フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2018/07/16

映画「終わった人」を見てきました。

20180716_owatta_hito001

映画『終わった人/2018年・日本 監督:中田秀夫 出演:舘 ひろし、黒木 瞳、広末涼子、臼田あさ美、今井 翼 原作:内館牧子「終わった人」(講談社刊)』を見てきました。

公開前に、この映画に出演している黒木瞳さんの早朝のラジオ番組で、黒木さんが、同じく出演している舘ひろしさん、広末涼子さんを呼んでインタビューしていたのを聞いて、気になっていたのです。

で、ちょっと時間が出来たので見てきました。


20180716_owatta_hito002

タイトルの「終わった人」というのは、主演の舘ひろしさん演ずる主人公が退職を迎え、ようするにサラリーマン生活が“終わった”人という意です。
高校時代はラグビー部のキャプテンで、東大に進学し、一流銀行に就職したが、出世争いには敗れ、出向先の会社で退職を迎えた舘さん。
インタビューでもおっしゃられていましたが、わざと胴回りに肉布団のようなものを入れ、太り気味で気力の失せた様子を演じられていました。
・・私も自分のことを考え、ちょっと胸の中に暗雲が垂れ込めました。

舘さんの奥さん役である黒木さんは、美容院に勤め、コツコツとお金も貯め、自分の店を持とうというところまできている。つまり、夫がリタイアする時期には自分の方向性をすでに見出している状況です。


20180716_owatta_hito003

その後の舘さんは、無気力の状態から大学院に行こうと決心し、そのためにカルチャーセンターに通う。
そこで受付をやっている文学好きな広末涼子さんと知り合う、・・そして「恋」のようなものをしてしまう。

なもんで、ジムで体を鍛えはじめ、広末さんと食事をしようとしたり、ジムで知り合ったIT企業の社長から会社の顧問に迎えられ、仕事を再開したり、そしてその社長が急死し、なんていう巡り合わせか社長になってしまい・・その後は大変な展開に・・。

監督の意図とは異なるのかもしれませんが、私は“仕事に生きること”しか人生に無い人の悲哀を感じました。
舘さんが頑張ろうとすればするほど、奥さんの黒木さんは呆れる。
そして、舘さんは空回りする。
それは仕事をすることで、自分を確立するというタイプの人には、「何故仕事をするのか」「自分にとって仕事の中にある意味は何?」という感覚が抜けているんじゃないか、と思ったのです。・・たぶん監督の意図するところはもっと角度が違うんだろうと思うけど。


20180716_owatta_hito004

ラストが近づくにつれ、舘さん、黒木さん夫婦の人生模様がしみじみと浮き上がるように見えてきます。とどめは、二人の長女を演じた臼田あさ美さんの別れをすすめる叫ぶような言葉でした。

そして二人が選んだ道は・・。
映画を見てね(*^_^*)

見ているうちに舘さん、そして舘さん夫婦を自分の今の状況になぞらえることしばし、でした。
哀しくなったり、心の中にざわざわとするものを何度も感じたりしました。

形としては「コメディ映画」なんでしょうけれど、でも残るものは深く大きいものでした。
舘さんと黒木さんという人生の、そして役者としての“荒波”を乗り越えてきた二人が演じたからこそのものだったかもしれません。

まだ上映されていますので、定年間近、あるいは、今、仕事人生の岐路に立っているような人、または夫婦間で何らかの問題を抱えている人に見てもらいたいと思った映画でした。


【Now Playing】 須田慎一郎のニュースアウトサイダー / 猪瀬直樹、蜷川有紀 ( Podcast )

2018/07/13

バス亭の変化にしみじみとした

20180713_bus_stop001

写真は、今朝、職場の飲み会があるためにバスで出掛けたときに撮った、家に一番近いバス亭の様子です。

うしろには新しい家も建ち、そんなに田舎には見えないでしょう?
でも、私の家の近辺はここ数年でどんどん家が建ち、だいぶ様子が変わってきました。


20180713_bus_stop002

6年前に3年続いた東京勤務から千葉の職場に戻りましたが、当時の同じバス亭の様子はこんなです( ̄O ̄;)
特に朝5時に起きて、6時前にはこのバス亭でバスを待っていましたので、寒いときは厳しかったし、暗かったし、寂しかった。

仕事としての飲み会も多く、当時は終電の特急で帰宅し、このバス亭に降り立ったときの泣きたいような気持ちは、きっと誰にもわからない。


20180713_bus_stop003

そして、この写真の畑道を街灯も無いのに懐中電灯を持って家まで歩いたのでした。
誰かが、しゃがんで潜んでいるんじゃないかと、とても怖かったのです。真っ暗だった。

そんなことを今朝、ふと思い出したのでした。

でも、東京でいろいろな人に出会い、いまだ交流のある人がたくさんいます。
あの時出会った人達は私の「宝」です。

なぜ私が東京勤務に選ばれたのかは今だ謎ですが、でも比較的幸せな毎日を過している現在、様々なことを思い起こしては、夢のような時間だったとあらためて感じているのです。


【Now Playing】 Bluesnik / Jackie Mclean With Junko Onoshi ( Jazz )

2018/07/05

ふつうにうまい・・か

20180705_art001

最近よく感じるのは、自分が歳を取った証拠なのか、若い人と話したり、付き合ったりしたときにけっこう“ギャップ”を感じるのです。

卑近な例で言えば、今回のワールド・カップで注目を浴びた「ハンパない」。
「半端なことではない」などと自分では言ってきたが、“ハンパない”は、もう当たり前のように世間では使われている。・・自分はまだ使えない・・どうしても。
いいオトナが使う言葉じゃないと、まだ思っているんですよ。

何年か前に若い部下を現場回りのお昼時に、“とっておきの洋食屋”さんに連れて行った。
ここはランチでも何でもどんなメニューでも“ウマい”店だったが、食べているときに「どう?」と聞いたら、「ふつうにウマいっすね」と言ってた。
そのときにはウマいのか、マズいのか、どうにもこうにも普通の味なのか、まったく判断できなかった。
子供に聞いてみたら「美味しい」と捉えてよい!(^_^;)とのことでした。ああそうかい。

「落語を聞いてるんですってね」と、上記と同じ部下に聞かれた。
「うん、聞いてるよ、今度行ってみるかい?二人会があって、演目もわかっていて〇〇を噺すらしいよ」と誘ったら、「その話なら知っているので、聞いても意味がないので、行かないです」と言われた。
落語はそれぞれ演目のストーリーを知りに行くのではない。誰もがほとんど知っている話だが、誰が噺し、どんなふうに演じるのか、またその場の客との間合いでどう変化するか、などなど、「生」の高座の面白さを味わうものだが、そんなこと関係ないのでしょう。
“落語好き”としては小学生レベル以下と言わねばならないが、そんなこと言うのも面倒くさいので放っておきました。

最近、クルマで走っていてよくあることなのですが、細い脇道から若い人が本線に入ろうとしてクルマの窓から本線を走るこちらを見ている。
・・目が合う・・当然間に合わないから私のクルマをやり過ごしてから入るのだろうと思っていると、「目が合ったからには大丈夫!」とばかりに、強引に本線に入ってくる。
あわてて急ブレーキを踏んでなんとか事故から逃れたが、九死に一生を得るようなことにここ二週間で二回遭遇した。
自分のことしか、自分のためなら周りが無理してくれると信じている、“超最近人種”だ。

仕事では、メールでのやり取りで、若い人の文面には主語がなく、しかも時系列が滅茶苦茶、さらにひと言聞いては、ひと言返し、その繰り返しを延々続けようとするから話が一歩も先に進まない。

「ここで言っている〇〇は△△の意で、“何月何日何時”から“どこそこで”“これこれこういう内容”について決定するため、会議を開きたいということですね」と全てをまとめて一回のメールで送ってみると「そうです」・・と返ってくる(^^;)そのひとことだけだけどね。

あらかじめこちらが質問してくるであろうことも想定さえせず、ひとつ質問する度に「なるほどですね、さっそく調べて回答します」とメールをくれるが、その返事もいつの間にか忘れている。
私よりも超優秀な頭脳の持ち主であることは間違いない人達だが、どこかネジが緩んでいるというか抜けている。

仕事の会話の中でも、ちょっとだけ思わず笑顔になってしまうようなひと言を入れると、茫然として“固まる”。
そんなこと言われたことがないのだ。潤いのない生活と仕事をしているんだな、と思う瞬間です。

まだまだ“枚挙に暇がない”というのがほんとうのところですが、きょうはここいらでやめときます(*^_^*)・・ジジイ死ね・・と言われるので。
んじゃね。


【Now Playing】 Sesami Street / 中村たかし ( ウクレレ )

2018/06/13

「客室乗務員の内緒話」を読んだ

20180613_norihiro_ijuin001

『客室乗務員の内緒話/伊集院憲弘著(新潮文庫)』という本を読みました。
これまたブックオフで108円ゲット!

著者は1943年生まれで1967年日本航空に入社し、チーフパーサー、客室マネージャー、客室乗員訓練部次長をなどを歴任した後、ホスピタリティ教育のプロとして活躍された方とのこと。

書き下ろしで平成20年に発行されたものですが、読んだ印象としては、エピソードの内容がちょっと“古い”感じがしました。
著者と同年代か、もうちょっと14~15年くらい若い人までだったら、驚きのエピソードや、感動のいい話も、こんな対応を今したら問題になっちゃうよ、というものが多数掲載されていて、やや時代を感じてしまいました。

また、搭乗してくるお客さんのメチャクチャ具合も、最近の自分勝手な人とはまたひと味異なる“俺が一番”的な人が多く、最終的にいい話に持ってきてはいるものの、もうひとつ感心できない感じが残ってしまって・・。

掲載されている数々のエピソードは、お客さま相手の職業の方々に対するヒントとなるテキスト的な感じを持ちました。
そう思えば、お客さまを相手にすることがメインの仕事の方にとっては“心構え”としてのアドバイスがたくさんです。

そんな読み方をすれば、けっこういい本かも。


【Now Playing】 Mrs Vandebilt / Paul McCartney & Wings ( Rock )

2018/03/10

「どんな仕事も楽しくなる3つの物語」を読み返しました。

20180310_masanobu_fukushima01

『どんな仕事も楽しくなる3つの物語/福島正伸著(中経の文庫)』を読みました。
これは以前単行本で読んだことがあったのですが、すっかり内容も記憶の彼方になってしまっていたものを文庫本を見つけたので再度読んでみようと手に取ったものです。

「リタイア後に駐車場の管理人をしている人、実はみんながその人に感謝していたという話」
「著者がたまたま出会ったタクシー運転手の丁寧な対応が人の心を動かした話」
「ペンキ屋が嫌いだった若者が、あることをきっかけに警察から講演を頼まれるほどの職人になった話」
「酒屋をついだ男性が、客先のために尽くしているうちに注文が入り、皆から感謝される話」

今回、書き下ろしの一話が加わっているのですが、どれも読んでいるうちに涙でいっぱいになってしまうような話ばかりなのです。
短い話ばかりなのでここで書いてしまうと著者への営業妨害になってしまうので内容は割愛します、できれば一話くらいは本屋でちょっと見ていただけると、どういうことかわかると思います。

あらためて読んでみて、人生の中で仕事というものが、どれほど自分の輝きのようなものを増すことになる糧となるか、そんなことがわかる本でした。

ここにあげられていた実話をもとにした心温まる話には、仕事の先には誰か人のために尽くしたり、よろこんでもらおうと思ったり、基本的に仕事は自分だけのためにしているのでなく、他者のためになると思いつつして・・それによって起こる社会や他者の動き、感謝されたりもする・・そんなことが自分の仕事をする喜びに繋がるのだということが書かれているものと認識しました。

長年仕事をしていると、そんな感覚がどんどん稀薄になっている・・と思いました。
それに現実にやっている仕事がどう“人のため”になっているか、その考え方が難しいと思いました。
それについても、こういうふうに考えたらどうだろうか、ということが物語のあとに書かれているのですが、いざ自分のこととなると、けっこうきちんと自分のやっていることを一から見直すようなことになります。

人はなぜ仕事をしながら生きて行くのだろう、ということをあらためて考えることになる本でした。


【Now Playing】 伽草子 / 吉田拓郎 ( フォーク・ソング )

2017/12/10

身体にミシミシとこたえる寒さ

20171209_dambou01

4月から異動でやってきた職場は、たまたま建物全体の空調改修工事の年度に当たっていて、夏はあやうくエアコン無しで乗り切らされるところを、もう“ねじ込んで、ねじ込んで”交渉して家庭用のものだが比較的大きなエアコンを応急的に設置してもらい逃げ切りました。エアコンは能力を超え日々フル稼働!業務終了後に停止ボタンを押すと、「エコ運転率0%」と表示されました(T_T)当たり前だよ、普通の家庭用エアコンなんだから・・。
それは来年度から休憩室に移設して利用することで何とか理解を得ての設置でした。

今度は冬。
エアコン無しの状態で建物全体の本工事開始。
自分の職場エリアに工事が入る前に、またまた“ねじ込んで、ねじ込んで”みたが、結局写真のような“古~い”ストーブと、小さなファンヒーターをよそから無理やり借りてきて寒さをしのいでいます。
つらい!打ち合わせのときの調子のいい話は“わや”に( ̄O ̄;)、そんなこったろうと思っていた。

いよいよこの土日から私のいる執務室(けっこう広い)が、天井部分の解体工事から入り、来年3月までの土日工事で開始されることに。

昨夜はその養生作業を業務終了後に行い、これが部屋の中をくまなくマスキングする作業で、しかも端末類などへの影響が無いように、慎重にやってもらったため、しんしんと冷える室内で立ちっぱなしの3時間半・立ち会い・・身体は冷え切り、ストーブの運搬で痛めていた腰を再び痛め、今朝も早くから工事の状況を確認に出掛けました。
これがまた冷え込みがひどく、身体にこたえました。

うまく事が運べば苦労も報われるので、まあいいんですけどね(^_^;)

腰が痛くてつらいので、ちょっと“愚痴って”みました、すいません。

2017/05/29

出口治明さんの「働き方の教科書」を読んだ

20170528_haruaki_deguchi01

『「働き方」の教科書/出口治明著(新潮文庫)』という本を読みました。
私はこの方を存知上げませんでしたが、“49歳で左遷され、60歳で起業した人生の達人”という出口さん、ものすごい勢いで人生を疾走する、そんな人としての印象を受けました。

京大法学部を出たが、司法試験に落ち、何をしているのかもよくわからない生命保険会社に入る出口さん。
そこで会社で得た仕事のノウハウについて、“目からウロコ”的なものを紹介してくれるのですが、でもそれだけではありません。

人の運命なんて出口さんのように思い描いていたコースを外れることがほとんど、でもそこからものの考え方、人生の考え方、自分の気持ちの持って生き方、それらをどうするかが大事なのだ、というようなことが前半に書かれています。

特に仕事一筋、仕事が人生、仕事が自分そのもの、・・そんな考え方をしていると若い人は今後の人生の道筋を見失うよ・・というアドバイスというか示唆的なことも書かれていました。
仕事をしている時間とその他生活している時間を単純に計算すると、仕事をしている時間は3割にも満たない。
なのにその仕事を全てと考えてしまうのではなく、他の部分、生活し、食事をしたり、家族・彼女・彼などと過す時間、それを大切に、そして仕事はわずか3割程度だと思うと、そんなに思い詰めて仕事をする必要がなくなる、とおっしゃっています。

・・もっと若いときにこの本に書かれているようなことを知りたかった・・…σ(^_^;)と思いました。

そして後半は、50代を境に人生をもう一度考えてリスタートできるのでは、ということも書かれていました。
このあたりになると、ズンズン前に進む出口さんの考え方と自分の考え方に隔たりが出てくるのですが、でも基本的に何かスイッチを切ってしまって、惰性というか残り火というか、細々と人生後半を生きて行くようなことを今現在の自分は望んでいないので、そこでは共感できるものが大いにありました。

ラストでふれている今後の世界の状況、そして日本はどうなっていくのか、という部分では、ある意味楽観的な観測をしているように感じましたが、でも力があって、自分の考える方向に向かって生きて行く出口さんがそう考え、突き進んで行く姿には爽やかな迫力があります。

読んでよかった、明るく、前向きで気持ちに“張り”が出てくるような本でした。


【Now Playing】 ニュース / NHK ( FMラジオ )

2017/04/05

三日で一ヶ月分の重み

20170405_pagem01

4月3日から職場が変わり、仕事内容そのものは変わらないけれど、でも私一人が新しい世界に入って行くことで職場での生活も、家での生活も大きく変わりました。

事前に引き継ぎで新しい職場に行ったときにも、同じ仕事をしているのに職場の雰囲気はまったく異なるものだと瞬間的に感じました。
自分がその場に慣れるのか、あるいは新しい雰囲気、環境の職場を作り出していくのか・・。

新しい職場の環境、雰囲気の変化、という方向を直感的に選びました。

ものすごく大変だと思うけれど、その方が結果的に良いのだと思いました。

少しずつ会話をして、少しずつ溶かしていく・・それがいい・・と信じて、まだ三日間ですが新しい職場で過しています。

だから疲労度は三日で一ヶ月分くらいになりました。
でも、それでいいのです。

今までの自分だったら、そんな方向は選びませんでしたが、ここ数年の自分は常に今までの自分と異なる道を歩むことにしています。結局そっちの方が結果がいいのです。

というわけで、疲れもはげしく、今夜はそろそろゆっくりします。
おやすみなさい。


【Now Playing】 深層深入り 虎ノ門ニュース / 上念司、半井小絵他 ( YouTube )

2017/01/31

原田マハさんの「本日は、お日柄もよく」を読みました

20170131_maha_harada01

『本日は、お日柄もよく/原田マハ著(徳間文庫)』を読みました。
本屋にふらりと立ち寄り、この本の“腰巻き”に「何度も泣きました!言葉の持つ力に感動!!元気がでるお仕事小説!」とうたわれていて、最初は“まゆにつば”つけて、誇大広告なんじゃないの、と手に取り、パラパラとページを繰ってみたのですが・・ん?これはおもしろいかも、と思い始め手に入れたのでした。

最初は主人公の女性が結婚披露宴に呼ばれ、たいくつなスピーチに居眠りをしてスープ皿に顔を突っ込む(^^;)という失態から始まるのですが、その披露宴の会場で伝説のスピーチライターに出会い、意外や主人公のドジな女性がスピーチの才能があるということになって物語は進行します。

最初はむしろ家族的であたたかなドラマ的展開かと思っていると、次第に政治の世界のスピーチライターのガチな仕事小説になっていって、俄然面白さとスピード感が増します。

何よりも随所に出てくる披露宴のスピーチや、プレゼンテーション、議員立候補者の演説に、本の腰巻き(帯)に書かれているとおり“何度も泣きました”(T_T)
原田マハさんは既に有名な方で、伊藤忠商事、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て2002年に独立、フリーランスのキュレーターとして活躍、その後は作家として数々の賞を受賞という経歴を持つ方で、今まで存知上げず、早く知りたかったと思っているところです。

で、ほんとうに泣いたのです、私…σ(^_^;)

言葉のもつ力、スピーチが持つ影響力、そしてそれらは話す人本人が持ち合わせているものから醸し出されるものである・・ということをあらためて感じました。

とりあえずこの本を読んでみて、感動のスピーチの数々で泣いてください(^_^;)
そして、胸を打つ物語にまた泣いてください(゚ー゚*)。oO

悪意や恨み辛み、怨恨渦巻くような小説ではありません、まっすぐでひたむきな人物が悩みながら、つまずきながらも前を向いて歩いて行く小説です。だから読んだのです。
今の私にはそういうのが合います。良薬って感じ!d(^_^o)

胸が熱くなり、涙とともに幸せな気持ちがやってくるような小説でした。
これはかなりのおすすめ本です。


【Now Playing】 深層深入り 虎ノ門ニュース / 百田尚樹・山口敬之 ( YouTube )

2016/11/13

どんな研修を受けるよりも人のモチベーションが上がる、映画「築地ワンダーランド」を見てきたぞ

20161112_tsukiji_wonderland01

映画『築地ワンダーランド(TSUKIJI WONDERLAND)/2016年 松竹 監督:遠藤尚太郎』を見てきました。

豊洲新市場に移転・・するはずだった築地、その前に1年4ヶ月にわたり長期撮影し、徳川の時代に日本橋で誕生した日本人の魚文化が紆余曲折の後、築地市場に地を移したのが80年前。
江戸時代からの魚河岸文化、そしてこの映画の“肝”となっている仲卸の重要な存在を捉え、壮大にして繊細な映画でした。素晴らしかった!


20161112_tsukiji_wonderland02

もちろん、小池百合子さんが都知事になり、豊洲の問題が噴出することなど想像もされていない状態での撮影、豊洲の“と”の字も出て来ませんでした。
映画の中でも言われていましたが、純粋に築地市場の世界で最高・・ではなく、「世界で唯一の存在」を余すところなく記録したものでした。


20161112_tsukiji_wonderland03

タイトルにも書きましたが、私も職場でモチベーション・アップ研修を受けましたが、そんな座学などよりも、はるかに人として仕事をすることに対する誇りというか、人として仕事をすることの素晴らしさを感じることが出来る映画でした。
登場する“仲卸”の人たち、その使命感というかプロの生き方、そしてその仲卸と商売、取引ではなく、人と人のぶつかり合い、信頼で付き合っていく職人の姿、築地に魅せられる人たちの姿は大きな感動をもたらしていました。

「自分がいいものを売った、そこで終わりではない。最後にお客様の口に入り、お客様が幸せになったところで完結する。」という言葉の重さは映画に撮られているから言っていることではない、と、心に響きました。


20161112_tsukiji_wonderland04

登場する誰もが、毎日が異なる、大きな流れの中で苦しんだりもしながら、生き生きとして築地で仕事をしている・・、一緒に見た妻も「ほんとうによかった、子ども達にも見せたかった」と言っておりました。


20161112_tsukiji_wonderland05

築地の歴史的な側面についても語られ、古い貴重な映像も紹介されていましたし、築地市場が開始されてから現在に至り、そして現在も人々の食の変化に大きく動く市場と、仲卸、職人達の考え方と心意気、息を呑んでいるあいだに、あっという間に終わってしまいました。

何か自分の社会の中での存在や、仕事とどう対峙していくか、など悩みを持っている人にも力強いヒントを与えてくれるような作品でした。
“超おすすめ”映画としてご報告いたします。


【Now Playing】 大人のジャズタイム / 島崎保彦 ( ラジオ日本 )

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック