フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2022/11/29

「ゆかいな珍名踏切」という本を読んだ。

20221129_imao_keisuke_001

『ゆかいな珍名踏切/今尾恵介著(朝日新書)』という本を読みました。
ブックオフで見つけたのですが、著者は地図研究家で一般財団法人日本地図センターの客員教授、日本地図学会専門部会主査などという肩書の方です。

路線名だとか、駅名の「珍名」ならなんとなくわかりますが、「踏切」の名前で珍名を探そうという視点が独特です。
しかも、その珍名から由来を尋ねてご近所の人や通りかかった人に話を聞いたり、図書館などで調べたりということをコツコツと続けていく著者にはなんだか頭がさがります。

で、実際の“珍”踏切名はどんなんだろうというと・・。

「馬鹿曲踏切」「壺焼き踏切」「パーマ踏切」「レコード館踏切」「虚無僧踏切」「洗濯場踏切」「切られ踏切」「ファッション通り踏切」「豆腐屋踏切」「天皇様踏切」「爆発踏切」

・・などなど、“踏切界”には詳しくない(^^;)私が聞いても面白い名前がたくさんです。

なんでそんな名称になったのか現地を訪ねつつ、いろいろと調べて回るわけです。
たぶんこうであろうというところまでは、ほとんどの踏切でたどり着いていました。

馬鹿曲踏切は、現行路線と異なり、以前の路線が大きなカーブを描いていたので、“馬鹿に曲がっていた”ことからそんな名前になっていたり、洗濯場踏切は、かつて湧き水が出ていてけっこう大きな洗濯場があったのだということを近隣の方から聞き出したりしています。

でも、大きな下水管が埋設されたことによって水脈が断たれ、湧き水も止まり、廃止されてしまったのだというところまで突き止めています。
そして踏切近くを探すと、かつて洗濯場であった痕跡まで見つけることに。

それがどうした、という人もいるかと思いますが、私はこういうの好きです(*^-^*)

旅行に出たときなど、地元の人から話を聞いて、「かつてこれこれこういうものがあった、あれが名残だ」などと遺跡のようなものを見せてもらったりすると、「ここにはこんな歴史があったのだ」などとしばし感慨を持ちつつ佇むことがあります。

なので、いろいろな珍名踏切の由来などが徐々にわかってくる過程も楽しくて、面白がりつつ読了いたしました。

今度から踏切を渡るときには、その「名前」を見てみようと思います。
身近なところに意外な珍名踏切があるかも。

 

2022/11/05

「おいしい旅 -昼の牡蠣そば、夜の渡り蟹-/太田和彦」を読みました。

20221105_ota_kazuhiko_001

『おいしい旅 -昼の牡蠣そば、夜の渡り蟹-/太田和彦著(集英社文庫)』を読みました。
めずらしく“ブックオフ仕入れ”ではなく(^_^;)新刊として出たときに購入しておいたものです。

2019年発行なので、太田さんのこの「おいしい旅」の文は実に軽快というか、とても自然なものです。
読んでいて流れるよう・・。

日本全国どこに行っても「あら太田さん、いらっしゃい」と言ってくれる人がいて、居酒屋などはすっかり馴染みとなって、その家族の成長に目を細めたり・・、太田さんならではの「おいしい旅」となっておりました。

今回紹介されている倉敷の居酒屋『鬼の厨しんすけ』は、私も太田さんが過去に行かれたときの画像を見て店主の“鬼のしんすけ”さんのお姿は存じておりますが、まさに“鬼”のような容貌なのに、とてもやさしくお客さんに接する姿が印象的。

そこで、サワラの白子やマテ貝、しんすけさんが山からとってきて庭に植えた「タラノキ」からとったタラの芽天ぷらなどを食している様子が実にいい。

京都のジャズ喫茶をたずねたり、角野卓造さんからおそわった町中華をたずねて<冷めん>を食べたり、たのしくておいしい旅はどんどん続いていきます。

そしてそれとともに“地酒”を呑むたのしみはまさにこの世の楽園かもしれません。

コロナ禍が過ぎ去り、私の身体がもう少しよくなってきたら、私もそんな旅に出てみたいと思いつつ、読了いたしました。

 

2022/09/24

「昭和喫茶のモーニング&ランチ -東京編-」を読みました。

20220924_kissa_001

『昭和喫茶のモーニング&ランチ -東京編-/喫茶店文化研究会監修(辰巳出版)』という本を読みました。
これもブックオフで手に入れました。2016年発行ですから、掲載されている喫茶店の多くは現在も営業しているかと思われます。

スターバックスなどとは対極にある日本独特の「喫茶店」という形態。
さらにそれに“昭和”が付けば今や貴重な「昭和喫茶」。若い人たちも新鮮な気持ちで出かけていくのだろうと思います。

それをさらに「モーニング」と「ランチ」に的を絞って東京編でまとめるという“技”にはお見事というしかないと思いました。

私も名前を知っている有名店もありましたが、ほとんどはまったく知らないお店が掲載されていて、いまさらながら行ってみたくなりました。

モーニングは、珈琲、トースト、玉子、サラダ、ヨーグルトなどのセットが「王道」で、そういう中でもトーストが厚切りだとか、玉子はゆで玉子ではなくハムエッグだとか、とにかく写真を見ているだけで「行きたいなぁ」と思ってしまうものばかりです。

ランチは、一番の王道は「ナポリタン」d(^_^o)そして、オムライス、ハンバーグなどと続きますが、いやもうどれもこれも美味しそう(*^_^*)

カレーもありますが、これはそのお店独特のスパイスを研究していたり、ホテルなどでシェフをしていた方が腕によりをかけてつくったものなどもあり、コロナ禍が終息したら行ってみたいお店ばかりでした。
中には、和定食もあり、これまた驚きのクオリティのようです。

東京の喫茶店めぐり、やってみたいです。

 

2022/09/22

「今夜も赤ちょうちん/鈴木琢磨」を読みました。

20220922_suzuki_takuma_001

『今夜も赤ちょうちん/鈴木琢磨著(ちくま文庫)』を読みました。
いつものとおり、ブックオフにて格安購入。2012年発行のものです。

著者の鈴木琢磨さんは、毎日新聞夕刊編集部編集委員。
「今夜も赤ちょうちん」「酒に唄えば」などの居酒屋探訪コラムが人気を博している、と著者説明にありました。
ようするに“筋金入り”の居酒屋ウォッチャーとお見受けいたしました。

東京を中心に、気仙沼や京都、大阪にも繰り出しています。
有名店もありますが、知る人ぞ知る路地裏の居酒屋なども登場し、間口も広いが奥も深いという“底なし的”呑兵衛であることが10軒目あたりまで読んだところで判明いたしましたd(^_^o)全部で100軒紹介しています。

名物的な女将や、大将、そしてその店に通う(通っていた)有名人(あがた森魚、細川護煕、山本夏彦、サイデンステッカー、吉行淳之介・・etc.)も紹介され、実際に著者と関わりのあった方との思い出話なども書かれていました。

ここに来たら、これを食べなきゃというものも数多く紹介されているし、名酒というよりも、安い酒だけどこうして飲むとうまい、というようなその店独特のものも紹介されていました。本当の、本格的な居酒屋呑兵衛です。

新聞の編集者という時間も読めない仕事環境にありながら、毎日・毎夜よくもこれだけ通えるなぁと思うくらい居酒屋やバーに出かけています、鈴木さん。

飲み方にも何か流儀のようなものがあるわけでなし、まったくの自然体で初めての居酒屋にも入って行くし、人との関わり方も妙に意図的なところもなく、こちらも自然体でした。

よさそうな居酒屋と、おいしそうな肴、うまく飲める酒、そこに集う呑兵衛や有名人達のお話がいっぱい綴られている本でした。
呑兵衛なあなたは、この本を見たらすぐにでも出かけたくなることでしょう(^_^;)

 

2022/08/27

横芝光町町民ギャラリー企画展「南隆一・鈴木義雄 二人展」に行って来ました。

20220826_hikarimachi_001

26日・金曜日に表題のギャラリーで行なわれていた企画展に出かけました。
二人展の南隆一先生はこのブログに度々でてくる私の中学時代の美術の先生です。
今回は、大きなスペースに先生の高校時代の同級生で陶芸家の鈴木義雄先生とお二人の展示です。

最初の写真は南先生の作品、いつもながら色鮮やかで、そして愉快で、楽しい作品です。

 

 

20220826_hikarimachi_002
次の写真は、今回の二人展のお二人の写真。プログラムに載っていた写真からです。
20220826_hikarimachi_003
そしてこちらは、鈴木先生の水指。
ご本人とは、このあとお会いして、まるで“仙人”みたいな方でしたが流麗で、さらに動きのある作品でした。
20220826_hikarimachi_004
南先生の絵も相変わらず冴えています。
なんかサイケデリック!
20220826_hikarimachi_005
こちらは、ちょっと意表を突いた花入れ。
形も文様も独特です。
20220826_hikarimachi_006
こちらは、今回の二人展のポスターです。
8月31日まで横芝光町町民ギャラリーにて開催されています。
残りわずかの日数ですが、光町にお近い方はぜひに。
20220826_hikarimachi_007
二人展を見たあとは、先生の高校の後輩にあたる方が二年前に開いた古民家カフェに行って食事しました。
素敵な場所でした。プリンやカレーも美味しかった(*^^*)
横芝光町小川台971にある、カフェ・マガタです。おすすめ。
20220826_hikarimachi_008
そしてそのあと、鈴木先生の工房に南先生とお邪魔しました。
本物の土器の欠片を見せていただきました。
この欠片に触発されて陶芸を始められたとのことでした。すんごい熱いトークに圧倒されました。
20220826_hikarimachi_009

これは工房内です。
作品もたくさん棚にありました。一つ一つ見ていたら時間がいくらあっても足らないのでした。

なんだか一日圧倒されて終わった感じ…σ(^_^;)
でもいい一日でした。

 

2022/07/29

「軽井沢ミカド珈琲物語」を読みました。

20220728_inoue_noriaki_001

『軽井沢ミカド珈琲物語 -エピソードはアロマがいっぱい-/井上紀明著(文芸社)』という本を読みました。
ブックオフで見つけたのですが、2003年第一刷発行です。

あの軽井沢の旧道沿いにある「ミカド珈琲」の歴史を、当時のお店の様子や、訪れてくる様々な著名人の話、常連さんや、お店と関わりのあった卸しの店舗や関係者の話、どういうふうに珈琲を淹れたか、お店で働いていた人達など、話題に事欠かない「ミカド珈琲」の歴史が実に明快に簡潔に書かれていました。

ミカド珈琲・・記憶では行ったことがあると思われるのですが、何せ二十~三十代の頃だったので、外から見た雰囲気くらいしか覚えていないのです。
でも、この本を読んでみると、夏は「モカソフト」が売れ、たいへんな賑わいだったようです。たしかに、「ここは原宿か」というような混み具合の時もあったように思います。

以前は、下水道もなく、トイレが溢れたなんてこともあったようだし、氷は製氷機もなく、ほんものの氷屋さんが日に何度も運び入れていた、なんてエピソードも書かれていました。

また、当時は冬季は全ての機器の“水抜き”をしてから閉店し、翌年春以降に開店すると、あちこち店が傷んでいて、毎度修理していた、などという話も書かれていて、秋が近づいた頃の軽井沢の寂しいような様子も思い出されました。

ジョン・レノンをはじめとした有名人が訪れたお話もたくさん書かれていましたが、これといったエピソードも“オチ”もなく、ただやって来た・・(^^;)みたいな話ばかりで、ちょっと拍子抜けすることもありました。

いわゆる“旧軽”の、あの雰囲気を読んでいるだけで、いろいろと思い出させてもらいました。
あのときの温度や空気感なども、実感を伴って風のように感じました。
懐かしいなあ・・。

軽井沢に行かなくなってしまったのは、「天国にいちばん近い島」の著作で有名な森村桂さんの「アリスの丘のティールーム」を何度も夫婦で訪ねたのですが、桂さんが当時報道にあったような形で亡くなられてから足が遠のいてしまったからです。

軽井沢に行ったら必ず行っていたのですが・・ショックは大きかった。

アリスの丘の・・でのお話は、このブログに以前書いたので、ここには書きませんが、そろそろまた軽井沢に行ってみてもいいのかな、と、この古い本を読んで、また思ったところです。

軽井沢の雰囲気がよく伝わってくる本でした。

 

2022/07/28

太田和彦さんの「居酒屋と県民性」を読みました。

20220728_ohta_kazuhiko_001

『居酒屋と県民性 -47都道府県ごとの風土・歴史・文化-/太田和彦著(朝日文庫)』という本を読みました。

太田さんといえば、全国の居酒屋をめぐり、さまざまな特徴ある居酒屋やバーを、本やテレビ番組などで紹介している“居酒屋の大家”?!ですd(^_^o)

今回の本は、47ある都道府県別に、それぞれの風土・歴史・文化を紹介するとともに、「これは」という居酒屋も紹介してくれるという企画です。
港町、商業の町、城下町、門前町・・などなど、その土地の風景が見えてくるような“書きぶり”に、わくわくしながら楽しみつつ読ませていただきました。

私の住んでいる千葉県についても、もちろん書かれているわけで、ドキドキしつつそのページを見てみると・・。

外房の太平洋、内房が東京湾、そして南端の館山に至る海岸線に小さな漁港が転々と連なる・・ということで、酒の肴には事欠かないというところまでは良いのですが、千葉の人については、「マナーも、礼儀も、公徳心も、政治家の道義もなっていなく、愛郷心もない」・・(T_T)・・と、にべもないのでした。

そうかぁ、ある程度当たっていると言えなくもない(^_^;)

でもね、お隣の茨城県のページをのぞいてみたら・・

室町末期成立の日本各地の風俗・人の性向を記した『人国記』から紐解き、

「ただ盗賊多くして、夜討ち、押し込み、辻斬り等をして、その悪事顕はれ、罪科の行なわるるといへども、恥辱とも曾て思はず、微塵も非義、非礼ということを知らざるやうの風儀にて、ただ肝胆の間、逞しく生まれ付きてかくの如くと見えたり」

・・と、そこまで書くかという感じでした( ̄O ̄;)

“水戸っぽ”は、理屈っぽい、骨っぽい、怒りっぽい、ということらしいのですが、はてさてどうなんでしょうか。

こんな感じで全国の県民性について書かれているのですが、肝心なのは「お酒」と「居酒屋」です。

横須賀の「銀次」、鎌倉の「企久太」、旭川の「独酌三四郎」、東京根岸の「鍵屋」、長崎の「安楽子」、大分の「こつこつ庵」、倉敷の「鬼の厨 しんすけ」、などなど、一度は行ってみたいと思わせる居酒屋がたくさん紹介されていました。

ここで紹介されていた松江の「やまいち」には行ったことがあるのですが、そのときはまだ太田さんのことも知らず、ただ宍道湖沿いの味のある店と思い入ったのです。
太田さんが紹介されるだけのことはある、と、今にして思います。

今まで食べたことのない新鮮な“しめ鯖”や、トビウオの刺身など、絶品でした。

一冊まるごと日本中の風景が目の前に浮かび、そしてその土地独特の肴のある居酒屋がたくさん紹介されているこの本、“呑兵衛”で“旅行好き”の方は手元にひとつ欲しいものです。

 

2022/07/08

また感染が拡大してきました。

20220708_newspaper_001

コロナウイルスの感染者が、ここ二週間くらい、前週の数を上回り、昨日はついに47都道府県すべてが拡大傾向になったと報道がありました。

これを受けて、さすがに全国的な旅行への支援・補助のようなものの発動は見送るということになったようですが、県単位、近県単位での割引的なものはすでに実施されていて、「第7波は必ず来る」と6波の最中に言っていたのに、気分的には全国的に“ゆるゆる”になりました。

浮かれまくり、テレビのニュース画面などを見ていると、雷門あたりは人・人・人・・という混みようでした。ついこのあいだまで、急激な感染拡大に怯えていたのに。

いまのうちに医療機関の“逼迫”が起こらないように対策を取らないと、また大変なことになりそうです。

各種報道メディアは、感染者増加が明らかなのに、報道は控え目でした。第6波のときは、あんなに連日「たいへんだ、たいへんだ」って報道したのに。

国外からの入国者数など、いろいろ緩めてきたのは私のような世捨て人にもわかりましたが、私個人としては、国内の遠いところに観光で出かけられる人っていうのは、お金を持っている人で、そんな人達に支援しなくてもいいのではないか、と思います。

観光業界をうまく支える方法を別の方法で考えた方がいい。
それに、「経済を回さなくてどうする」っていう人にも、だからって感染拡大について目をつぶって“やっちゃえ”っていうのもおかしいですよ、と言いたい。
さらに、“旅行だ、豪華飲食だ”なんて、そんこと言っている場合ではない収入減少に苦しんでいる人に支援・補助をすることを考えた方がいい、とも思いました。

ついでに書くと、上記に書いたような“お金を持っている人”が遠出をして、その観光の様子をSNSにアップしているのを見かけますが、単によく撮れた写真を何枚も載せているだけで、それなりの役職などにかつて就いていたであろうに、今のこの状況下での現地の様子、人の様子などにもふれていません。
“どうだ、見てみろ”みたいなものは、もう、ごちそうさまです。

昨日の報道や、今朝の新聞を見て感じたことを書いてみました。

 

2022/07/04

八日市場市で開かれていた「第18回 匝美会展」に出かけてきた。

20220630_sobikai_001

このあいだ、匝瑳市立八日市場公民館で開かれていた『第18回 匝美会展』に妻と行って来ました。

「匝美会」というのは、匝瑳高校のOBの方々の美術作品を年一回の周期で展示する展覧会のようでした。
そこに、私の中学時代の担任で美術の先生も出展されていたので、出かけたというわけです。

相変わらず、先生のガラス絵は楽しく、愉快な魚が泳ぐ海の世界が描かれていました。

 

 

20220630_sobikai_002
そしてこれまた不思議なオブジェ。流木と球体の奇妙な生き物のような作品。
20220630_sobikai_003
こちらは、外国の風景でしょうか。澄んだ湖と、うしろにそびえ立つ山の空気感が感じられ、しばらく見入ってしまいました。
20220630_sobikai_004
こちらは焼物。
表面のゴツゴツした感じと、きれいな緑がかった色もよく、魅力的な作品でした。
20220630_sobikai_005

こちらは、“杉大樹木目うずくり”といって、一枚板を削りだしたものだそうです。
妻がとても興味を持ち、作者の方がちょうど在館していたので、“質問攻め”していました(^_^;)・・・でも、作者の方は質問してもらえて、とてもうれしそうで、最後に記念写真を撮っていました。

作者の方達、そして先生、先生の奥さま達と楽しく会話もできて、良い一日になりました。

 

2022/06/16

映画「大河への道」を見てきました。

20220616_road_to_taiga_001

映画『大河への道/2022年 日本 監督:中西健二 原作:立川志の輔 企画:中井貴一 出演:立川志の輔、中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央、溝口琢矢、西村まさ彦、平田満、草刈正雄、橋爪功 』を見てきました。

立川志の輔の落語『伊能忠敬物語…』が原作になったんだそうですが、志の輔さんの落語を映画というエンターテインメントで表現しようと企画したのが、主演の中井貴一さんで、中西健二が監督を務めている歴史ドラマとなっておりました。

 

 

20220616_road_to_taiga_004

たまたま志の輔さんが落語の公演の帰り道、佐原に寄って、伊能忠敬の記念館を訪れたことから落語を創作することになり、それを聞いた中井さんが企画し、実際に私も見て、とてもいい映画になったものだと思いました。

物語としては、千葉県香取市役所で、伊能忠敬を主人公にした“大河ドラマ”で観光促進をしようというプロジェクトが立ち上がる。
でも、脚本作りをお願いした先生が発見したのは、伊能忠敬が地図完成の3年前に亡くなっていた事実。
これじゃ大河ドラマにならないよ、というところからストーリーは急展開!
伊能忠敬の遺志を継いだ弟子たちの物語が紐解かれていくのでした。“ちゅうけいさん(忠敬のこと)”は生きていることにして・・。

 

 

20220616_road_to_taiga_003
舞台は、香取市役所の職員が大河ドラマを何とか実現させようとする現代と、実際に忠敬が地図を作っていた江戸時代と両方がスクリーン上で展開され、しかも出てくる役者はダブルキャストで、これもまた面白いつくりです。
20220616_road_to_taiga_005
現代の市役所職員の中井さんや、松山さんが苦労する場面、そして艱難辛苦を乗り越え、時には客席を笑いの渦に巻き込むギャグなども含めながら進行する江戸時代の日本地図を完成させた人々のシーン、これらが交互に現われ、やがてラストの2022年の今見ても圧倒的で素晴らしい日本地図のシーンに(どういう場面かは映画を見てください)涙が落ちました。
20220616_road_to_taiga_002

中井さんの側近を演じた松山さんの、今風だけど、“感動しい”の男の演技もよかったし、北川景子さんのキリッとした演技とたたずまいは大向こうを唸らせるような感じでした。

そのほか、出てくる人達は“ひと癖も、ふた癖もある”役者さんばかりで、見応えありましたよぉ~d(^_^o)

千葉県が全国に誇れる人と言えば、この「伊能忠敬」と「長嶋茂雄」です。
ふたりとも常人のレベルを超えるスケールのある人です。
香取市役所、そして佐原の皆さんは、この映画、“自慢”できますねぇ、ほんとにいい映画でした。

100点!!

 

より以前の記事一覧

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック