フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2018/11/13

銚子に行って来た、その2「GARE」と「犬吠埼灯台」

20181111_gare001

前回、銚子市馬場町・圓福寺でのイベントにうかがったことについて書きました。
その後はせっかく銚子に来たのだから、と思い中央町にある「GARE」というライブハウスに出掛けました。

ここは、私の中学時代の担任の美術の先生から何度も話を聞いていたお店です。
ジャズのライブなども行われ、先生からお誘いもいただいたのですが、何せ遠いので、帰ってくることが大変、なかなか足を運ぶことができませんでした。

入ってみると、その先生の作品が壁面やその他あちこちに飾られていて、居心地がよく、あっという間に心ゆるしてしまいました(#^.^#)

マスターに声をかけると Facebook でも知り合っていたので、話は早い!d(^_^o)

せっかくなので、ランチを食べようと思いました。
マスターからガレ・ランチがおすすめということなので、それをお願いしましたが・・。


20181111_gare003

写真を見てくださいな'(*゚▽゚*)'これで珈琲もついて千円なんですって、銚子漁港もすぐそこの新鮮なお刺身盛り合わせに、生姜焼き、その他写真のとおりですよ(*^_^*)
いいのかなぁ・・こんないい思いをしちゃって・・というわけで、完食でございます(^_^)


20181111_gare002

オーディオからは、ジャズも流れていて、とんがらない素直な音が私好みでした。
今度は先生とライブを聞きに訪れたいものだと思いました。
マスター、ごちそうさまでした。

ガレをあとにして、今度は銚子と言えば「犬吠埼」だろうということで、犬吠埼灯台に向かいました。


20181111_inubousaki002

まだ子供が小さかった頃に泊まりがけで来た犬吠埼。
白亜の灯台は健在でした。
力強くも、気品があって、美しい灯台です。


20181111_inubousaki001

灯台のある高台から海に降りてみると、太平洋の荒波が・・。
しばし、海を見て過しました。
たまにはこんなのもいいです。

帰りには、“お約束”の「銚子電鉄・ぬれ煎餅」を買い求め、帰路に着きました。
朝から盛りだくさんでしたが、いい一日になりました。
銚子、いいところです。なんか空気がやさしいんだよね。

2018/11/12

銚子に行って来た

20181111_choshi006

休日に銚子に行って来ました。
もともとの目的は、銚子市馬場町にある「飯沼山 圓福寺」で行われる語り公演「犬吠の太郎」を見に行くことでした。


20181111_choshi001

チラシの写真を載せていますが、版画家・土屋金司氏の作品をバックに高村光太郎の詩のモデルとなった男「犬吠太郎」のお話を語るというものでした。


20181111_choshi002

併せて、圓福寺では、その土屋金司氏の版画展『仏と鬼と銚子の風景・土屋金司 版画と明かり展』も開催されていて、力強くも、情感あふれる土屋氏の版画も楽しめるものでした。

当日二回公演の一回目を見させてもらいましたが、以前の竹久夢二美術館での夢二の銚子での恋物語とはまたひと味ちがったおもしろさがありました。
また、関根真弓さんの語り口もいっそう余韻あるものになり、間の取り方も実に絶妙でした。
「銚子浪漫ぷろじぇくと」の皆さんの力を合わせた当日の公演、素晴らしい物でした。

公演後、土屋先生がマイクを持ち、ご自身が大病され、「もう版画家としての人生は終わった」と思っていたところに、このプロジェクトのスタッフから犬吠の太郎の作品を表装し直して、その前で公演する話が出て、先生、もう一度版画をやってみようと奮い立ったお話をされました。
観客からは大きな拍手が・・。

私はそのいい話を聞いて涙してしまい、こういうことを聞けてよかった、また、そのようなことができるような人間に自分もなりたい、などと思ったのです。


20181111_choshi003

圓福寺では、さらに「第九回・寺宝展」として、本堂で『嵯峨本 伊勢物語の世界』の展示がありました。
日本の印刷史上の記念碑的な存在である「嵯峨本 伊勢物語」の聖地である銚子の圓福寺での大公開でした。


20181111_choshi004

慶應義塾大学附属研究所・佐々木孝浩教授による解説(講演)もあり、この1600年代のお宝とも呼べる作品を間近に見ることが出来ました。


20181111_choshi005

銚子、あなどれないです。

このあと、また少し別のところも回ったので、それはまた次回以降にご紹介いたします。
銚子は気候もよく、いいところですd(^_^o)

2018/11/07

コロッケ大作戦

20181107_ck001

青学の駅伝チームの監督がいつも「〇〇大作戦」と銘打って青学チームとして戦いに挑むことはすでに皆さん有名でご存知かと思います。

このあいだの全日本大学駅伝では、「メラメラ大作戦」で見事勝利を手にしました。

わが職場には、“うん十代”女子、常に腹ぺこを心配する方がいます(^^;)

私が「腹ペコ隊長」と命名しましたが、隊員はひとり、自分です (・_・;
つまり自分で自分に命令を出し、腹ペコの自分を鼓舞し、腹ペコ状態をしのいでいるわけです。

お昼休みは私と一緒の時間帯で、休憩室で食事中も、いつも「これだけでお腹空かないかしら?」と、いつも心配状態。

「そんなにデカいおにぎりと、野菜ごろごろのスープと、さらに煮物などを取って、それで十分でしょう」と私が思った端から、どこかからか“甘食”を取り出したり、その他いろいろなデザート関係、あるいは食ったあとなのに小腹が空く彼女は、何かいろいろ“ドラえもんのポケット”のように食べ物を取りだして「ひとくちだけ」などと、のたまいつつ、結局丸ごと食っちまうわけです( ̄O ̄;)

つい先日も、午前中に彼女の姿が一瞬見えなくなったことがありました。
窓口も混み混み状態だったので、ちょっと気になったくらいだったのですが、しばらくいなかったあと、いつの間にか登場!

そして、お昼。
休憩室で食事する彼女を見ると、ちょっと少ないかな、彼女としては・・、などと思ったのですが、食べ終わると「お腹いっぱい」と、満腹の様子。
おかしいな、これだけで我慢出来るはずがない、と思っていると、「実は午前中に腹ペコ状態になり、ちょっとコロッケを食べてました。」などと本人自ら語り出しました( ̄O ̄;)

そうか、それで、いつもちょっと腹ペコになると機嫌が悪くなったりしていたのに、なんか調子いいと思った。

まさに間隙を突いての『コロッケ大作戦!!』です(^_^)
誰にも気づかれずにコロッケを胃袋に入れるその技術、まさに“腹ペコ隊長”の面目躍如です'(*゚▽゚*)'

ありがとう、いつもおもしろい話題を!(#^.^#)
笑いすぎて、こっちの腹が減りました(^_^;)

お互いに、小腹が空いた状態でも、甘い物の取り過ぎには注意しましょうね。

2018/11/02

ダイゴとロスで買物したのは X-JAPANの・・

20181014_garden001

※写真はうちの庭の花ですが、本編とは関係ありません。

先日の職場での会話。

女性職員(50代)が、「このあいだ、テレビで面白い番組を見たの。ダイゴともうひとり X-JAPANのメンバーのひとりがロスで買物をするっていうので」

「X-JAPANの誰だったの?」と聞くと・・。

「え~とね、う~んとね、き・よ・し だった!」

「えっ!? き・よ・し って、あの ずん・ずん・ずん・ズンドコ き・よ・し!! の??」

「ちがう、ちがう、き・き・き・・・いや、よ・し・き だっ!!'(*゚▽゚*)'」

( ̄O ̄;)・・・・・・・・・・・。

使ってる文字は同じでも、順番がちがうと・・(^^;)

終業間際の職場内爆笑でしたヽ(=´▽`=)ノ

2018/10/22

成田に「匝美会4人展」を見に行って来た

20181021_narita001

前回のこのブログで予告的にちょっと書きましたが、成田山新勝寺に近い「成田ユニバーサル美術館」に『匝美会4人展』と銘打った美術作品展に出掛けて来ました。


20181021_narita002

もちろん、いつもご紹介している私の中学時代の担任の美術の先生もその4人展の4人の中のひとりです(^-^)/☆

先生、このところ大忙し、八日市場公民館、九十九里の望月定子美術館、そしてこの成田ユニバーサル美術館と作品を出していて、精神的にも大変だと思いますが、肉体的にもきついんじゃないかと心配しております。
でも、電話でお話すると元気なんだよなぁ(*^_^*)


20181021_narita003

作品の方は相変わらず、先生のパワーとワールドが満開状態ですヽ(=´▽`=)ノ


20181021_narita005

お仲間の三人の方々も独特の世界を持った作品でした。


20181021_narita004

ここに一部載せますが、キャベツを描いた作品などはかなりの大作でした。
大きなキャンバスに描かれた野菜は大迫力。


20181021_narita006

風景画もその場の空気感まで感じるようで、見どころいっぱいでした。
11月4日(日)まで、この成田ユニバーサル美術館(千葉県成田市東町779-3)で「入場無料」でやってます。
成田山に行きがてらでも行かれてみてはいかがでしょうd(^_^o)


20181021_narita007

開館時間は10:00~16:00です。

美術館にはなかなか行くことがないという方でも楽しく見ることができると思いますよ。

2018/10/21

成田でばったり!

20181021_narita_narita_teien_001

きょうは、成田にいつもの中学時代の担任の美術の先生の作品を見にユニバーサル美術館というところに出掛けました。
ここでは、先生の仲間三人の方の作品も展示されていたのですが、それについては、明日以降また写真と共にご紹介する予定です。

先生は忙しく、電話してもなかなか都合がつかず、会えなかったのですが、先だって八日市場での先生の作品展示の際、再会したFさんと、ここでまた再会!
きっとこの人とは何か強く引合うものがあるのだと思います。
Fさんから発する磁力のようなものも強いし、私から発している磁力と丁度引かれ合ったのかもしれません。


20181021_narita_narita_teien_003

先生の作品を見たあと、成田山新勝寺にFさんと、その奥さんと三人で出かけました。
目的は成田山新勝寺に併設している庭園の散策でもありました。
紅葉の時期だと最高なのですが、まだそうもいかず、たぶん11月に入ってから木々は色づいてくるかと思います。


20181021_narita_narita_teien_002

ちょうどいいくらいの人出だった新勝寺、ここは私も感じるパワースポットです。
そして隣の広大な庭園は三度目ですが、気持ちがすっきりとします。ここもパワースポットだと思う。

そしてFさんと話は弾みましたヽ(=´▽`=)ノ
泉のように湧き出るFさんのお話と、ずっと手をつないでいる奥さんとの仲睦まじさ(仲いいですね・・と言ったら「10分前に喧嘩したばかりだ」という面白い回答・・今、手をつないでるじゃん、仲いいんだよ、と思いました)に圧倒されつつ、話はいろいろな方向に飛び、楽しいひとときでした。

Fさんからの話は、私のことを“熟知”しているような話しっぷりで、まるで取り調べを受けているようでしたが、前回お目にかかったときに私のブログのことをお教えして、そのブログを片っ端から読まれたようで、私が忘れていたことまで、昨日のことのように話されて、“たじたじ”でした( ̄O ̄;)

奥さんとのコンビネーションも“抜群”で、時に奥さんが“ボケ”をかましたかと思うと、あるときは鋭い奥さんからの“突っ込み”もあり(^^;)・・まあ、名コンビだね、と思いましたよd(^_^o)

愛すべき、愛されるべきお二人の絶妙な様子にこちらもすっかり心許してたのしいひとときになりました。私の担任だった先生も、そんなところに惹かれているのだと思います。


20181021_narita_narita_teien_004

茶店で、ビール&ノンアルコールビール&かき氷などをとりつつ、成田の庭園をあとにしました。
Fさん、奥さま、またお会いしましょう、こちらも“ネタ”を仕入れておきます(^_^;)、そちらも楽しい話題とっておいてくださいね。

それじゃまた!(^-^)/☆

2018/10/07

『大鐘みのる meets 莇千亜紀 at じゃくう鳥』を見に行ってきた

20181007_ohgane_azami001

昨日は、九十九里に中学時代の先生の個展を見に行って来ましたが、きょうは、千葉市中央区大巌寺町淑徳大学前にある珈琲店「じゃくう鳥」に表題の作品展を見に行って来ました。
・・芸術づいてる連休です。


20181007_ohgane_azami002

じゃくう鳥は言わずと知れた美味しい珈琲を焙煎して提供しているお店。
そして今回のじゃくう鳥の企画は、“サイアノタイプ”と呼ばれる技法で太陽光による露光を繰り返す手法を用い、不思議な“青い”写真作品を作られる「大鐘みのる」さんの作品展です。


20181007_ohgane_azami003

しかも、本日7日(日)は、「莇(あざみ)千亜紀」さんという抽象線描画家の方がライブ・コラボして、大鐘さんの写真と0.38ミリのゲルインクボールペンの線描画の共同制作の日となっておりました。


20181007_ohgane_azami004

大鐘さんの日光写真のような作品を見るだけでも初めての経験なのに、目の前でそのフィルムに線描画が描かれ、さらに室外でそれを焼いて作品を作り上げるところを目の当たりにして、・・おもしろかったぁ~っ!'(*゚▽゚*)'

20181007_ohgane_azami005

ご本人達の会話もよく聞こえましたが、互いにその“化学反応”のようなものに驚き、創作意欲がどんどん湧いていたようでした。
出来上がった作品も素晴らしいヽ(=´▽`=)ノ

絵画や、こういう作品など、自分にはまったく作ることの出来ないものを目の前で作り上げていく様子を見ているとほんとうにうらやましくもあるし、素敵な事、かけがえのない時間だと感じました。

連休初日、二日目と、目と心の栄養になる日を過ごせました。
こんな時の過ごし方が出来たことに感謝します。

2018/10/06

先生に会いに行ってきた

20181006_r_minami001

いろいろなことが起きて心の中に何か雲のようなものが垂れ込めるような気分。
前回のブログに書いたように、元気が出る人のところに行ってきました。


20181006_r_minami003

このブログに度々登場する中学時代の担任の美術の先生が、今回は九十九里アートミュージアム「望月定子美術館」で絵画・造形展を開かれているとの知らせを受け、元気になっちゃうかも・・などと(*^_^*)思いつつ、出掛けてみました。


20181006_r_minami004

今回は会場も広く、先生のワールドが何か開放されたかのように展開されていました。
見応えありました。

その中で私の気になった作品のいくつかを写真でご紹介いたします。

ねっ、いいでしょ(#^.^#)
といっても、これは感じる人によって異なるのだから、「なんじゃこりゃ」って人もいらっしゃるかと思いますが、でもでも私にとっては何か心にインパクトのある作品でした。

先生とも話がはずみ、絵の話はもちろん、先生が最近いいと思っているジャズのアルバムの話などもたくさんいたしました。


20181006_r_minami005

そして、「外に出てみるか」ということで、ここは九十九里、すぐそこの片貝の九十九里浜に先生と二人で出てみました。

台風の影響か、まるで夏のような暑さでしたが、風が強く、それが爽やかさをかんじさせてくれました。


20181006_r_minami006

この吹き流しのように先生の言葉のひとつひとつを聞いて、だんだん元気になり、私の心も勢いよくはためいてきました。
先生、いつもありがとう!


【Now Playing】 Crossin' The Channel / Bud Powell ( Jazz )

2018/09/24

宝塚歌劇・花組「MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-/BEAUTIFUL GARDEN-百花繚乱-」を観ました。

20180922_flower_troupe001

宝塚歌劇・花組東京公演『MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-(ミュージカル)/BEAUTIFUL GARDEN-百花繚乱-(ショー・スペクタキュラー)』観劇しました。

宝塚からもちょっと離れ、雪組公演も観劇しないままでしたが、お声掛けいただき、“ヅカ友”三名での観劇となりました。
花組は、3月の「ポーの一族」以来です。

今回、予備知識もなく観た「メサイア-異聞・天草四郎-」でしたが、天草四郎役の主演、明日海りお(あすみ・りお)さんには“持って来い”というか、“生き写し”というかd(^_^o)ご本人の実力がそうさせているのだと思いますが、まさに“ピッタリ”の役どころでした。

その明日海・天草四郎にキリシタンの教えを知るきっかけを与えることとなった娘を演じた主演娘役の仙名彩世(せんな・あやせ)さんも、相変わらず落ち着いたトップ娘役らしい演技を見せてくれ、トップ二人は盤石だな、と思いました。

その他、柚香光(ゆずか・れい)さん、瀬戸かずや(せと・かずや)さん、水美舞斗(みなみ・まいと)さんら、主要な方々もさすがの実力を見せてくれ、異聞・天草四郎は重厚で、骨太の力作というか、名作とも呼べるくらいの仕上がりになっていました。

今、明日海・花組は全盛期を迎えていると実感しました。見応え十分です。


20180922_flower_troupe002

ショー「BEAUTIFUL GARDEN 百花繚乱」も素晴らしかった。
今の宝塚ではこの花組のショーが「一番」じゃないでしょうか。
見どころしかない!(*^_^*)

ロケットもショー前半でやってしまうという意外さや、それぞれのシーンがどれも一番の見せ場に見えてしまい、うかうか見ているヒマなんて無いです。

特に男役群舞のシーンが何度もあるのですが、どれも甲乙つけがたく、また舞台上のセットと組子のフォーメーションの見事さも際だっていました。

これで、もし芹香斗亜(せりか・とあ)さんがまだ花組に残っていたら、「最強」だったでしょう。

格好良くて、男前な男役と、花組独自の娘役のあり方のようなものをプライドをもって感じさせてくれる娘役陣。もう、文句のつけようがありませんでした。

ミュージカル、ショーともに、100点満点でした。
一緒に行ったヅカ友のひとりは終演後、涙が止らず、思わず笑ってしまった私ですが、実は私もショーの途中で何度も涙ぐんでいたのでした(^_^;)それは内緒。

もし、もう一度見る機会があれば、またご報告いたします。
素晴らしい公演でした。

2018/09/23

八日市場での中学時代の担任の先生の展示を見てきた

20180923_minami001

第9回になるという、私の中学時代の担任の美術の先生の絵画他と、その仲間の写真合同展に足を運びました。

最初の写真はいきなり「流木」を使った作品。
私は見た瞬間に「おっ、サックス!」と声に出しましたが、このサックス様の作品、回転するようになっていて、ぐるりと一周見てみると、視点によって姿を変えてきます。


20180923_minami002

そして「心臓」と題された、ちょっと驚きの作品。
これは木の根っこか何かを使ったのか・・。ショッキングだが、意表を突く作品でした。


20180923_minami003

続いて、先生独自の様々な形をした“瓢箪”を使った作品。
生き物のようにも見えるいつもの作品ですが、見る度に何か生命の躍動感を感じるのです。


20180923_minami004

そしてこちらは、毎年千葉県の東金市文化会館で開かれるジャズ・コンサートのために先生が描いたポスター画です。
流れる音楽のように先生の筆も軽やかに運ばれて描かれたように感じました。


20180923_minami005

さらにこちらは、先生の“ピカソ”的部分がドッと出て来た感じヽ(=´▽`=)ノ
私はこういう作品が大好き!


20180923_minami006

会場には先生の五人のお仲間の作品(写真)も展示されていたのですが、どれも力作で何度も何度も見返してしまいました。
私もちょっとばかり写真をやってみたいと思っているところです。

簡単ではございましたが、先生の作品の一部をご紹介いたしました。
来月も別の場所で先生の作品展があるので、出掛けたいと思っています。
その際にはまたここでアップしますねd(^_^o)

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック