フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2017/06/23

へんな話だと思った

20170623_newspaper01

久しぶりのアップになりました。ちょっと疲れていました。書かずに充電してました。
では、今回の話題に。

このブログでも何回か書いてきたこと。
いわゆる“〇〇〇48”とか、地方名のイニシャルを冠した数十人の女子を集めた芸能グループの“総選挙”と呼ばれている商売、まだやっていたことをニュースで知りました。

そのニュースは選挙で上位入賞した須藤さんという女性が、入賞挨拶の際に「自分は結婚する」と宣言して、それがファンに対する裏切り行為だというものでした。

グループには「恋愛禁止」というルールがあるらしいけど(でも、問われるとそのグループの有名な“総帥”的な人物は「そんなことは言っていない」とうまく逃げるのです。だったら「そんなルールは無い」と言えばいいのに、言わずに暗黙のルール化にしてうまいこと商売をやっている)、禁止だと言われて恋愛、恋心が遮断できるものだと思っている方がおかしいと、私は思います。

ルールがあったら人を好きにならずにいられるなんて、自分が同年代の時に電撃を受けたように人を好きになったことを思い出してみたらいいと思います。たとえば今は勉強する時期だから人を好きになってはいけない、なんて言われても“人間なんだから”止められることと止められないことがある・・そのくらい人としてわからないと、他人の人生を狂わせることになるよ、と思いました。

怒っているファンについてニュースで語られていましたが、同じCDを何枚も(10万円単位で買っている人がたくさんいるらしい)買って“選挙権”を手に入れ投資しているのに、なんということをした・・ってことらしいです。
「その何十万という投資を他のことにしてみろ」と言いたい。CDは聞くものだ、同じものであれば一枚で充分あなたの好きな人の歌声が聞けるのだ、応援したいのなら別の方法でするがいい。

選挙権を売っている側も、本来の音楽や映像等を売るのでなく、昔の「紅梅キャラメル」や「仮面ライダースナック」(買ったら中身を捨てて応募券やカードだけを取り出す、本来の食べ物を売ることから外れたものを売る行為)的ないかがわしい商売をしていることに対して自戒の念を持った方がいいと思うが、“儲かったらそれでいい”のでしょう。それに“乗せられて”そんな商品を買っている人もいいかげん意識した方がいい。

ファンにも総スカンを喰い、グループの仲間からも冷めた目で見られているらしい須藤さん。
ファンも、グループの仲間のひとたちも、人が人を好きになること、結婚したいと思うこと、それがどういうものか、もう一度心を落ち着けて考えてみたらどうでしょうか。

一人の人間に対して恋愛してはいけないとルールづけすること、音楽やダンスなどを含めた芸能そのものを売ることがビジネスの中で“ないがしろ”にされていないか、人が自らの思う道を歩むことに対して尊重することが自分自身の人生に対しても応援になるのではないかということなど・・、もう一度自分をニュートラルな位置に置き直して思い、考えてみることは大事だと思いますがいかがでしょうか。

久しぶりのアップで、思うように書けませんでしたが、言いたいことのエッセンスは書けたと思います。それではまた次回に。


【Now Playing】 りんご追分 / 美空ひばり ( 歌謡曲 )

2017/05/22

『PEN散歩』・・ブログ版・・深夜の家の中

20170522_pen_sampo01

ブログ版「PEN散歩」。
今回は、夜中に水を飲みに起きて、台所の窓を見たら外からの光があやしく入って来ていて、なんだかゾクゾクっとしたので、目をこすりながらPENを部屋から持って来て撮ったものです。

朝になってよくよく見てみたら、いい写真なのか、なんだかわからない・・(^^;)
でも、せっかく撮ったのだからと、アップしてみることにしました。


20170522_pen_sampo02

ついでだから同じ部屋にある我が家の電話も撮りました。
このベル、ほんとうに鳴りますd(^_^o)
さらに電話機から壁のジャックに伸びるコードは布製です。
こっちも寝ぼけていたせいか“いまひとつ”な写真になりました。
でも、ま、いっか・・ということで、本日アップのはこびとなりました。


【Now Playing】 深層深入り 虎ノ門ニュース / 青山繁晴 ( YouTube )

2017/05/03

SPレコードの音で心をおだやかに休んでいます

20170503_nhk_radio_sprecords01

ただいま、3日(水)夜、NHKのラジオで「教授の休日 蓄音機&SPレコード特集」という番組をやっていて、風呂にも入り、ゆっくりと聞いているところです。

100年近く前に製造された蓄音機で聞くSPレコードの音、・・いいですねぇ、落ち着きます。そしてじわじわと潮が満ちてくるように心が動かされます。
今掛かっている曲は“竹針”を使って聞かせてくれています。味わい深い音です。

きょうは午前中に“草ぼうぼう”になってしまっている部分の庭の草刈をしました。
なんとか半分を終えたところで体力的に限界が来て終了。
午後は疲れ果て、猫とともに昼寝してしまいました。
明日もきつい作業が待っているので、今夜はくつろいで体をいったん休めようと、のんびりしています。

番組の方では、ジャズのエラ・フィッツジェラルドが掛かったかと思うと、クラッシックの名曲も。
そして蓄音機なのでラインで音をとるわけでなく、マイクで拾っているので、スタジオで書類を落とした音まで流れています。こういうのもいいですね。
ギスギスした世の中、こうしてそんなことも気にせずに大らかに音楽を聞く・・、いい時間です。

GWはあまり大きな予定はありませんが、後半で中学時代の担任の先生夫妻と牡丹の花が素晴らしい先生の知り合いのお宅を訪問して楽しい時間を過す予定です。

あとはジャズ喫茶か、寄席などにも行ければ・・と思っています。
・・ま、遠出せずに小さな楽しみを追求する・・ってところです(゚ー゚*)。oO
皆さんも楽しい休日を過されますように。


【Now Playing】 教授の休日 / 黒崎政男、梅田英喜他 ( NHK-AM )

2017/04/20

「blogオトナの手帳」100万アクセスに達しました!!'(*゚▽゚*)'

20170420_blog01

細々とやってきた私のこのブログ、ほんとうに“細々”としてきて、更新もままならない時期もありましたが、東京勤務になった頃から宝塚、ビートルズ、ジャズ、読書感想、映画の感想、散策記などに特に力を入れ、本気で“ガシガシ”書いた頃からアクセス数も伸び始め、ここにきてついに通算アクセス数がなんと・・「100万アクセス」*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*に達しましたヽ(=´▽`=)ノ

珍しい言葉や方言について取り上げたときには、辞書編纂にたずさわっている方からコメントをいただいたり、男ではあるものの熱烈な宝塚観劇記などを書き続けると、ラジオから珍しいやつだ、とインタビューを受けたりもしました(*^_^*)

また、直接タカラジェンヌからあたたかいメッセージをいただいたことも・・。

さらに読書感想を取り上げた際には、多くの著者の方から直接コメントをいただき、とてもうれしい思いをいたしました・・ほんとにうれしかったd(^_^o)

また、NHKからメールをいただき、このブログの記事を番組中で読み上げたいとのメールをいただいて、日曜日のお昼、FM放送の「トーキングウィズ松尾堂」で読んでいただいたこともありました、これも思い出に残っています。
それを聞いたこのブログの読者からコメントが来たり・・(#^.^#)

それからこのブログを通して、知り合うことのできた方もいらっしゃいます。これも私の宝です。

映画の感想を書いたときには、ツイッターとも連携させているので、リツイートや“いいね”を直接監督さんや関係者の方からいただいたことも多々!これも新鮮な感覚でした。


20170420_blog02

実は直近で書いた「その手をにぎりたい/柚木麻子」さんの読後感についても、小学館からリツイートを受けていて、このブログを始めた頃のネット状況から思うと隔世の感があります。今風なダイレクト反応にドキドキします。

で、(^-^)これからも書いていきますよ、今までどおり、心を込めて。
特に最初にあげた項目についてはさらに重ねてきた年齢と共に深みを増していこうと思います。
どうか、これからも時々このブログをのぞいてやってください。力を入れて書いていますので!(゚ー゚*)。oO

【Now Playing】 真相深入り 虎ノ門ニュース / 上念司・半井小絵 ( YouTube )

2017/02/09

中村雅俊さんのラジオ番組でのお話を聞いていて

20170209_radio01

ラジオ深夜便に中村雅俊さんが出演、お話をされていて、自らの出会いの中で大きな出来事として小野洋子さんとの出会いを挙げていました。

中村さんの知人が小野洋子さんと会える機会を持てそうだと話をもってきてくれたが、中村さんは「そんな機会があるのなら」と頼んでみると、実際に会うことが出来たのだそうです。

でも、洋子さんは中村さんのことを何も知らなかったとのこと。
「なぜ全く知りもしない自分と会ってくれたのですか」と聞くと、「Yes」という言葉・行動を大事にしているからとおっしゃったそうです。

これも何かの導き、会ってみると新しいことが開けていく・・。
だから「Yes」という行為がどれだけ大切なことか、と・・。
それを聞いて中村さんはその後の自分に、その「Yes」という行為を大切にするようになった。そして様々な“縁”がその後の自分にとってとても良かった、というようなお話をされていました。

たしかジョン・レノンも最初に小野洋子さんの個展を見に行って、会場に掛けられていた梯子を登ってみると、そこには小さな紙が貼ってあって「Yes」と書かれていたことにほっとした。そんな出会いが、それがその後の二人の運命の源となったわけです。

私も二の足を踏んで、どうしようか、やはり行くのはやめようか、とか、会わない方がいいかもなんて思っていたけれど、実際に行ってみたり、会ってみたりして「ほんとうによかった」と思ったことが何度もありました。
そして、その出会いが大切なものになり、今でも素敵な関係を保っている人が何人もいます。
大事だねぇ、「Yes」の思いで出会うこと。

ラジオを聞いていて、ふと思ったので、ちょっとあわてて書いてみました。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 中村雅俊 ( NHK-AM )

2017/02/01

記録日々更新中・・

20170201_blog_01

去年の10月のこのブログで、9月中は一ヶ月丸々休むことなく更新できたと書いたことがありました。
実はその後もずっと毎日更新を続けておりまして、去年の8月末から続いている連続更新が今日のこのブログで159日連続更新、5ヶ月に渡って連続更新を続けております。

自分でも驚きですが、それがまたちぃとも苦にならずに続けてきました。
ネタが尽きるなんてこともなかった(#^.^#)

そのうち途切れると思いますけど、マイペースでやっていきます。
思い出したら時々お立ち寄りください、いつもの調子でやってますd(^_^o)

うれしいのは、アクセス解析を見てみると、一人の方が最新の更新ページだけでなく、4~5ページも過去のページを見てくれていることです。
それに、何年も前に書いたものも日々アクセスがあって、それについてもうれしい(゚ー゚*)。oO

また、1ページあたりの閲覧時間の平均が2分半くらいになっているのもうれしいことです。つまり、“チラ見”ではなく、きちんと読んでいただいているわけで、何よりです。

明日からも今までどおり、無理せずやっていきます。
引き続きどうぞご贔屓に!<(_ _)>


【Now Playing】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

2016/11/09

トイレに日めくり

20161106_calender01

今、我が家のトイレには義妹からもらった『ほめくり、修造』という、あの“熱い男”松岡修造さんの日めくりになっている「頑張る心を応援する本気のほめ言葉」というものと、もう一つは妻が買ってきた『こんまりのときめく毎日』という、これも日めくりになっていて、「片付けによる日々のときめき」みたいなことが綴られているものが二つ(^^;)掛けられています。

最初はなんじゃこりゃ、と思ったのですが、長女も言っていたのですが、「修造、いいこと言うじゃん」ということになりました(*^^*)

「お疲れ様?NO,NOお元気さま!」・・朝一番からお疲れ様なんて声を掛け合っていると変な気持ちになる・・元気に見える人には、ありのままに伝えよう、そして元気がなさそうな人には元気になってもらおう。今日からこう言うよ。お元気さま!」
・・・d(^_^o)やるなぁ修造。
毎朝、元気出ちゃいます。


20161106_calender02

そして“こんまり”こと、近藤麻理恵さんの日めくり。
こんまりさんはたしか米「TIME」誌で、世界で最も影響力のある100人に選ばれています。アメリカで155万部突破の“片付け本”のベストセラーを出していて、たまたま昨日大河ドラマ作家の田渕久美子さんがラジオに出ていて、この“こんまり”さんの本を読んだばかりだが、大きな衝撃を受けたとお話をしていました。実にタイムリー!

こんまりさんのモノの捨て方は、ときめくか、ときめかないか、・・(^_^)私も少しうなった・・。

日めくりを毎日見ていると、モノに対する感謝の気持ちや、日々家にいるときにリラックスできるような部屋、モノの状態にしておくことで人生が豊かに楽しくなる・・、そんな調子で書かれている言葉が、とても凜として爽やかです。

・・だから(^_^;)最初は“ウザい”と思っていた二つの日めくりが、結局めくるのが楽しみになっているのでした。
意外と小市民的というか、凡人な自分に気づきました(*^^*)


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 堀内孝雄他 ( NHK-AM )

2016/07/11

永六輔さんが亡くなって

20160711_eisan01

11日、昼頃に永六輔さんが亡くなったことを知りました。
小沢昭一さん、野坂昭如さんが亡くなり、永さんも・・。

永さんのお仕事や活動についてはすでにネット上でいろいろ紹介されていて、その功績や、作品などについてもテレビなどで報じられていることでしょう。

なので、私個人の持っている永さんについての思いを少しばかり書いてみます。

私にとっての永さんは、長く続いたTBSラジオの「永六輔その新世界」という番組での永さんです。毎週楽しみにしていたものでした。
永さんそのもの、という番組でした。それにゲストで登場する人達も永さんに叱咤されたり、褒められたり、番組中に感激して永さんが泣かれたり、いろいろなことがありましたし、リスナーも気持ちの入った熱心な人が多かったと思います。

永さんご自身も「ラジオで語りかけるというのは、テレビでのそれとは異なり、聞いている人それぞれに語りかけている気がする」と、おっしゃっていました。
聞いている私もまさにそんな気持ちで聞いていました。

あるときにはちょっと偏屈で、頑固な印象もありましたが、でも永さんの人柄、考え方にふれた私は、永さん世代ジャストではありませんが、その晩年の様子に大きな影響と刺激を受けました。

「戦争を二度としてはならない」というのも永さんが毅然とした態度でおっしゃっていたことのひとつです。
この七夕に亡くなられたとのことですが、今回の参院選の結果を知ったら、永さんどんな気持ちだったでしょうか。

大勝した政党の憲法改正草案を調べましたが、第九条について真っ先に見てみると、第二章の『戦争の放棄』が丸々削除されていました。第二章『安全保障』と変えられています。

「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」という条文からも「永久にこれを放棄する」という部分が削除されています。簡単に「用いない」としています。余程鈍感な人でなければただ事ではないと気づくはずです。

さらに同条2項にある「目的を達するため、陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない。国の交戦権はこれを認めない」という部分も全削除されています。

さらに新設された第九条の二では、「内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する」と明記されていまして・・皆さん、よく投票したものだと思いました。

11日の夕刻からの永さんの番組の継続版でのTBSの放送では、永さんはきっと「いつもどおりやれ」というに違いない、ということで明るく(でも途中で皆泣いてしまい、泣き笑い放送になっていた、そして葬儀を終えたばかりの永さんの娘さんも加わってなんだか素敵な放送になっていた、最後にはお孫さんまで登場して・・)永さんの思い出を語っていました。

私もたくさんのことを教わりました。
永六輔さん、ただの一リスナーでしたが、ほんとうにありがとうございました。


【Now Playing】 上を向いて歩こう / 坂本九 ( 歌謡曲 )

2016/03/24

特ダネはご馳走じゃない

20160324_bunsyun01

今年に入ってから3箇月、次から次へと特に「B誌」が“すっぱ抜いた”というか、特ダネとして紙上に載せた記事に、世間が、社会が大きく揺れました。
毎週のようでした。

芸能人、スポーツ選手、コメンテーターから大臣まで・・。
B誌編集部は沸き返っているのでしょうか、沸き返る??それで喜んでいるんでしょうかね、なんだかその場にいたくないというか、見たくないと思います。

日本中が知っている有名な人や、功成り名遂げた人などは、きっとそうなるまでには人に知られたくないこともいくつかあったことでしょう。
やっと夢に見たところにたどり着いたと思ったら急転直下、その人に今まで興味が無かった人まで悪し様に言って喜んでいるようで、どんな気持ちかわかりませんが、私はその話題に加わりたくないのです。

きょうはスマートフォンがブーブー言ったので画面を見ると「S誌」が一矢報いたというか、あの有名な人(参院選に立候補しようとしている人)について“すっぱ抜き”記事をものにしたという・・。

どれもこれも別に知りたくもない話でした。
特に現在のネット社会では、皆で寄ってたかってあることないこと俎上に載せられた人を突っついています。
一気にボロボロにされますね。

それらを聞くたびに、いやな気持ちになり、何日も胃のあたりがどんよりと重いような感じになるのです。
要するにそれら“特ダネ”といわれるものは、私にとっては“ご馳走”じゃありません。
口にしたくもないネタです。

ショーンKという人がFMラジオで長いことやっていた番組「Make It 21」は、何年か前によく聞いていました。
彼の真面目な番組づくりと、ゲストとの会話、学生達を集めてのトークやイベントのようなものはとても興味深く、いい番組だな、と思って何年間か聞いていました。

最近テレビでお顔を知ることになり、こういう感じの人だったのか、などと思ってはいたものの、日常テレビをほとんど見ない私なので、そこでのコメントなどの様子は知りませんでしたので、テレビ出演後のことはよくわからないまま書いています。

どこでどう道が逸れていったのかわかりませんが、ラジオで地道にやっていた活動を続けていれば彼の持ち味が生かされて、本人にも、社会的にも良い状態になっていったのに・・と、残念に思ったのが正直な気持ちです。
※報道されている内容については何ともがっかりするようなひどいものだったのですが。

次から次へと人を引きずりおろすのを毎週のように見るのはもうごちそうさまです。
そしてそれを知って勇んで叩く人達を見るのもごめんです。

いい話題、楽しい話題、心から笑える話題、明るい話題、ないですかねぇ (・_・;
とりあえず、私はいつものようにマイペースでこのブログをなるべく楽しい話題で書き綴ろうと思います。


【Now Playing】 贈る言葉 / リチャード・クレイダーマン ( Instrumental )

2016/01/02

家族と初詣に行ってきました

20160102_hachiman_jinjya01

妻と帰省している長男、そして長女は元旦に義母達と一緒に遠くの神社で初詣を済ませていたのですが、私は元旦に荷物が届くことになっていて留守番。
というわけで、近くの神社に二日の今日、家族四人揃って出掛けました。

ここは何年か前に私が数十年に一度回ってくる“神社年番”を引き受け、初詣と式典一式を取り仕切った神社です。
あのときは命がけでしたが、その後は数十年、いや百年以上でしょうか、口頭により伝承されていたものを全てマニュアルを作成し、誰が年番になっても出来るようにしたのですが・・・その100頁以上にわたる文書による式典その他あらゆる行事の全貌が白日のもととなり、逆効果を生んで、年番はなくなりました。
それほど過大な負担と精神力の強さが求められるものでした。
今は神社役員のお年寄り達が細々とやっていて、とても静かな、ひなびた様子です。
これで良かったのかも。小さな村の神社だったところに数千人もの初詣客がいたことがおかしかったのです。

で、すっかり静かになったこの神社で滞りなく初詣。

「こうなりたい」とかそんなことはお願いしません。
家族が無事で過ごせるように、それだけお祈りしました。

このブログ的には、今までどおり「宝塚歌劇」と「ビートルズ関連」「ジャズなどの音楽について」「映画観賞の感想」「読書したものの感想」などを中心に書いていこうと思います。
こちらも欲張りません、あまり手を拡げようとも思っていません。
過去にこのブログに対するラジオ番組からのインタビューなども受けましたが、そんな楽しいことがあればなおうれしい!(^-^)/☆

今年もぼちぼちやっていきます。
どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>


【Now Playing】 Come Together / The Beatles ( Rock )

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック