フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2024/05/21

「本は眺めたり触ったりが楽しい/青山南」を読みました。

20240521_aoyama_minami_001

『本は眺めたり触ったりが楽しい/青山南著(ちくま文庫)』という本を読みました。
近年の私にしては珍しく新刊本です ^^;

著者、青山さんの文は、若い頃「本の雑誌」でよく拝見していましたが、実に読みやすい文体で心地よく読みました。

本の内容はというと、「本を読む」ってことはどういうことを言うんだろう・・というもので、それを自由に考えていくという、今まであったかな?という本でした。

タイトルにもあるとおり、本は眺めたり、触ったりするだけでもいいのだとも書かれていて、私もそう思います。
中に書かれていましたが、本を片手に散歩する、読まなくてもそれだけでもいい(^_^;)という極端なことでも、それでも私もいいと思う。

図書館に行き、たくさんの本が並んでいるのを見に行くだけの人の話も書かれていましたが、それもよし!だと思いました ^_^;

読んでいて、「ドッグイヤー」とよく言いますが、気になったところの角を折っている本を古本で手に入れることもあります。
古本として手に入れたときは少しがっかりしますが・・(それを全部元に戻さないと読む気にならないのです、私)、でもそんな本を手にして、前の所有者が何を気にかけていたかがわかったりするのも読書のひとつの楽しみであるのかもしれません。

誰かの言葉を引用していましたが、そんなドッグイヤーのことを「おできの跡」みたいだなんて表現して、次に読む人がちょっと気味悪がる気持ちもわかります。

また、二葉亭四迷が欧文の特色は「声を出して読むと抑揚が整うている」という言葉も取り上げられていました。
日本人としては、だれよりも早くそれを察知したらしいです。

翻訳に意欲を燃やしていた四迷は、「外国文を翻訳しようとするからには、必ずやその文調をも移さねばならぬ」として、「原文の音調を呑み込んで、それを移す」ためにカンマやピリオドの数も原文のままにして、語数も原文と同じくし、大変な苦労をした話も書かれていました。

初めて聞く話でしたが、とても感心し、興味深く思いました。

また、日本ではあまりないと思いますが、欧米では「朗読会」がけっこう盛んに催されているという話も書かれていて、「行ってみたいなぁ」と思いました。
その本の内容が自分が黙読しただけではわからなかったところについて気づくかもしれないと思いました。

本を読むということ自体について色々考えたりして、しかも著者自身が楽しんでいる本、面白く読みました。

 

2024/05/17

俳句を詠んでみる_0103【 盤双六(ばんすごろく) 珈琲屋にて 手習す 】

20240515_03_game_001

ラジオでバックギャモンというゲームの世界ランクに日本人が数人入っているという話を聞いて、久しぶりに思い出したこのボードゲームで一句詠んでみました。

【 盤双六(ばんすごろく) 珈琲屋にて 手習す 】

《背景》季語:双六[新年]
盤双六とは、「バックギャモン」のこと。
日本でも古くから伝わり親しまれている。
現在の大河ドラマ「光る君へ」でもこのゲームに興じるシーンがあったそう。
妻とまだ結婚したばかりの頃、古本屋の隣にあった渋い喫茶店で二人、珈琲を飲んでいると、テーブル席ではマスターと若くてきれいな女性がサイコロを振り、何かボードゲームをやっている。
「それは何ですか?」と聞くと「バックギャモン」だと言う。
聞いたことがある。
中東の方で盛んなゲームだ。
マスターときれいな女性に教わり、私達夫婦も何とか形ばかりではあるがルールを覚え、ゲームが出来るようになった。
私が「マスター、隅におけないですよ。あんなきれいな娘とゲームやってるなんて」と言うと、「あぁ、あれは俺の娘だ」
私達夫婦「えぇ~っ!!愛人にしか見えなかった」と言うと、マスター、なんだかうれしそうだった。

 

2024/04/27

俳句を詠んでみる_0078【 長夜(ちょうや) 返らぬレコードの音 聞こゆ 】

20240424_03_records_001

学生時代の“貸したままのレコード盤”について詠んでみた。

【 長夜(ちょうや) 返らぬレコードの音 聞こゆ 】

《背景》季語:長夜[秋]
たいていは貸したレコード、本の類は返ってこない。
秋の夜長にそんなレコードのことを思い出す。
「あのアルバム、一曲目はあれだったな」などと心の中で楽曲が再生されていることに気づく。

 

2024/04/23

俳句を詠んでみる_0071【 木の撥(ばち)で シンバル叩く音 冷たし 】

20240412_07_cymbal_001

また楽器のことで一句、高校生の頃を思い出して詠みました。

【 木の撥(ばち)で シンバル叩く音 冷たし 】

《背景》季語:冷たし[冬]
高校の頃からバンドを作り、楽器はドラムだった。
冬の寒い部屋での練習、木製スティックのチップ(先の丸くなっている部分)が金属製のシンバルに当たる音は、木と金属のぶつかるカツーン・カツーンという、叩いている者だけが聞くことの出来る冷たい音だった。

 

2024/04/22

俳句を詠んでみる_0069【 音ハズれ 色なき風に 乗るギター 】

20240412_epiphone_guitar_001

昨年、年寄りの手習いで買ったギター、その練習風景で一句。

【 音ハズれ 色なき風に 乗るギター 】

《背景》季語:色なき風[秋]
昨年、秋口に買ったギター。
少しずつコードを覚え、鳴らしてみるが、音はハズれている。
色のない様な透明感ある秋風に色が付くようにギターの音が乗ってゆく。

 

2024/04/18

俳句を詠んでみる_0060【 風涼し シーグラス求め 保田の浜 】

20240414_hota_003

ある日知ったシーグラスの存在、家族で海に探しに出たときの一句。

【 風涼し シーグラス求め 保田の浜 】

《背景》季語:風涼し[夏]
ビンなどのガラスの破片が波に洗われ、角が取れ、素朴な宝石のような輝きを持つものになって海岸に流れ着くシーグラス。
器に入れてもきれいだが、それを使ってちょっとした芸術的な作品にもなる。
妻、長女と鋸南町の保田海岸に出掛けた。
暑い日だったが、海からの風は一瞬暑さを忘れるような爽快感がある。
家族三人、色とりどりのシーグラスを集めた。

 

 

20240414_hota_002
20240414_hota_001

2024/04/11

俳句を詠んでみる_0046【 OSが更新されました 春の朝 】

20240410_02_iphone_picture

スマートフォンのOS更新が自動でされていたことで一句。

【 OSが更新されました 春の朝 】

《背景》季語:春の朝[春]
朝、目覚めたら iPhone の画面が真っ暗。
あわてて起動させたら「Hello」の文字が出たあとに「OSが更新されました」の表示。
おおっ、なんかわからんが新しく生まれ変わったのかオレの携帯!
なんだか自分も更新された気がする、と朝からリフレッシュ気分になった。

 

2024/04/07

俳句を詠んでみる_0038【 春暁(しゅんぎょう)に 美濃オリガミで落とす 珈琲 】

20240413_origami_001

朝の珈琲を淹れる時間を詠んでみた。

【 春暁(しゅんぎょう)に 美濃オリガミで落とす 珈琲 】

《背景》季語:春暁[春]
春の明け方、出勤準備をする家族に朝食とともに飲んでもらうコーヒーを淹れるのが今のたのしみ。
独特な折り紙を折ったような形状の「美濃焼 オリガミ・ドリッパー」で落とすコーヒーは、香り高く豆の特徴が引き出されていて、美味しく好評だ。

 

 

20240413_origami_002

2024/04/01

俳句を詠んでみる_0030【 春・響く D(ディー)、A(エイ・メジャー)、Em(イー・マイナー) 】

20240402_guitar_001

今回はギターをジャランと鳴らす一句。

【 春・響く D(ディー)、A(エイ・メジャー)、Em(イー・マイナー) 】

《背景》季語:春[春]
春めく暖かな日、部屋にあるギターをとりあげ、コードをつま弾く・・・D,A,Em 春の音が部屋に響く。

 

2024/03/16

俳句を詠んでみる_0014【 日盛りに 焙(あぶ)る 珈琲豆(まめ) 見し 吾(われ) じゃくう 】

20240316_jacu_dori_001
20240316_jacu_dori_002

毎朝、家族に淹れている珈琲。今回はそれを題材にしてみました。

【 日盛りに 焙(あぶ)る 珈琲豆(まめ) 見し 吾(われ) じゃくう 】

《背景》季語:日盛り[夏]
夏の日盛りに珈琲豆を買いに行く。
店内では焙煎の真っ最中。
どの豆にしようかと選りすぐる自分は“熟した美味しい珈琲豆しか食べない鳥”「じゃくう鳥」のようだと思わず微笑む。

 

より以前の記事一覧

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック