フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2018/11/17

電池交換をして考えた

20181117_watch001

時計の電池を交換しようとして、ちょっといろいろありました。
ある朝、腕時計の針が止っていたのに気づき、その時計はふだん使っていた時計が壊れ、少し長い修理期間中に代替としてひとつ買っておこうと思った安いものですが、電池も切れんと長いこと動き続けてくれました。

電池交換に当時買ったお店に行きましたが、その店はすでになく、同じフロアに“おしゃれな時計屋さん”があり、でも展示ケースにはあちこちベタベタと「当店でお買い上げになられた時計のみ電池交換します。その際は保証書の提示が無ければできません」と“つれない”お言葉が・・。
でも、何もこんな書き方しなくてもいいのに。と、思いましたよ。

というわけで、また別の日にネットで調べて「技術者がおりますので、遠慮無くお訪ねください」的なことが書かれていたショッピングモール内の時計屋さん(これも若い女性が店番をしている“おしゃれなお店”)に持っていきましたが、時計を見せ、電池交換を・・と口に出した瞬間に店員さんの表情が曇ったのを見逃しませんでした。

番号札をもらい、一時間ほどあちこちの店をひやかして、お店に戻ると、「これは錆びが回っていてここでは無理です。工場に運んで電池交換するので、その分料金も発生します」とのこと・・。
私は日々使い終わるときれいに拭いていたし、見てもどこにも錆びなんかないよ、と思いつつ、がっかりしながら「いいですよ、このまま持って帰ります」と言うと、やや安心したような表情でした。

なんてことで、今度は「町の時計屋さんにお願いしよう」と思いましたが、どこもかしこも探しても全然無いっ!!
みぃ~んな“おしゃれな時計屋さん”みたいなのがショッピングモール内にある、ということになっているのでした。

それでも意地で探すと、千葉の街中に二軒発見。

で、本日のお休みに出掛けましたが、一軒目はお休みなのか閉まっていた。

二軒目は・・やっていた'(*゚▽゚*)'

「こんにちは~っ」と声をかけると「はいよ~っ」と出て来た方が、「ああ、ちょっとそこに座って飴がテーブルにのってるから、それでも舐めててよ」との“打てば響く”返事(*^_^*)

作業机に向かうとカチャカチャと音がしてて、「ベルトの部品が一部壊れてるからそれも直しとくね」と。あっという間に電池交換も終えて作業は完了!

・・「なんだ、やっぱりこういうことじゃん!」と私は思いましたよ。

つまり技術のある、出来る人がいないんですよね。

これは時計屋さんに限ったことじゃないんじゃないか、とも思いました。
いろいろなところでこういうことが発生していて、それはたいした問題じゃないと思っていると、やがて大変なことになるっていう片鱗が見え隠れしているのだ・・これに気づくと様々な分野で今後の日本の働き方に対するヒントが出てくるんじゃないか、などと愚考いたしました。

ただの時計の電池交換でしたが、ちょっと立ち止まって考えると何かが見えてくる、っていうお話でしたd(^_^o)

2018/09/17

「知的ストレッチ入門」を読んだ

20180914_takashi_higaki001

【※このブログでの文は、8月頭からしばらく続いたブログ休止中にデジタルでメモしておいたものをアップするものです。なので、現在とタイミング的にマッチしないものもアップされるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。】

『知的ストレッチ入門/日垣隆著(新潮文庫)』を読みました。
ブックオフで購入。初出が平成18年で、平成22年に加筆・修正し、文庫化されたものです。
なので、時代を感じさせる部分はあるにはあるのですが、著者日垣氏の情報の取り方、処理の仕方などは非常に合理的で、ひと言も差し挟めない感じの突っ走るような文章でした。
有無を言わせない(^_^;)感じ。

オーダーメイド鞄を使い、理想の書棚に蔵書を収納、早くから iPhone を利用し、その使い勝手についても“立て板に水”の説明。『使わんヤツはアカン』状態!

さらに世間で一般的になる前にブログやツイッターの利用方法についても、今現在の状態を推測して当時から活用。悔しいがその想定は当たっていた。

新しいツールには“超敏感”な著者なのでした。

ただ、しばしば、過去に達人と言われたような人を“小馬鹿”にしているような文があり、文中で馬鹿にしているわけではない、と断りを入れてはいますが、でもやはり人物に対しても、世間一般のちょっと遅れている人たちに対する“嘲笑”のようなものを時に感じて、それはちょっと言い過ぎじゃないのかな、と思うこともありました。

著者は、“冴えまくる”頭脳と行動で時代の先陣を切って突っ走っている様子ですが、文中からは、「恋愛」に関してもシステマティックに考え、そんなことにまで、情緒的なところの全く無い書きぶりにはちょっと違和感もありました。

ただ、この本は、現在の情報が溢れかえる社会で生きて行く人にとっては、とても参考になることがたくさん書かれていると思いました。
読物としても面白いので、読んでみて損のないものでした。
気になる方はぜひ。


【Now Playing】 Fancy Free / Donald Byrd ( Jazz )

2017/11/08

せっかくだからジャズを聞く体制も整えた

20171106_yamaha_pdx13

写真のヤマハのドックに刺さっているのは古い i Pod nano です。
今までは、ポップスからロック、ジャズ、歌謡曲、クラッシックまで雑多に入れて聞いていたのですが、前回の i Pad にビートルズ解散後の4人のアルバムを詰め込んで好結果を得たのを機に、こっちはジャズ専門にしようと思い立ち、さっそく実行!

ジャズ以外の楽曲を全て削除し、既に入っていたジャズも1950年代半ばから、1960年代半ばまでの私が一番好きな時代のジャズに選りすぐり、そして残った容量全てにその時期の私のお気に入りな人たち(マイルス、コルトレーン、ハンク・モブレー、ハービー・ハンコック、ソニー・クラーク、ロリンズ、ジャッキー・マクリーン、ホレス・パーランなどなど)だけを“ぎゅうぎゅう”詰め込んで目一杯まで押し込みました(^^;)

古い i Pod なのでそんなに容量自体は無いのですが、それでも578曲!!入りましたぁ~っヽ(=´▽`=)ノ

これもまたランダムにして聞くと、自分が好きな時代の好きな人たちばかりが入っているので、こたえられないジャズ・タイムが実現いたしました(^-^)/☆

そんなに大きな音量を出さずとも、このヤマハのフルレンジ・スピーカーのドックは、いわゆるモダン・ジャズをカッコイイ音で聞かせてくれます。
また部屋でジャズを聞きながら飲む珈琲も美味しくなることでしょう。

現在持っている i Phone には、既にビートルズ現役時代のアルバムは全て入れ、さらに様々なジャンルの音楽を詰め込んであるので、こちらはクルマでのお出掛けがあらゆるシチュエーションで楽しめる体制が出来上がっています。

i Pad 、i Pod 、i Phone のそれぞれに異なる楽しみ方が出来ました。
なんだか毎日の音楽を聞く時間が充実しそうです。

一人でうれしがっているところで、本日の書き込みはおしまい!


【Now Playing】 Miss You / The Rolling Stones ( Rock )

2017/11/07

ビートリー度アップ月間(#^.^#)

20171104_i_pad01

このあいだ、このブログでビートルズ関係の記事がやや薄くなってきたことを書き、少し“ビートリー度”をアップしよう、なんてことを書きました。

まずは、テレビで放映されたBBCのビートルズのアルバム、「サージェント・ペパーズ特番」についてアップしてみました。

第二弾、強化月間的行動は(^^;)・・i Pad に入っている曲を整理して、所有しているビートルズ解散後の4人のソロ・アルバムのデジタルデータを全て入れてみました。
で、4人のソロ・アルバムだけだとさすがにきついかもと思い、保有しているローリング・ストーンズのデジタル・データも入れて、スパイスを効かせ、飽きずにジョン、ポール、ジョージ、リンゴのアルバムを楽しんでみようという体制を整えましたd(^_^o)

・・実に1,299曲になりました。
ランダムに聞いていると、こりゃ楽しいヽ(=´▽`=)ノ

4人の解散後のいろいろな時代の曲がランダムにかかるので、懐かしかったり、今まで気づかなかった意外なところを発見したり・・。

ここに書けるようなことがあれば、それも書いていきたいと思います。
関連して、ヨーコやリンダのアルバムも入れてあるので、これがまたいま聞くとどう聞こえるか、・・ちょっと怖いが・・これもまた愉し(*^_^*)

以上、ビートリー度強化月間推進報告でした。


【Now Playing】 今朝の三枚おろし / 武田鉄矢 ( Podcast )

2017/08/07

「たとえば、ブラッキーとクラプトン」読みました

20170806_blackie_and_clapton01

『たとえば、ブラッキーとクラプトン -ぼくらが恋した伝説のギターたち-/細川真平・近藤正義著(リットーミュージック)』を読みました。

これは、ロックファンなら誰もが知っている、誰もが憧れたギタリストとその愛器についてギター大好きな人が書いた本と言えます。
ギター小僧でなかった私にも、とても興味深く読めました。

エリック・クラプトンのストラトキャスター、愛称ブラッキーは、多くの人が指板も剥げ、ヘッドの部分に煙草の焼け焦げがある、ああ、あのギターって思い浮かべることができるでしょう。
それに、クイーンのブライアン・メイが暖炉にあった木を削りだして自作したレッド・スペシャル、世界で唯一の素晴らしいデザインとフェイズサウンドのギター、これも知らなかったらロックファンじゃありませんよね。
そんなギターの持ち主とギターの物語がこの本です。持ち主が次々と変遷していくギターも多々ありました。

私が気になったのは、ルーシーと呼ばれた赤いレスポール。
そう、ビートルズのプロモフィルム「レボリューション」でジョージが弾いていたギターです。

クラプトンがジョージにプレゼントし、ホワイトアルバムの「ノット・ギルティ」レコーディングでジョージが使っていましたが・・これは“ボツ”に・・。
そしてそのプレゼントしたギターを使わせてもらってクラプトンがあの名演「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」を弾いています。

今、写真を見ても風格あるレスポールです。

そしてこのギターでジョージは「サムシング」を録音し、クラプトンはまたこのギターをジョージから借りて「レイラ」をライブで演奏。
二人の妻になったパティと二人が繋がっている間はずっとこのルーシーというレスポールがクラプトンとジョージ間に存在しているという印象があって、不思議な気持ちになりました。

あとはビートルズ好きの私としては、ジョンのエピフォン・カジノです。
この本には映画「レット・イット・ビー」でジョンが屋上で弾いていたときの状態の写真が掲載されています(塗装がなく、ナチュラル・ウッドなボディ)が、実は日本公演でジョンが弾いていたのもこのギターで、あのときはサンバーストの塗装が施されていました。ジョンがボディの“鳴り”をよくするために塗装を剥がしてしまったんですね。
さいたまにあったジョン・レノン・ミュージアムにもこのギターが展示されていました。私は感動に震えて動けなくなくりました。

私はジョンというと、リッケンバッカーの黒白のショートスケールギターか、このカジノを思い出します。
アップル屋上での「ゲット・バック」、ジョン渾身のソロがギターの姿を見ただけで思い起こされるのです。

で、そんな思い出のギターのお話が、数奇なミュージシャンの運命なども含め、語られているこの本、ロックファンにはなかなか読み応え、見応えのある本でした。


【Now Playing】 Revolution / The Beatles ( Rock )

2017/04/18

【簡単・3分宝塚講座 Vol.27(「宝塚おとめ」を買え!(゚ー゚*)。oO)】

20170417_otome01

毎年この時期になると発刊される「宝塚おとめ」。2017年度版が出ました・・そして買いました…d(^_^o)

早い話が宝塚歌劇団の各組(5組+専科)の全員の一覧です。
出身地、出身校、好きな役、演じてみたい役、趣味、集めているもの、好きな色や花、好きな食べもの、特技、芸名の由来、愛称(※これ大事)などが写真と共に掲載されています。
プロ野球でいったら、「選手名鑑」みたいな感じです(*^_^*)

私がブログで宝塚を取り上げるときには、この「おとめ」は欠かせません。
何年初舞台か、劇場内で話題になっている組子については、愛称で皆さん呼んでいるので、誰が誰だかわからない場合もあり、この「おとめ」が実に力強い味方になってくれます。

そして学年が進むにつれ、だんだん写真も大きくなってくるのですが、何年か前にあんな小さな写真だったあの人が今や堂々大きな写真で組の先頭近くのページに載っているのを見ると感慨もひとしおです・・(T_T)・・うれしいんだな、これが。

また、芸名についても宝塚は非常に読みにくいというか、100期生も超えて同じ芸名は無いわけですから、ある意味ネタも尽きて「これは何と読めばいいのか」というものばかりとなっている昨今、「おとめ」は、ここでも力強い味方です。

さらに、学年も進み、ある程度の役がつくようになってきた生徒の「やってみたい役」欄に載っていた役がまさにその生徒についたとき、“我が事”のようにうれしくなるのです'(*゚▽゚*)'よかったねぇ~ってねd(^_^o)


20170417_otome02

また、休日ののんびりした午後などに、この「おとめ」をパラパラとめくって、あの生徒、この生徒のプロフィールに目を通している時間は至福の時間となります(^-^)

劇場で、また大きな書店などでこの「おとめ」を見かけたら、ちょっとのぞいてみてください。組配属前の初々しい“研究科一年生”から大活躍中のベテランまで、個々の劇団員にふれることができます。

ああ、そうそう、出身地、出身校を見て、地元出身の生徒を探してみるのもいいですよ。
やはり応援したくなっちゃいます。何年か前に私が「おとめ」で見つけた地元千葉市出身の綺城ひか理(あやき・ひかり)さん、すっかり立派になられて、新人公演で二度も主演を果たされています、ほんとうにうれしかったヽ(=´▽`=)ノ

今回は「宝塚おとめ」のご紹介でした。
何度か宝塚を観て、これからも見ていこうという方、必須アイテムですよ。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 大沼ひろみ ( NHK-AM )

2016/12/04

谷中のおもしろハンコ

20161204_yanaka_stamp01

今朝の新聞に台東区谷中の商店街(外国人含め観光客が増えてきているとのこと)に「邪悪なハンコ屋しにものぐるい」という“のれん”が掛かった店の話題が載っていて、「ほぉ」と興味を持ちました。

記事には写真も掲載されているのですが、店主の伊藤康一さんの「伊藤」で見本のハンコをつくり、名字とともに様々なイラスト風な絵が刻印されたものが展示されているのです。

うさぎや、ミトコンドリア、毒キノコ、クイニーアマン、ハリネズミ、クリオネ、はにわ、カレーライスにラーメン、眼鏡、つちのこ、ナスカの地上絵・・もうなんでもありです(#^.^#)

写真には店内を訪れた女性も載っていますが、特に若い女性にはウケるんじゃないかと思いました、私にもウケてます…σ(^_^;)

「ハンコを押すことでコミュニケーションや笑いが生まれればうれしい」という店主伊藤さんのコメントにも、そのとおりだなと思いました。

私も単なる回覧などには、「ちーばくん」の絵が入ったものを使ったり、手紙を書くときには中学時代の担任の先生が作ってくれた楽しくて味のある手作りハンコを必ず押しています。
なんというか、たいしたことではないのに、読んでくれた人は何か“ほっ”とするものを感じてくれているのではないかと思っています。
自身もそういう“変わりハンコ”が押された手紙を受け取ったときに、思わずニコッとしてしまうのです。

このおもしろそうなハンコ屋さん、今度谷中方面を訪れる機会があれば是非寄ってみたいと思います。


【Now Playing】 Smokin' / Hank Mobley ( Jazz )

2016/10/06

Bluetoothスピーカー、職場の勤務時間外で使ってます

20161006_jbl01

写真は JBL のBluetoothスピーカー、以前にもご紹介したことがあるのですが、最近は持ち歩いて職場にも持って行ってます(゚ー゚*)そして iPhoneには3500曲の雑多なジャンルの楽曲が入っています。

かなり早めに職場に到着し(警備員さんからは「お早いですね」と声を掛けられますが元気で挨拶し、職場内へ)、業務開始に向けての準備を済ませてしまい、メールの処理なども終わらせます。
その間、誰もいない部屋でこの BluetoothのJBLを活用しています。
朝らしく、静かで心落ち着くインストゥルメンタル BGMを流しながらの準備作業はとても心地よい'(*゚▽゚*)'

音を止める頃には徐々に出勤が始まり、こちらも気分よく準備万端です。
ほとんどの雑事は終えています。

そして昼休み、昼食の時間帯では、休憩室でiPhoneを使いラジコを受信、「ラジオビバリー昼ズ」を、またまたこのスピーカーで聞きながら過しています。
弁当もうまいや!d(^_^o)

というわけで、このとっても小さなスピーカー、かなり便利に使っています。
聞かせたい音楽がある人と会うときにも持ち運んで使っています。何よりも音がいいので聞いた人も驚いてくれます。

今は上記のような使い方をしていますが、さらにまた新しい使い途を発見できたら・・などと思っているところです。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 中村雅俊他 ( NHK-AM )

2016/02/14

音の“前割り”

20160214_maewari_tape_recorder01

「何をバカなことやってんだ」と言われそうですが、私・・土曜日の夜、ラジオ日本の番組「大人のジャズタイム」を聞くのに、わざわざいったんカセット・テープに録っておいて、翌日それを再生して聞いております(^_^;)

焼酎に“前割り”ってあるのをご存知ですか?
あらかじめ焼酎を水で割っておいて、何日か保存しておくと、マイルドになって、おいしく飲みやすくなるっていうやつです。

そのまま飲んでもいいし、「燗」にして飲むと、さらにマイルドでやさしくていいんだそうです。
けっこう現在では前割りを用意している居酒屋もあるようですよ。

で、私は「音の前割り」d(^_^o)
リアルタイムで聞くよりも、「大人のジャズタイム」でかかる1940~50年代のジャズはカセットで再生したテープの回転を感じさせ、ちょっと円みをおびたようなやさしい音が似合うのです。
ま、“自己満足”ですけど、でもリアルタイムで聞くよりは“感じ”が出るんですよねぇ(*^_^*)うそだと思ったらやってみて!・・カセットなんか再生できるかって声が聞こえるけど。

それと、聞き逃した部分をもう一度楽に巻き戻して再生できるっていうのもいいです。
「停止」を押して、「巻き戻し」でほどよいところでまた再生すればよいのですから。
今のデジタルな録音などですと、それがスッと出来ないもんね、便利そうで便利でないのが文明というものです。

きょうも“前割り音楽”聞いて、いい気分でした。
それではまた次の話題で(^-^)/☆


【Now Playing】 橋幸夫の地球楽団 / ゲスト:寺川綾 ( TBSラジオ )

2015/11/26

18円切手を買ってみた

20151126_stamps01

職場近くの郵便局で写真の海外グリーティング(差額用)切手「18円」を買い求めました。
これは、本来海外在住の方への季節のあいさつに葉書を利用する場合、国内での52円切手では航空便扱いの70円に18円の不足が生じるため、その差額に対応したグリーティング切手なのだそうです。

デザインが毎年面白く、実際には使わないのに珍しいうえにシートで買っても180円と安いので買っていく人が多いのだそうです。
新聞で読んで、これは買ってみたいと思ったのです(*^_^*)

今回のデザインは「ラーメン」と「すき焼き」です(#^.^#)
楽しいのは、切手の左右余白の部分は、ラーメンの隣は胡椒の缶、すき焼きの隣には卵を割って落とした状態のイラストまで入っていることです。

これはいいですねd(^_^o)
親しい人への手紙や葉書などに貼って送っても、ちょっと愉快だし、シートブックのようなものに入れ、鑑賞して楽しむのもいいかもしれません。

“ご当地B級グルメ”の切手シートなんてたのしそうだなぁ(゚ー゚*)。oO既にあるのかな。
子どもの頃は切手を集めていたこともありましたが、切手の収集をすると今でも楽しいかもしれません。
子どもの頃のストックブックがまだ残っているので、今度見直してみようかと思います(^-^)


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 松本一路他 ( NHK-AM )

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック