フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2019/06/24

下重暁子さんの「年齢は捨てなさい」を読んだ

20190624_shimoju_akiko001

『年齢は捨てなさい/下重暁子著(幻冬舎新書)』を読みました。
少し前に、このブログで同じ下重さんの「極上の孤独」を読んでご紹介したことがありましたが、今回のこの本も下重さんの書きっぷりは相変わらず“気持ちいい”のひと言です。

「実年齢が〇歳だから、それらしくしなくては」とか、「年寄りは大人しくしてろ」だとか、「昔の人はそんなふうに考えるんですね」だとか・・私もふだんからいろいろと若い奴ら、あるいは同年齢かそれ以上の訳知り顔の人達に言われることがあるのですが、「バッカ野郎!お前なんかに言われる筋合いはないっ!!」といつも思ってきたのでした(^^;)

下重さんも書かれていますが、年齢を意識し過ぎることは何の得にもならず、生き方を狭めてしまうのだ、ということです。そのとおり!!

「なぜ人は年齢を知りたがるのか」ってのも冒頭からエラい勢いで飛ばして書かれていましたd(^_^o)
たしかにそうだよねぇ、新聞とかテレビとか、例えば「俳優〇〇(75歳)」などと紹介されているのを毎日のように見ますよね。いつも思ってました「なんだよ、それ」って。

年齢を特定して、それを意識して、その人の評価を決めようとする。
下重さんも書かれていますが、こんなことやっているのは日本人だけだということです。

〇話が長い老人は嫌われる

〇男性諸君は“くっつきゴミ”にならぬよう・・自分から何をするでもなく奥さんにくっついて行こうとする人。

〇好きなことに夢中な人ほど若い

〇「還暦祝」が嬉しい人はいるのか

などなど興味深いキーワードも盛りだくさんでした。

「年齢は捨てなさい」・・はいっ!そうします…σ(^_^;)

2019/06/21

しばらくアップできませんでしたが・・

20190613_garden03
写真はうちの庭の草花。
最近、曇りがちな日や、雨の日も多かったりしたのですが、そんな日の夕方に撮ったものです。
今回の内容とは関係ないのですが、写真くらいは載せておこうと思って(*^_^*)
20190613_garden02

いつぞや書いた仕事の方も、あまりいい方向ではありませんが、自分で自分のペースをつくっていくしかない、と強く思い、仕事に向き合う態度を変えていこうと思っているところです。

あまり真面目にやっていこうとすると、精神的にも、身体にも悪そうだということがこの三ヶ月弱でよくわかりました。

 

 

20190613_garden01

前の職場では60%のパワーで巡航し、時に80~95%で突っ走り、苦境を乗り切ってまいりましたが、今は週に二日~三日が95%~120%でいかないと乗り切れない感じで、・・自分としては不本意だけど、75%をマックスにして生きて行こうと決断しました。

体調と引き替えなのでそうするしかない。

というわけで、次回のアップまでの期間はそんなにかからずに何か書けると思います。
まずは・・宝塚の話題かな?!(^^;)
それじゃまた。

2019/06/05

まだ気持ちと身体の入れ替えが出来ない

P5192326_001

写真は我が家の庭。今回の内容とは関係ありませんが、自分を鼓舞するために載せました。

4月から自分の立場と仕事内容が変わって、その変化についていけず、胃から大出血して倒れるという予想だにしなかった事態になり、その後ほんとうは医者から止められていたにもかかわらず職場に復帰し、現在に至っています。
医者からは職場の状況が変わらない限り出勤してはいけない、と言われていました。でも、自分の気持ちで出勤することにしました。

3月までが野球で言えばその仕事内容は監督でした。プレイイング・マネージャーみたいな感じでしょうか。
全体の様子を見て、指示を送り、いざという時には自ら「代打オレっ!」って感じで矢面に立ちその場を乗り越える・・そんな感じでした。

4月からはその立場から、いきなり2番打者で守備位置はセカンドになりました。

ヒットを打って塁に出て、盗塁。
または、先頭打者が出塁したら、送りバント、あるいはヒットエンドラン、場合によっては長打も要求される立場。最悪でも内野ゴロ右方向に打ってランナーを進塁させる。

守備的には、常にシチュエーションを頭に入れ、バントシフト、ゲッツー体制、守備位置の指示、外野からの返球をショートカットしてバックホーム、牽制球対応、などなど一番活発に動き、守備の“要”となり、しかも今の状況では、8~9回にはマスクを被り、キャッチャーも務めなければならない・・そんな状況です。
身体は毎日悲鳴を上げ、常に夕方まで倒れるか倒れないか、ギリギリの状態。

これだけ働いて給料1/3です。
「70歳まで元気に働いてもらいたい」などという国を取り仕切る方々、死ぬまで働け・・っていうことでしょうか。年金なんかもらうんじゃねぇぞ、その前に死ねってことですね。

毎日のことですが、今日はすごかった。
また仕事の内容を野球に例えますが、ヒットを打って塁に出て、その後盗塁。
送りバントで三塁に到達したら、ホームスチールのサイン。
無理やり滑り込んで本盗成功!

守備では内野から後半は外野に回り、フェンス際まで転がった二塁打コースを強肩で二塁憤死させ、さらには8回からマスクを被り、キャッチャーとなり、150キロの速球と、130キロ台のフォークボールを捕球し、2回を無失点で乗り切る。

そんな感じでした。
身体はバラバラになりそうです。これが毎日のことで、限界ギリギリです。

今月中に身の振り方をもう一度考え直そうと思っています。
また倒れたりしたときに証拠を残しておかなければ、と思い書いた次第です。

2019/05/31

「おとなの進路教室」を読んだ。

20190531_yamada_zoony001

『おとなの進路教室/山田ズーニー著(河出文庫)』という本を読みました。

自身の子供について進路を考える機会があった・・ある・・ことや、自分自身の今までについて考えてみたり、さらに4月から職場が変わっていろいろと考えることがあったりで、心が千々に乱れることがここにきてずいぶんとあったので、不安感も手伝って読んでみたのです。

読んでみて、“おとなの進路”について著者が乗り越えてきたことや、著者が講師として様々な人達と出会う中での経験、また著者が過去に勤めてきた職場で出会った人達の進路についての考え方が書かれていたのですが・・結局、著者も私も「迷いの中」に未だいて、劇的な解決方法や、方向性は見えてこなかった、という感じです。

そもそも納得のいく解決なんて、このテーマでは無いのだと思いました。
“常に考える”・・そんな中でその時々の解決がなされていくのだ、というのが結論かもしれません。

この本の中に何度も出てくるのですが、やっと就いた仕事で失敗し、上司やチームの仲間、その他部下からも非常に厳しい言葉で叱責されたり、指摘を受けたりする場面では、まるで自分のことのように胸が締め付けられました。

長いこと仕事をしてくると、そんなことばかりなのですよね。

いつまでたっても、自分の成長速度は遅く、不安感ばかりが特に新しい職場、仕事に就いたときに襲い掛かってくるのです。
それの克服と、ささやかな解決で人生が進み、終わっていくのだ・・などとしみじみ感じてしまいました。
そんなことなんですよね、自分のような小市民はそれでいいのだ、と納得するしかない。
肩で風を切って堂々と王道の進路を突き進むなんて、逆に嫌だし…σ(^_^;)

仕事のことで胸の中が“ざわざわ”することの中身は何なのか、そんなことが書かれていた本でした。

2019/05/26

工藤美代子さんの「快楽(けらく)一路」を読んだ。

20190525_miyoko_kudo001

『快楽(けらく)一路/工藤美代子著(中公文庫)』を読みました。

ノンフィクション作家の著者が、自分の身近な人達や、その家族、知人達の・・本の帯には[人生後半戦の欲情の実態]と書かれているが・・言わば“人生終盤の欲情(特に女性の)”について、本人達の相談に乗りながらのインタビューのような形式で書かれたものです。

ここに出てくるのは、50代の女性もいますが、70代後半の女性も登場してきます。
恋は灰になるまで、などという言葉は昔から耳にしていましたが、恋なんて甘いものではなくて、熟女と老女の境界線も無く、80代を超えても女をおりない・・。

もちろん世間の思惑・批判など歯牙にもかけないのであって、残り時間が限られている彼女達の恋人とのむさぼるようなセックスについて書かれていたのでありました。

著者自身が二度の離婚経験があるのですが、でもここに書かれている男女の快楽、悦楽などのための貪欲さや、工夫などに疎く、だから逆に話を聞く度に興味津々となり、この本の面白さが増していくのでした。

快楽一筋で何が悪い!という開き直った(彼女達は別に当たり前のことだと思っている)行動がますます読者の興味をそそります。

60代、70代、80代のそのものの様子などもご本人の口から語られ、「そりゃすごいっ!そんなことになっているとは思わなんだ。」( ̄O ̄;)と、びっくりしているうちに読み終えちまいました。

そして、男と女の関係は死ぬまで様々、色々とあるのだ・・と、あらためて感じたのでした。

興味があったら、ぜひ読んでいただきたい。無くても読んだらいいと思いました(^_^;)

2019/05/15

「人は一瞬で変われる/鎌田實」を読みました。

20190515_minoru_kamata001

『人は一瞬で変われる/鎌田實著(集英社文庫)』を読みました。
医師で、さまざまな医療支援活動を行ったり、著作もたくさんある鎌田實先生の本です。

私は、毎週日曜朝に鎌田先生の「日曜は頑張らない」という文化放送の番組を聞いていて、すっかりお馴染みになっていて、この本もラジオみたいに素直に読むことができました。

いろいろなお話が書かれているのですが、メインは“人は一瞬で変われる”というテーマに沿った「徒競走はビリでもエベレストは登れた」という七大陸最高峰登頂を達成した田部井淳子さんの登山中にテントが雪崩に飲み込まれてしまったときの一瞬の判断から人生が変わった話や、中学で暴走族に入り、気が付けば極道の道に入り、ケンカ、シンナー、ドラッグ、傷害、恐喝など悪の限りを尽くしたのに、あるきっかけからあしを洗って、若者達の更正、自立に力を尽くした人の実話など、『行動変容』と呼ばれる、人がある一瞬をきっかけに変わることができるのだということについての興味深いものでした。

私は、悪い人、悪いことばかり考え、しかも行動に移すに人ってのは、“一生治らない病”にかかっているのだと思っていましたし、そんな人が見違えるように立派な人になり、素晴らしい人生を歩み出すとは考えたこともほとんどありませんでした。

でも、鎌田さんが実際に会って、そういう人達とお話した様子などが書かれていたのですが、そういうことってあるのですね。

私も今まで様々な人達と仕事上で付き合って来ましたが、二度と会いたくない人が何人かいて、再会しないことを幸いに思っていましたが、でも、その人たちも今は“変容”しているかもしれない・・などと、この本を読んで思いました。

これは自分自身にも当てはまるのではないか、とも思いました。
絶対にこの事象については変わらない、だとか、自分はこういう人間だから変わることはないし、変わる必要もないと思うことが今までによくありました。

でも、ひとつ考えの方向を変えると、何か別の世界が見えてきて、人生明るく、良い方に向かうのかもしれません。

毎週聞いている鎌田先生のラジオと共に、この本も“処方薬”的に効き目がありそうです。
読みやすく、わかりやすい本でした。

2019/04/18

今回のことをもう一度振り返ってみた

20190418_flower001

前回のこのブログで、先週、私が突然下血し、倒れたことを書きました。
それ以降、いろいろなことを思い、また多くの方から声をかけていただきました。

滅多に無いと言っては何ですが、こんな体験は一生のうち何回もあることではありませんので、もう一度振り返ってみたいと思いました。
記憶に残っているままに書きます。

あの倒れた日は、朝からたしかに具合が悪かった。
職場に着いて、最初に会った同僚の女性に「体調がいまいち」だと自分が言っていたことを思い出しました。

その前週が新しい職場での仕事始めでした。
きつかった・・。体力的にも精神的にも。

そして、もう翌週には自宅で下血して倒れた。
帰宅し、最初は家の階段も上れなくなっている自分に気づき、やがて立っていることさえしんどくなってきて、トイレに行って大量出血。
胃から降りてきた血というものは“真っ黒”で、自分でも驚き、止らない下血にえも言われぬ“恐怖”を感じました。
悪魔に魅入られたような、逃げ出すことができない恐怖。

心の中では、今まで潜伏していた大きな病気が今突然姿を現したのではないか、もう取り返しのつかない病状になっているのではないか、と絶望感が拡がりました。
何せ、その時点では歩くことも出来ないし、這って個室から出ることくらいしか出来なかった。

「もう何もいらない、大好きな音楽も、本も、演劇も、何もかも」・・と、人間って切羽詰まると思うものなのですね。だって、ひょっとしたら明日くらいには死んでいるのかもしれないと思ってしまったのですから。

でも、人の顔はどんどん浮かんできました。
これは自分でも意外でしたが、家族や、私と関わってくれた人たちの顔が次々と頭に浮かんできたのです。浮かんでくるたびに「ありがとう、今までありがとう」と本気で心の中で叫びました。そんなふうになるのですね、経験しなければわからなかった。

前回のブログでも書きましたが、翌日家を妻と出て、病院に向かうときに庭の景色を見ると、今まで感じたことの無い感覚で、庭の草花がキラキラと輝き、あまりにも美しく見えることに感動しました。
もう自分では“ヤバい”状態なのに、雲の上を歩いているような軽い感覚も感じました。

病院での検査、治療を終え、「死んじゃうんじゃないか」という…σ(^_^;)私の取り越し苦労は一蹴され、回復に向かい始め、そして前回のブログでの報告に繋がります。

ブログ、フェイスブックにアップしてからは、皆さんからたいへん温かい言葉をいただきました。
これはほんとうにうれしかった。
そして勇気づけられました。SNSの良さはこういうところにある、と実感いたしました。
何十年も前なら、ごく親しい人にだけ、手紙などで、「実は私、一ヶ月前に倒れまして」などと報告するくらいだったでしょう。

悪いことばかり書かれるSNSですが、私が今でも続けている理由はこんなところなんだったのだ、とあらためて感じました。

と言うわけで、私、順調に回復しつつあります。
たくさんのやさしくも温かいお言葉、皆さんありがとうございました。
このことは絶対に忘れません。

回復したら、また楽しいブログ、再開いたします。
近々だと思います(*゚▽゚)ノ

2019/04/12

突然起こったこと

20190412_flower001

10日の水曜日にそれは始まり、起こりました。
いきなり尾籠な話で恐縮ですが、朝、トイレに行って一瞬錯覚かと思いましたが、便の一部が真っ黒だったような気がした。

不安な要素を残しながら出勤。

4月1日からの新しい職場は滅茶滅茶忙しく、ひと息つく間も全く無い強烈な環境でした。
休憩時間もやっと取れるような状態。
覚えることや、初めてのことで理解できないことも多く、はっきり言うとフラストレーションの塊のような感覚が体中に拡がり、それでもなるべくニコニコして日々仕事を一週間やり通し、今週に。
でも丸々一週間、激しい腹痛が常に自分を襲っていた。ストレスも限界な感じ。

10日は休みが三人出て、忙しさがさらに加速。
どうにかこうにかやっていたのですが、便意をもよおし、用を足すと・・。
コールタールのような真っ黒いものが。
しかも二回も。

なんとか仕事を終え、胃痛によるものかどうか、もう気は動転して思考能力も無くなる中、薬局で気休めに胃痛の薬を買うが、頭の中は真っ白に。

帰宅し、家人には何も告げず(そのときに妻も長女も私の表情の異変には気づいていたとのこと)、夕食後、そろそろ寝る頃にまた便意。

そしてトイレに行ってからが大変なことに。
真っ黒いものが出て(血液が胃から出て下血するとこうなるんだそう)、さらにもう血液そのものが大量に出て来て意識が薄れていく。
倒れ込んで、既に二階で寝ている家人に携帯で「助けて」と。

それからは大変だったのですが、横になっていると何とかなっていたので、リビングに布団を敷き、妻に一緒に寝てもらい、朝を待って胃腸関係を見てもらってきた近くの胃腸科へ。

このとき、家を出るときには、ひょっとして帰って来れないかもしれないと内心思っていました。
そんな気持ちになると、庭の花々や、景色、家の猫、皆、きらきらと輝いて見えました。不思議なものです。こういう気持ちになるのですね。

医者に着き、先生に話をすると、大急ぎで様々な準備が始まり、レントゲンや胃カメラ、色々な検査を一気に進めてくれました。小さな医院だとこういうことが出来るから、昨夜救急車を呼ばなくてよかったと思いました。

妻も付き添ってくれましたが、結果は4月に入ってからの短期間の状況が身体に異変をもたらし、胃から大出血していたとのことでした。
点滴を打ち、止血剤も投入され、様々な薬もいただき、帰宅することが出来ました。

正直言うと、もう病状は深刻なところまで来ていて、それがたまたまここで出たのじゃないかと思っていて、このまま入院して家には帰れないだろうと・・そんなふうに勝手に考え(長女もそう思っていたとのこと)ていたので、帰宅できたのは夢のようでした。

お医者さん、薬局の方の言うとおりに薬を飲み、驚いたことにどんどん回復を実感しています。
きょう、医師に電話で他の検査結果を聞きましたが、貧血以外は良好。貧血も早くに止血剤を入れてもらったので、自然回復できるとのことでした。

静養につとめます。

だからしばらくはブログ、facebook、Instagramも更新はお休みします。

良くなったらまたお会いします。

2019/03/20

『「大人の人づきあい」でいちばん大切なこと』を読んだ。

20190319_yoshinori_kawakita001


『「大人の人づきあい」でいちばん大切なこと/川北義則著(だいわ文庫)』を読みました。
著者・川北義則氏は、1935年生まれで、新聞社勤務を経て、日本クリエート社を設立、出版プロデューサーや、生活経済評論家としても活躍されている方です。


この本は、大人になり、現在、社会の荒波に揉まれている人、特に若い人には社会人として生きて行くためのキーポイントが著者により示されているようなもので、若者でない私にとっても、けっこう“耳の痛い”アドバイスなどが書かれていました。


昨今のこういったタイプの本には、若い人に対して「“叱ってはならない、ほめて伸ばせ!」みいたなことが書かれていることが多いのですが、この本では、職場の飲み会には出て義理を果たせばよい、私は1時間もしたら、いつも理由をつけて帰ってしまうぞ、なんて、やや甘めなアドバイスをしたかと思うと、食事を摂れるような場所で三人で打ち合わせをした際に、一番最初に目下の者の頼んだものが運ばれてきて、そのまま何も言わずに一番の目下の者が箸を付けたことに怒り、説教するような場面もありました。


職場関係の人達との“割り切った”関係をすすめたりもしていますが、根底には厳しい眼差しでもって礼儀・作法を徹底するよう進言しているというのが、この本の特徴であるように感じました。


人に厳しくする、ということは自分にも厳しくせねばならず、私も人にあまり厳しくするタイプではありませんが、ということは、私はやはり自分に甘いのかもしれません(^^;)
少し気をつけようと、あらためて思いました。


近年、部下を多く持つ上司の方々は、様々な研修も受けるのでしょうが、若い部下に対して厳しくすれば“パワハラ”だ“モラハラ”だと言われ、甘くすれば“つけあがり”(^_^;)、さらに甘々にすると“セクハラ”だ、などと言われかねない現状にさぞお困りでしょう。


この本を読んで、そこら辺の微妙な“さじ加減”を勉強するのもいいかもしれませんよd(^_^o)


個人的には、著者が怒りを露わにするような部分が気に入ったのですが・・真似しすぎると訴えられるかもしれません・・d( ̄  ̄)念のため。

2019/01/25

「やりがいのある仕事」という幻想・・という本。

20190125_hiroshi_mori001

『「やりがいのある仕事」という幻想/森博嗣著(朝日新書)』という・・本を読みました。
タイトル、本文にも「・・」が多いのは、やはりショッキングというか、自分の今まで考えていたような基本的なものの考え方が崩壊していくというか、ささやかな価値感、“粉々”って感じですよ。

著者・森博嗣さんについては、ついこのあいだ「月夜のサラサーテ」という本を、このブログでご紹介いたしましたが、今回もキツい一発・・二発・・いやもっとたくさんの“キツい”お言葉を頂戴した感じです。

まずは仕事というものがどういうものか、という定義を著者の考えに基づいてきっちりと明確に書いています。

詳しくはこの本を読んで、ということなんだけど、つまり仕事というものは、自分の人生そのものだ、とか、仕事にこそその人の価値・評価がはかられる要素があるのだ、とか、仕事がうまくいかない、仕事上の人間関係がやはりうまくいかない、などなど、私達が日常感じている、考えているようなこと自体がほぼ否定されています。

そんなことはたいしたことではない、というわけですよ。

だから、後半に著者が大学に勤めていたときに学生や卒業生から受けた相談に対する回答コーナーのようなものがあるのですが、“にべもない”速攻の回答に、著者も言っているが、励ましてもらおうと思って相談している学生や卒業生は、たぶん“ギャフン”となっていることと存じます (・_・;

たとえば、「休日も、仕事の心配事で心が支配され、気が休まりません。毎日仕事から帰宅しても、疲れ果ててなにもする気が起きません。せめて休みを休みたらしめるためにはどうしたらよいのでしょう?」

という相談に対し

「やりたいことを見つけることだと思う。」とまずストレートパンチ。
疲れ果てている以前に、家に楽しみがないことの方が問題ではないだろうか、と続き、そのあとはこの本を読んでください。
言われてみればまったくそのとおり、という気持ちになってしまいました。

人生に苦しむ人のパターンとして、仕事がうまくいかなくなったわけでもない、ローンはあるけど、お金に困っていない、ただ会社、家族、子供、ローン、両親、いろいろなものに少しずつ縛られて身動きできなくなっていた。
気づいたら、自分の自由なんてどこにもなくなっていた。ただただ働いて、毎日が過ぎて、酒を飲んで、疲れて眠るだけ、その連続に堪えられなくなる・・どこで間違えたんだろう・・そういうパターンだ、と書いています。

子供の写真を見せたり、仕事の話をしたり、買おうとしているマンションや、旅行に行ったときの話とか、そういうことを自分から言いたがる人は、楽しく生きていない人だとも・・。
なんか思い当たる人いっぱいいる。

本当に楽しいものは、人に話す必要なんてないのだ。とも、おっしゃっています。
なるほどね。

最も大事なことは、人知れず、こっそりと自分で始めることである。
人に自慢できたり、周りから褒められたりするものではない。自分のためにするものなのだから。・・と。

う~ん、最近、私もこの境地に少しばかり近づいているような気がしないでもない(^^;)
みんなが得意げに言っていることには、ほとんど興味がないんだよね。
これでいいんだね。

と、やや無理やり悟り気味になったところで、本日の読書感想、おしまいっ!!


【Now Playing】 There is No Greater Love ~ Go-Go / Miles Davis ( Jazz )

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック