フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2018/09/01

フルモデルチェンジのお手本を見た

20180804_jimny001

【※このブログでの文は、8月中、ブログ休止中にデジタルでメモしておいたものをアップするものです。なので、現在とタイミング的にマッチしないものもアップされるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。】

スズキの本格四輪駆動車・ジムニーが20年ぶりにフルモデルチェンジしました。
私が生まれて初めて買ったのは、このジムニーの二代前のSJ30。
他社が出している多くの四輪駆動車が尻込みするような悪路、道無き道のようなところでもトコトコ走り抜き、楽しさ満開、喜び爆発!のようなクルマでした。

20年間走り続けた先代ジムニーもそのようなクルマでしたが、今回のフルモデルチェンジは、過去のジムニーの良さをあちこちに感じさせる心憎い演出があり(*^_^*)、新しい機能も搭載、伝統のラダーフレーム(はしご形のフレームの上にボディを乗せている)も守り抜き、100点満点のモデルチェンジだと思いました。

私のような者がそう感じるのですから、世間のジムニー・ファンも好印象で受け容れたようで、注文殺到、納車までは1年待ちだそうで、おめでとう!

スタイルリングを見ただけでも、この時代に初代、二代目の良いところだったスクエアなデザインを取り入れ、復活。
ルーフ周囲には雨滴を受けるレールのようなものも付けられ、かっこわるいバイザーも不要になります。
四角四面に作ったので中も広くなり、後席を折り畳んだ状態にするとプラスチック製の部分が荷台面になるという工夫も良い。

とにかく、見た目が軽自動車らしからぬ風格を感じさせます。

昨今の大人げない、子供じみたとも言える“こけおどし”的デザイン、向こうから走ってくると威嚇しているかのようなデザイン、機能をパッケージングしているのでなく、デザイナーの愚かなデザインを優先しているかのような空疎なデザインばかりが目に付く(特にト●タ)新車の数々とは一線を画す芯の通った素晴らしいデザインだと思いました。

まだ街では見かけていませんが、そのうち「おっ!あの四駆は何だ?!」と思ったのがジムニーってことになると思いますよ、お楽しみ・・。


【Now Playing】 闌の季節 / 小椋佳 ( TBSラジオ )

2017/11/16

最近のクルマを見ての感想・その2

20171115_carmagazine01

先だって、最近のクルマを見ていて感じたことをそれぞれのクルマに対してひと言で書いてみたら、“微妙”な反応(^^;)がありました。

これを良い方にとって、第二弾を書いてみることにしました。
前回と同じく、思いつくままにどんどんいってみますよ。


スバル レヴォーグ・・“ライザップ”レガシー。

トヨタ プリウスPHV・・リアにでっかい蛾が張り付いてるけど・・。

日産 スカイライン・・40代、脂肪付き元スポーツマン。

日産 新型リーフ・・猛烈パワー&電気っ喰い。整形完了!

日産 ノート・・気づいたらメモを取ってる几帳面な生真面目君!、日産の良心(^_^)

日産 エルグランド・・えらそうなLクラス・ミニバンっつたら俺だったんだ・・、アルファードの野郎・・。

マツダ アテンザ・・“スイーツ”を身にまとった“もみじ饅頭”。

マツダ ロードスター・・速けりゃいいってもんじゃないっつうの!悔しけりゃオレみたいなクルマ作ってみな'(*゚▽゚*)'

マツダ ビアンテ・・私は元何と呼ばれていたでしょう ①コンガ ②ボンゴ ③ギロ
          正解は ②ボンゴ!! ビンゴ~っ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ホンダ ステップワゴン・・プチ整形をあちこち施しているうちに顔全体を見失ったの。

スズキ アルト・ターボRS・・軽の殺し屋。

ダイハツ ミラ・イース・・これでイーッス(^_^;)

JEEP レネゲード・・角のとれた豆腐。

TESLA モデル3・・走行機能付きパソコン。

三菱 パジェロ・・カラオケのレパートリーが30年前のままのお父さん。

スバル フォレスター・・アウトドアへのわずかな思いが、まだ捨てきれない未練たらたらの中年お父さん。

ダイハツ コペン・・かっこいいコッペパン。

ダイハツ ココア・・8年経っても飽きない“私ココア”コーディネイト設定もにくい、ダイハツの聡明女子。

フォルクスワーゲン ゴルフ・・文句の付けようが無い、っていうのが文句だっ!

ルノー カングー・・商用車と“かんぐー”られる。

フィアット 500・・こんだけ可愛けりゃ文句ねぇだろ!的キュートさd(^_^o)

トヨタ ルーミー/タンク・・トヨタがつくった“ニセ”黄門様(本家はスズキ家のソリオ黄門様)。

トヨタ エスティマ・・トヨタがつくった“天才たまご”は、いまや普通の“ゆで玉子”になっている。

トヨタ マークX・・これに乗って、自分は素敵な上司だと思っていたら・・目出度いことだ。

トヨタ クラウン・・“おとな坊や”用高級車。

三菱 ミラージュ・・って、まだあったんだ・・。

とりあえず、以上でございます<(_ _)>
前回から繰り返しているけど、怒らんといてね(^^;)


【Now Playing】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

2017/11/13

最近のクルマ、特にデザインを見ていて

20171112_car_magazine01

ものすごく久しぶりにクルマ雑誌を買いました。
現行の国産車、輸入車のアルバム的な特集で、それぞれの特徴なども書かれているものです。

最近、街を走っているクルマを見ていろいろ感じることがあります。
今回の雑誌購入で、それぞれのクルマの名前もわかったので、私が見た瞬間などに思ったことを“ひと言”で表現してみたいと思います。
あくまで私が感じたことなので、自分が乗っているクルマだからといって怒らないでね、オトナの対応お願いいたします。ジョークですから(#^.^#)

では、・・登場する順序はランダムです、思いつくまま・・。もう一度言うけど怒っちゃだめだよ(^^;)

トヨタ C-HR・・ロボットぶたまんじゅう

トヨタ 新型プリウス・・科学特捜隊

レクサス LX・・えらそうな霊柩車

レクサス RX・・ごりおしえばりん坊

トヨタ 新型カムリ・・胸元にスカーフ巻いて妙な色気を出している、いけ好かないオジサン

ダイハツ ウエイク・・走る仏壇

ダイハツ タント・・ママのでっかいサイフ

トヨタ シエンタ・・リアルいもむし

メルセデスベンツ SLC・・リアルやくざ

レクサス全般・・ばかグリル

スズキ ソリオ・・いい人なんだけどねぇ

三菱 デリカD-5・・もてあます羊羹

日産 フーガ・・肉まん始めました

日産 ジューク・・近未来の変なおもちゃ

スズキ ハスラー・・ドクタースランプはすらちゃん

日産 キューブ・・後頭部に10:0の分け目

トヨタ ハイエース・・働き者のよいお父さん

トヨタ プレミオ/アリオン・・田舎のお父さん

トヨタ ミライ・・武将コスプレ

BMW MINI・・でっかいこども

マツダ デミオ・・かしこい三男

ホンダ Nボックス スラッシュ・・花輪くん

日産 GT-R・・飛ばない戦闘機


・・どうも、“エグい”デザインが目立ち、しかも売れているトヨタ関係が多くなってしまいましたが、それも人気車種ゆえということで勘弁してくださいね。あぁ・・真面目なスバルは全然出て来なかった!

でも、なんだかスッキリしたヽ(=´▽`=)ノ


【Now Playing】 Long Long Long / The Beatles ( Rock )

2017/08/02

Jimny に乗りたい

20170802_jimny01

写真はスズキ自動車のジムニー。
軽自動車のジープタイプの四輪駆動車です。
ほとんどモデルチェンジもせずに現在に至っているオフローダー御用達の“軽”の名車と言ってもいいクルマです。

実は私が生まれて初めて買ったクルマがこのジムニーの二代目、「タフ&ニート」が合い言葉の排気量550CCでツーサイクル・エンジン、、ハーフメタルと呼ばれていたドア下部のみボディとして存在し、サッシュ部分はパイプフレームで、幌のついた、しかもフロントガラス部分は前に倒れるという“硬派”なものでした。タイヤはリブラグタイヤと呼ばれて、ほとんど耕耘機みたいなタイプのものでした。
愛してやまず、とことん“使い倒した”大好きなクルマでした。
そして林道や雪の中などをよく走りました。

今・・欲しいんですよねぇ・・(*^_^*)


20170802_jimny02

たまたまこのあいだラジオ番組であのお笑いのヒロシさんがキャンプ好きで、YouTubeにソロ・キャンプの様子をアップしているのを知って見てみたら、キャンプのお供にジムニーに乗っているではありませんか。

若い頃の林道などを走っていた日々を思い出しました。

そして、もう一度ジムニーが欲しくなった。

ジムニーは当時から悪路の走破能力が高く、アプローチアングルや、デパーチャーアングルの角度も大きくとってあり、しかもボディは軽く、ラダーフレームのしっかりとしたシャシー、そして4H、4Lと、副変速機を持つ本格志向の4WDが魅力でした。そしてそれは今も。

もう一度乗ってみたい。
そんな気持ちがムクムクと頭をもたげている今日この頃です(^^;)

今年中にフルモデルチェンジをするなどという噂も聞いておりますので、試乗などをしたら、またこのブログでレポートしたいと思います。
それまで、興味のある人は待っててねd(^_^o)


【Now Playing】 Wipe Out / drum cover by Sina ( Instrumental Music )

2017/01/29

軽自動車に一気乗りしてきました

20170129_cast01

長男が「クルマを買おうかな」などと言い出して、税金その他経費を考えると軽自動車はどうだ、という話になり、私も一緒に出掛け、何台か試乗に付き合ってきました。

行ったのは、スズキとホンダとダイハツ。この三つが現在の軽自動車の御三家だろうということで・・。

ホンダは既に我が家に N-Box があるので、だいたいこんな感じというのがわかるのと、試乗車が不足していたので外観と内装のみ見てきました。
N-Wagon や N-One 、N-Slash など、どれも内装についてはかなり軽自動車と思えない質感でした。コスト・パフォーマンスを考えるとホンダはかなりいい、と思いました。
そして、現在我が家で使っている N-Box は足回りがかなりビシッとしていて、これは好みがあると思います。硬い乗り味が好きかどうか・・。

続いてスズキ。
乗ったのはハスラーとアルト・ターボRS。
ハスラーは車高も高いし、アウトドア感覚なクルマなので、足回りは硬めかと思いきや、意外とふわっとゆるい感じでした。これはほんとに気軽に乗る楽しいクルマでした。内装もかなりポップ。
アルト・ターボは、エンジン始動と同時に「これはただの軽じゃない」という音と雰囲気。
走ってもそれは同じ感覚で、しっかりと地に着き、軽らしからぬ乗り味でした。
しかも、速いっ!普通のクルマにまったく引けを取りません。マニュアルモードでパドルシフトを使えば、軽以外のクルマでも“カモれる”感じです。エンジンの吹け上がりもいいし、私が欲しくなっちゃいました…σ(^_^;)

そしてダイハツ。
長男はキャストに目をつけていたので、それに試乗。
ボディはしっかりした感じで、これまた軽らしからぬ印象。
試乗しただけで、おそらく他のダイハツの軽自動車とは異なる味付けではないかと思った足回り。けっこう硬めの設定です。カーブでのロールも少なく、落ち着いた大人な印象でした。
パワーについても文句なし。いざとなればエコモードを外すとターボなしでもけっこう元気がいいのです。後席の居住性も含めて高得点でした!!'(*゚▽゚*)'

あとは長男がどれを選ぶか、ということになりますが、こうしてあれこれ試乗したり、カタログを持ち帰ったりして迷っている時期が一番楽しいんですよねd(^_^o)
最近はあまりクルマに興味を示さない若者が増えてきたということですが、うちの長男はそうでもないみたいです。

どれを選ぶか楽しみにしておきましょう(#^.^#)


【Now Playing】 Helter Skelter / The Beatles ( Rock )

2017/01/11

“ドリフト・キング”土屋圭一さんの「この名車に乗れ!」を読んだ

20170110_keiichi_tsuchiya01

『この名車に乗れ!/土屋圭一著(洋泉社)』という本を読みました。
これはあの“ドリキン”土屋圭一さんが乗ってきたというか、ぶっ飛ばしてきたクルマ、そして少年時代から憧れていて、やがて自らがレーサーになってから実際に乗ってみたクルマ、また乗っている人やパーツ屋さんなど皆でつくり上げていったからこその名車についても書かれている本でした。

土屋さんのこの本、大きくまとめると

〇トヨタ2000GTや、ハコスカGTRなどの過去の名車に乗るときは、その時代に思いを馳せつつ乗らないと、「大したことないじゃないの」という現代のクルマとの比較になってしまうよ。そうじゃない、あの時代にこれだけのことをやったことが信じられるかい?!という話。

〇単に速いクルマ、それだけではドライビング・プレジャーは無い。オーバーステア、あるいはアンダーステアに転じる時、クルマからのインフォメーションがあるクルマが楽しいし、乗り甲斐があるのだ、という話。

〇「リアが出なきゃダメ!!」みたいな(^_^;)話。

〇トヨタ カローラ・レビン(AE86)みたいに、クルマ自体が生産されなくなっても、エンジンやサスペンションその他のパーツを造るメーカーがいて、それを楽しんでチューンしていくドライバーがいて、単にカローラの一車種だったものが名車に仕上がってきた、これこそクルマ・ファンが育てた名車、という話。

〇国内外を問わず、土屋さんが「このクルマは押さえておかなきゃ」というクルマの話。

・・などなどが書かれていました。

私にはこの本に載っていた「シルビア/180SX」、マツダの「ロードスター」と「RX-7」などの懐かしいクルマのところで、「うわぁっ懐かしい」となりました(゚ー゚*)。oO

読んでいると、やはり土屋さんは自らの“腕”で抑え込んだり、コントロールしてこそのクルマである、というのが第一で、単にただ速く、どうやっても安定指向に造っているクルマにはほとんど興味を示していません。そりゃそうだよね、自らコントロールできるクルマなら軽トラだって楽しいと私も思います。

全部読み終えての感想は土屋さんの熱いクルマへの思いがダイレクトに伝わってくる本だったということ、でも、情緒的な表現は全くと言っていいほどありませんでした(^^;)
だから、ちょっと“一本調子”な感じも否めませんでしたが・・。
とりあえずクルマ好きには楽しい本ですよ!d(^_^o)


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 林真理子 ( NHK-AM )

2016/12/07

トヨタが新エンジンと変速機を来年投入するという

20161207_toyota_engine01

このあいだ、エンジンの本についてちょこっと書いたのですが、またエンジンの話題があったのでふれてみます。

今朝の新聞の小さな記事でしたが、トヨタ自動車が来年から燃費を約20%改善するエンジンや変速機を投入するという内容でした。
平成33年には日本だけでなく、米国、欧州、中国などの主要市場でも60%以上に搭載を拡大するとしています。

エンジンは2.5リッターで直列の4気筒になるということで、1気筒あたりの排気量はけっこう大きいです。
吸排気の効率を上げて、「燃費改善と高出力を両立」とうたっていますので、トルクフルな感じにして低い回転でもゆるゆると余裕をもって回そうということなのかもしれません。
トヨタでは珍しいタイプの性格をもったものになり、さらにこれを主力にしようという目論見のようですから、トヨタの中・大型車のエンジン・フィールはけっこう変化してくるのかもしれませんね。

さらに8速の自動変速機(AT)や、得意のハイブリッドも組み合わされるとトヨタのラインナップはまたまた充実してきて、ライバル社はたいへんかもしれません。

15%以上のCO2削減効果も見込んでいるので、今までトヨタ車を一度も買ったことのない私も新エンジン搭載車には注視せざるを得ないかも・・。

私自身は割と排気量の小さなクルマが好きなので、身を乗り出しているような状態ではありませんが、でもやはりトヨタのすることは気になる・・。
そういえば1.0リッターでターボ・エンジンを搭載したトヨタ車がつい最近出たようですが、どんなクルマなのか、そっちも気になります…σ(^_^;)

もしも試乗する機会などあれば、またここに書いてみたいと思います。

クルマの話題が今まで少なかったので、今後は少し取り上げる率を上げてみようかなどとも思っているところです。
それではまた(*゚▽゚)ノ


【Now Playing】 天気予報 / NHK ( AMラジオ )

2016/11/29

「 World Engine 2016・2017 Databook」が欲しくなってしまいました

20161129_world_engine01

『World Engine 2016・2017 Databook/モーターファン別冊(三栄書房)』を手に入れてしまいました。
ネットで自分のクルマのエンジンの特徴を調べていたら、このムック本が発売されるという広告が出て来て・・気になって気になっていて、本屋さんで見つけてしまい、「ええい、買っちゃえ」と(^_^;)いうことで・・。

現行の世界のクルマのエンジンがスペック、解説付きで写真(一部断面図やカット画像なども有り)が載っている本です。

若い頃はクルマそのものにも興味がありましたが、搭載されているエンジンにも興味がありました。
トヨタの4AGや、スバルの水平対向エンジン、ワンダーシビックの Si に搭載されていた動弁機構の凝ったエンジンなど、けっこうクルマ雑誌をわくわくしながら読んでいた記憶があります。

最近はめっきり・・ということになっていたのですが、この本の広告を見て、かつての気持ちが少し頭をもたげてきたようで(#^.^#)、立ち読みしていた段階で、おおっあのときのあの感じがよみがえってきた、という感じでした。


20161129_world_engine02

新しい技術が盛り込まれたエンジンの解説や、カット画像でのエンジン内部の紹介なども興味深いのですが、何といっても、エンジンの“見た目”の美しさに“ほれぼれ”しちゃいますd(^_^o)

エンジンだから、似たようなデザインになりそうなものですが、やはり各メーカーによって、独自のたたずまいを感じます。
それを楽しむのがまたいいんです!(*^^*)

BMWは力強い美しさを感じるし、ポルシェはメカの塊みたい、メルセデスベンツは端正な感じがします、おもしろいものです。
国産も各社風情が異なりますねぇ(゚ー゚*)。oO

というわけで、しばらくはこの本で楽しめそうです。
おっと、今見ているフィアットのエンジンも独特です(*゚▽゚)ノ


【Now Playing】 虎ノ門ニュース / 川添恵子他 ( YouTube )

2016/11/14

何度でも起こる暴走車の突入

20161112_news01

テレビ、ラジオ、新聞などで一週間と置かずにアクセルとブレーキの踏み違えなどで起こるクルマの暴走、そして歩道や店舗などへの突入事故が報道されます。

それで大ケガをしたり、命を落としたりした人はたまったものではありません。

私の職場の駐車場から車道へ出るところでも同様の事故がありました。
駐車場から通りに出た途端に急加速した乗用車がそのまま向かい側の歩道に乗り上げ、さらに土手をのぼり桜の木にぶつかり仰向けにバック転!、歩道上に亀がひっくり返ったようになって・・。
ものすごい音にあわてて周囲の人たちが飛び出し、おそるおそる「だいじょうぶですか?」とたずねると、「だいじょうぶです」と老夫婦が這い出してきました。
たぶん、アクセルとブレーキの踏み違えだったのではないでしょうか。車道に出る前にブレーキを掛けたら、それがアクセルだった・・。

「ふんわりアクセルeドライブ」なんて言っている団体があり、それに世間的には同調している団体、人が多くありますが、何年も前に最初に聞いたときに「なんて危ないことを言い出したんだ」と思いました。
要するに動き出す際、アクセルをすぐに踏まずに右足を宙に浮かせる時間を長くしてクリープなどの這いだしで始動し、その後アクセルを踏んで加速せよ、そうすればガソリンをあまり使わずに済む・・という、あまりにも愚かで稚拙な考えです。

宙に浮かせた足が“迷い”を誘発するのです。老人だけではない、若い人だってちょっと周囲に気を取られると一瞬、自分の足がどこを踏もうとしているのか、どこに浮いているのか判断できなくなるのです。・・オレは大丈夫!なんて思っている人、あなたのような人が事故を起こす可能性があるのです。

ガソリンの節約、省エネ運転はクルマにまかせればいいのです。それほど日本のクルマは頭がどんどん良くなっている。人によって差異があるのに、“ふんわりアクセル”なんて小細工を個々にやらせるなんて何を考えているのかと思います。たぶんクルマの運転なんてほとんどしたことのない“頭の良い人”が考えたのでしょう。

ほどよく加速し、すぐに流れに乗れる、しかもガソリン消費量は少ない、そんなことクルマ側でいくらでもできるし、実際そういうプログラムのEPI,EFI,PGMFIになっているんじゃないでしょうか。今や電気も手伝ってくれるのです。

むしろ今後は自動運転と共に、“踏み間違え事故”だと判断し、クルマを停止させることを研究した方が良いのではないかと思います。たぶんとっくに研究しているのではないかと思いますが。
昔、日産車で「あなたは居眠り運転をしています」と警告するシステムがありましたが、そんなふうに“踏み違い事故”特有の人の動き、クルマの動きを判断して自動的に制御するシステム、早く出来れば・・と思います。


【Now Playing】 土曜ワイド・ラジオ東京 / ナイツ、出水麻衣 ( TBSラジオ )

2015/03/01

【はっPのアナログ探訪_0008: ケンとメリー ~愛と風のように~ / BUZZ(バズ)(Single)】

20150301_buzz01

日産自動車(当時、社名は異なるかも)の『ケンとメリーのスカイライン』のCMソングです。


20150301_buzz02

アナログ盤を所有しておりましたので針を落としてみました。
とてもシンプルなギター、ベース、ドラム、ハモニカの構成が静かで美しいです。
盛り上がりの部分でストリングスが入りますが、それも自然の美しい光景が浮かんでくるような感じで、「ああ・・いい曲だな」と感じます。


20150301_buzz03

今のクルマのCMとはちがって、“若者・あこがれの生活感”が表現されている当時のCM映像を下記をクリックすることで見ることができます。時代は遠くになった、という感を強く感じました。

↓ここをクリック
当時のCM映像

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック