フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2019/06/08

太田和彦さんの「山の宿のひとり酒」を読んだ

20190608_kazuhiko_ota001

『ニッポンぶらり旅 山の宿のひとり酒/太田和彦著(集英社文庫)』を読みました。
太田さんの横須賀、高山、一関、大津の旅。旅慣れて、さらに紀行文も達人の域に入って来た太田さん、一箇所での文が七~八っつの連続ものになり、様々な角度から各地の歴史、文化、風土などを織り込みながらおもしろい話をしてくれます。
もちろん、お酒の話も。

一関では私も行ってみたジャズ喫茶の「ベイシー」にも立ち寄っています。
太田さん、アート・ペッパーの「ミーツ・ザ・リズムセクション」を聞きたいなぁとベイシーに入って行ったら、まさにそのアルバムが掛かったりして、ちょっと神がかり的。

横須賀では、太田さんが日本の居酒屋三銘店のひとつに挙げている「銀次」も登場します。
私もまだ画像でしか見たことのない昭和の堂々たる貫禄を感じるようで、さらに気取っていない誰もが気軽に入れるようなお店、ぜひ行ってみたいと思っています。

高山では、五十周年を迎えた居酒屋「樽平・たるへい」に寄り、女将さんはじめそのご家族の様子なども太田さんの満面の笑みが見えてくるような温かい眼差しで紹介しています。
こういう交流の様子も太田さんならではです。

骨董屋をひやかしたり、歴史的な碑に向き合ったり、名勝を訪ねたりの楽しい旅とお酒の味わいが“パック”になった楽しい本でした。

2019/04/29

「へるん先生の汽車旅行/芦原伸」を読んだ

20190428_shin_ashihara001_1

『へるん先生の汽車旅行 -小泉八雲と不思議の国・日本- /芦原伸著(集英社文庫)』という本を読みました。
副題にあるように、“へるん先生”とは小泉八雲のことです。

著者の芦原伸氏は、鉄道ジャーナルに入社後、編集者、作家として50カ国以上を取材した方で、この本でも、小泉八雲/ラフカディオ・ハーンが英国ダブリンからアメリカに渡り、ニューヨークからシンシナティ、トロント、から大陸を横断する道筋を現在の鉄道で追いかけ、さらにその都市でのハーンの足取りを辿りつつ、現在のそれら都市の様子も紀行的に追いかけ、そしてハーンの当時の暮らしぶりや、周囲の人達についても細かく調べています。

ハーンが日本に着いてからの鉄道・人力車などの足取りも現在の鉄道で追いかけ、その中で芦原氏自らの祖父がハーンを辿るうちに、その歴史の中で登場するなど、劇的な展開もありました。

私が驚いたのは、ラフカディオ・ハーンは、ギリシャの母に捨てられ、英国の父にも幼少期に捨てられ、かなり荒んだ状態でアメリカに渡って行ったという事実です。初めて知りました。
経済状態も明らかにひどく、ろくな仕事も貰えない状態や、せっかくハーンを援助しようとした人達とも結果的に仲違いし(ハーンの気の短さも大いに原因しているふしがある)、結局日本に渡るまでは、かなり“悲惨”とも言えるような状況であったことがわかりました。

日本に来たときにも、ハーンは40歳の一介のルポライターに過ぎず、一般的な松江の英語教師で、明治新政府の“お雇い外国人”という理解は間違っていたわけです。

うがって言うと、日本の珍聞奇談を原稿にして売ろうとしてやってきた“押しかけ外人”であり、むしろ“経済難民”に近い立場だったようです。とても意外。

しかし、松江に来てからのハーンは、日本人の神との関わり方、そして仏教にも神仏習合で自らを律するような時に信心する寛容さ、さらに自然(動物、虫などとの関わりも含む)との対峙の仕方、人々の暮らしぶり、文明的には欧米に遅れているが、文化的にはむしろ立派なものを持っている、そして日本人ひとり一人が素敵な生き方をしていることに大きく感銘を受けています。

実はこの本を読んで、今さらながら私も日本人の良さを再認識したのです。
だから逆に、現代の日本の国の在り方、人々の荒廃したような心の在り方、文明(特に科学技術的なこと)優先の頭でっかちな方向などに、やきもきするというか、当時の八雲に対して恥ずかしいような気持ちになったのです。

八雲と、日本人の妻セツの二人だけにしかわからないハーン特有の奇妙な日本語での会話、やり取りも載せられていましたが、実にいい!この夫婦の仲の良さを如実に表わしていて、“いい夫婦”になっていったのだな、と思いました。

ハーンの書いたものについては、私は後に編まれた全集のみしか読んでいませんが、細々と色々な作品、著述があることも知りました。
これらは、読んでいけばきっと、日本人が日本人として誇りを持って生きて行くうえでの一つの指針にさえなるのではないかと、読んでいて思いました。

ハーンの足跡を鉄道で辿りつつ、さらに当時の歴史的事実も明かしていく、面白い本でした。
あっという間に読み終えました。おすすめですよ。

2019/04/23

「巴里の空の下 オムレツのにおいは流れる」を読んだ

20190423_yoshiko_ishii001

『巴里の空の下 オムレツのにおいは流れる/石井好子著(河出文庫)』を読みました。
1950年代の古きよきフランスでの石井さんの暮らし、そして思いでの料理の数々が綴られた、名著といわれた本の文庫化です。
第11回日本エッセイスト・クラブ賞受賞作です。

石井さんがパリで暮らし、歌手としていろいろな地域に赴き、その地での料理を味わったり、それら地元の料理を食べて自分なりに工夫して、ちょっとした料理を作ってしまうお話や、下宿先でのそのへんにあるものを使ってささっと作る料理の話、フランスでの友や、石井さんを日本から訪ねてくるお客さんのために作る料理など、ちょっとしたアイデアを生かした、豪華ではないが、なんだか食べてみたい料理のお話などが、これはもうおいしそうに書かれていました。

ポトフや、チーズ・フォンデュなど、今では珍しくない料理についても、当時の石井さんの説明で事細かに、そして実際に作った人でないと書けないその場面での様子が描かれていて、とても読んでいて楽しい!

また、材料についてもフランスにはあるが、日本では手に入らないようなもの(初めて聞くような野菜など)についても、「これを代わりに使うとよい」などとアドバイス的なことも書かれていて、作ってみたくなっちゃうんですよねぇ(*^_^*)

よく出てくるのは、バター(石井さんは“バタ”と言う)と、トマトとチーズと、玉葱などでしょうか。
身近な材料で、石井さんが手際よく作る料理、目に浮かぶように描かれていました。
時が流れても「名著」いと言われる由縁です。

そして、石井さんが過した巴里を中心とするフランスの空気まで感じられて、料理と共に紀行的な文を存分に楽しめました。

心が優雅に、ゆったりとするような本でした。

2019/03/03

横浜でのイベントのあとは、ちょっと散策

20190302_yokohama01

パシフィコ横浜でのカメラ・写真イベントのあと、中華街に足を伸ばして食事。
その後、港の方に歩いていってみました。

ちょっと冷たい風が吹いていましたが、天気は穏やか・・。
家族連れ、恋人同士、学生さん、などなど様々な人達が横浜の港と公園でのひとときを楽しんでいました。
私も午前中のイベントでの熱気を忘れて、ぼおっと海や船をながめておりました。
たまにはこんな午後もいいものです。


20190302_yokohama02

山下公園には写真のような「花園」が!!
とても美しくて、しかも異国に迷い込んだような感覚になるつくり方に驚きました。


20190302_yokohama03

Instagramもご覧いただいている方には、さらに別写真も掲載予定なので、そちらもご覧いただけると、さらにその様子を感じていただけると思います。

私はこの花園を見て、なぜかビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・・」を思い起こしてしまいました。
あのジャケットの豪華な色彩感と、「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンド」の極彩色な感じの歌詞が思い起こされたのです。


20190302_yokohama04

山下公園、行ってみるととてもいいと思いましたよ。


20190302_yokohama05

帰路、日本大通り駅に向かう途中で撮ったのが上の写真。
こういう歴史を感じさせる建物が大通り沿いにふつうに佇んでいるっていうのが、横浜の魅力であり、風格のようなものを感じさせてくれました。

結局、丸一日の横浜行きでしたが、良い時間の中に過すことができました。
今日も感謝の一日でした。


【Now Playing】 Two Of Us / The Beatles ( Rock )

2019/03/02

パシフィコ横浜で開催されていた「CP+2019」を見てきた

20190302_cp01

パシフィコ横浜で開催されていた表題のイベントに出掛けました。
まったく存知上げなかったこの催し、以前の職場で仕事上、いろいろと関係した方からご自身の写真の展示もあるとのお誘いを受けて行ってみました。

それがもう、大変な人出!みなとみらいの駅から会場までの人、そして受付を通過するまでの人、人、人( ̄O ̄;)こんなにカメラ好き”、“写真好き”な人がいるんだ、ということに驚きました。
「カメラで写真を撮る」って行為はまだまだ世の中で“どっこい生きていた”のだと思いました。いやいや、そんなふうに思っているのは私だけだったのかもしれません。
カメラを使って、自分の撮りたいものを撮っていくという行為は何と言っても楽しいのだから、当然のことだったんですよね。

会場はたくさんのブースで、様々なカメラ本体や、その他レンズ、機材の最新鋭機が紹介され、そして実演されていました。
ものすごい熱気に圧倒されました。
私の“お気楽”撮影とはほど遠い力の込めようで、真剣な眼差しの方ばかりです。


20190302_cp02

で、知り合いの女性の写真が展示されているブースに行くと、猫の写真家「山本まりこ」さんが自らの傑作写真を投影しながらのトークショーが展開されていました。
これがまた“猫愛満載”の温かくも楽しいショーで、退屈するところなど一秒もなく(*^_^*)超たのしい時間を過すことができました。

知り合いの彼女の作品も見せてもらいましたが(プロ写真の棚にあったぞ!)、日常気づかないふとした瞬間や、なんでもないモノなのに印象的な対象になる、そんなモノが撮影された写真集でした。

以前、鎌倉で同じ彼女の作品の展示を見せてもらったことがありましたが、さらに“奥の深い”ものになっていると感じました(エラそうですいません(^_^;))。


20190302_cp03

会場内では、ブースの中に広い場所をとり、スケボーなどで走る被写体を最新のカメラで撮影するといったコーナーなどもあり、写真好きな人達はもう夢中で撮影したり、説明を聞いたりで、カメラ人気はすごいものがあると、あらためて思いました。

私はどのブースに行っても、ものすごい人の数で、圧倒されまくり、“人にあたって”しまうような状態になり、会場を出てすこし休むことにました。
割と人混みでも大丈夫だったんだけど、堪えられるキャパを超えていたようです。

というわけで、「CP+2019」のイベントを見てきた感想はここまで。
次回は、外に出て落ち着き、カメラを構える気分にもなったところで少しばかり撮影した屋外の写真をご紹介しようと思います。

インスタも見ていただいている方には更に別写真もアップする予定です。


【Now Playing】 Missing You / Blue Nitchel ( Jazz )

2019/02/27

映画「翔んで埼玉」を見た!

20190227_tonde_saitama001

映画『翔んで埼玉/2019年・日本 監督:武内英樹 原作:魔夜峰央 出演:二階堂ふみ、GACT、中尾彬、竹中直人、京本政樹』を見てきました。
話題の映画です。

いやもうすんごいです!埼玉は東京に入るのに関所を通らねばならず、埼玉人は“迫害”され、同じ人間とは思えない扱い・・( ̄O ̄;)
それは埼玉のライバル?である千葉も同様(^^;)、そして互いに迫害を受ける立場にありながら、埼玉と千葉はいがみ合うのでした(^_^;)

とにかく、これだけ“コケ”にされてもこの映画を笑って見られる埼玉人の方々に大拍手を送りたいd(^_^o)


20190227_tonde_saitama002

千葉も相当おちょくられているが(*^_^*)、そんなもの何とも思わないのが、埼玉人と千葉人のよいところでしょう、だからねぇ、もう笑った笑ったヽ(=´▽`=)ノ
お腹の皮がよじれましたよ、こんなに笑った映画も久しぶりだ!

特に埼玉と千葉が川のこちら側と向こう岸で向かい合い、雄叫びをあげつつ互いの自慢をするシーンには“ひいこら”いって笑っちゃいました。
これはもう見るしかないよ'(*゚▽゚*)'

笑って笑って、笑って笑い尽くしてください。
普段はシリアスな演技を見せてくれる役者陣も、これでもかというくらいの力のこもった演技でもって笑わせてくれます。

わかりやすくて大爆笑(*^。^*)
今すぐ映画館に行けっ!!

2019/02/25

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №031 八街駅前/平林のだんご】

20190224_dango001

今回は「喰ってみた」です(*^_^*)
妻、長女、義母と一緒に八街に食事に出かけた際に、食事したお店を出たあと、「懐かしいっ!」と、妻と義母が声をあげたお店が八街駅前にある「平林のだんご」でした。

妻は中学生以来だと言っていましたが、その頃家族でこのお団子を買いにここに来たことがあったと、ほんとうに懐かしそう。

と、思っていたら義母はどんどん店内に入り、デザートみたいにお団子を食べようと張り切りだしました(^^;)


20190224_dango002

で、たのみましたよ“ほかほか”の焼きたて団子!d(^_^o)
あのねぇ、こんなうまいみたらし団子を食べたのは生まれて初めてでした。ウソじゃないよ、本気の感想。


20190224_dango003

三人でぱくぱくやっていると、サイクリングで来たおじさんの一団が店内に入ってきて次々と団子を食べ、しかも土産も持ち帰っている。ここはかなりのお店らしいぞ。
お店の方がお茶も出してくれて、しかもお代わりもすぐ注ぎ足してくれた。
なんだかとっても“心地いい”(゚ー゚*)。oO


20190224_dango004

こちらもお団子お代わりしたあとに、さらに土産も持ち帰ることにした。
こんな静かなたたずまいの、昔ながらの感じを残しているお店が、ものすごい実力者であったことに驚きました。

“いいもの”は突然見つかるねぇ・・と思ったら、妻と義母は「私達は昔から知っていた」と誇らしげでした。

2019/02/03

映画「えちてつ物語」を見てきました。

20190203_echitetsu001

映画『えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。/2018年・日本 監督:児玉宜久 出演:横澤奈津子、萩原みのり、山﨑銀之丞、笹野高史、松原智恵子、緒方直人、辻本祐樹、坂本三佳、安川まり、吉田耕子』を見てきました。

主演は、あのお笑い芸人の横澤夏子さん、お笑いタレントの夢破れ、東京から福井の地元に帰ってくるところから始まります。
友達の結婚披露宴でたまたま知り合った、えちぜん鉄道の社長から鉄道のアテンダントにスカウトされ、新しい道を歩み出すのですが・・。


20190203_echitetsu003

横澤さん演じる、いづみは、血の繋がらない兄の住む実家に帰り、居候となるが自分が養女であるということがずっと心の中で沈殿しているような状態。
ギクシャクとした家族関係、さらに鉄道での仕事は腰掛け的な態度が出てしまい、いつも空回り・・。

美しい沿線ロケ地の映像と共に横澤さん演じる、いづみの苦悩、そして周囲の人との関係性がラストに向けて人の温かさに包まれて少しずつ良い方向に向かう。

笹野高史さん、松原智恵子さんの深く、心温まる演技に大きく心動かされる横澤さん。
見ていて、私もじわっと涙が出て来て・・いい映画でした。
なんだか編集もプロっぽさが控えめな感じで、逆にほのぼのとするシーンがいくつかありました。
手際よくプロの作業で編集してしまうと、この“ほのか”で“温かみ”のある映画の雰囲気は出なかったのでは、と思いました。


20190203_echitetsu002

いい景色と、人の温かさと、えちてつ沿線の街並み、人が仕事をすることの厳しさ、家族の大切さが映像に込められていました。

今の私には、こういう映画、大歓迎です。
しみじみとした気持ちで映画館を出ました。

2019/01/19

旅の窓・沢木耕太郎を読んだ

20190119_koutaro_sawaki001

『旅の窓/沢木耕太郎 文・写真(幻冬舎文庫)』を読みました(見ました)。
これは著者の沢木さんが世界のいろいろな国を旅しているときにフィルムを使って写真撮影したものに、その時々のキャプションを加えて本にしたものです。

カメラマンでなくとも誰が撮った写真でも興味を持ってしまう私。
で、この本に載っている沢木さんの写真は独自の視点で撮られていて、とても惹かれるものでした。

旅の途中で、その街で出会った人にふと感じた何かを、その瞬間に撮ったもの。

なぜか広大で雄大な景色を撮った写真の端っこにぽつんと小さぁ~く人が写っている作品が多いのも、偶然が重なったのかもしれませんが(ご本人もそう書いている)、とても印象的で素敵なものになっています。

子供や、家族、一人で物思いに耽る人、などの写真も魅力あるものになっていました。
もちろん文章は風景や街、人々の様々な様子などについて優しい視線で書かれたものでした。

その中でちょっと私が気になったエピソード。

「旅をなぞってはいけない。それがこの何十年かの旅で得た教訓のひとつである。」

というもの。

著者が若い頃の旅の記憶を求めてスペインのマラガというところに再訪したが、かつての宝石のような空間だった所が、二十年も経ってすっかり変わってしまって・・というお話でした。
「私はやはり失望しないわけにはいかなかった。」と、書かれていますが、私にも似たような経験があります。
でも、時には最初の探訪からの年月の良い変化を感じて涙してしまうこともあります。

「旅のなぞり」は多くは失望となり、時には感動を呼ぶことも・・。面白いエピソードでした。

2019/01/14

突然思い立って「松山庭園美術館」へ

20190114_matsuyama_art_museum001

連休最後の成人の日。
朝、突然思い立ち、匝瑳市の松山庭園美術館に出掛けてみました。
ちょっと前にネットで見て気になっていたのです。


20190114_matsuyama_art_museum002

『十人十色 -楽しい個展めぐりⅡ-』と題された企画展。


20190114_matsuyama_art_museum003

この庭園美術館は、庭園の中に何軒も東屋のような展示場所や、本格的な展示館、さらに本館にはいくつもの展示スペースがあり、様々な作家の作品がそれぞれに個性を光らせて展示されていました。
また、常設サロンには「藤田嗣治」や「村山槐多」の作品があまりにも無造作に展示されていて、驚きます。


20190114_matsuyama_art_museum004

この美術館は“ネコ”の美術館としても有名とのことで、今回の作家さんの作品にもネコがテーマのものが多数ありました。
どれも楽しく、不思議で幻想的なものも・・。
作家さんともいろいろお話できました。


20190114_matsuyama_art_museum005

驚いたのは「ワインとアートの世界・林暁男ソムリエ・ワインラベル展」という企画展示の部屋。
ラベルが額に入って展示され、日本ソムリエ界の草分けと呼ばれている林暁男さんご本人にラベルから見えてくるワインの世界、日本のワインの現状まで解説いただいてしまいました。
私はクルマで来たのですが、望めばワインの試飲も可能となっておりました。飲めた人、うらやましいd(^_^o)


20190114_matsuyama_art_museum005_1

林さんはとてもやさしく、物腰もやわらかく、素敵な方でした。
お願いしてお写真を撮らせていただきました。やさしそうだけど、風格ある方でしょう?!


20190114_matsuyama_art_museum006

ふと思い立った美術館探訪だったのですが、行ってよかった(゚ー゚*)。oO
美術作品と共に庭園も楽しめましたし、いい空気も胸いっぱいに吸ってきました(^-^)/☆
いい一日になりました。

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック