フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2017/01/29

軽自動車に一気乗りしてきました

20170129_cast01

長男が「クルマを買おうかな」などと言い出して、税金その他経費を考えると軽自動車はどうだ、という話になり、私も一緒に出掛け、何台か試乗に付き合ってきました。

行ったのは、スズキとホンダとダイハツ。この三つが現在の軽自動車の御三家だろうということで・・。

ホンダは既に我が家に N-Box があるので、だいたいこんな感じというのがわかるのと、試乗車が不足していたので外観と内装のみ見てきました。
N-Wagon や N-One 、N-Slash など、どれも内装についてはかなり軽自動車と思えない質感でした。コスト・パフォーマンスを考えるとホンダはかなりいい、と思いました。
そして、現在我が家で使っている N-Box は足回りがかなりビシッとしていて、これは好みがあると思います。硬い乗り味が好きかどうか・・。

続いてスズキ。
乗ったのはハスラーとアルト・ターボRS。
ハスラーは車高も高いし、アウトドア感覚なクルマなので、足回りは硬めかと思いきや、意外とふわっとゆるい感じでした。これはほんとに気軽に乗る楽しいクルマでした。内装もかなりポップ。
アルト・ターボは、エンジン始動と同時に「これはただの軽じゃない」という音と雰囲気。
走ってもそれは同じ感覚で、しっかりと地に着き、軽らしからぬ乗り味でした。
しかも、速いっ!普通のクルマにまったく引けを取りません。マニュアルモードでパドルシフトを使えば、軽以外のクルマでも“カモれる”感じです。エンジンの吹け上がりもいいし、私が欲しくなっちゃいました…σ(^_^;)

そしてダイハツ。
長男はキャストに目をつけていたので、それに試乗。
ボディはしっかりした感じで、これまた軽らしからぬ印象。
試乗しただけで、おそらく他のダイハツの軽自動車とは異なる味付けではないかと思った足回り。けっこう硬めの設定です。カーブでのロールも少なく、落ち着いた大人な印象でした。
パワーについても文句なし。いざとなればエコモードを外すとターボなしでもけっこう元気がいいのです。後席の居住性も含めて高得点でした!!'(*゚▽゚*)'

あとは長男がどれを選ぶか、ということになりますが、こうしてあれこれ試乗したり、カタログを持ち帰ったりして迷っている時期が一番楽しいんですよねd(^_^o)
最近はあまりクルマに興味を示さない若者が増えてきたということですが、うちの長男はそうでもないみたいです。

どれを選ぶか楽しみにしておきましょう(#^.^#)


【Now Playing】 Helter Skelter / The Beatles ( Rock )

2017/01/11

“ドリフト・キング”土屋圭一さんの「この名車に乗れ!」を読んだ

20170110_keiichi_tsuchiya01

『この名車に乗れ!/土屋圭一著(洋泉社)』という本を読みました。
これはあの“ドリキン”土屋圭一さんが乗ってきたというか、ぶっ飛ばしてきたクルマ、そして少年時代から憧れていて、やがて自らがレーサーになってから実際に乗ってみたクルマ、また乗っている人やパーツ屋さんなど皆でつくり上げていったからこその名車についても書かれている本でした。

土屋さんのこの本、大きくまとめると

〇トヨタ2000GTや、ハコスカGTRなどの過去の名車に乗るときは、その時代に思いを馳せつつ乗らないと、「大したことないじゃないの」という現代のクルマとの比較になってしまうよ。そうじゃない、あの時代にこれだけのことをやったことが信じられるかい?!という話。

〇単に速いクルマ、それだけではドライビング・プレジャーは無い。オーバーステア、あるいはアンダーステアに転じる時、クルマからのインフォメーションがあるクルマが楽しいし、乗り甲斐があるのだ、という話。

〇「リアが出なきゃダメ!!」みたいな(^_^;)話。

〇トヨタ カローラ・レビン(AE86)みたいに、クルマ自体が生産されなくなっても、エンジンやサスペンションその他のパーツを造るメーカーがいて、それを楽しんでチューンしていくドライバーがいて、単にカローラの一車種だったものが名車に仕上がってきた、これこそクルマ・ファンが育てた名車、という話。

〇国内外を問わず、土屋さんが「このクルマは押さえておかなきゃ」というクルマの話。

・・などなどが書かれていました。

私にはこの本に載っていた「シルビア/180SX」、マツダの「ロードスター」と「RX-7」などの懐かしいクルマのところで、「うわぁっ懐かしい」となりました(゚ー゚*)。oO

読んでいると、やはり土屋さんは自らの“腕”で抑え込んだり、コントロールしてこそのクルマである、というのが第一で、単にただ速く、どうやっても安定指向に造っているクルマにはほとんど興味を示していません。そりゃそうだよね、自らコントロールできるクルマなら軽トラだって楽しいと私も思います。

全部読み終えての感想は土屋さんの熱いクルマへの思いがダイレクトに伝わってくる本だったということ、でも、情緒的な表現は全くと言っていいほどありませんでした(^^;)
だから、ちょっと“一本調子”な感じも否めませんでしたが・・。
とりあえずクルマ好きには楽しい本ですよ!d(^_^o)


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 林真理子 ( NHK-AM )

2016/12/07

トヨタが新エンジンと変速機を来年投入するという

20161207_toyota_engine01

このあいだ、エンジンの本についてちょこっと書いたのですが、またエンジンの話題があったのでふれてみます。

今朝の新聞の小さな記事でしたが、トヨタ自動車が来年から燃費を約20%改善するエンジンや変速機を投入するという内容でした。
平成33年には日本だけでなく、米国、欧州、中国などの主要市場でも60%以上に搭載を拡大するとしています。

エンジンは2.5リッターで直列の4気筒になるということで、1気筒あたりの排気量はけっこう大きいです。
吸排気の効率を上げて、「燃費改善と高出力を両立」とうたっていますので、トルクフルな感じにして低い回転でもゆるゆると余裕をもって回そうということなのかもしれません。
トヨタでは珍しいタイプの性格をもったものになり、さらにこれを主力にしようという目論見のようですから、トヨタの中・大型車のエンジン・フィールはけっこう変化してくるのかもしれませんね。

さらに8速の自動変速機(AT)や、得意のハイブリッドも組み合わされるとトヨタのラインナップはまたまた充実してきて、ライバル社はたいへんかもしれません。

15%以上のCO2削減効果も見込んでいるので、今までトヨタ車を一度も買ったことのない私も新エンジン搭載車には注視せざるを得ないかも・・。

私自身は割と排気量の小さなクルマが好きなので、身を乗り出しているような状態ではありませんが、でもやはりトヨタのすることは気になる・・。
そういえば1.0リッターでターボ・エンジンを搭載したトヨタ車がつい最近出たようですが、どんなクルマなのか、そっちも気になります…σ(^_^;)

もしも試乗する機会などあれば、またここに書いてみたいと思います。

クルマの話題が今まで少なかったので、今後は少し取り上げる率を上げてみようかなどとも思っているところです。
それではまた(*゚▽゚)ノ


【Now Playing】 天気予報 / NHK ( AMラジオ )

2016/11/29

「 World Engine 2016・2017 Databook」が欲しくなってしまいました

20161129_world_engine01

『World Engine 2016・2017 Databook/モーターファン別冊(三栄書房)』を手に入れてしまいました。
ネットで自分のクルマのエンジンの特徴を調べていたら、このムック本が発売されるという広告が出て来て・・気になって気になっていて、本屋さんで見つけてしまい、「ええい、買っちゃえ」と(^_^;)いうことで・・。

現行の世界のクルマのエンジンがスペック、解説付きで写真(一部断面図やカット画像なども有り)が載っている本です。

若い頃はクルマそのものにも興味がありましたが、搭載されているエンジンにも興味がありました。
トヨタの4AGや、スバルの水平対向エンジン、ワンダーシビックの Si に搭載されていた動弁機構の凝ったエンジンなど、けっこうクルマ雑誌をわくわくしながら読んでいた記憶があります。

最近はめっきり・・ということになっていたのですが、この本の広告を見て、かつての気持ちが少し頭をもたげてきたようで(#^.^#)、立ち読みしていた段階で、おおっあのときのあの感じがよみがえってきた、という感じでした。


20161129_world_engine02

新しい技術が盛り込まれたエンジンの解説や、カット画像でのエンジン内部の紹介なども興味深いのですが、何といっても、エンジンの“見た目”の美しさに“ほれぼれ”しちゃいますd(^_^o)

エンジンだから、似たようなデザインになりそうなものですが、やはり各メーカーによって、独自のたたずまいを感じます。
それを楽しむのがまたいいんです!(*^^*)

BMWは力強い美しさを感じるし、ポルシェはメカの塊みたい、メルセデスベンツは端正な感じがします、おもしろいものです。
国産も各社風情が異なりますねぇ(゚ー゚*)。oO

というわけで、しばらくはこの本で楽しめそうです。
おっと、今見ているフィアットのエンジンも独特です(*゚▽゚)ノ


【Now Playing】 虎ノ門ニュース / 川添恵子他 ( YouTube )

2016/11/14

何度でも起こる暴走車の突入

20161112_news01

テレビ、ラジオ、新聞などで一週間と置かずにアクセルとブレーキの踏み違えなどで起こるクルマの暴走、そして歩道や店舗などへの突入事故が報道されます。

それで大ケガをしたり、命を落としたりした人はたまったものではありません。

私の職場の駐車場から車道へ出るところでも同様の事故がありました。
駐車場から通りに出た途端に急加速した乗用車がそのまま向かい側の歩道に乗り上げ、さらに土手をのぼり桜の木にぶつかり仰向けにバック転!、歩道上に亀がひっくり返ったようになって・・。
ものすごい音にあわてて周囲の人たちが飛び出し、おそるおそる「だいじょうぶですか?」とたずねると、「だいじょうぶです」と老夫婦が這い出してきました。
たぶん、アクセルとブレーキの踏み違えだったのではないでしょうか。車道に出る前にブレーキを掛けたら、それがアクセルだった・・。

「ふんわりアクセルeドライブ」なんて言っている団体があり、それに世間的には同調している団体、人が多くありますが、何年も前に最初に聞いたときに「なんて危ないことを言い出したんだ」と思いました。
要するに動き出す際、アクセルをすぐに踏まずに右足を宙に浮かせる時間を長くしてクリープなどの這いだしで始動し、その後アクセルを踏んで加速せよ、そうすればガソリンをあまり使わずに済む・・という、あまりにも愚かで稚拙な考えです。

宙に浮かせた足が“迷い”を誘発するのです。老人だけではない、若い人だってちょっと周囲に気を取られると一瞬、自分の足がどこを踏もうとしているのか、どこに浮いているのか判断できなくなるのです。・・オレは大丈夫!なんて思っている人、あなたのような人が事故を起こす可能性があるのです。

ガソリンの節約、省エネ運転はクルマにまかせればいいのです。それほど日本のクルマは頭がどんどん良くなっている。人によって差異があるのに、“ふんわりアクセル”なんて小細工を個々にやらせるなんて何を考えているのかと思います。たぶんクルマの運転なんてほとんどしたことのない“頭の良い人”が考えたのでしょう。

ほどよく加速し、すぐに流れに乗れる、しかもガソリン消費量は少ない、そんなことクルマ側でいくらでもできるし、実際そういうプログラムのEPI,EFI,PGMFIになっているんじゃないでしょうか。今や電気も手伝ってくれるのです。

むしろ今後は自動運転と共に、“踏み間違え事故”だと判断し、クルマを停止させることを研究した方が良いのではないかと思います。たぶんとっくに研究しているのではないかと思いますが。
昔、日産車で「あなたは居眠り運転をしています」と警告するシステムがありましたが、そんなふうに“踏み違い事故”特有の人の動き、クルマの動きを判断して自動的に制御するシステム、早く出来れば・・と思います。


【Now Playing】 土曜ワイド・ラジオ東京 / ナイツ、出水麻衣 ( TBSラジオ )

2015/03/01

【はっPのアナログ探訪_0008: ケンとメリー ~愛と風のように~ / BUZZ(バズ)(Single)】

20150301_buzz01

日産自動車(当時、社名は異なるかも)の『ケンとメリーのスカイライン』のCMソングです。


20150301_buzz02

アナログ盤を所有しておりましたので針を落としてみました。
とてもシンプルなギター、ベース、ドラム、ハモニカの構成が静かで美しいです。
盛り上がりの部分でストリングスが入りますが、それも自然の美しい光景が浮かんでくるような感じで、「ああ・・いい曲だな」と感じます。


20150301_buzz03

今のクルマのCMとはちがって、“若者・あこがれの生活感”が表現されている当時のCM映像を下記をクリックすることで見ることができます。時代は遠くになった、という感を強く感じました。

↓ここをクリック
当時のCM映像

2013/08/09

傷だらけのマセラッティ・・読んだ

20130808_kitakata_kenzou01


以前妻に付き添ってもらい、腰痛治療に出かけ、帰り掛けの「ブックオフ」で買った、二十年も前の文庫本『傷だらけのマセラッティ/北方謙三著(徳間文庫)』を読みました。

読んでみようと思ったきっかけは、とにかく文中出てくる言葉が“クルマ用語”多用で“クルマ好き”にはその部分だけで「おいしい」小説になっていたからです。立ち読みだけで判断したんですけどd(^_^o)
とにかく、通常のヒールアンドトウなどのドライビング技術用語などは序の口で、整備用語なども次々飛び出すし、それが今の「クルマが好き」が減少したご時世にとてもうれしく、心引かれるものとなっているのでした。

でも、私の記憶では北方先生は、もうハードボイルド小説で成功されて完全に“おじさん”になってから免許を取得され、それからクルマを購入(たしか自動車評論家の徳大寺有恒さんに勧められてこの小説のタイトルにもなっている“マセラッティ”を購入されたはず)したのではないかと思います。

なので、専門用語満載のクルマ好き&ハードボイルド好き向け小説となっている本作は、かなり北方先生の当時夢中になっていたクルマに関する知識が随所に濃密に描かれています。

いくつかの部分で「?これはちょっと使い方が違うかも・・」と思えるような部分も何となくあったような気がしましたが、それでもクルマと人の駆け引きというか、ただの機械との付き合いでなく、クルマに“聞き耳”を立てて“ご機嫌を伺う”ようなシーンも多々あって、それが北方先生のクルマを愛する様子がわかって興味深く、この本のひとつの読む楽しみにもなっているのです。

でも、内容は激烈ハード。
序盤は、整備工の主人公の“ヤバい”クルマを通しての男の付き合いと、一軒家に一人で住まうお嬢様との男女の関係などが描かれ、危険なバトルや不思議な男同士の友情なども散りばめられて、比較的緩やかに進行して行くのですが、後半は、主人公がどんどん運命の渦に巻き込まれ、殺人事件にまで発展する緊迫感ある“ハードボイルド”小説に突入して行きます。

さらに死に至るような格闘シーン、カーチェイスなどもふんだんに織り込まれ、ラストページまで“手に汗握る”こととなってしまうのでした(^^;)

久しぶりに、こういう、常に“ギリギリ”の状態で、思い余って人をも殺してしまうというようなハードボイルド小説を読みました。
若いときに読んだならストーリーの流れに乗って一気に読み切れるのでしょうが、今の私には“きつかった”!

でも、整備工の主人公がジャガーやその他のクルマを高速道路にテストに行くシーンや、カーチェイスの際のクルマ用語満載の表現には“胸躍り”ました。

たまには、ハードボイルド小説もいいかもしれない、と思いましたよ(*^_^*)


【Now Playing】 あさラジ / 高嶋ひでたけ他 ( ニッポン放送 )

2013/05/07

【ホンダのN-BOXに乗る機会があった】

20130506_n_box01

写真のクルマ、話題のN-BOXというホンダの軽自動車です。
現在乗っているシビックの点検時に代車としてホンダが貸してくれたものです。
“軽”が弱点と言われていたホンダにとって、救世主となり、売れに売れているクルマだそうです。
「どうぞ乗ってみてください」とすすめられたので、乗ってみました。


20130506_n_box02

まず、背が高いです。そしてフロント・マスクもけっこう“いかつい”ですね。
デザイン的に好みかと言われるとそうでもないのですが、存在感はあるし、他の同傾向のクルマと比較しても明らかに区別できるルックスだと思いました。
それに、“軽”っぽくない・・・。


20130506_n_box03

運転席から見た計器類なども、ちっとも安っぽくないし、細部に渡り作り込みがきちっとなされているという印象でした。
メーター類のランプの灯き方も通常の小型乗用車と比べても遜色ないもので、「軽だから」という部分は感じませんでした。


20130506_n_box04

後席は、写真を見てもわかるとおり、広大です。
特に着座して自分の膝頭から前席シートまでの空間は、よく「こぶし何個分」などという表現を用いますが、5個でも6個でもいくらでも入るくらいの余裕がありました。
それに、後席シートを畳むと、広大な荷室が現れ、自転車を立てたまま人間も一緒に乗り込めるのです。これは実際にすごいことだし、私も子どもが自転車通学しているときに感じたのですが、必要なことが遂に軽自動車で手に入ったということで、たいへん喜ばしいd(^_^o)


20130506_n_box05_2

また、前席左側の三角窓的なところに車内に絶妙な角度のミラーが二つ設けられていて、これが車左側面下部の“死角”を見事にカバーしていました。これもよく工夫されていると感じました。

で、乗ってみた感想も、軽自動車らしからぬ、ぐっと落ち着いた乗り味でした。しっかりとしていて、ドタバタしたところがありません。
しかも、ノンターボのナチュラル・アスピレーションであるにもかかわらず加速について特に不足は感じませんでした。

これは売れるねぇ、実際に売れまくっているようですが、うなずけます。日常に使用するのに、不満を持つ人はいないと思います。
少子化、高齢化が進む現代には、人の生活にしっくりと馴染むのではないでしょうか。

ほめてばかりでしたが、実際にわずかな時間の代車でしたが、かなりの魅力を感じました。
日本の軽自動車に対する取り組み、作り込みはすごい。
他メーカーも負けず劣らずのクルマをどんどん出してくるでしょうね。

俳句の「五七五」のように、取り決めというか、規則というか、軽の660CCで、サイズはここまでという「枠」があると、逆に日本人は良いものを生み出すのではないかと、つくづく思ったのでした。


【NowPlaying】 天気予報 / NHK ( AMラジオ )


2010/05/05

ホンダのつくりたかったクルマはこれ!?

20100502_crz01


ホンダの新しいハイブリッド車、「CR-Z」(シー・アール・ズィーと読むのだそうです)の販売が好調のようです。
ハイブリッドであるにもかかわらず、ルックスも“つくり”もスポーツ・カーです。

現行の「インサイト」は、先代の「インサイト」から名前だけは引継ぎましたが、実態はコンセプトも内容も別のクルマ、別のハイブリッド車でした。

何せ先代のインサイトは、まるで「実験車」かと思うくらいの大胆なハイブリッド車で、完全二人乗り、後輪がボディーに覆われ、空力的にもエコを目指し、実用にはほど遠いもので、ある意味これこそがホンダのつくりたかったクルマなのだろう、と思わせるものでした。要するにホンダの“心”ここにあり!という印象でした。
乗っていたのも、そんな気持ちを感じて自分なりのドライビングを楽しむような人ばかりだったと思います。

今回の「CR-Z」は、本当の「インサイト」の後継車と言えるものではないかと思います。
20100502_crz02


ほぼ2シータ-と言えるスポーツライクなシート構成。
見た目もかつてのCR-Xのような雰囲気を醸し出していたり、お尻を“はしょった”デザインも「やる気」を感じさせます。
ショー・カー的なイメージもそのままに、ファミリー向けヴァンに方向性を大きく展開してきたホンダの久しぶりの心意気が現れているようです。

20100502_crz03


室内も未来的でもあり、スポーティーな印象も感じさせるし、ちょっと奢った設えもクルマを所有する喜びに寄与してくれそうです。

20100502_crz04


何よりも驚いたのが、ハイブリッド車では始めての6速マニュアル車がラインナップされていることです。
時代の要求である「エコ」に対してのホンダの考え方はこれなのだと思います。
クルマ本来のドライビングを楽しみ、その中でモーターのアシストを得て様々な状況下でのドライブをより良い未来を見据えたものにする・・・そんな感じでしょうか。

マニュアル車は、モーターのアシストがあるため、発進などはかなりスムースで余裕あるものらしいです。
一度乗ってみたい。

20100502_crz05


「スポーツ」と「ノーマル」、「エコノミー」それぞれのモードを写真のスイッチで選択できるのですが、CVT車も相性が良いらしく、しかもこのモードをマニュアルでも楽しめるクルマが日本でつくられたというのが、私のようなクルマにまだ興味がある者にとって、とてもうれしいのです。

現在は、職場の関係で、すっかりクルマに乗らない生活になっていますが、職場が千葉に戻ってきたら『買いたい候補ナンバー・ワン』です。

・・・一度実車に試乗してみようと思います。


【NowPlaying】 Ring ! Ring ! Ring ! / ティム・ハーデン・トリオ ( Jazz )

2010/02/06

話題になっているブレーキ不具合のこと

20100206_toyotanews


ここ数日でニュースになっているトヨタハイブリッド車のブレーキの話。
ブレーキなんて足でペダルを踏んで、それが油圧で伝わり、倍力装置などを介して増幅されて車輪を止めようとするものだ・・と思っていると、「違うんだ!」・・とのことです。

回っているもの(車軸)からは電気を発生させて、それを蓄電できる。
しかも、その際に回転力を落とさせてブレーキにも利用する。
もちろん電子制御して油圧式ブレーキと併用しているわけですが。
・・いいことばかりのようですが、ブレーキの“効き”なんて人のフィーリングによるところが大きいものだから、微妙な感覚が合わないのかもしれません。

それに、あまりにも一般の人の感覚とは“ズレ”過ぎていて危険な感じになったのかも。
感覚的なところが問題だ・・というのが本当なのか、それとも実際に普通に運転していても危険を感じるものなのか・・・。

ネコも杓子もプリウスを買おうとして、それが「インテリの証し」だって( ̄▽ ̄;) 、本気で思っているインテリじゃない人もいる、そんな昨今、前にも書いたけどエコしたいのなら『クルマに乗らない』のが一番です。
1キロや2キロの道のりなら歩けばいい、と思えばその方がよっぽどエコです。

マツダの i ストップなどでも十分なエコだし、日産のエクストレイルの新型ディーゼルなどもかなりいいようです。
なんでもかんでもハイブリッドにしなくてもいいのに・・それで特殊なクルマだという認識もなくプリウスに乗って、こりゃ全然今までのクルマと違うじゃないか、と不満に思う人もけっこういるのでしょうね。

糅てて加えて、特に米国での一連のアクセルペダルなどの不具合によるリコール問題が持ち上がり、トヨタはたいへんなことになっています。米国での報道を見ていると、ここだとばかりの何かを感じます。

私達は、錯綜する情報の中から、判断材料を得て動かなければなりません。
その判断の中で、エコはハイブリッドだけではない、リリースから時を経て信頼を得ているクルマにも食指を動かしてみる・・というのもひとつの考え方だと思うのです。

ニュースを読んでいて思ったことをちょっと書いてみました。


【NowPlaying】 ラジオなんですけど / 久米宏 ( TBSラジオ )

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック