フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2017/05/21

『PEN散歩』・・ブログでも・・。

20170520_my_garden001

facebook にも挙げましたが、それ以外にもPENで撮った昨日の庭の様子をアップします。
そして、きょうは暑かった( ̄O ̄;)
早朝から午後の途中まで仕事で出勤。数年前まで地域活動の関係で毎週のように会っていた方と久しぶりに再会し、まったく変わりない様子にうれしくなりました。

そんなうれしい気持ちも手伝って、写真の枚数もちょっと多目です(*^_^*)

これから暑さがましていくかと思いますが、皆様、ご自愛ください。


20170520_my_garden002


20170520_my_garden003


20170520_my_garden004


20170520_my_garden005


20170520_my_garden006


20170520_my_garden007


20170520_my_garden008


20170520_my_garden009


20170520_my_garden010


20170520_my_garden011


20170520_my_garden012


20170520_my_garden013


20170520_my_garden014


20170520_my_garden015


【Now Playing】 サポートウェルス! / 田丸麻紀他 ( TBSラジオ )

2017/05/20

映画「マイ・ビューティフル・ガーデン(This Beautiful Fantastic)」を見てきました

20170520_beautiful_garden01

映画『マイ・ビューティフル・ガーデン(This Beautiful Fantastic)/2016年英国 監督・脚本:サイモン・アバウド 出演:ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、トム・ウィルキンソン、アンドリュー・スコット、ジェレミー・アーヴァイン』を見てきました。

予告を見ただけで素敵なイングリッシュ・ガーデンに目が釘付けだったのですが、本編でも美しい自然を感じさせる庭を楽しめました。

そして、庭を造り出すことがテーマの映画だと思って足を運んだのですが、実際は主人公の女性(役・ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)が、予測不能な自然の営みが苦手・・特に植物・・で、何にでも秩序と規則正しさを求める“超風変わり”な性格であり、それゆえ庭の手入れが出来ずに、大家から住居の価値が下がってしまうので一ヶ月以内に庭の手入れをせねば追い出されるというそんなストーリー展開のものでした。


20170520_beautiful_garden02

そして隣家の“偏屈じじい”(役・トム・ウィルキンソン)からも荒れ放題の庭について苦情が出て、主人公の女性は意を決して庭を造り始めるのでした。

そこからが実に面白く、隣家の偏屈じじいだと思った男性は、厳しくもやさしく庭について、花について、自然について、そして生きることがどういうことか、について主人公に深く関わってくるのです。

さらに偏屈じじいに雇われていた料理人役のアンドリュー・スコットが二人の間に入り、絶妙な狂言回しを繰り広げます。
この辺はいかにも英国映画らしい演劇的な展開でした。

もう一人、主人公の女性が好きになってしまう男性(役・ジェレミー・アーヴァイン)。
主人公が勤める図書館に資料を求めて来たときから奇天烈な行動をするのですが、主人公に自分の作った機械仕掛けの鳥を見せてくれ、そのうちに二人は“恋に似たもの”をするようになり・・でも、波乱の出来事が起きて二人の恋の行方は・・という楽しみな展開(゚ー゚*)。oO

美しい庭や花々も堪能できますが、むしろこの映画は、人として生きて行く、住まうという行為、自然とのつきあい、人とのつきあい、うつろう季節と時、そんなことを意識させてくれるヒューマン・ストーリーだったと感じました。
やさしい心の持ち主のあなたには絶対のおすすめ映画ですd(^_^o)


【Now Playing】 子ほめ / 桂米朝 ( 落語 )

2017/05/07

旭市に牡丹などが咲く個人庭園をたずねた

20170506_asahishi_garden001

昨日、中学時代の担任の先生か住んでいる旭市に先生の知り合いのお宅を先生と共に訪ねました。


20170506_asahishi_garden002

昨年も訪ねたのですが、牡丹その他様々よく手入れされた(すべてひとりでやっているとのこと)庭園を見ながら、集まった皆でお話したり、お弁当を食べたりして過そうという企画でした。


20170506_asahishi_garden003

ピッチリと手入れされた庭には入った瞬間から今年も驚きました。
ちょうど牡丹が“見頃”だというので皆で訪ねたのですが、母屋の他に「はなれ」もあって、最初はそこからお茶を飲みながら庭を拝見しました。
その「はなれ」も、ほとんど茶室のような佇まいで、普段はまったく使っていないと聞いて、ここで読書などできたら最高だろうと思いました。とにかく音なんてまったくしないし、この日は暑いくらいの一日でしたが、部屋は涼しく、夏でもエアコンはいらないそうです。海から田んぼを経て吹き渡る風はとても涼やかです。


20170506_asahishi_garden004

庭のほんの一部ですが、写真をご紹介いたします。
竜安寺の石庭みたいに石がならされていて、プロの仕上がりです。「鹿威し」もありました(^_^;)素人の仕業じゃない・・。


20170506_asahishi_garden005

そしてこの庭の手入れをされているこの家の女性は、旭市から東京まで大学の講座を聴きに行ったりもしているそうで、教科書も見せてくれましたが、その内容についても事細かにお話してくださいました。


20170506_asahishi_garden006

20170506_asahishi_garden007


20170506_asahishi_garden008

【Now Playing】 ワンダフルナイト / 柳原可奈子 ( ニッポン放送 )

2017/05/05

『PEN散歩・ブログ編』・・GW一大イベント、草刈終了して

20170505_garden01

花が植わっている庭から道を隔てて向かい側は草が伸び放題となっておりました。だからキジまで住み着いて、「雉野ケン太」って名前までつけてしまいましたが(^^;)
この連休に草のケリをつけようと昨日、一昨日と奮闘し、なんとか草刈を終えました。


20170505_garden02

そのときに反対側の花の植わっている側の庭を見ていてほっとしました。疲れも癒えました(゚ー゚*)。oO


20170505_garden03

facebook にはその庭の様子を既にアップしたのですが、ブログでも写真を変えて一部アップいたします。
日中は暑いのですが、朝夕はまだちょっと肌寒かったりする今日この頃、草花は日々様々な様子を見せてくれます。


20170505_garden04

なので、ちょっとそれをお裾分け。


20170505_garden05


20170505_garden07


20170505_garden08


20170505_garden09


20170505_garden10


【Now Playing】 Hanging On A String / Bing Ji Ling ( チルアウト・ミュージック )

2017/04/11

『blog版・PEN散歩』・・日曜は雨の一日でした。

20170409_flower_garden01

しとしとと降る雨・・、庭の花々はその冷たさにもめげずによく咲いていました。
facebook の調子が悪いようなので、ブログ側でアップしてみました、雨の庭。
雫が落ちる花などを撮ってみたのですが、晴れの日もいいけど、これはこれなりに風情があるように思いました(゚ー゚*)。oO


20170409_flower_garden02


20170409_flower_garden03


20170409_flower_garden04


20170409_flower_garden05


【Now Playing】 今朝の三枚おろし / 武田鉄矢 ( Podcast )

2017/04/09

キジの雨宿りはこの中で

20170409_kiji_tree01

このブログでご紹介した我が家にやって来たキジ。
朝早くには鳴きながら私の部屋の窓下までやって来ていることもありました。
毎日見かけるのですが、本日は雨。

どこに行って雨宿りしているんだろう、と思っていたら、外から何度も「ケンケ~ン」と鳴き声が聞こえてきました。
妻と外に出て探しましたが見つからず、隣の敷地まで見てみると、この写真の花がたくさん咲いている木の中で雨宿りしているようで、ピョコンと出て来ました。

目が合うと、あわてて首を引っ込めていましたが、派手な色なのでよくわかりました(*^_^*)

冷たい雨なので、きょうは一日ここにいるのでしょう。
さっき、また鳴いていました。
ずっと居てほしいです。


【Now Playing】 トーキング・ウィズ・松尾堂 / 松尾貴史他 ( NHK-FM )

2017/04/02

昨日に続き、きょうも来てくれたキジさん

20170402_kiji01

昨日、facebook でご紹介したのですが、早朝雨戸を開けるとそこにはキジが庭を散歩しておりました'(*゚▽゚*)'

で、きょうもカーテンを開けて「また来ないかなぁ」と庭を見てみると、・・( ̄O ̄;)いましたよ、いました、いました。


20170402_kiji02

ちょっと遠巻きにして、カメラを手に近づき、私が撮影しようと回り込むと、向こうも回り込んで木の陰に入り、(^_^;)なかなか撮ることが出来ませんでしたが、こうしてなんとか撮ることが出来ました(*^_^*)

きれいな色ですね、近づくとよりそれがよくわかりました。


20170402_garden02

以前は我が家の周りはほとんど何もない場所だったのですが、近年、住宅が激増し、ついここ一ヶ月の間にも二軒、家が建ち上がり、すでに両方とも生活が始まっています。
ということで、キジが安息の場所として選ぶにしても我が家くらいしかないような状況なのかもしれません。
それにしてもどこから来たんだろう。


20170402_garden01

今、キジのいるところは荒れている部分ですが、その正面の家が立っている側は写真のように花々が咲き始めているところです。
上空からこの様子を見て舞い降りてきてくれたのでしょうか。


【Now Playing】 きらクラ! / ふかわりょう、遠藤真理 ( NHK-FM )

2017/03/26

ブログでも『PEN散歩』・・庭で花々が咲き出した

20170326_flower01

facebook ではこれ以外の写真をアップいたしましたが、こちらブログでもPENを使って撮った庭の花々の写真をアップいたします。

先週は異動の内示があり、昨日は休日でしたが、職場に行き、残務整理をしておりました。
今までと同様の仕事内容なのですが、次に来る人への引き継ぎのための準備等をしてきたのです。
夕方近く、帰宅すると妻が庭に出て手入れをしていました。
「おおっ、花たちも咲き始めたね」とあらためて庭を見ていました。


20170326_flower02

こうして花々が咲き始める時期は、上記のように人にとって変化、転換期でもあります。
胸いっぱいに期待をふくらませる人も多いのかもしれませんが、私は小心者で、心の中は不安感でいっぱいになります。


20170326_flower03

私の住んでいる地域では通勤時のメイン通りが“こぶし”の花で満開になっていて、それを見ると、この時期の不安感が重なって、心に何か雲が垂れ込めてくるような気分になるのです(^_^;)
いい歳して困ったものですが、そういうことになってしまっていて・・、この時期はあまりほんとうは好きではないのです・・。こぶしの花も、・・もちろん通勤時に写真も撮っていませんけど・・…σ(^_^;)

さて、これから家族で食事に行くことにいたしました。
いろいろなことを忘れて、楽しく皆で話しながら食事してきます。
それではまた。


【Now Playing】 浜美枝のいつかあなたと / 浜美枝 ( 文化放送 )

2017/03/16

「日本人が忘れた季節になじむ旧暦の暮らし」を読んだ

20170314_nozomi_chiba01

ブックオフで買い求めた『日本人が忘れた季節になじむ旧暦の暮らし/千葉望著(朝日新書)』を読みました。108円!(*^_^*)

身近なところでは、年賀状に「新春」とか「初春」って書くけど、それってどうなんだろう・・って私も小学生の頃から思っていました。実際は冬なのに「初春」を慶んでいるわけです。でも、もともと「旧暦」では寒を抜けてほんとうに「迎春」、春を迎えていたんですよね。

三月三日のまだまだ寒いひな祭りも、旧暦では桃が咲く季節のお祝いである、と書かれています。

そうなんですよね、旧暦で見れば日本の四季の良さをあらためて感じることができるのだ、と著者が丁寧に書いているのがこの本なのです。

テレビで芸能人が俳句をひねり、それを有名な先生が採点するなんて番組がありますが、その中でも“季語”について先生が指摘することがあるのですが、そんなときも、「えっ、これがこの季節の季語なの?!」って驚くことがよくあります。
それもやはり旧暦を意識すれば解決するわけで、この本でも紹介されていますが、今でも売っている“日めくりの暦”に旧暦ではいつに該当するかが書かれていて、私もそれはいいなぁ、今度よく見てみよう、と思いました。

そうすれば、現在の新暦(太陽暦)で行われている行事なども、旧暦で行えば季節にあって、理にかなうものだったのだとわかることでしょう、そんな気づきも新鮮だと思います。
そうそう、スマートフォンのアプリに「旧暦アプリ」というものもあって、旧暦だと今日は何月何日かがわかるとも書かれていました。それもいいねぇd(^_^o)

月を見たりすることも少なくなった昨今、あらためて月の運行に基づいた暦(太陰暦)に目を向けてみるのもよいことだ、と感じたのでした。


【Now Playing】 天気予報 / NHK ( AMラジオ )

2017/03/13

ブログでも金龍山浅草寺「伝法院庭園拝観と大絵馬寺宝展」のご紹介

20170310_dempoin_garden001

facebook では一部写真にてご紹介済みなのですが、こちらブログでも表題の庭園拝観、ご紹介いたします。

絵馬展の方は写真撮影が禁じられていたのでご紹介できないのですが、通常考える絵馬からは想像出来ない巨大な額に入った、しかも一流の絵師が最高の技を懲らしたもの、そして額師が彫りの粋を集めたもの・・、ずっとあっけに取られて同行の大切な友と共に見入ってしまいました。これも庭園と共に実際に観てみることおすすめですよ。

庭園の方は池を中心に形成されていて、その周囲をぐるりと回るとその場所ごとで風景は驚くほどの様変わりを見せてくれます。しかも、きっと季節によって木々や花々も変化を見せてくれると思うので、いつ行っても異なる様子を感じられるのではないかと思いました。
これは池を回り込んで書院を見て、しかも後ろにはスカイツリーという(゚ー゚*)。oOいい光景です。撮影しちゃいますよねぇ(*^_^*)


20170310_dempoin_garden002

次は大きく前面の池に開かれている書院。とても落ち着いた雰囲気。ここを友と共にゆっくりと散策していたら、「お茶はいかがですか」とお茶までいただいて、もうねぇ(#^.^#)ほっこり。


20170310_dempoin_garden003

20170310_dempoin_garden004

内部の様子も素晴らしい。そして鴨居や照明の傘なども時代を感じさせるいいものでした。
こんないいところがあの“にぎやか”な浅草寺、仲見世のすぐそこにあったんですね。


20170310_dempoin_garden005

こちらは大正時代に造られた書院だそうで、縁側は前面ガラスで覆われていて、昔のガラスですから、その歪みがまたいい感じで光を反射しているのです。
“時”を感じさせますよ、素敵です。


20170310_dempoin_garden008

いろいろな角度から見てみましたが、それがまた何故か自分が昔住んでいた家なども思い出してキュンとなったりもしました。


20170310_dempoin_garden006

今度はさらに池を回り込んで書院を撮ったもの。
都会の一角とは思えませんでした。とても静かで、ゆっくりと時間が流れているのです。
着物を着て撮影している方もいらっしゃいました。


20170310_dempoin_garden007

同行した友にもよろこんでもらえたようでした。
二人ともけっこう写真を撮りましたよ。花を見たらみたでパチパチと・・d(^_^o)


20170310_dempoin_garden009

私も庭園があるということは知っていたのですが、これほど素晴らしいものだとは思っていませんでした。
まだまだいい写真が撮れているのですが、あまり載せてしまうとそれだけ見て行ってもらえないかと思い、ちょい控えめにしておきました(^^;)


【Now Playing】 橋幸夫の地球楽団 / 木村至信 ( TBSラジオ )

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック