フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2019/11/16

池澤夏樹氏の「のりものづくし」を読んだ。

20191116_ikezawa_natsuki001

『のりものづくし/池澤夏樹著(中公文庫)』という本を読みました。
著者池澤夏樹氏がこれまでの人生の中で、いろいろな乗り物に乗ってきた思い出や、乗り物に対する思い入れなどを語り尽くすような、そんな愉しくて、乗り物好きには興味深い本でした。

「のりものづくし」会員誌『Harmony』に連載したものを中心に、氏の乗り物に関するエッセーを集めた文庫オリジナル編集となっていました。

氏の若い頃の思い出、帯広から上野までの汽車の旅が、いかに長い旅だったか、とか、鉄道、ロンドンの地下鉄と東京の銀座線、タクシー、ダブルデッカー、レンタカー、エレベーター、フェリー、熱気球、スケート、飛行機、自転車、などなど、これが“乗り物”?!っていうものまで、とにかく人が乗るものについてのエッセーは限りなく止めどなく、溢れるように書き綴られています。

池澤さんは国内も海外もどんどん出掛けて行って、旅をし、あるときはそこに住んだり、人生の中で「旅」、「見知らぬ地を知る」ことについて、とても大事にされています。
そんな中、乗り物で移動していく時間も楽しんでおられるようで、私も電車の窓から見える光景や、自分で運転するクルマからの車窓風景を肌で感じることが大好きです。

この乗り物での移動って、面倒くさがりやには「一瞬で目的地に着けばいいのに」などと思うことがあるのかもしれませんが、まさに移動そのものが楽しみのひとつなんだと思います。

さらに、いろいろな“乗り物”そのものに対する興味も大事なんじゃないかと思います。
池澤さんが二十世紀の歴史を作ったと言われる飛行機の「ダグラスDC3」に乗りたくて、そのためだけに出かける話なども書かれていましたが、特に男はそういうものにこだわりますよね。
この本を読んでいて、池澤さんがマニュアル車を操るドライブの良さについて書かれていましたが、今、私もマニュアル車に乗りたいと思っているところなんです。

自分でクルマのギアを選択し、繋ぐ。そして自らの行きたいところに、自らの操作で行ってみる。道中さまざまな出会いがあり、その街の空気も感じる。
いいなぁ、・・今ねらっているクルマはスズキのジムニーです。もちろんマニュアルで。

そんな夢をふくらませつつ読みたい本でした。
面白かった。

2019/11/06

煎りたて珈琲のテイスティングをさせてもらいました。

20191103_jacudori001

Instagram 経由で facebook にも少し書きましたが、千葉市中央区の大巌寺町にある珈琲店「じゃくう鳥」に行き、カウンターで珈琲を啜っていたら、マスターが煎りたての豆をさっそくテイスティングしていました。

私の隣にいた女性が、「私もやってみたい」と。
そして私にも「一緒にやってみませんか?」とお誘いがありました(^_^;)

マスターがズスッとテイスティング用スプーンからすすっている様子を見ていて、「こりゃ絶対に“むせる”な」と思いましたが、せっかくの機会ですからやってみましたよ、私も。

写真の平べったいスプーンに少量取り、たしかコスタリカとコロンピアだったと思うけど煎りたて、淹れ立てのグラスに入った珈琲をズビッと吸ってみました。
ゲホゲホゲホって、やっぱり一回目はなりました…σ(^_^;)

珈琲を霧状にして、口の中の様々な味覚を感じる部分にあて、さらに鼻に抜ける香りも感じなければならないらしいですd(^_^o)・・あんた、こりゃむずかしいよ!( ̄O ̄;)

 

 

20191103_jacudori002
二枚目の写真は、店内に貼ってあったポスター。「Cupping Attributes」と書かれていました。テイスティングの極意がここに書かれているのか?!
20191103_jacudori003

何度かやってみて、まね事程度ですが、少しばかり出来るような気になりました。
やってみなければわからないことが世の中にはいくつでもあるものです。
隣に座っていた女性に誘っていただいたこと感謝しております。

今日もまた新しい経験が出来た、とうれしくなりました。

 

2019/10/08

先生から来たぞぉ~メビウスの手紙

20191008_sensei001

本日、帰宅して玄関前のポストをのぞくと、何やら箱が届いておりました。
郵便って、箱でも何でも切手を貼れば届くんですよね。

いつもこのブログに登場する私の中学時代の担任の美術の先生。
自作の箱の中に入っておりましたよ!
写真のテープのようなものは、私が日曜日に先生に呼ばれ、八街市のジャズ喫茶「ブルックリン」で待ち合わせ、先生と奥さま、そしてマスターへのお土産として創業明治30年の団子屋さんで買っていった団子をくるんでいた“経木”を先生は持ち帰り、切り裂いてメビウスの輪のように繋ぎ、先生が書きまくった手紙なのです。

 

 

20191006_brooklyn01
いやもう、読むのはたいへんだよ(*^_^*)ぐるぐるくるくる辿りながら読みました。
こんな手紙を作ってくれるのは世の中広しと言えども先生だけだ!
以前は手紙がジグソーパズルになっていて( ̄O ̄;)完成するまで読めないことがあったっけ(^_^;)
20191008_sensei002

さらに先生の“玉手箱”には、竹のボディで作られた印鑑も入っておりました。
私のフルネームで作ってあって、ほんとうにうれしかった'(*゚▽゚*)'

もうねぇ、電話してお礼を言いましたけど、「一時間みっちりやって作ったぞ!」と、先生もうれしそう(゚ー゚*)。oO

こんな人、ほかにいないでしょ(*^^*)
いい先生が中学時代に担任してくれてよかった!d(^_^o)

 

2019/09/11

寺島靖国氏の「俺のオーディオ」を読んだ。

20190909_terashima_yasukuni001

『俺のオーディオ -テラシマ流最強システム構築ガイド-/寺島靖国著(河出書房新社)』という本を読みました。ブックオフにて格安購入!d(^_^o)

寺島氏と言えば、今までにも数々の著書を読み、このブログでも度々ご紹介してまいりましたが、今回は氏のオーディオへの情熱というか、病気を通り越して“ヤバい”感じの取り組み、こだわり満載の本となっておりました。
いつもながら“けんかっ早い”様子も何度も見られ、一生治らない“不治の病”に取り憑かれている氏は、ある意味とても“しあわせ”な感じでした。

インシュレーターって知っていますか?オーディオマニアのリスニングルームを拝見すると、たいていはアンプの足の下に“かませて”いる主に金属製の“敷物”的なものです。
これをどの位置に何個敷くか、三点支持で前がひとつ、後ろにふたつ、ややはみ出し加減がいいのではないか、などと“矯めつ眇めつ”してうれしそうにトライしていくのです。
一個何万円もするのです。ややオカルト的でもあります。

しまいには、そのインシュレーターを壁から外して寝かせているコンセントに、枕のようにして設置し、電源ケーブルの下にもいろいろと置いて、あらゆることを試していくのがオーディオというものに取り憑かれた人間のやることです。

電源ケーブルやスピーカーケーブルも何万、何十万とするものを幾本も購入し、あらゆる可能性を試していきます。
そもそも家にあらかじめあるコンセントから電源を取らずに、自宅庭に専用の電柱を建て、純粋にオーディオ用の電源を用意するなどは、私からしたら“常軌を逸している”わけですが、「いい音になるのに、なんでやらないの」ってことだと思います。

アンプを二台購入して一台にはスーパートゥイーターとスーパーウーファー、もう一台には、ホーンとトゥイーターを接続して「どうだっ」って感じで鳴らしたりもします。
いったいどんな音がするのでしょうか。
寺島氏はジャズ喫茶店主でもあるわけですから、聞くのはもっぱらジャズばかり。十数年前に一度、氏のジャズ喫茶「メグ」にも行ったことがありますが、なかなか聞くことの出来ない鋭く攻撃的な音でジャズが鳴っていました。

もう楽曲を聞くためにではなく、オーディオそのもののために音を出しているわけで、文中でもそれを認めていますが、そういう世界に入ると、二度と“足を洗う”ことの出来ない“ヤクザな世界”に身を置くことになるのだということが良くわかりました。

近年、システムをどんどんグレードアップならぬ、グレードダウンさせていく私には、もう考えられない世界をこの本で味わうことができました。
マニアックなオーディオ世界はこの本で味わって、現実世界では安価な入門的ステレオシステムで心穏やかにリラックスしてジャズ的人生を過すことが分相応だと、この本を読んで確実にわかりました。
そっちの方が人生逆に豊かになりそうです。そうしましょ。

2019/09/05

Bluetooth で自室ステレオから音を出したいと思って

20190904_audio001

スマートフォンに入っている音源については、いつもクルマでの移動中に Bluetooth 接続して聞いたり、自室では小型の Bluetoothスピーカーを使ってよく聞いてきました。

しかし、クルマの中では楽しい時間を過ごせるものの、音楽を聞く環境としてはあまり良いものではなく、また自室での小さなスピーカー(モノラル)での音はそれなりに良い音なのですが、もっとステレオ感があって、大きな音で聞いてみたい・・何より、スマートフォンからだと様々な曲のセレクトが可能なので、その利便性を生かした上で音楽を楽しみたい、などと贅沢なことを考えておりました。

そんなことを考えていたら、私が Bluetooth をキーワードによく検索するので、ネットに繋いでいると、いろいろそれ関連の広告などが画面に現われるようになりました。

で「Bluetooth レシーバー」というものが案外安く売っていて、スマートフォンをそれにBluetooth接続して、さらにそのレシーバーをステレオの入力端子に繋げばよいのだとわかり、ちょっとうれしい気分に!'(*゚▽゚*)'

でも、現在のステレオ・アンプの入力端子は全て埋まっており、繋ぐ端子が無い(T_T)

そんな中、このあいだ東金にコンサートに出掛けた際、大型家電店をハシゴ。
Bluetooth レシーバーのとっても安い“現品限り”ってヤツと、入力セレクターのこれまたお安くてちょっと無骨な黒いヤツを発見!ヽ(=´▽`=)ノ

写真の左側で青白く光っているのがBluetooth レシーバー、右側の赤いボタンが四つある黒い箱がセレクターd( ̄  ̄)

ステレオ・アンプのチューナーの端子にセレクターを接続して、チューナーかBluetooth レシーバーかを選択できるようにいたしました。

いやもうこたえられません(^-^)/☆

アーティスト別に聞いたり、ジャンル別に聞いたり、ランダムに聞いたり、プレイリストをスマートフォンで作成しておいて、お気に入りの曲順で聞いたり、・・ここ数日、楽しんでいますよ(*゚▽゚)ノ

もっと早く気づけばよかった(*^_^*)

2019/03/02

パシフィコ横浜で開催されていた「CP+2019」を見てきた

20190302_cp01

パシフィコ横浜で開催されていた表題のイベントに出掛けました。
まったく存知上げなかったこの催し、以前の職場で仕事上、いろいろと関係した方からご自身の写真の展示もあるとのお誘いを受けて行ってみました。

それがもう、大変な人出!みなとみらいの駅から会場までの人、そして受付を通過するまでの人、人、人( ̄O ̄;)こんなにカメラ好き”、“写真好き”な人がいるんだ、ということに驚きました。
「カメラで写真を撮る」って行為はまだまだ世の中で“どっこい生きていた”のだと思いました。いやいや、そんなふうに思っているのは私だけだったのかもしれません。
カメラを使って、自分の撮りたいものを撮っていくという行為は何と言っても楽しいのだから、当然のことだったんですよね。

会場はたくさんのブースで、様々なカメラ本体や、その他レンズ、機材の最新鋭機が紹介され、そして実演されていました。
ものすごい熱気に圧倒されました。
私の“お気楽”撮影とはほど遠い力の込めようで、真剣な眼差しの方ばかりです。


20190302_cp02

で、知り合いの女性の写真が展示されているブースに行くと、猫の写真家「山本まりこ」さんが自らの傑作写真を投影しながらのトークショーが展開されていました。
これがまた“猫愛満載”の温かくも楽しいショーで、退屈するところなど一秒もなく(*^_^*)超たのしい時間を過すことができました。

知り合いの彼女の作品も見せてもらいましたが(プロ写真の棚にあったぞ!)、日常気づかないふとした瞬間や、なんでもないモノなのに印象的な対象になる、そんなモノが撮影された写真集でした。

以前、鎌倉で同じ彼女の作品の展示を見せてもらったことがありましたが、さらに“奥の深い”ものになっていると感じました(エラそうですいません(^_^;))。


20190302_cp03

会場内では、ブースの中に広い場所をとり、スケボーなどで走る被写体を最新のカメラで撮影するといったコーナーなどもあり、写真好きな人達はもう夢中で撮影したり、説明を聞いたりで、カメラ人気はすごいものがあると、あらためて思いました。

私はどのブースに行っても、ものすごい人の数で、圧倒されまくり、“人にあたって”しまうような状態になり、会場を出てすこし休むことにました。
割と人混みでも大丈夫だったんだけど、堪えられるキャパを超えていたようです。

というわけで、「CP+2019」のイベントを見てきた感想はここまで。
次回は、外に出て落ち着き、カメラを構える気分にもなったところで少しばかり撮影した屋外の写真をご紹介しようと思います。

インスタも見ていただいている方には更に別写真もアップする予定です。


【Now Playing】 Missing You / Blue Nitchel ( Jazz )

2018/11/26

伐採した庭の木々の枝を粉砕機にかけた・・たいへんな作業だった

20181125_funsaiki001

以前、我が家周辺の変化に伴って庭の樹木の伐採を大掛かりに行ったことをこのブログに書きました。
それらの伐採された枝は、まとめて残されていたのですが、市で枝の粉砕機を貸してくれるサービスがあるということを知り、お借りしました。

ガソリンエンジン式と電動モーター式があり、エンジンの方をお願いしたのですが、持って来ていただくと、どうも調子が悪く、親切にも再度モーターの方を持って来てくださいました。ありがたい。

この連休の土日を使って妻、子供と共に作業をしたのですが、いやもうたいへんなことでした。
土曜日は、早朝、私がインフルエンザの予防注射をしたのち、朝食をとってから始めたのですが、2トントラック4台分はあったでしょうか、伐採した枝を粉砕機まで運び、粉砕機に入るくらいの大きさ、長さにノコギリでさらに切り、代わりばんこに粉砕機を担当してガリガリとやると、下からチップになって落ちてくるという寸法です。

親指より太いくらいの枝になるとブレーカーが働いて停止してしまい、復活に時間が掛かったり、出て来たチップは肥料にするために別の場所に運び、流れ作業というよりも、“滞り作業”といっていいくらいの難作業でした。

私はインフル予防注射のあと、「おとなしくしていてくださいよ」という先生の言葉を無視したせいか、午後も途中になると倒れてしまい、着替えて布団に・・(T_T)

あとは妻と長女がなんとか一日目は頑張りました。

二日目の日曜日は、私と妻で必死の作業。
なんとかトラック4台分のうち、3台分くらいは終えました。
最初に始めたときには、半分も終わらないだろうと思っていましたが、複数人で作業すると一人作業よりも何倍も捗るものです。

ある程度の目処がつき、日曜日の作業は終了。
自分と家族にご苦労様!です。


【Now Playing】 Rocky Raccoon / The Beatles ( Rock )

2018/11/17

電池交換をして考えた

20181117_watch001

時計の電池を交換しようとして、ちょっといろいろありました。
ある朝、腕時計の針が止っていたのに気づき、その時計はふだん使っていた時計が壊れ、少し長い修理期間中に代替としてひとつ買っておこうと思った安いものですが、電池も切れんと長いこと動き続けてくれました。

電池交換に当時買ったお店に行きましたが、その店はすでになく、同じフロアに“おしゃれな時計屋さん”があり、でも展示ケースにはあちこちベタベタと「当店でお買い上げになられた時計のみ電池交換します。その際は保証書の提示が無ければできません」と“つれない”お言葉が・・。
でも、何もこんな書き方しなくてもいいのに。と、思いましたよ。

というわけで、また別の日にネットで調べて「技術者がおりますので、遠慮無くお訪ねください」的なことが書かれていたショッピングモール内の時計屋さん(これも若い女性が店番をしている“おしゃれなお店”)に持っていきましたが、時計を見せ、電池交換を・・と口に出した瞬間に店員さんの表情が曇ったのを見逃しませんでした。

番号札をもらい、一時間ほどあちこちの店をひやかして、お店に戻ると、「これは錆びが回っていてここでは無理です。工場に運んで電池交換するので、その分料金も発生します」とのこと・・。
私は日々使い終わるときれいに拭いていたし、見てもどこにも錆びなんかないよ、と思いつつ、がっかりしながら「いいですよ、このまま持って帰ります」と言うと、やや安心したような表情でした。

なんてことで、今度は「町の時計屋さんにお願いしよう」と思いましたが、どこもかしこも探しても全然無いっ!!
みぃ~んな“おしゃれな時計屋さん”みたいなのがショッピングモール内にある、ということになっているのでした。

それでも意地で探すと、千葉の街中に二軒発見。

で、本日のお休みに出掛けましたが、一軒目はお休みなのか閉まっていた。

二軒目は・・やっていた'(*゚▽゚*)'

「こんにちは~っ」と声をかけると「はいよ~っ」と出て来た方が、「ああ、ちょっとそこに座って飴がテーブルにのってるから、それでも舐めててよ」との“打てば響く”返事(*^_^*)

作業机に向かうとカチャカチャと音がしてて、「ベルトの部品が一部壊れてるからそれも直しとくね」と。あっという間に電池交換も終えて作業は完了!

・・「なんだ、やっぱりこういうことじゃん!」と私は思いましたよ。

つまり技術のある、出来る人がいないんですよね。

これは時計屋さんに限ったことじゃないんじゃないか、とも思いました。
いろいろなところでこういうことが発生していて、それはたいした問題じゃないと思っていると、やがて大変なことになるっていう片鱗が見え隠れしているのだ・・これに気づくと様々な分野で今後の日本の働き方に対するヒントが出てくるんじゃないか、などと愚考いたしました。

ただの時計の電池交換でしたが、ちょっと立ち止まって考えると何かが見えてくる、っていうお話でしたd(^_^o)

2018/09/17

「知的ストレッチ入門」を読んだ

20180914_takashi_higaki001

【※このブログでの文は、8月頭からしばらく続いたブログ休止中にデジタルでメモしておいたものをアップするものです。なので、現在とタイミング的にマッチしないものもアップされるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。】

『知的ストレッチ入門/日垣隆著(新潮文庫)』を読みました。
ブックオフで購入。初出が平成18年で、平成22年に加筆・修正し、文庫化されたものです。
なので、時代を感じさせる部分はあるにはあるのですが、著者日垣氏の情報の取り方、処理の仕方などは非常に合理的で、ひと言も差し挟めない感じの突っ走るような文章でした。
有無を言わせない(^_^;)感じ。

オーダーメイド鞄を使い、理想の書棚に蔵書を収納、早くから iPhone を利用し、その使い勝手についても“立て板に水”の説明。『使わんヤツはアカン』状態!

さらに世間で一般的になる前にブログやツイッターの利用方法についても、今現在の状態を推測して当時から活用。悔しいがその想定は当たっていた。

新しいツールには“超敏感”な著者なのでした。

ただ、しばしば、過去に達人と言われたような人を“小馬鹿”にしているような文があり、文中で馬鹿にしているわけではない、と断りを入れてはいますが、でもやはり人物に対しても、世間一般のちょっと遅れている人たちに対する“嘲笑”のようなものを時に感じて、それはちょっと言い過ぎじゃないのかな、と思うこともありました。

著者は、“冴えまくる”頭脳と行動で時代の先陣を切って突っ走っている様子ですが、文中からは、「恋愛」に関してもシステマティックに考え、そんなことにまで、情緒的なところの全く無い書きぶりにはちょっと違和感もありました。

ただ、この本は、現在の情報が溢れかえる社会で生きて行く人にとっては、とても参考になることがたくさん書かれていると思いました。
読物としても面白いので、読んでみて損のないものでした。
気になる方はぜひ。


【Now Playing】 Fancy Free / Donald Byrd ( Jazz )

2017/11/08

せっかくだからジャズを聞く体制も整えた

20171106_yamaha_pdx13

写真のヤマハのドックに刺さっているのは古い i Pod nano です。
今までは、ポップスからロック、ジャズ、歌謡曲、クラッシックまで雑多に入れて聞いていたのですが、前回の i Pad にビートルズ解散後の4人のアルバムを詰め込んで好結果を得たのを機に、こっちはジャズ専門にしようと思い立ち、さっそく実行!

ジャズ以外の楽曲を全て削除し、既に入っていたジャズも1950年代半ばから、1960年代半ばまでの私が一番好きな時代のジャズに選りすぐり、そして残った容量全てにその時期の私のお気に入りな人たち(マイルス、コルトレーン、ハンク・モブレー、ハービー・ハンコック、ソニー・クラーク、ロリンズ、ジャッキー・マクリーン、ホレス・パーランなどなど)だけを“ぎゅうぎゅう”詰め込んで目一杯まで押し込みました(^^;)

古い i Pod なのでそんなに容量自体は無いのですが、それでも578曲!!入りましたぁ~っヽ(=´▽`=)ノ

これもまたランダムにして聞くと、自分が好きな時代の好きな人たちばかりが入っているので、こたえられないジャズ・タイムが実現いたしました(^-^)/☆

そんなに大きな音量を出さずとも、このヤマハのフルレンジ・スピーカーのドックは、いわゆるモダン・ジャズをカッコイイ音で聞かせてくれます。
また部屋でジャズを聞きながら飲む珈琲も美味しくなることでしょう。

現在持っている i Phone には、既にビートルズ現役時代のアルバムは全て入れ、さらに様々なジャンルの音楽を詰め込んであるので、こちらはクルマでのお出掛けがあらゆるシチュエーションで楽しめる体制が出来上がっています。

i Pad 、i Pod 、i Phone のそれぞれに異なる楽しみ方が出来ました。
なんだか毎日の音楽を聞く時間が充実しそうです。

一人でうれしがっているところで、本日の書き込みはおしまい!


【Now Playing】 Miss You / The Rolling Stones ( Rock )

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック