

で、表題のように“Tea Time”に少し考えていたことを書きたいと思います。

ついこのあいだ、メンタルヘルスで悩んでいるのであろう後輩から相談がありました。
職場もずっと離れていたし、会わなくなり、話をする機会もなく、たぶんそんな状態から10年以上経ったような状態です。

でも、ものすごく久しぶりなのに、私にメールで今の自分の状態に悩んでいること(たぶん文面からそれはメンタルの問題があると察することができた)、今後の仕事のことや、何かアドバイスみたいなものをもらえないだろうか、というような内容でした。

現在の状況説明もほとんど書かれていなかったので、実際に会って話をしようということになりましたが、でも、悩んでいることはたぶんこんなことじゃないかと感じたので、私が同様のことで悩んでいた時期がずいぶんあったので、私の場合は、ということで少しだけ返信メールにアドバイスというには差し出がましいかと思いましたが、書いたことがあります。

私の現在の立場で言うのは問題があるかもしれませんが、「仕事は二の次、三の次だ」ということ。「昇進なんてそれこそ四の次だ」ということも。
自分の生き方を大切に、それを一番の中心にもってくるのだということ。

私のような仕事の面でも“イケてない”、人柄でも“いまいち”、頼りがいも“もうひとつ”の人間にわざわざ相談してくれたのですから、そんな私なりの考え方を書きました。
正直に自分の考えを伝えることが大事だと思ったのです。

メールの返信には、「メールを読んだだけで少し元気が出て来た、会って話したい」とありました。なんとか力になりたい。

それから、ひょっとするとこんなことも必要かもということが私の頭の中をよぎりました。

「俺にまかせろ」とか「俺の言うことを聞いていれば大丈夫」、「俺の集まりに来ない?」などという人の話をまともに聞くな、ということです。
私の経験上、こういう人が一番事態を悪化させます。
さんざんこき使って、あとは“知らん振り”です、こういう人。

会ってお話できたときに必要であればこの話もしようかと・・。

たった一度の人生、自分らしく生きるのが一番。で、それを支えてくれる家族がいればそれが一番。
言いたいことはそれだけなんですけどね。


【Now Playing】 Milestones / Miles Davis ( Jazz )

2018/05/19

きょうは完全休養にした

20180519_flower001

きょうは、本当はかかりつけの漢方のお医者さんに定期的に行く日だったのですが、延期して来週に延ばし、一日ゆっくりと休むことにしました。


20180519_flower002

朝食をとってからふらりと床屋へ。
床屋の兄ちゃんは妻と同年代ですが、クルマやネットの話、その他日々の出来事などでなぜか話が合います(゚ー゚*)。oO
よく話をしてきました。


20180519_flower003

そのあとは帰り道、ちょっと古本をチラチラと見るだけで帰宅。

妻と長女は体のメンテナンスで特殊な治療をしているところに出掛け、そのまま妻の実家へ。

長男も出掛けました。


20180519_flower004

私はひとり昼食を家でとり、そのあとは肌寒いくらいの風が吹き渡る庭をながめつつ、小さなスピーカーで様々なジャンルの音楽をシャッフルして居眠りしつつゆっくりと過しました。
写真はその庭です。


20180519_flower05

ときどき今読み途中の本のページをめくって、感動する話にほろっと涙を流してしまいました。


20180519_flower06

先週も仕事の関係である人のために必死に、その人のためを思い、あちこちにお話をして説得したり、納得してもらったり、その人の今後によかれと全力で動きました。
でも・・当のご本人には理解されていないみたい・・。ひょっとして少し恨まれているような様子もうかがわれ、心の中はとても苦しい。
だから、心身ともに疲れて、きょうの医者に行くこともやめてしまいました。

できるだけ何もせずに平静を保とうと思ったのです。
少しだけ、回復したかもしれません。

明日は、また起きてみてどうするか決めようと思います。
というわけで、おやすみなさい。
皆さんの明日もいい日でありますように。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 早見優他 ( NHK-AMラジオ )

2018/05/13

連休以降の体調と気分

20180512_garden003

4月の末に風邪をひき、その後の飲み会では、ほとんど酒も飲めないような体調に。

それから、5月頭の連休前半に大掛かりな草刈をしたのですが、それ以降さらに体調をくずしてしまい、毎日が不調とのたたかいです。


20180512_garden001

仕事の関係でも交渉事があり、またそれも相手方と考え方が根本的に異なっていて、仕事最優先にものごとを考えるのか、人の人生を優先してものごとを考えるのか・・難しくて考え込んでしまいました。


20180512_garden005

自分のことしか考えずに生きている人も見かけるのですが、本人には悪気はなく、でも、そういうのを見ていても気分がふさぎます。


20180512_garden002

そんな中、前回のこのブログにも書きましたが、中学時代の担任の美術の先生の展覧会を見に行き、先生が作品の中心としている絵画ではなく、「造形」であらたな人と出会い、コラボして企画展をし、生き生きとしている姿に励まされました。

「こうして生きているだけでありがたいことだ。感謝しなくちゃならん。」とギャラリーでお客さんと語っている先生・・。
その境地に自分がたどり着くことがあるのだろうか、と思いつつ聞いていました。


20180512_garden004

本日は庭の草花をながめつつ、完全休息日にしました。
エネルギー充填しています。


【Now Playing】 浜さんちのリビングルーム / 浜美枝、和田博幸(樹木医) ( 文化放送 )

2018/05/04

疲れて少しのんびりしています

20180503_flower001

連休前半のうち二日間は家の草刈に必死で、連休狭間の二日間はちょっと仕事の関係でいろいろ書類を作ったり気を揉んだりすることがあり、交渉事もあり、体も心も消耗しました。
胃も痛くなるようなことでしたが、案外事もうまく運び、ほっとしているところなんです。

草刈を終えてその場にへたり込んでいたときに正面を見ると、妻が丹精込めた庭が目に入り、毎年少しずつスタイルを変えて作り込んでいくその様子にはっと気付きました。


20180503_flower002

お天気もよく、花々がパッと色鮮やかに咲いている姿にしばし見とれました。


20180503_flower003

私は、雑草だらけの部分を草刈機で手も痺れつつ、混合ガソリンをつぎ足しつつ汗みどろでの作業。
でも、今年は例年とちがって“ただつらい”っていうことがありませんでした。
心の持ち様なんでしょうけど、「こうして毎年、時が過ぎて行くなぁ」などとしみじみとした気持ちに、自分でも驚きました。


20180503_flower004

連休後半初日は、映画を見て少しのんびりしました。
ただいま二日目、中学時代の先生と電話してあれこれ話をしたりして、さて午後はどうしようかってところです。


20180503_flower005

とりあえず体と心を休めます。
それじゃまた(^_^)


【Now Playing】 紺屋高尾 / 桂歌丸 ( 落語 )

2018/04/27

庭の草花・Blog版続編

20180424_garden003

前週の土日に体調を大きくくずし、月曜日は午前中しかもたず、午後に帰宅。
火曜日は一日休むことになってしまいました。
以前は、丸一日寝ていれば治ったのに、ここ数年はこんなふうになってしまうこともしばしば。


20180424_garden002

でも、庭の様子は日々変化しています。


20180424_garden001

今年も咲いてくれた花々、朝出がけに少しばかり見て、何かをもらうような感じでクルマに乗り込みます。


20180424_garden004

この連休までには体調を元に戻して草刈の予定です。
やっていると鳥が周囲に集まってくるんです。
刈ったばかりのところに虫でも見つけているのでしょうか、気付くと周りに集まった鳥が「早よせい、もっと、もっと」って感じでじいっと見ているんですよ(^^;)
ちいとも怖がっていない。


20180424_garden005

というわけで、我が家の庭は鳥の楽園にもなっていますし、猫のお昼寝の場所にもなっています。
花の中でお昼寝、気持ちいいことでしょう。

みなさんもよい連休をお過ごしくださいね。


【Now Playing】 In My Life / The Beatles ( Rock )

2018/03/24

“ほっ”として

20180324_morning01

今朝は早起きして、人間ドック時に「再検査を」と言われた検査をしてきました。
かってに大丈夫だろう、なんて思っていましたが、夕べから不安感におそわれ(・・実は臆病(^_^;))重い気分のまま医者へ。

妻がついていくと言ってクルマに乗せてくれ、なんだかやさしいので余計に不安に…σ(^_^;)

検査中も先生は私に話しかけず、「うぅん・・おぉっ・・ああ・・」などとつぶやきつつ念入りに検査。
何かあるような気にさせられ、検査後先生からお話があるので少しここで待っていてくださいと看護師さんから言われ、ポツンと検査室にいるとますます不安に・・。

長時間かかったため妻が心配になり、受付で頼んで検査室までやってきて一緒に先生の話を聞くことに。

検査中に看護師さんに頼んで先生が組織のサンプルを取ったのも見ていたので、心配&不安は“マックス”に!

で、さんざん待ったあと先生が来て、結果は「だいじょうぶ」・・だって'(*゚▽゚*)'


20180324_morning02

どっと疲れが出たあと、昨夜から何も食べていなかったので、妻とカフェに入りモーニング。


20180324_morning03

そのあと近くの桜がある通りを二人で「よかった」と歩いてから帰ってきました。

ああドキドキした。


【Now Playing】 Where Are You / Dextor Gordon ( Jazz )

2018/02/03

石原加受子さんの「ヘトヘトに疲れる嫌な気持ちがなくなる本」を読んだ

20180202_kazuko_ishihara01

『ヘトヘトに疲れる嫌な気持ちがなくなる本/石原加受子著(中経の文庫)』という本を読みました。

石原さんは、「自分中心心理学」を提唱している心理相談研究所・オールイズワン代表で、厚労省認定の「健康生きがいづくり」のアドバイザーでもあります。
私は、以前 USEN の番組の中で、この石原先生のお話を何度か聞いて、初めて知った“自分中心心理学”に新鮮な驚きを感じたのでした。

早い話が、人って常に「あの人はどう思っているのだろう」とか、自分がこんなことを言ったら(おこなったら)、どんなふうに感じるんだろう・・などと考えてしまい、挙げ句に「ずいぶんと静かにしているのは、きっと自分のことを悪く思い、無視しているに違いない」なんて勝手に思い込んだりする、それが他者中心の心理に陥っているのだ、というわけです。

そこで、まずは自分の感情に目を向けて、なぜこんな気持ちになっているのか、自分に正直になってみよう、ときっかけを作ってくれるのが“自分中心心理学”なのだそうです。

そして、基本的には「他人のためにエネルギーをムダ使いしない」ようにする、というわけです。・・ここが難しい・・。

感情にフタをして抑え込み、“感じる”ことよりも理屈や思考で「考える」ことを優先してしまうと、一見合理的だったり、奇想天外なアイデアを思いついたりするのですが、あくまで“理屈の上”で考えたこと、決して“感情”がその考え方にOKを出しているわけではない、というのが石原先生の考えです。

「これは最上の方法だ」と思いついたとしても、自分の感情が伴っていないと「実行したい」とは思わない、そういうことなんですよねぇ。私もそんな感じで今まで来ているように思います。

だから、“思考”は机上の空論に過ぎないということになります。

そこからが難しいのですが、少しずつでも自分の気持ちに向き合い、相手がある場合は相手にこういう風に自分の気持ちを伝えたらどうか、とか、これこれこんな気持ちだから、自分はこうしてみたい・・などと、今までの“思考”から自分中心心理の“感情との向き合い”を行うということになります。
その方法についてこの本に書かれているのですが、読んだだけでは今ひとつわかりませんから、自分で実践して徐々に試してみる以外にありません。

ここ数日で読んだのですが、もういろいろと自己の感情への向き合いを始めているところです。

これで少しは気分が変わるのかなぁ・・って段階です、今…σ(^_^;)

先生の本はもう一冊未読のものがあるので、それも読んで、また結果についてもご報告したいと思います。
それじゃまた。


【Now Playing】 虹と雪のバラード / トワ・エ・モア ( 歌謡曲 )

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック