フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2021/04/17

安西水丸さんの「東京美女散歩」を読みました。

20210417_anzai_mizumaru_001

『東京美女散歩/安西水丸著・絵(講談社文庫)』を読みました。
そして、水丸さんの東京の風景と美女の絵も見させてもらいました。

著者の安西さんは、1942年生まれ。2014年に亡くなっていますが、この本は、2007年~2014年に小説現代に隔月掲載されたものの文庫化です。

東京のあちこち・・上野・浅草、大塚・池袋、佃・月島、お茶の水・神田神保町、自由が丘、麻布十番、銀座、渋谷、神楽坂などなど・・を安西さんが気の向くまま、けっこう精力的に巡ります。
そしてタイトルどおり、美女を探し、安西さんの「絵」で、その地の風景と共に見せてくれます。
それに赴いた先の歴史的なことについてもかなり深く掘り下げていて、私の知らない過去の東京が見えてきました。
安西さんは東京で育っているので、単に調べたことが書かれているのではなく、安西さんの瞼に焼き付いている実際の光景や人々の姿なども、読んでいるこちらは楽しめました。

安西さんには、例えば銀座を歩いている女性というのは、“こんな美人”でなきゃいけない、という確固たるものがあり、そういう見方で、東京各所の美人を探します(^_^;)
当時流行っていたのか、“レギンス”をはいた女性を見ると、ほんとうに嫌そうな様子・・。

そして、訪ねる各所に、安西さんの歴史の中にいる女性の想い出としての影が現われる。
もうねぇ、驚きました。
こんなに年齢層もタイプも異なる女性と“関係”していて、ちょっと調べ出すと誰だかわかるようなくらいギリギリで書いていて、大丈夫なんかい?と思いましたが、安西さんはすでに亡くなっているからそれでいいのか・・。
でも、その女性ごとのエピソードもなんだか面白いのですd(^_^o)

また、あちこち探索しているうちに、美女と出会ったりすると、即座に声をかけることも多く、かなり“立ち入った”ことまで聞いてしまいます。でも、それが安西さん流の女性との接し方なのでしょう、あっという間に関係性を築いてしまいます。
・・この年代の人の、このやり方は、過去私の先輩でもいましたが、もうこういうことが出来るような男はほとんどいないです。絶滅危惧種・・。

400頁以上にわたるボリュームでしたが、とても“濃い”、“男の本”でした。

安西水丸さんの、男のダイナミズムと、東京の歴史的風景が楽しめる長編本でした。
ガッツがあり、エネルギッシュな男向けの本なのかもしれない。

 

2021/03/17

「京都 深堀さんぽ/グレゴリ青山」を読みました。

20210317_g_aoyama_001

『京都深堀りさんぽ/グレゴリ青山著(小学館文庫)』を読みました。
なんといっても読みやすい!(*^_^*)・・漫画で描かれていますから。私に“もってこい”です。

京都は修学旅行以来行っていない、というのがつくづく残念というか、自らの行動力のなさを悔いるわけですが、このコロナ禍が終息したらぜひ行ってみたいのです。今度こそ行くぞっ!という意気込みです。

この「京都深掘りさんぽ」は、天保年間から呉服店を営んでいた「京町家」の中に入って江戸時代からの歴史的な物がいっぱい詰まった蔵の中を大探索したり、伝統工芸の職人さんを訪ねて京都が職人の街であることをあらためて感じたり、「千本中立売」略して“千中”・・私はまったく存知上げなかった・・を“千ブラ(千中をぶらぶら)”することの愉しみなどを教えてくれました。

上記以外にも京都のディープ・ゾーン、ディープ・シーンを数々紹介してくれます。
しかも、漫画で面白く!!

 

 

20210317_maakosan_001

つい最近、私は YouTube の「まーこさんは食べ友」というのにハマっておりまして、まーこさんという アラフィフ の女性が京都の喫茶店、うどん屋、蕎麦屋、定食屋、居酒屋(※まーこさんは下戸)、中華店、ラーメン屋などなどを「パックンチョ」と、ほんとうに発しながら食べていくという面白いものです。

すっかり京都の奥深さに“まいっていた”ところに、この本でした。

もう気分だけは京都に飛んでおりますd(^_^o)

早くこの世間の騒ぎが収まり、私の体調も回復することを、今はただ祈っているところです。

京都、行きたいっ!!

 

2021/02/26

「今日もいち日、ぶじ日記/高山なおみ」を読みました。

20210226_takayama_naomi001

『今日もいち日、ぶじ日記/高山なおみ著(新潮文庫)』を読みました。
これもブックオフにて安価購入。

著者、高山さんは吉祥寺「諸国空想料理店 kuukuu 」のシェフを経て料理家に。
その後、文筆家としてレシピ集、エッセイ、日記などの著書を刊行しています。

今回の「今日もいち日、ぶじ日記」は、平成23年3月の東日本大震災後、7月に入ってから高山さんが夫と幌付ジープに乗って被災地を巡ったときの日記と、住まいの東京から離れた山奥に土地と古い民家を求めて出掛け、それを夫婦して手に入れ、その後に少しずつ家、土地ともに手を入れていく時の日記に大きく分かれて書かれています。

いずれも、料理家の高山さんらしく、毎日食べたものについて必ず記載されていて、それがこの400頁にも及ぶ日記に“生き生き”とした印象を持たせています。
あのとき何を食べた、っていうのはけっこう見逃しがちですが、大切なことなんですよね。

震災後の現地を訪れた部分の日記には、そのとき現地での片づけの様子や、町の姿、人々がどんな暮らしをしていたか、また宿泊した宿の人、泊まっていた復興に携わっていた人達、その人達から聞いた震災当日の明暗を分けた行動などの話などが、高山さんらしい決して重くない筆致で書かれていて、資料的な価値もありながら、人の心の細部までにふれるようなこともあり、真剣に身を乗り出して読みました。

後半の山奥に土地と古民家を得てからの話では、自然の中で傷みの激しい古民家を夫婦で徐々に使えるようにしていく姿が、たいへんそうだけど、楽しく書かれていました。

私などは、もともと田舎育ちなので、近所の人達がいろいろなものを持ち寄ってくれたり、「梅の実など勝手にもいで漬けるといいよ」なんて言ってくれるのは当たり前の時代に育ったわけですが、高山さん夫婦には新鮮だったようです。

何よりも大自然の中、空気が澄んでいて、天気の良い日もあれば、雨の日もあり、寒い日もある・・という当たり前のことに新鮮な驚きを感じている高山さんの心と身体の動きの変化が逆にこちらには新鮮でした。

ただの日記と思うなかれ、とても読み応えのあるものでした。

 

2021/02/10

向田邦子さんの「父の詫び状」をあらためて読んでみた。

20210210_mukouda_kuniko001

『父の詫び状/向田邦子著(文春文庫)』をブックオフで購入し、読みました。

向田さんのエッセイ、著作については何冊か読んでいますし、この「父の詫び状」に収められているエッセイの一部も「ベストエッセイ集」などで既に読んでおりましたが、でも「父の詫び状」については一冊まるごと読んでみたいと思い、全部読んでみました。

向田さんの幼い頃から、就職してテレビドラマの脚本を書くようになるまでの間に経験した様々なことが人間関係、当時の家の中の様子、世間の状況など実に細かい部分まで描写されているし、人間というものの心の中にはこんなつまらないことにこだわる部分があるのか、など絶妙な部分が描かれています。

これにはただ脱帽。
私もリアルタイムで見た向田さん脚本によるテレビ・ドラマ「寺内貫太郎一家」の、あの家族とその周囲にいる人の人間関係から巻き起こるドラマチックな展開と、どこの家にでもある頑固親父とそれに翻弄される家族の様子など、書こうと思っても(書こうという当時の発想もなかなかすごいことだ)誰にも書くことができないものだと思います。

そして、ただ愉快な思い出だけでなく、不思議と暗い部分を感じさせるエピソードも多く、それがなんだか我が事のように心に沁みてくるのです。
これがまた向田さんの文の魅力なのだと思います。

巻末の沢木耕太郎さんの解説で紹介されている雑誌の連載時評「笑わぬでもなし」の中で故・山本夏彦氏が書いた『向田邦子は突然あらわれてほとんど名人である』という一文がありました。
これは、私も当時「笑わぬでもなし」の単行本でリアルタイムに読みました。
そうか、山本夏彦氏にして向田さんの文は“名人”と呼ばせるくらいのものなか、と強く印象に残りました。

そんな向田さんの「父の詫び状」は、やはり名著でした。
ものすごく「力」を感じるもので、読後も心の中に残ったものが、ずっと引っかかって消えない・・可笑しいような、哀しいような、懐かしいような、恥ずかしいような、そんな気持ちが消えないのです。

向田さんについては、エッセイ以外に、様々なものが残されていて、妻もファンなので、妻所有の向田さんの陶器コレクションの写真集や、その他の残されている文献についても今後触れてみたいと、あらためて思いました。

 

2021/02/07

平松洋子さんの「ステーキを下町で」を読みました。

20210206_hiramatsu_yoko001

『ステーキを下町で/平松洋子著・谷口ジロー画(文春文庫)』を読みました。
読んで見て驚いたのは、ふつうのグルメ本的な「あそこの〇〇食べてみたら、ああうまかった」みたいなテレビ番組によくあるような脳天気なものではなかったことでした。

たとえば、豚丼のルーツ探しに帯広へ飛ぶのですが、なぜ「帯広で豚」なのか、歴史をたずね、「豚丼」というアイデアにたどり着いた過程や、名物料理にしていこうという現地の人達の頑張り、そしてそれを世代的に継いでいく様子、地元の人達と観光でやってくる人達の様子まで、丹念に書かれています。
もちろん、その名物料理「豚丼」を食べてみての、感想自体も素晴しい文章で書かれていました。
添えられている谷口ジローさんの漫画もいい効果を出していました。

岩手県三陸沿岸を走る三陸リアス線の久慈駅名物「うに弁当」を訪ねた際には、震災わずか五日後に意地と信念で運転再開を果たして日本中から拍手をあつめたその起点駅・久慈駅に行き、震災の影響で存続が危うくなった名物弁当がどういう経緯で復活したのかを書かれています。

震災時にはもちろん弁当どころではなかったのですが、命からがら非難してきた人達に「焚きだし」を必死にしていたそうです。
やがて電話が通じるようになると「お母さん、元気でよかった」とお店に電話がかかってくるようになったそうです。
「もう辞めようと思っている」というと、「今度行くからがんばって」の声をもらい、お見舞い金までもらうようになり、「辞めます」って言えなくなり、今年だけは・・と、なんとか頑張っているうちにかつてのお客さんが大学合格の報告に来たり、野菜を分けてくれたりで、結局何だかんだで続けることに・・、なんて話も書かれていました。

こんな話題がいっぱいのこの本、下北半島に鮟鱇(あんこう)の「雪中切り」を見に行ったり、沖縄に一度食べるとやみつきになる「沖縄すば(そば)」を食べに行ったり、日本中いったりきたりの旅と、そこで出会う人達との交流も楽しく、最後まで一気に読みました。
心も温かくなる本でした。

 

2021/02/05

太田和彦さんの「ふらり旅 新・居酒屋百選 名酒放浪編」を読みました。

20210204_ota_kazuhiko001

『太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選 名酒放浪編/太田和彦著(光文社新書)』を読みました。
病院での治療・療養中は、まったく“お酒”が絡んでくるような書物は読めないというか、読みたくない気分でしたが、やっと自宅療養に入り、少しずつ体力が回復してきて、読めそうに感じたので、すでに購入しておいた上記・太田さんの著書に手を出してみました。

頁を開いてみましたが、大丈夫そうです…σ(^_^;)

私は基本的にテレビを見ないので、太田さんが「BS11」でやっている番組を見たことがないのですが、この本はそれを新書化したものだそうです。

この本にも書かれていますが、ある調査では中高年になってしたいことの第1位は国内旅行なんだそうです。
私もこの本を読んでそんな気持ちになりました。

この本は太田さんが今回旅をした、札幌から五島列島まで全国19箇所について、訪ねた名所旧跡や、夜に寄った居酒屋などと、そこですっかり打ち解けた店主やその家族、お酒と料理の写真がカラーでたっぷりと載っていて、ほんとうに私も行きたくなってしまいました。

この感染症騒ぎが収まり、私の体力も回復してきたらぜひ行ってみたいと思いました。

いつも太田さんの本を読んでいて思うのですが、どの地方に行っても太田さんは「ただいま」という感じでお店に入っていきます。
すると、「おっ!太田さんいらっしゃい、久しぶり」っていう感じであっという間に和やかな雰囲気となり、お店の人も家族を呼び、太田さんが来る前に生まれた赤ちゃんも連れてきて太田さんが抱っこしたりで、一気に幸せなムードがあふれてくるのです。

これが、太田さんの全国居酒屋めぐりの一番“いいところ”で、他の人にはない特徴であると思います。

そして、そんな雰囲気の中、店主が腕によりをかけてつくる料理の美味しそうなこと(※カラー写真付きなのでよりいっそう)と、私が今まで見たことのない、地酒の数々!
ああ、行ってみたい(#^.^#)

というわけで、この本、あっと言う間に読み終えました。
自宅静養中の現在、すこし旅の気分も味わうことができました。

 

2020/12/06

横芝光町のギャラリー『笑虎』での「南隆一個展」に行って来ました。

20201206_shoko_minami_005

このブログに何度も登場する私の中学時代の担任で美術の先生、南先生が毎年暮れに開いている個展に出かけました。

私が中学を卒業して、大人になり、先生と再会する前から開かれていた先生恒例行事の個展です。もう二十数回目だと思います。

今回も先生は意欲的でした。
開催一週間前まで、苦闘していた様子は電話でうかがっていたのですが、怒濤の作品作りで今回も開催に漕ぎ着けられたようです(^_^;)先生、エラいっ!

喫茶室のある方の壁面に展示されていたジャズの演奏風景を描いた大作、迫力がありました。先生のパワー、一向に衰えず!と、安心しましたヽ(=´▽`=)ノ

 

 

20201206_shoko_minami_004
今回は、ジャズライブの様子を描いた作品が何点もありましたが、ブルーを使った独自の作品、これも見応えありました。
展示ケースのガラスに、灯り取りの窓の光が映り込んで撮ってしまいましたが、それもまたいいだろうと思い、アップいたします。

20201206_shoko_minami_001
そして、今回のお誘いの葉書にも使われていた色とりどりの水玉のような生きもののようなものの集まり、これもなかなかいい味出ていました。

20201206_shoko_minami_003
さらにたくさんのガラス絵も展示されていましたが、フタを開けると中にガラス絵が入っている仕掛けのものもあり、先生の楽しい作品づくりがここでも感じられ、皆で開けてみて楽しめました。

20201206_shoko_minami_002

また、男女の抱き合うシーンの絵なども、先生の絵ではちょっと珍しいのですが、でも先生らしいウォームな作品となっていました。

今日、ギャラリーを訪れた人の中に、中学の二学年先輩がいらして、昔話に花が咲いたり、驚きの中学時代の私の一学年下だった当時の彼女の親友(女性)も現われ、中学時代以来の再会となりました。よく皆で遊んだものでした。

もう何十年も前のことなのに、当時の彼女と電話できるから、今話してみるか?!などと言われて「いや、いや、いや、ダメ、ダメ、ダメ」とうろたえる私がおりました…σ(^_^;)

・・などと、今回は“出会い”のギャラリー訪問ともなり、にぎやかな一日になりました。

それに、私と共に先生の大ファンで、東京からやってきたFさんとも再会し(Fさん、10月に急病で倒れられ、心配しておりましたが、無事会うことができて本当によかった)、なんだかいろいろと心の中に染み入るお話も出来ました。

また、皆さんに会える日を楽しみに、ギャラリーをあとにしたのでした。
きょうの出会いに感謝します。

 

2020/11/29

JR飯岡駅併設の「海上ふれあい館」にレコード鑑賞に出掛けました。

20201128_iioka_fureaikan_002

JR飯岡駅に設けられている「海上ふれあい館」、いろいろなイベント、催しが開催されているのですが、今回は私の中学時代の担任で美術の先生が『アナログレコード鑑賞会』を企画されました。

そうと聞いては行かねばならぬ…σ(^_^;)ということで、行って来ました。

 

 

20201128_iioka_fureaikan_001

主にジャズのアナログ盤をかけて、スピーカーはテクニクスの俗称“げんこつ”スピーカーを先生宅から持ち込み、そのスピーカーにも先生の絵が施されていて(#^.^#)、「こりゃいったい何だっ!」的様相が先生らしくて素晴しいっ!

ジャズ以外にも演歌などのレコードもリクエストによりかけていました。客層は明らかに私よりも10歳以上確実に上の年齢なので、そういうのもないと間が持たないのかもしれないです。

 

 

20201128_iioka_fureaikan_003
さらに合間をみて、16ミリフィルムの映像を「映写機」で映し出したりする人もやってきて、あのフィルムのリールが回る独特の音と共に古いニュース映像なども拝見しました。
20201128_iioka_fureaikan_005
館内には先生の絵画や造形作品なども展示され、音楽と同時に楽しむことも出来ました。
前回、同様の企画をされたときには来ることが出来ませんでしたので、こういう雰囲気なのか、と新しい試みを肌で感じ取ることが出来ました。
20201128_iioka_fureaikan_004

また、先生のお知り合いの方が、サックスを持ち込み、リクエストを受けてソロ演奏をするなどという時間もあり、けっこう内容は濃かったd(^_^o)

先生の自由な空気がこういうものを作り上げているのだな、と思いましたが、私としてはもっとジャズのアナログ盤をいっぱい聞きたかったかな(*^_^*)

でも、不思議で楽しいひとときでした。

来週は、横芝光町のギャラリー「笑虎」で先生の個展があります。
そちらも楽しみに、帰宅いたしました。その内容については、またこのブログでご紹介いたします。

 

2020/11/15

スペシャル玉手箱・ブックを作ってみた

20201115_tamatebako001

このブログで何度も登場してもらっている私の中学時代の担任で美術の先生、南先生が毎年横芝光町で12月に行っている個展の準備をしていると連絡がありました。

このところ、毎晩作品づくりに取り組んでいられるようです。

会場となるギャラリー『笑虎』には、喫茶スペースもあるので、そこでの集まった方々の憩いのひとときにひとつの「話題づくり」として、私が行っている先生現役時代の資料・メモの活字化&ブログ掲載について紙面で再現したものを置いてもらおうと思いつきました。

 

 

20201115_tamatebako002

で、表題のスペシャル玉手箱・ブックを作ろうと、私も取り組み始めました。
「玉手箱」っていうのは、南先生資料・メモの活字化ブログのカテゴリー名が『南先生の玉手箱』だからです。

ブログそのものの画面を印刷してみると、非常に見づらく、さてさてとなりましたが、結局ウェブ上のサイトからテキストデータを抜き出し、画像データをあらためて貼り付けて Word で印刷することにしました。

やってみると、見やすくなったので、私のコメント部分の文字を小さく、先生の文章部分を大きくして、さらに見やすくしてみました。

 

 

20201115_tamatebako003
出来上がりを見て、もっと何かほしいと感じ、今年作った南先生の名刺(オモテ面たけで50種類、ウラ面も30種類ある)のコンプリート・コレクションも綴ってご紹介することにいたしました。
20201115_tamatebako004

もっと出来るかも・・と思ってしまったのが自分の首を絞めましたが、ええい、こうなったらやってしまおうと、2002年頃からの南先生の作品やご本人の表情がいろいろと楽しめるフォト・アルバムまで作成し(^_^;)、加えてみました。

・・で、全130頁の“ボリューミー”な出来上がりになりましたヽ(=´▽`=)ノ

もし、今年の笑虎での南先生の個展にお出かけになられる方で、このブログをご覧の方は、ぜひお目通しいただければ幸いです(*^_^*)

んじゃ、きょうのブログはここまで。

 

2020/11/13

太田和彦さんの「ニッポンぶらり旅 可愛いあの娘は島育ち」を読みました。

20201113_ota_kazuhiko001

『ニッポンぶらり旅 可愛いあの娘は島育ち/太田和彦著(集英社文庫)』を読みました。
太田さんの一連のこのシリーズ、今回は豊橋、八丈島、酒田、福井、釧路、名古屋、木曽福島へのひとり旅・酔いどれ紀行でした。

太田さんの“ぶらり旅”、いつも読んでいて感じるのは、ふつうの人ならこんなにいろいろなものを見つけたり、出会いを楽しんだり、ふと立ち寄った居酒屋で、地の肴を好んで頼み、地酒を深く味わい、愉しむことなど、なかなか出来ないだろうということです。

つまり、私のようなふつうの人間は、どこかに出かけるとなると、いろいろと下調べをして、巡るコースもきっちり決めて、スケジュール通りのコースを、予定通りの店を訪ね、時間も“押せ押せ”の中で動くだろうと思うのです。

でも、太田さんは偶然見つけたものに興味を持ち、いろいろ地元の人に尋ねてみたり、地元の人に紹介された人や、店に出かけて思わぬ人や店、建物、風景に出会うのです。
こういうのを旅の達人というのでしょう。

それに、太田さんは「お酒」という最大の愉しみを深い知識と共に持っています。
それぞれの出会ったお酒に対する感想も、実に多彩な表現を用いて著わし、お酒、居酒屋の達人でもあります。

華やかな味わいを楽しめる一品
「清泉川(きよいずみがわ)/特別純米生原酒」

幻の酒米白玉を仕様した純米吟醸
「限定・上喜元(じょうきげん)」

秋あがり「俵雪」ひと夏を越した味わいを楽しみたい
「限定・羽前白梅(うぜんしらうめ)」

待ちに待った酒が来た
「限定純米大吟醸・三十六人衆」ひやおろし

酒田、百四十六年続いた「久村の酒場」の暖簾をくぐり、出会ったお酒が上記のラインナップでした。

で、太田さんはこれを選びました。

上等なお酒で、旨みもあり、スッキリしたキレの良い味わい
「東北泉・雄町純米吟醸 瑠璃色の海」

どれもこれも飲んだことがない…σ(^_^;)

いつの日か、これらのお酒と出会うことを夢見つつ、読了したのでした。

 

より以前の記事一覧

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック