フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2017/07/24

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №009 東京都文京区千駄木/旧安田楠雄邸庭園(東京都指定名勝)】

20170722_ysuda_kusuo_tei001

今回も前回に続いて“行ってみた”です。
前回の猫町ギャラリーに行く前に立ち寄ったのです。千駄木駅の団子坂改札を出て割とすぐの閑静な住宅街の中にありました。

ボランティアスタッフが中心となって行われている一般公開の日に見学させていただきました。懇切丁寧な案内をしていただいて、98年前の建物を、ため息をついたり、感心したり、驚くことの多い、素晴らしい建築と庭園でした。

ほんの一部ですが、撮ったものをご紹介いたします。
これはこの建物唯一の洋間(応接室)です。
調度も素晴らしいし、柱に施された彫刻などにも細かい仕事がなされています。
絨毯も素晴らしいし、しかも二方向をサンルームに囲まれています。
「おおっ」とか、「うわっ」とか「へぇ」とか思わず声をもらしてしまいました(^^;)


20170722_ysuda_kusuo_tei002

その部屋の応接椅子のとなりにあったテーブル様のものの蓋を開けると、“手温め”のための炭が・・、どこまでもすごいっ!私の知らない世界に住んでいた人たちとその時代に思いを馳せました。


20170722_ysuda_kusuo_tei003

そして庭を見ると、・・これまた素晴らしい。
ここが東京の都会の中なんて信じられませんでした。
しかも、炎天下なのに、ここには涼しい風が時折り吹き渡るのです。・・う~ん、またまた唸った。


20170722_ysuda_kusuo_tei004

これは、庭にある手水鉢と、“月見台”です。“月見台”ですよっ!そういうものがある家なんて、あるんだねぇ・・。


20170722_ysuda_kusuo_tei005

これは家人の部屋にあったもので、襖を開けると水屋があって部屋の中である程度のことができるようになっているのです。こういうのも初めて見ました。


20170722_ysuda_kusuo_tei006

こちらは台所。お気づきでしょう、天窓がセットされ、とても明るいのです。しかも、アイランド・キッチン、98年前のものとは思えません。当然、料理人もいたのだそうです。


20170722_ysuda_kusuo_tei007

その台所にある水切りは、当時ステンレスなどは無かったので、またも驚くべきことに、ガラスの棒を渡してありました。やることが一々すごい。


20170722_ysuda_kusuo_tei008

そしてこちらは冷蔵庫。
そう、氷を入れておいて、その冷気で冷やすものです。
テレビじゃ見たことがあるけど、本物はこちらも初めてです。


20170722_ysuda_kusuo_tei009

そして風呂。写真には入っていませんが、手前にシャワーもついていました。
よく外国映画で見るような形。
浴槽は最初、見てもわかるようにもっと大きなものだったのでしょうが、家族で使っているうちに使いやすいサイズになっていったのかもしれません。


20170722_ysuda_kusuo_tei010

畳の脱衣場にあるこちらは髪の毛を洗うところだそうです。風呂に入らずとも女性が髪を洗うことができるようにと設えられたもの。蛇口は現在取り外されていました。奥に見えるのが先ほどの浴室。


20170722_ysuda_kusuo_tei011

こちらは二階のぶち抜きになっている客間から外の庭園を見たところ。
御簾が下げられています。
ここのバルコニー状の部分に座り込み、当日の連れと二人、吹いてくる風に身を任せ、なんだかしみじみとしてしまいました。
都会のまっただ中、炎天下で、この静けさと清涼感・・考えられない・・。
とてもいい時間でした。来てよかった。


20170722_ysuda_kusuo_tei012

これはその部屋の床の間。
前の畳を見てください。縁が入らないように直前の畳は異形の一畳半に作ってあります。凝ってるねぇ。


20170722_ysuda_kusuo_tei013

これも同じ部屋の隅に設えてある文棚のようなものがある一角で、ここで手紙など書いてみたり、本を読んでみたり、したら・・どんな気持ちなんだろう・・お金持ちになったことがないからわからない・・…σ(^_^;)

この建物と庭園は日本ナショナルトラストが保全しています。
いつまでも保存し、私たちのような者が見学して、日本建築の良さをいつまでも感じることができるといいなぁとつくづく思いました。
毎週、水・土曜日のみの公開ですが、気になられた方には、ぜひにとおすすめしたい所でした。


【Now Playing】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

2017/07/22

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №007 千葉市中央区白旗/彩蓮:さいれん(特製冷やし中華)】

20170721_special_hiyashi01

この“喰ってみた”シリーズ二度目の登場。
千葉市中央区白旗の大森小学校向かい側にあるラーメン屋さん「彩蓮」に“うわさ”の特製冷やし中華を食べに行ってみました。

ネットで写真だけ見て行ったので、詳しくはわからずのままお店に入ったのですが、特製冷やし中華には、「醤油だれ」と「ごまだれ」の二種がありました。
で、ここは珍しい方に行こうと「ごまだれ」を注文!

このまるで大盛り的な盛り上がったかたちの盛りつけがまずはいいたたずまいです。
辛子の他にレモンが添えられているのもグッド!!見ただけで食欲がそそられます。

頂点にあるネギも美しい風情です。錦糸玉子もすばらしくそろって細いのです。

一番気になったのが、右側にある“肉のかたまり”(゚ー゚*)。oO
「牛と豚のあいのこ煮」なんだそうです。それも冷やし中華の中にあってこれは“ホット”なんですよ!やるなあ、意外な展開にうれしい驚き。しかも牛も入っているので、こってりした肉料理的な楽しみ方も加えられているという・・想定外の美味しさと、うれしさでした。
※牛すじと豚の三枚ばらを八時間以上かけて甘めに煮てあるんだそうです。こりゃうまいはずだ。

写真、左側奥にあるのは、揚げワンタンです。これは“サックサク”で、全体の食感的にもなかなかの脇役となっておりますd(^_^o)

クラゲと昆布の中華和えも右奥にありまして、これもなかなかないものが乗っているうれしさ。食べているときのインターバルとしてはかなりイイです(#^.^#)

さらに真ん中にキュウリと並んでいる「鶏チャーシュー」があるわけで、牛・豚・鶏のそろい踏みです(^-^)/☆

「ごまだれ」をチョイスいたしましたが、いけてましたよ。
次回は醤油味も食べたいけど、今回お店に入ってみたら気になるメニューがまだまだありました。
ぜひともそれらをまた試してみたいと思います。

今回は“うわさ”の彩蓮・特製冷やし中華のご紹介でした。

【Now Playing】 土曜ワイドラジオ東京 ナイツのちゃきちゃき大放送 / ナイツ ( TBSラジオ )

2017/07/09

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №006 香取市高萩/ドームハウス】

20170708_domehouse01

今回は“新鮮な体験”として「行ってみた」のご紹介。
千葉県香取市高萩にある『ドームハウス』のモデルハウス見学を妻、長女としてきました。


20170708_domehouse02

不思議な形をした“家”?ですが、私が初めて知ったのは、熊本の大きな地震のときに、このドームハウスで形成された「阿蘇ファームヴィレッジ」が、全く被害を受けなかったというニュースを見てのことでした。


20170708_domehouse03

「特殊発泡ポリスチレン」で造られたこのドームハウス、軽量・低重心で、しかも柱がないため“揺れに強い”というか、揺れるものがないので上記のような被災が無かったということになったのだそうです。


20170708_domehouse04

そして何故ここを見学しようということになったかというと、これを“離れ”として利用し、いざ大きな地震で現在住んでいる家が被害を受けたときに、ここで家族が一時期“しのげる”のではないかと夫婦で考えたのです。


20170708_domehouse05

ルックスは“不思議”な感じですが、カタログを見るとイタリアンにも、ヨーロピアンにも、ジャパニーズなスタイルにも外観の変化が可能でした。


20170708_domehouse06

入ってみると、意外や意外、“広いっ”!!
天井も高く、ゆったりとしてくつろげる感じと、“囲まれ感”“包まれ感”があるので、とてもプライベートな空間としての存在感を感じたのでした。


20170708_domehouse07

このモデルハウスでは、4対6くらいの割合で真ん中に間仕切りをして、「4」の部分にキッチン一室と、バス・トイレの一室、「6」の部分にリビングを設けていました。
内壁は珪藻土を用いて、なんだか快適!


20170708_domehouse08

しかも発泡ポリスチレンで出来ているので、昨日のような暑さでもいったんエアコンで冷やしてしまえば、あとはその室温が保たれるというので、実際に入ってみたらエアコンはほとんど作動していない状態でした。それで涼しい。

電気、水道、下水などの工事も伴うと金額的にはどんどんアップしてしまいますが、これを現在の自宅とサンルームなどを間にかませて接続すればいいのではないか、ということも考え始め、真剣に検討することになりました。

今回の“行ってみた”は、けっこう衝撃的な経験でした。
現地では、とても丁寧にパソコンなども使い、さらに具体的に建てるときの話など詳しく説明していただき、良い知識と経験を得ました。
家族でよく話し合ってみようと思います。


【Now Playing】 コバルト・ブルー / スタジオUSEN ( InstrumentalMusic )

2017/06/26

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №005 千葉市中央区弁天/まとい亭(カフェ・パスタ・ケーキ)】

20170624_matoitei01

今回は「喰ってみた」編です(*^_^*)
JR千葉駅東口を左に出て地下道を通り、地上へ出ると弁天界隈です。
地上へ上がったら千葉公園方向にちょっと歩くと左側に見えてくる「まとい亭」。
見つけたら階段を上がって二階にある入り口へ!

店内は“和”テイストの不思議空間。ちょっと“狭め”なのがまた隠れ家的で、自分だけの場所的な心をくすぐるのでした。

初めて来たのですが、なかなかいいです、この空間。


20170624_matoitei02

家族でやって来たのですが、注文したのは、本日のおすすめの「自家製生ハムとクリーミートマトパスタ」・・クリームチーズがのってますd(^_^o)マイルドなソースも美味しいし、生ハムが素晴らしく美味しかったのでした。


20170624_matoitei03

こちらはトマトテイストのパスタなのですが、緑色のソースはズッキーニなのです。
これは妻が食べたのですが、意外や軽くてどんどんすすんだのでした。


20170624_matoitei04

こちらはレギュラー・メニューのきのこのカルボナーラ、長男が「うまいぞ」って食べてました(^^;)


20170624_matoitei05

ここはケーキ類も美味しいらしいので、追加でいっちゃいましたヽ(=´▽`=)ノ
妻はホット・アップルパイ。アイスも乗って美味とのこと。写真を撮るからちょっと待ってと言ったら、「はよせんかい、アイスが溶けるじゃないの」と叱られました…σ(^_^;)


20170624_matoitei06

こちらは私と長女がたのんだ、チョコ入りのチーズケーキ。
こいつは濃厚でまたまたうまかった!


20170624_matoitei07

長男はチョコ好きなので、チョコレート・ケーキ。
黙々と味わっていました。感想は?と聞いたら「うまいよ、もちろん」とのことでした(゚ー゚*)。oO


20170624_matoitei08

ここはカフェとしても人気らしく、昼はまた別の顔があるのかもしれません。
前から気になっていたので家族みんなで来てみましたが、全員「もう一度来たい」という意見で一致いたしました(^-^)/☆リピーターになりま~す!!


【Now Playing】 日本リアライズpresents / ドランクドラゴン鈴木拓宅 ( TBSラジオ )

2017/05/01

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №004 千葉市中央区白旗/彩蓮:さいれん(ラーメン)】

20170429_sairen01

今回の行ってみた・・は、ラーメン屋さん。割と新しくできたお店です。
場所は千葉市中央区の白旗、大森小学校の道路を隔てて向かい側にあります、通り沿いです。

お店の方もあたたかくやさしい印象、さっそくメニューを見て私は「かに玉ラーメン」、子ども達は「チャーシュー麺(塩)」と「チャーシュー麺(醤油)」を注文!
高菜の入ったラーメンも気になりましたが・・。

かに玉ラーメンは、ドンブリ一杯にかに玉が乗っかっていて(^-^)うまそぅ~。
で、うまぁ~いヽ(=´▽`=)ノ
こりゃうまい、玉子の味付けもちょうどいいっ。どんどんすすみますよ。
ちょっと平たい感じの麺とスープのからみもいいぞ。また食べたいですd(^_^o)


20170429_sairen02

お店はこぢんまりとしていて、中は明るい感じでした。
お店の方も自慢のチャーシューの特徴などを説明してくれたり、三人で行った私達に他のお客さんに移動していただいたりして、席を広くしてくれたりもしてくれて親切でした。
席を替っていただいた方、ありがとうございました。


20170429_sairen03

チャーシュー麺は塩と醤油の二種類有り、長男と長女がそれぞれにたのみました。
どちらも好評でした。
低温でつくったチャーシューは柔らかく、あまりスープの上に長く置いておくと熱が通り過ぎてしまうので、早めに食べてくださいね、と説明がありました。
私も一枚食べさせてもらいましたが、たしかに普通のチャーシューとはひと味もふた味も異なる美味しさでした(*^_^*)


【Now Playing】 グッチ裕三の日曜ヒルは話半分 / 三田寛子 ( NHK-FM )

2017/04/30

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №003 千葉市中央区大巌寺町/じゃくう鳥:JACU-DORI(カフェ・自家焙煎豆屋)】

20170429_jacu_dori01

調子が出て来たので(^-^)/☆シリーズも第三弾に突入、今回は“飲む”ジャンルで珈琲です。
千葉市中央区大巌寺町の淑徳大学の向かい側、セブンイレブンの隣あたりに一年ほど前からオープンしていた『じゃくう鳥:JACU-DORI』に行って来ました。

新しい職場の同僚から高校時代の同級生がはじめた店でいい珈琲屋ですよ、と紹介されました。で行ってみました、家にいた長男、長女も連れて行きました・・とてもよろこんでくれました(^-^)

素敵な室内でしょう?!古い民家を生かして造られているようです。
今の季節、ドアも開け放していて、さわやかな風も室内に入ってきて三人とも、とてもいい気分で過ごせましたよ。


20170429_jacu_dori02

室内のグッズもいい雰囲気を醸し出しています。
木枠のガラス窓から入ってくる光も“心地良い”!


20170429_jacu_dori03

お店の入り口にはベンチもあって、木陰で珈琲っていうのもよさそう(゚ー゚*)。oO
実際に開店前にそこでくつろぎながら待っている人もいました。


20170429_jacu_dori04

ガラスの瓶に入っている珈琲豆そのものがインテリアとなっているかのようで、素敵です。長男、長女とも気に入ってスマートフォンで写真を撮っていました。


20170429_jacu_dori05

パンや焼き菓子もありました。三人とも気に入ったものを手にして席に着き、これもおいしかった。後ろに見えるのはけっこう私好みの本が多かった書棚。ジャズ関係の本がかなりありました。


20170429_jacu_dori06

丁寧に珈琲を淹れてくれるマスターとも楽しくお話できました。
明るい店内とマスターの動きがとても清々しいです。


20170429_jacu_dori07

流れている曲はジャズでした。
そして大きなスピーカーが設えらていましたが、「タンノイ」でした。落ち着いたいい音です。


20170429_jacu_dori08

私はパプアニューギニアの豆(*^_^*)、長男はエルサルバドル・・だったかな?(^^;)、長女はじゃくう鳥ブレンドをたのみました。


20170429_jacu_dori09

カップもそれぞれ楽しく、すっかりお気に入りになりました。
「また来ます」とマスターに言って、楽しい一時間を過し、お店をあとにしました。
よかったですよぉ~「じゃくう鳥」d(^_^o)


【Now Playing】 深層深入り 虎ノ門ニュース / 武田邦彦、大高未貴他 ( YouTube )

2017/04/29

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №002 千葉市緑区平山町/杏樹絵(カフェ・ランチ)】

20170427_anjue001

この行ってみた・・シリーズ、第二弾です。
今回は千葉市緑区平山町にある「杏樹絵」というランチのみの・・カフェ。

よく“隠れ家的”なお店、なんて言うことがありますが、ここは隠れ家というよりも“探すことが困難”的なお店です(^^;)

大宮インター近くの細い道に小さな木の看板があるのみで、何のお店かもわからない。しかも、平日昼しか開いていないらしいことしか書かれていない。さらに入り口らしい道の先にほんとうに道があるのか・・というくらい信じられないような場所にある。

それでもって、ついに意を決してクルマで入って行きました。行きましたが、細道を入っていって、クルマがすれ違うのが大変な感じの道・・そしてクルマでなければここにはたどり着けません。そんなところ・・。

お店を見つけ、おそるおそる入っていくと、やさしい声に迎えられ、靴を脱いでリラックス気分で店内へ。床、ピッカピッカです'(*゚▽゚*)'


20170427_anjue002

窓ガラスはピクチャーウインドウですね、外の景色は額縁に入った一服の画です、まるで。
「御膳」というランチもありましたが、きょうは偵察的な感じでしたので、トマトのパスタランチを選択。
ていねいにつくられた印象で、添えられたサラダ、ゼリー共においしかった。
トマト味もほどよく、B級的なものではなく、おしゃれな酸味の利いた女性にウケる味です。得点高し!


20170427_anjue003

私が掛けた席から見える景色は、日中であるのにほの暗い竹藪と灯りの入った灯籠のある幻想的なもの・・時の経つのを忘れます。何しろ、何の音もしない・・いや、鳥のさえずりのみ聞こえるのです。
単にランチを楽しむというよりも、空間と時間も楽しむのがここの過ごし方なんだと思いました。


20170427_anjue004


20170427_anjue005


20170427_anjue006

駐車場から歩いて最初に見つけた「杏樹絵」の門。立派です。すごいです。最初は気後れしました。


20170427_anjue007

そして、近隣の細い道を歩いてもみたのですが、あちこちの門、入り口付近にこんなふうなものが刺されているのです。これはどういう意味のものなんでしょう。この集落独特の宗教的なものなのか。


20170427_anjue008

あたりの景色はこれまたすごい。
小鳥の声と水の流れる音しか聞こえません。時間が止まっているというか、騒がしい世間と隔絶された世界です。
だからここに来る人がいるのだと思いました。

かなり衝撃的な経験でした。「杏樹絵」あなどれない空間でした。


【Now Playing】 深層深入り 虎ノ門ニュース / 有本香、竹田恒泰 ( YouTube )

2017/04/28

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №001 神保町/ボンディ(カレー)】

20170423_bondy01

今回から新たなカテゴリーを設けました。「行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた」に決めました(^-^)
初めての「行ってみた」「喰ってみた」「飲んでみた(珈琲など)」「酔ってみた(もちろんお酒)」をリポートいたします。
要するに新鮮なインパクトを受けた初回の上記経験について書いていこうと思っています。

今回は“喰ってみた”にあたるカレー屋さんです。
神田神保町の「ボンディ(Bondy)本店」に行って、「欧風カレー」というものを食べてみたわけです。

以前にも来たことがあったのですが、神田古書センタービルの二階にあるボンディですが、二階から階段を降りてきて一階に至るまでの行列を見てあきらめたのです。

でも、今回は意を決して並びました。
カレーなので、割と回転率が良く、そんなには待ちませんでした。

階段で並んでいるときに渡されたメニューから“イチ押し”と言われた「ビーフカレー」を注文いたしました。

最初に出て来たのがこのジャガイモ。バター付きです。
これをやりながらカレーを待ちます。ついでにビールも頼んじゃった!(*^_^*)
ジャガイモ、ほくほくでおいしかったです(^-^)/☆ビールもおいしく飲めます。


20170423_bondy02

続いて待ちかねたビーフカレーの登場!'(*゚▽゚*)'
店員さんが「ビールのおつまみ、チーズ忘れてました」(^^;)と、チーズ“ふたきれ”も併せて置いていきました、ま、いいでしょ。

カレーは大きなビーフがたくさん“ごとごと”って感じで入っていて、やわらかく、味わい深くておいしかった。
カレーそのものも、「通常のカレーよりは辛いですよ」と店員さんに言われましたが、私には中辛で頼んだのですが、そんなに辛く感じませんでした。むしろ、果物などがすり入れてあると思うのですが、その甘さを感じたりもしました。
全体的には、濃厚とまではいきませんが、深く、濃い、しかも煮込み時間の長い、隠し味的な要素もあるカレーでした。おいしいと思いました!!d(^_^o)

ライスはチーズがのっているのが写真で見えるでしょうか、それにカリカリ梅と漬け物も、さらに薬味が左上に見えると思います。それらを乗せて食べると、またまたおいしさ、食欲も倍加するのでした。
ライスの量も多めなので、大盛りはあえて頼まなくてもいいと思います。

結論として、並んでまで食べても、それでもよかった、おいしかった(゚ー゚*)。oOという感想です。神保町にはまだまだ未知のカレー屋さんがあるので、このコーナーでどんどん追求していきたいと思います。
第一回はここまで!ヽ(=´▽`=)ノ


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 石澤典夫 ( NHK-AM )

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック