フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2024/07/05

「わたしの週末なごみ旅/岸本葉子」を読みました。

20240705_kishimoto_yoko_001

『わたしの週末なごみ旅/岸本葉子著(河出文庫)』を古本で手に入れ、読みました。
2008年「ちょっと古びたものが好き」と2009年「週末ゆる散歩」の二冊の単行本について加筆修正し、写真を再構成したものとなっています。
2012年に初版発行されています。

最近、岸本さんの著書については何冊かご紹介していますが、この本は俳句についてのものではなく、主に骨董、アンティークなどで普段づかいできるようなものを岸本さんの思いのこもった解説で紹介している前半部分と、後半は柴又や谷中などを岸本さんが散歩して、独特の視線からその愉しみを書かれている、という構成になっていました。

前半のティーカップやその他器などを旅先の骨董品店に出向いて探す様子などは、著者のわくわくする気持ちや、その器がいつ頃のもので、どういう人が使っていたものか、などに思いをはせている様子が手に取るようにわかり、私も以前骨董市などに出かけていたのでとても面白く読みました。

高価なものや、貴重なものを求めるのでなく、自分の生活の中で“よろこび”と共に使っていくことのできるものを求めている著者の気持ちがよくわかりました。
掲載されていた写真を見ても、「なるほどねぇ」という感じ(#^.^#)

そして、後半はお馴染みの柴又や、谷中方面などにも出かけています。
あの有名な「夕やけだんだん」にも出かけていて、私も行ったあの観光地でもない、でも人が集まり、なんだかいい気分で歩き、コロッケを買ってビールを飲んだりするような雰囲気のところを紹介されていて、こういう散歩・・いいなと思いました。

読み終えて、骨董についても、以前のように骨董市などを探して出かけたくなりましたし、また東京の下町などをゆっくりと散歩してみることも復活させたいと思いました。
コロナ禍で、すっかりご無沙汰になっていました。

岸本さんの著書については、まだ俳句についてのものをストックしているので、また読みましたらご紹介いたします。

 

俳句を詠んでみる_0152【 林道で 淹れる珈琲 夏の雲 】

20240705_mineoka_001
二十代の頃はけっこう海に山に出かけていたことを思い出し、一句詠んでみました。
20240705_mineoka_002

【 林道で 淹れる珈琲 夏の雲 】

《背景》季語:夏の雲[夏]
二十代前半、就職してジープ型の軽自動車、2サイクルエンジンのジムニーを買い、アウトドアに出掛けるようになった。
仲良くしていた女性が「面白そうだから連れて行け」と言うので、房総半島の内房から外房へ抜けることの出来る嶺岡林道を選んだ。
途中、山の高いところで、コールマンのバーナーを使い珈琲を淹れてその女生と飲んだ味は、空気の爽やかさと雲の高さも手伝ってこのうえもなく美味しかった。
今でもあの空の青さと真っ白い雲の光景が目に浮かぶ。

 

 

20240705_mineoka_003

2024/07/03

俳句を詠んでみる_0150【 半夏生(はんげしょう) 観音の背に 機銃痕 】

20240702_iinuma_kannon_001
銚子の飯沼観音に参り、知った戦時の傷跡について詠みました。
20240702_iinuma_kannon_002

【 半夏生(はんげしょう) 観音の背に 機銃痕 】

《背景》季語:半夏生[夏]
銚子の飯沼観音にお参りし手を合わせた。
観音様に手を合わせながら傍らの看板に書かれていた文を読むと、観音様の背には戦時の機銃痕が残っているとのこと。
あわてて観音様の後ろに回ると、確かに有った。
補修もされてはいたが、その跡ははっきりと残っていた。
観音様の手から繋がっている綱を握り、書かれていた念仏を三度唱えた。

※半夏生とは、夏至から数えて11日目の7月2日頃。
かつては農事の占いや、忌事が行われる重要な日であった。

 

2024/06/22

俳句を詠んでみる_0139【 炎天の びしょ濡れゾーン 悲鳴立つ 】

20240622_sea_world_001

大人になっても大好きなシャチやイルカのショーについて詠んでみました。

【 炎天の びしょ濡れゾーン 悲鳴立つ 】

《背景》季語:炎天[夏]
炎天下、千葉の鴨川には「シーワールド」という海の遊園地のような水族館があり、そこではシャチのショーも名物です。
私は子供の頃から今でもシャチやイルカのショーが大好き。
シャチのショー観覧席には「びしょ濡れゾーン」という所があって、そこに座る人は合羽を着たりして“わくわくモード”。
ショーの最後にシャチが大きな尾っぽでしぶきの雨あられ!
びしょ濡れゾーンからは、想像以上のシャチの張り切りぶりに悲鳴が上がります。
こういうの、今も大好き!

 

2024/06/12

俳句を詠んでみる_0129【 茅の輪くぐり うれしや 初めての朱印 】

20240612_07_chinowa_001
20240610_03_gosyuin_001

初めて行った神社のあまりの爽やかな様子に、思わず御朱印を頂いてしまったときのことを詠みました。

【 茅の輪くぐり うれしや 初めての朱印 】

《背景》季語:茅の輪[夏]
今年は妻と神社巡りをたのしみとしているが、直感で爽やかさを感じた神社に行ってみると、想像通りの清々しい神社だった。
梅の木にウグイスと梅酒を描いた御朱印の絵に「これはよい」とその気になり、今までは御朱印集めに夢中になるのをおそれ、手にしなかった御朱印を初めて頂いた。
その時のうれしさを詠んだ。

 

2024/06/01

「続・東京ぶらり吟行日和 俳句と散歩100か所/星野高士・編」を読みました。

20240601_hoshino_takashi_001

『続・東京ぶらり吟行日和 俳句と散歩100か所/星野高士編(東京四季出版)』という、いわゆる“吟行”での会の皆さんの俳句を紹介し、志士の会・星野高士氏が編んだものとなっていました。

2019年第一刷発行のものです。
「続」と付くからには最初の100回分の吟行での作品集は既に出ていて、その前編は発売後瞬く間に在庫がなくなったそうです。
私、それも古本の棚で見つけていたにもかかわらず、ちょっと他の棚を見ているあいだに無くなっていたのです、不覚・・。

でも、この続編で紹介されている吟行の様々なスポットは、俳句を詠まなくても仲間と出掛けたら面白そうなところばかりでした。
そういう時にも使えそうで、これはいいものを買って来たと思いました。

ただ、志士の会の皆さんの俳句は、私にとっては“いいもの”ばかりで、まだまだ二月から始めた私の実力では遠く及ばないものでした。
読んでいくうちに、「自分は永久にこんな句は詠めないんじゃないか」などと、気弱になるのでした。

中には私がよく行っている場所や、行ったことのある場所、ちょっと馴染みのある場所での句は、ワクワク感がこちらにも出てきて、書ける書けない以前に楽しくなってしまいました。

たとえば、有楽町・銀座界隈、浅草、神田明神、国会議事堂あたりは、そうそうあそこだな、そう詠んだか、などと、自分には詠めない良い句なのに楽しく読み進むことができました。

逆に行ったことのない、重厚な感じの記念碑があったりする場所や、古い庭園などになると、句の格調が高くなり、さらに皆さんの技量が“モノを言って”私には立派過ぎて、難しくて太刀打ちできない感じのものが多くなり、四苦八苦してしまいました。

一応、ざっと見て、吟行したときの俳句とはこういうものだ、ということがわかりまして、今後もしそういう場に出たときには、なんとか頑張ってみたいという決意もできました。
面白い本でした。
今後も何度も見直して参考にいたします。

 

2024/05/13

「ノーテンキ旅 小沢昭一的こころ」を読みました。

20240513_ozawa_shouichi_001

『ノーテンキ旅 小沢昭一的こころ/小沢昭一・宮腰太郎(新潮文庫)』という本を読みました。
この文庫本は、1996年に発行されているものですが、内容としては当時のTBSラジオ「小沢昭一の小沢昭一的こころ」という名物番組の内容を文書化したものです。

このシリーズは当時何冊も出ていると思われますが、今回読んだ本は「ノーテンキ旅」と銘打たれ、小沢さんと“ノーテンキ・プロデューサー”と文中で呼ばれているお二人の珍道中の様子が書かれ(話され)ているものでした。

「のぞきカラクリ」という明治時代の頃の庶民の娯楽的なもので、大掛かりな紙芝居というか、大きくて立体的な画像をレンズを通して「語り」と共に見るという仕掛けが日本中でも3機くらいしか残っていないものについて、あらたにもう一機見つかるというニュースを聞き、小沢さんがわざわざ遠方まで見に行き、資料館の方からいろいろ教えてもらう話題など、内容は当時の番組の相変わらずの愉快さを伴い、実に濃くて面白いものでした。

そのほかにも、小沢さんご自身が懐かしがっていた「関東塩煎餅」の仕入旅や、「蓼食う虫も好き好き」の『蓼(たで)』の産地を訪ねたり、万能ネギの元祖となった地域を訪ねてもいました。

目のつけどころが当時としても他の番組とはまったく異なるものです。
そしてあの小沢さんの名調子!
プロデューサーの“脳天気ぶり”が面白く、今やこういうラジオ番組は、皆無というか絶無です。

録音も残っていて、CD化もされたことがあるようですが、あの平日の夕刻にその時の時事なども含めて語られることでこの番組は人気を得ていたと思いますので、・・今聞いたらちょっと涙ぐんでしまうかもしれません。

小沢さんも亡くなったし、野坂昭如さんも、永六輔さんも亡くなってしまい、野坂さん晩年の世の中に対する強烈なメッセージも、永さんのテレビ、ラジオに対する薫陶のようなものも、小沢さんの古くからの民衆芸能への熱き想いも、今やもう同じように語れる人はいなくなりました。

時々、TBSラジオなどでは、ベテランのアナウンサーや、永さんに目を掛けてもらった芸人達が野坂さん、永さん、小沢さんを懐かしんでいるのが唯一の救いのような気がして、耳をそばだてて聞くことがあります。

この本を読んで、あのときの世間の感覚や、自分の当時置かれていてた立場や気持ちなどが浮かび上がってきました。

 

2024/05/06

俳句を詠んでみる_0088【 甘酒で 喉湿し 明神詣で 】

20240501_03_amazake_001

また俳句作品のストックができましたので、今日二回目の俳句をアップします。
神田明神入口にある甘酒屋で一句。

【 甘酒で 喉湿し 明神詣で 】

《背景》季語:甘酒[夏]
お茶の水駅で降りて、神田明神を目指す。
入口の鳥居をくぐる前に甘酒屋がある。
ちょうど良いと、甘酒で喉を湿し、生き返って心もあらたに明神詣でをする様子を詠んだ。

 

2024/05/01

俳句を詠んでみる_0082【 秋の日に ドライブ 宍道湖 波立つ 】

20240428_07_shinjiko_001

宍道湖沿いの道路を走ったときのことを詠みました。

【 秋の日に ドライブ 宍道湖 波立つ 】

《背景》季語:秋の日[秋]
妻と島根に出かけ、レンタカーで宍道湖沿いの道路をドライブした。
とても大きな湖で驚いた。
ちょっとした風でも湖面は波立ち、意外や迫力のある湖の光景が広がった。

 

2024/04/18

俳句を詠んでみる_0061【 秋天に 登るベタ踏み 神近し 】

20240418_betabumisaka_001

昨年、出雲方面の旅に出て、あの“ベタ踏み坂”に差し掛かったところでの一句。

【 秋天に 登るベタ踏み 神近し 】

《背景》季語:秋天[秋]
秋の空が高く澄んで美しい。
まるでその空を目指すような急坂、島根の江島と鳥取の境港を結ぶ、通称“ベタ踏み坂”を登るレンタカー。
有名な古社・美保関神社がもうすぐだ。

 

より以前の記事一覧

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック