フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2017/07/24

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №009 東京都文京区千駄木/旧安田楠雄邸庭園(東京都指定名勝)】

20170722_ysuda_kusuo_tei001

今回も前回に続いて“行ってみた”です。
前回の猫町ギャラリーに行く前に立ち寄ったのです。千駄木駅の団子坂改札を出て割とすぐの閑静な住宅街の中にありました。

ボランティアスタッフが中心となって行われている一般公開の日に見学させていただきました。懇切丁寧な案内をしていただいて、98年前の建物を、ため息をついたり、感心したり、驚くことの多い、素晴らしい建築と庭園でした。

ほんの一部ですが、撮ったものをご紹介いたします。
これはこの建物唯一の洋間(応接室)です。
調度も素晴らしいし、柱に施された彫刻などにも細かい仕事がなされています。
絨毯も素晴らしいし、しかも二方向をサンルームに囲まれています。
「おおっ」とか、「うわっ」とか「へぇ」とか思わず声をもらしてしまいました(^^;)


20170722_ysuda_kusuo_tei002

その部屋の応接椅子のとなりにあったテーブル様のものの蓋を開けると、“手温め”のための炭が・・、どこまでもすごいっ!私の知らない世界に住んでいた人たちとその時代に思いを馳せました。


20170722_ysuda_kusuo_tei003

そして庭を見ると、・・これまた素晴らしい。
ここが東京の都会の中なんて信じられませんでした。
しかも、炎天下なのに、ここには涼しい風が時折り吹き渡るのです。・・う~ん、またまた唸った。


20170722_ysuda_kusuo_tei004

これは、庭にある手水鉢と、“月見台”です。“月見台”ですよっ!そういうものがある家なんて、あるんだねぇ・・。


20170722_ysuda_kusuo_tei005

これは家人の部屋にあったもので、襖を開けると水屋があって部屋の中である程度のことができるようになっているのです。こういうのも初めて見ました。


20170722_ysuda_kusuo_tei006

こちらは台所。お気づきでしょう、天窓がセットされ、とても明るいのです。しかも、アイランド・キッチン、98年前のものとは思えません。当然、料理人もいたのだそうです。


20170722_ysuda_kusuo_tei007

その台所にある水切りは、当時ステンレスなどは無かったので、またも驚くべきことに、ガラスの棒を渡してありました。やることが一々すごい。


20170722_ysuda_kusuo_tei008

そしてこちらは冷蔵庫。
そう、氷を入れておいて、その冷気で冷やすものです。
テレビじゃ見たことがあるけど、本物はこちらも初めてです。


20170722_ysuda_kusuo_tei009

そして風呂。写真には入っていませんが、手前にシャワーもついていました。
よく外国映画で見るような形。
浴槽は最初、見てもわかるようにもっと大きなものだったのでしょうが、家族で使っているうちに使いやすいサイズになっていったのかもしれません。


20170722_ysuda_kusuo_tei010

畳の脱衣場にあるこちらは髪の毛を洗うところだそうです。風呂に入らずとも女性が髪を洗うことができるようにと設えられたもの。蛇口は現在取り外されていました。奥に見えるのが先ほどの浴室。


20170722_ysuda_kusuo_tei011

こちらは二階のぶち抜きになっている客間から外の庭園を見たところ。
御簾が下げられています。
ここのバルコニー状の部分に座り込み、当日の連れと二人、吹いてくる風に身を任せ、なんだかしみじみとしてしまいました。
都会のまっただ中、炎天下で、この静けさと清涼感・・考えられない・・。
とてもいい時間でした。来てよかった。


20170722_ysuda_kusuo_tei012

これはその部屋の床の間。
前の畳を見てください。縁が入らないように直前の畳は異形の一畳半に作ってあります。凝ってるねぇ。


20170722_ysuda_kusuo_tei013

これも同じ部屋の隅に設えてある文棚のようなものがある一角で、ここで手紙など書いてみたり、本を読んでみたり、したら・・どんな気持ちなんだろう・・お金持ちになったことがないからわからない・・…σ(^_^;)

この建物と庭園は日本ナショナルトラストが保全しています。
いつまでも保存し、私たちのような者が見学して、日本建築の良さをいつまでも感じることができるといいなぁとつくづく思いました。
毎週、水・土曜日のみの公開ですが、気になられた方には、ぜひにとおすすめしたい所でした。


【Now Playing】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

2017/07/23

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №008 東京都台東区谷中/ギャラリー猫町:橫倉絹枝・切り絵個展「ねこの小さなお話」】

20170722_nekomachi001

今回は、“行ってみた”です!
表題の橫倉絹枝さんの切り絵個展に行ってまいりました。
場所は台東区谷中、駅でいうと千駄木がいちばん近いところです。

橫倉さんご本人にお目にかかるのは、船橋にあった「ビートルズ資料館」で橫倉さんの猫の切り絵(ビートルズ・レコード・ジャケット仕様)を拝見し、そのときに少しお話させていただいて以来でした。


20170722_nekomachi002

相変わらずのパワフルさ、エネルギーがみなぎっているような様子に、さすがだなぁと、連れの者共々感心してしまいました。
おいしいお茶を淹れていただいたうえに、お菓子まで頂戴して、しかも楽しくお話できて、いい時間を過すことができました。


20170722_nekomachi003

掲載している写真はもちろん橫倉さんの作品です。
うちの家族も猫と生活していますので、猫好きの猫愛あふれる橫倉さんの切り絵は大好きです。


20170722_nekomachi004

このブログを読んでいただいている方の中にも猫好きの方はたくさんいらっしゃると思うので(一部ではこのブログが猫ブログにカテゴライズされていたりするのを発見したことがあります)、写真、お楽しみいただけると思います。


20170722_nekomachi005

そして同じギャラリーの二階では、天野千恵美個展「猫、入ってます。」も開催されていました。
この最初の絵は、ある家で飼われた猫ちゃんたちを一枚の絵の中に大集合させたものだそうです。
とてもいいです。今まで飼ってきた猫が仲良さそうに集っている様子、うちもいつか描いていただきたい・・なんて思ってしまいました。


20170722_nekomachi006

うしろの絵と同じ花が猫の身体に投影されているこの作品も目を引きました。
ちょっと不思議な空間になっていました。


20170722_nekomachi007

それからかわいい猫たちが顔を出したりしている作品。(*^_^*)


20170722_nekomachi008

思わず微笑んでしまうものでした。

このあと、また橫倉さんの展示室に戻り、しばしビートルズ関係のお話までして、エネルギーまでいただいてギャラリーを出ました。
楽しいひとときでした。
橫倉さんの作品、また東京で見ることができる機会がありましたらうかがってみようと思います。橫倉さんの楽しいお話を聞くのも“込み”でd(^_^o)


【Now Playing】 Lady Madonna / The Beatles ( Rock )

2017/06/14

久しぶりにマイルスをじっくりと味わってみた

20170613_miles01

14年前に私が幹事になり、中学時代の同窓会を開いたことがありました。
それからはそのとき集まった同窓生とは今ほどSNSなどのネット関係の状況が良くなかったので疎遠になってしまいました。

今年になって同級生がこの夏にまた集まろうと動きを始め、私にも声が掛かったので、何人かの同級生に連絡を取ることになりました。

その中に中学、高校と一緒だった男の同級生がいたのですが、14年前の同窓会時に声を掛けて以来、まったく音信不通となっておりました。
勇気を出して14年ぶりに電話してみましたが、声もまったく変わらず、話し方、雰囲気もそのままでした。ほっとしました。
逆に「変わっていないかい?」と聞かれ、「いやもうすっかりただのオジサンになってるよ」と応えたのですが、あれからの時間は年数よりも二人の距離を拡げてしまったように思っていました。

中学、高校時代は互いの家に行き、お互いの好きな音楽を聞き合ったものでした。
彼はクラッシックがほぼ80%、残りはプログレッシブ・ロックやクイーン、エルトン・ジョンなどを聞いていたと思います。彼はキーボードを弾いていたので、その影響もあったのかもしれません。
私は解散後のポールを中心にビートルズばっかでした。

お互いに好きな曲についてあれこれ意見を言ったりして楽しかったのですが、もう会うこともないかな・・と思っていたところでした。

久しぶりに話したときに向こうから「最後に会った頃にジャズを聞き始めたと言ってたよね」と言われ、「僕はジャズが嫌いだったけど、今は“マイルス・デイビス”が大好きで聞いているよ」・・と、当時の彼を知っている私には驚きの近況が語られました。

そこからは一気に、「ビッチェズ・ブリュー」や「カインド・オブ・ブルー」「スケッチ・オブ・スペイン」「バグズ・グルーブ」などのアルバムタイトルが次々に互いから出て、夢中でジャズの、マイルスの話をすることになりました。

結局同窓会には出席してもらえないことになりましたが、でもこれをきっかけにまた電話してジャズの話をしようということにまで進展し、うれしく電話を切りました。

私はさっそく、 iPhone にマイルスのアルバムを20数枚分入れて、通勤途中のクルマの中で聞き込んでみました。マイルスはやっぱり・・イイッ!!ヽ(=´▽`=)ノ

また電話する勇気もわいてきました。
昔みたいに音楽の話で何時間も過ごせるような仲に戻れるとよいのですが・・。


【Now Playing】 Bemsha Swing / Miles Davis ( Jazz )

2017/06/02

飛騨「吟醸・蓬莱」を飲んでみた

20170602_hourai01

先だって、私のいちばん大切なお友達からいただいたのがこの「蓬莱」です。
箱に書かれていたこの酒の数々の受賞歴をみても驚きますが、なんといっても全国酒類コンクール第一位!(*^_^*)しかもお友達は「酒」にはちょっとうるさいというか、大好きな人なので期待は高まるばかり・・(^-^)/☆

全国燗酒コンテストでも「最高金賞」を受賞しているようですが、今回は冷やして飲んでみました。


20170602_hourai02

うまいねぇ・・。
いい酒独特のフェラーリに乗っているような爽快感がまずは口中に拡がりました。
甘ったるくなく、辛口でさぁ~っと、風が吹き渡るようです。
この感覚は、そうそう澤乃井で飲んだ高級酒「梵」にも似たような感覚がありました。

そして、香りは梵とはちょっと異なる感じがしました。
風土、水のちがいでしょう、飛騨の風景が眼前に浮かび上がってくるような気がしましたよ、いやほんとに。

なんていうのか、小さなことには動じないような大人の風格のようなものさえ感じました。
ほのかに酸味も感じられ、一服の風景画を味わっているような感覚にさえなりました。

おいしいなぁ、ありがとう・・(゚ー゚*)。oO・・今度また東京あたりのいい居酒屋で一杯やりましょうね、生涯の友よ。


【Now Playing】 播磨の渡り鳥 / 坂本冬美 ( 演歌 )

2017/05/28

先生と半日過した

20170526_senseito_achikochi001

前々回のブログで市美術館や、ギャラリーでの個展を中学時代の先生と回った様子をご紹介しましたが、今回はその前に先生と行ってきたところをちょっと書こうと思います。

午前中は私のかかりつけの医者に行き診察、その後、駅まで行って先生を迎え、もうお昼だったので、とっておきのランチ・カフェ「杏樹絵」(千葉市緑区平山町)に出掛けました。
ここは平日の昼しか営業していない不思議な場所。しかも見つけにくいし、なんにも宣伝的なことをしていないお店・・、しかも改築した長屋門の中にあるというシチュエーション。


20170526_senseito_achikochi002

御膳と呼ばれる和食風ランチと、パスタ、カレー、リゾットなどがあるのですが、今回は「御膳」を選択。
生春巻きなども入っていて、野菜の天ぷらもおいしく、先生と共に満足いたしました。


20170526_senseito_achikochi003


20170526_senseito_achikochi004

それから、先生は大きな“樹木”などを見るのが好きなので、千葉市中央区の大巌寺に寄って木々の緑を体中に感じつつ、二人してふだん感じていることなどを語り合いました。


20170526_senseito_achikochi005

そのときに二人とも共通していることをいくつか見つけました。


20170526_senseito_achikochi006

「戦略」という言葉が大嫌いなこと。

「好きな戦国武将は誰?」と聞かれると、「人殺しに好きな人はいない」と答えること・・驚くことにまったく同じことを言っていた。

ジャズ通が必ず言う「チャーリー・パーカーはいいねぇ、これを聞かなきゃね」のお言葉に「なんだかレロレロいってて感じるものがない、何度聞いてもそんな感じ」という感想も。(^_^;)


20170526_senseito_achikochi007

さてさて、そのあとは、大巌寺近くの珈琲屋さん「じゃくう鳥」へ。
相変わらずのよい雰囲気ですd(^_^o)

マスターは美術にも造詣が深く、店内にある美術書などを見た先生が話しかけると美術談義に花が咲きました。・・私にはわからないことばかりでしたが、先生もマスターもうれしそうだったので、こちらもうしれくなりました(゚ー゚*)。oO


20170526_senseito_achikochi008

先生は、その蔵書をテーブルに拡げ、気になる絵などをメモ的にスケッチしたりしてしばし楽しんでおられました。
その間私も先生から「ここに書いてあること調べてよ」と言われるとせっせとネット検索して先生に伝えたりと、生徒らしい仕事をいたしました(*^_^*)

というわけで、楽しい一日だったのです。
このあとのことは、前回のブログに記したとおり、美術館とギャラリーにも出掛けたのでした。


【Now Playing】 プロ野球ナイター中継 / 巨人・広島戦 ( ニッポン放送 )

2017/05/27

明日で終わっちゃうのでいそぎご紹介「第9回 図工倶楽部 千葉展」

20170526_senseito_achikochi009

昨日、私の中学時代の担任の先生と行ってきた表題の展覧会。
千葉市美術館9階の「市民ギャラリー」で開催されています。
いますが、28日(日)が最終日となるので、いそぎご紹介いたします。

最初のタイヤ・・みたいな不思議なオブジェは、紙、しかもふわふわの紙でできています。
大きな樹木を“かたどった”作品ほか、スコップやペンチのようなものまで、そのふわふわな紙で出来ていた不思議な作品。
私も“くぎづけ”でした。


20170526_senseito_achikochi010

さらにこの不思議な物体は、・・苗を入れる器のようなものを使っての作品。
これまた私好みの“パッカーン”と目が覚めるようなものでした。


20170526_senseito_achikochi011

そして泉のようなところにワンちゃん大集合・・これまた不思議な作品。
いいねえ、向こう側と後頭部を見せるこちら側のコントラストがこれまたいいのです。


20170526_senseito_achikochi012

さらにこれは同じ作者だったと思いますが、CGを使った作品です。
この不思議な感覚は会場で大きな実物を見るとさらに強く感じることができると思います。


20170526_senseito_achikochi013

次にご紹介するのは、その市美術館近く、「きぼーる」の2階にある<画廊 ジュライ>で開催されている『宮崎亮太 個展』の作品です。
市美術館でご鑑賞のあとは、こちらにも寄られるとさらに良い時間を過ごせるでしょう。

羽子板を描いたこの作品。“力”ありますよねぇ。
まさに「なんじゃこりゃ」の気分になったのでした。
アクリル絵の具らしいのですが、あまり溶かずに大量に使用しているため、“こんもり”と画材に“のっている”感じなのです。
現物を見ると驚きます。


20170526_senseito_achikochi014

こちらは5月30日(火)まで開催されています。
パイナップルの絵もいいなぁと思いました。
こちらも絵の具てんこ盛りでした。
力強いし、輪郭の線は自由な感覚にあふれ、魅力いっぱいでした。


20170526_senseito_achikochi015

こちらは現物の方がはるかにカラフルで、迫力満点なのですが、もの楽しくなってしまう作品でした。
彩色する前の下書きのようなものも展示されていましたが、それもまた私達が子供の頃ノートに描いていたようなわくわくするような線描でした。


20170526_senseito_achikochi016

この飛行機も現物はかなり大きな作品で、より色彩感がはっきりとしているものでしたが、ずっと見ていることになってしまいます。
とにかく、見るべきところ、見たいところがいっぱいでそわそわしてしまいました。

今回、千葉市の中央区で行われている二つの展覧会をご紹介いたしましたが、ぜひとも楽しく絵・美術の好きな方に観ていただきたいものです。
そして連れて行ってくれた先生、ありがとう。


【Now Playing】 There's Nothing Like This Feat. Toku / Paris Match ( Afternoon Tea Music )

2017/05/21

『PEN散歩』・・ブログでも・・。

20170520_my_garden001

facebook にも挙げましたが、それ以外にもPENで撮った昨日の庭の様子をアップします。
そして、きょうは暑かった( ̄O ̄;)
早朝から午後の途中まで仕事で出勤。数年前まで地域活動の関係で毎週のように会っていた方と久しぶりに再会し、まったく変わりない様子にうれしくなりました。

そんなうれしい気持ちも手伝って、写真の枚数もちょっと多目です(*^_^*)

これから暑さがましていくかと思いますが、皆様、ご自愛ください。


20170520_my_garden002


20170520_my_garden003


20170520_my_garden004


20170520_my_garden005


20170520_my_garden006


20170520_my_garden007


20170520_my_garden008


20170520_my_garden009


20170520_my_garden010


20170520_my_garden011


20170520_my_garden012


20170520_my_garden013


20170520_my_garden014


20170520_my_garden015


【Now Playing】 サポートウェルス! / 田丸麻紀他 ( TBSラジオ )

2017/05/07

旭市に牡丹などが咲く個人庭園をたずねた

20170506_asahishi_garden001

昨日、中学時代の担任の先生か住んでいる旭市に先生の知り合いのお宅を先生と共に訪ねました。


20170506_asahishi_garden002

昨年も訪ねたのですが、牡丹その他様々よく手入れされた(すべてひとりでやっているとのこと)庭園を見ながら、集まった皆でお話したり、お弁当を食べたりして過そうという企画でした。


20170506_asahishi_garden003

ピッチリと手入れされた庭には入った瞬間から今年も驚きました。
ちょうど牡丹が“見頃”だというので皆で訪ねたのですが、母屋の他に「はなれ」もあって、最初はそこからお茶を飲みながら庭を拝見しました。
その「はなれ」も、ほとんど茶室のような佇まいで、普段はまったく使っていないと聞いて、ここで読書などできたら最高だろうと思いました。とにかく音なんてまったくしないし、この日は暑いくらいの一日でしたが、部屋は涼しく、夏でもエアコンはいらないそうです。海から田んぼを経て吹き渡る風はとても涼やかです。


20170506_asahishi_garden004

庭のほんの一部ですが、写真をご紹介いたします。
竜安寺の石庭みたいに石がならされていて、プロの仕上がりです。「鹿威し」もありました(^_^;)素人の仕業じゃない・・。


20170506_asahishi_garden005

そしてこの庭の手入れをされているこの家の女性は、旭市から東京まで大学の講座を聴きに行ったりもしているそうで、教科書も見せてくれましたが、その内容についても事細かにお話してくださいました。


20170506_asahishi_garden006

20170506_asahishi_garden007


20170506_asahishi_garden008

【Now Playing】 ワンダフルナイト / 柳原可奈子 ( ニッポン放送 )

2017/03/15

“ぐだぐだ”な浅草の午後

20170310_hoppy_road01

このブログで前々回ご紹介した浅草の「伝法院庭園」で、心安らぐひとときを過し、しかもなんだか自然豊かな庭園で心安らぎつつもその空気に身の引き締まるような思いもしたのでした。

すっかり身体的にリラックスしたあとで、友と繰り出したのは浅草「ホッピー通り」でした。
もう完全に油断していてるので写真も“ぐだぐだ”です(^_^;)
通常は食べる前に撮るのにほらもう皮むいて食べてます。塩つけてね(^^;)ちょっとうしろに見えるのは筍。カウンターでお皿にのって美味しそうにたたずんでいたので注文しました。


20170310_hoppy_road02

でさぁ、ビールの写真も・・もう飲んでる…σ(^_^;)だめだねこりゃ。

友と軽く一杯やっつけてから、友から提案の雷門近くで酒屋さんがやっている呑み屋に出掛けました。


20170310_daimasu01

なんかねぇ、いっぱい日本中のお酒があるんですよ(*^_^*)さすが我が永遠の友。
行くところがちがうよねぇ。


20170310_daimasu02

ちょっとオシャレにスパークリング日本酒から始めました。
まだ明るいのに飲むって最高の贅沢です、もう気分は有頂天&ぐだぐだ(^o^)


20170310_daimasu03

気も緩んでいるので、手作りポテトサラダも・・また食べちゃってる・・(^^;)

いろいろなお酒を試しつついい時間を過しました。
皆さんにもおすすめですよ。
ちょっといつも行かないところで昼日中から飲んで、友と語り合う、これはいい!


20170310_sensouji01

そうこうしているうちに、いつの間にやら夜のとばりがおりて、二人して浅草寺に再度ライトアップされているのではないかと見に行きました。


20170310_sensouji02

いいですねぇ、日本人に生まれてよかった。
そしてこの友と知り合えてよかったと、つくづく思いつつ、雷おこしを土産に買い求め、帰宅したのでした。 ・・終わり。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 東京大学教授 山本博文 ( NHK-AM )

2017/03/13

ブログでも金龍山浅草寺「伝法院庭園拝観と大絵馬寺宝展」のご紹介

20170310_dempoin_garden001

facebook では一部写真にてご紹介済みなのですが、こちらブログでも表題の庭園拝観、ご紹介いたします。

絵馬展の方は写真撮影が禁じられていたのでご紹介できないのですが、通常考える絵馬からは想像出来ない巨大な額に入った、しかも一流の絵師が最高の技を懲らしたもの、そして額師が彫りの粋を集めたもの・・、ずっとあっけに取られて同行の大切な友と共に見入ってしまいました。これも庭園と共に実際に観てみることおすすめですよ。

庭園の方は池を中心に形成されていて、その周囲をぐるりと回るとその場所ごとで風景は驚くほどの様変わりを見せてくれます。しかも、きっと季節によって木々や花々も変化を見せてくれると思うので、いつ行っても異なる様子を感じられるのではないかと思いました。
これは池を回り込んで書院を見て、しかも後ろにはスカイツリーという(゚ー゚*)。oOいい光景です。撮影しちゃいますよねぇ(*^_^*)


20170310_dempoin_garden002

次は大きく前面の池に開かれている書院。とても落ち着いた雰囲気。ここを友と共にゆっくりと散策していたら、「お茶はいかがですか」とお茶までいただいて、もうねぇ(#^.^#)ほっこり。


20170310_dempoin_garden003

20170310_dempoin_garden004

内部の様子も素晴らしい。そして鴨居や照明の傘なども時代を感じさせるいいものでした。
こんないいところがあの“にぎやか”な浅草寺、仲見世のすぐそこにあったんですね。


20170310_dempoin_garden005

こちらは大正時代に造られた書院だそうで、縁側は前面ガラスで覆われていて、昔のガラスですから、その歪みがまたいい感じで光を反射しているのです。
“時”を感じさせますよ、素敵です。


20170310_dempoin_garden008

いろいろな角度から見てみましたが、それがまた何故か自分が昔住んでいた家なども思い出してキュンとなったりもしました。


20170310_dempoin_garden006

今度はさらに池を回り込んで書院を撮ったもの。
都会の一角とは思えませんでした。とても静かで、ゆっくりと時間が流れているのです。
着物を着て撮影している方もいらっしゃいました。


20170310_dempoin_garden007

同行した友にもよろこんでもらえたようでした。
二人ともけっこう写真を撮りましたよ。花を見たらみたでパチパチと・・d(^_^o)


20170310_dempoin_garden009

私も庭園があるということは知っていたのですが、これほど素晴らしいものだとは思っていませんでした。
まだまだいい写真が撮れているのですが、あまり載せてしまうとそれだけ見て行ってもらえないかと思い、ちょい控えめにしておきました(^^;)


【Now Playing】 橋幸夫の地球楽団 / 木村至信 ( TBSラジオ )

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック