フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2020/05/26

緊急事態が解除されて

20200523_garden001

写真は現在の我が家の庭に咲く花々。
世の中の大変な状況とは打って変わってほのぼのとした気分にさせてくれます。
ありがたい。

緊急事態宣言の前から我が家は非常時警戒モードに入っておりました。
マスク装着や、手洗い励行などはもちろん、まだ警戒態勢に入っていなかった職場にも自費でアクリルボード等の材料を購入し、設置。何と言われようと感染対策を自ら行いました。
あのとき顔をしかめていた人も今では感謝してくれているようです。

 

 

20200523_garden002

本屋にも行かなくなりました。
市内いろいろな本屋、ブックオフなども巡廻するようによく出掛けていたのに、今やまったく・・。

ジャズ喫茶などのジャズが流れている珈琲屋さんなどもお店自体が自粛していたりで行くこともなくなりました。
そこで友達や、よくこのブログに登場する中学時代の先生とも話に花が咲いていたのですが・・。

 

 

20200523_garden003

映画にも行けなくなりました。
私の大好きな千葉劇場も感染対策で閉めていたためです。
他の映画館では上映されない“いい映画”がいつもかかっていたのです。これも残念。

そして何よりも宝塚歌劇が上演休止となり、人生の大事な部分にぽっかり穴があいたようです。
観劇後のヅカ友との飲み会も、もちろん無くなりました。
いやもう寂しい。

 

 

20200523_garden004
早くもとのように、などと当初は思っていましたが、現在の状況をみると、なかなかそんなことにはならないようですね。
へたをすると、この緊急事態解除が“ゆるみ”の発端となって、再び緊急事態が訪れるかもしれません。
20200523_garden005
とにかく油断せずに日々過していこうと思います。
なにか「光」が見えてくるような明るい話題がほしいですねぇ。

2019/12/13

新海均・編の「季語うんちく事典」を読んだ。

20191213_shinkai_hitoshi001

『季語うんちく事典/新海均編(角川ソフィア文庫)』という本を読みました。

以前、このブログで「夏井いつき」先生の『子規365日』という正岡子規の句を一年365日それぞれにぴたりとくるものを先生が取り上げた本をご紹介しましたが、もちろん夏井先生が登場するあのテレビ番組「プレバト」は、テレビ嫌いな私もよく見ておりますよ!d(^_^o)

というわけで、また俳句関係のこの本、今回は「季語」についてのうんちく本です。

春夏秋冬の季語をとにかくたくさん取り上げて、その季語について著者があれこれ調べた(かなり深い)内容が紹介されています。
えっ、この季語がこの季節のものなの?!なんて、単純に私のような素人が驚くこともあったのですが、季語それぞれについての“うんちく”は面白かった、これを“おかず”に白いご飯三杯はいけそうでしたヽ(=´▽`=)ノ


夏の季語「冷麦(ひやむぎ)」の項では、冷麦と素麺(そうめん)の違いまで取り上げてくれています。・・正直、私も曖昧な違いしかわからなかった。
太さ1.3ミリ~1.7ミリのものが冷麦、0.7ミリ~1.2ミリが素麺。
素麺には植物油が含まれているのですね、そういえばどこかで聞いたことがあった。

その他、「トマト」の項では、「トマトが赤くなると、医者が青くなる」理由にふれています。ようするにトマトの栄養が素晴らしいってわけですが、その栄養についても詳細にふれています。

で、季語それぞれを使った句も紹介されています。
たとえば上記「トマト」のところでは・・

[二階より駆け来よ赤きトマトあり 角川源義]

・・なんて具合です(*^_^*)

四季それぞれの季語、230ページ全部たのしめました。

・・でも、まだ自分で句は書いていない…σ(^_^;)

 

2019/10/12

台風が近づいてきて

20191012_radio001

勢力の強い台風が近づいております。
というか、もう朝から台風が上陸しているような状況です。
本物が上陸したらどんなことになるのか・・。
ただいまラジオで情報を得ながら家でじっとしております。

懐中電灯を数本、電池も準備、携帯充電用のバッテリーも満タンに、水もポリタンクや浴槽、ペットボトルに蓄え、家の周りの飛んでしまいそうなものを片づけましたが、不安は拭いきれません。

前回、千葉を襲った台風15号のときにも轟音と物が飛ぶ音、ぶつかる音で眠れませんでした。

自身の体調も一進一退といった状況で、不安な日々を過しているところなので、ますます精神的にも肉体的にもつらいのですが、なんとか台風の影響も、身体もいい方向にいくように気持ちを強くもとうとしています。

今年は思ってもいなかった人生の中でも辛い年になろうとしていて、今まで困難にあったときのことを思い出しながら過していますが、その経験だけではなかなか乗り越えられないような感じです。

本を読んだり、人からのアドバイスなどももらって考え方、生き方を方向修正していこうと思います。
台風、早く過ぎ去ってほしい。

2019/04/06

新年度が始まって一週間

20190406_garden003
新年度が始まって一週間が経ちました。
職場も仕事も新しくなり、ふだん使わない部分の“脳”を使い、身体もなんだかギクシャクしてきて新入社員のような気分でした。
疲れたねぇ・・(*^_^*)・・緊張感もただ事じゃなかった。
20190406_garden002
ということで、本日はお休みの土曜日。
お天気も良いので庭に出て、草花などを見ながら少しほっこりとした気分に浸りました。
20190406_garden001

草花も今年の新人のごとく次々と咲き始め、“仲間”のような“同士”のような親しい関係になったみたいです(^_^;)

今日、明日とゆっくり休んで来週にそなえます。

 

【Now Playing】 Walkin' / Miles Davis ( Jazz )

 

 

 

2019/03/31

明日から4月、庭にも春がやってきた

20190330_garden002
月日の経つのは早いもの。
このあいだまで庭には花ひとつ咲いておりませんでしたが、気づくとあちこちに花が咲きはじめました。
20190330_garden001
気温はまだそんなに上がってきていませんが、草花は春の空気を感じているのでしょう。
20190330_garden003
ここ数ヶ月で我が家の周囲は、かなり樹木などの伐採が進み、ついこのあいだ三軒の家が建ち、すでに二軒には人が住み始めています。
一軒は挨拶にみえました。
小さな子どもさんのいる家族でしたが、ぜひこの田舎の空気を毎日感じて楽しい生活をしていただきたいです。
20190330_garden004
できれば、庭に少しばかりでも花を植えていただくと嬉しいんですけど(*^_^*)

2019/01/08

このあいだの休みに先生と古木・巨木・奇木巡りをしてきた

20190106_big_old_tree001

このあいだの休みの日に、このブログに度々登場する私の中学時代の担任の美術の先生と待ち合わせ、表題のとおり「古木・巨木・奇木」巡り?をしてまいりました。

先生は古い樹木や、巨木、なかでも奇妙な形になった木々に興味があって、よく私にどこそこのお寺にすごい木があった、とか、あそこにあった奇天烈な形の木を一度見せたかったなどとお話をしてくれます。

というわけで、私も大網白里にある(土気の飛地なのか?)縣神社にお連れして、先生に古木・巨木・奇木を味わってもらいました(゚ー゚*)。oO
これがまた先生の美術作品に何か大きな影響を与えているのかもしれません、その形や感じるエネルギーのようなものから・・。


20190106_big_old_tree002

最初二枚の写真は縣神社でのもの。二枚目の写真には木を見上げる先生も写っております(^_^;)


20190106_big_old_tree003

三枚目の写真は千葉市の大巌寺町にある淑徳大学の正門を入ってすぐのところにある奇木!?
入り口の守衛さんにお願いして門の中に入り、撮らせていただきました。
先生、おおよろこび!d(^_^o)


20190106_big_old_tree004

樹木と撮影、会話をしてからは落ち着いて淑徳大学近くの珈琲店「じゃくう鳥」でまったりといたしました。
マスターと先生も久しぶりの再会でした。
先生、ここでもニコニコしてお話をしつつ、珈琲を美味しそうに啜ってました。
かかっていたマイルスのジャズもよかった。・・この音楽にも先生大満足!

かつての先生と生徒、いい歳こいても仲良くできて、私はしあわせです(*^_^*)

2018/11/03

庭の樹木、剪定・伐採に汗を流した

Image3_20181103

もう今年も11月になりました。
いろいろと来年以降のことも考えつつ暮らしている日々ですが、今年は長年使っていた物置の解体があり、中の物はいったん預かってもらうことになり、家族全員で大移動を行いました。

来年には、その大移動させた物を、物置を庭に作って、また大移動の予定です。

そのためにまずは庭の空き地部分にある樹木の伐採と一部枝下ろしを行い、さらに全員参加のこの機会に妻が手を掛けている庭の部分の樹木もかなり高さがでてきて、今後の手入れが難しくなりそうなので、そちらも思い切って剪定しました。

枝については、市が貸し出してくれる粉砕機というか、枝をチップ状にしてくれる機械を今月末に借りて粉砕作業もすることになりました。
けっこう大掛かりです。

その粉砕前の事前作業も今日の午後に行い、下ろした枝をさらに小さく切り分けました。

途中、天気予報にもなかった雨が降り出し、寒くて厳しい状況になりましたが、なんとか乗り切ってひと仕事終えました(*^_^*)

丸一日の作業で疲れもピークを越えた感がありますが、まあなんとか、家族皆で協力し合ってやっていきます。生きて行くのは、生活するのは・・たいへんなことです。

2018/09/25

超ひさしぶりに庭のようすです

20180924_garden001

この夏、妻が病気で大好きな庭いじりがなかなか出来ない状態にあったのですが、その間も庭の草花は生きているわけですから、それぞれがそれぞれに育っておりまして・・(*^_^*)花を咲かせたり、実をつけたりの状態です。


20180924_garden002

せっかくですから、その一部の写真をアップいたします。


20180924_garden003

見ているとね、時の流れを今年は特に強く感じて、まったく目を離している間も草花が力強く生きているのを確認して、なんだか涙ぐんでしまうのでした。


20180924_garden004

人だって困り果てているときも、なんとか生きようとして物を食べ、自らを鼓舞したり、ふとした季節の変わり目にほっとするような心持ちになったりします。
生きてなきゃだめだよね。
宝塚の隠れた名作「テンダー・グリーン」のタイトル・ソングの中で、亡くなった大浦みずきさんが歌っていた「生きていることがつらいだなんて、思いたくはない」という歌詞を思い出します。


20180924_garden005

生きてなければだめ。これに尽きる。

2018/05/19

きょうは完全休養にした

20180519_flower001

きょうは、本当はかかりつけの漢方のお医者さんに定期的に行く日だったのですが、延期して来週に延ばし、一日ゆっくりと休むことにしました。


20180519_flower002

朝食をとってからふらりと床屋へ。
床屋の兄ちゃんは妻と同年代ですが、クルマやネットの話、その他日々の出来事などでなぜか話が合います(゚ー゚*)。oO
よく話をしてきました。


20180519_flower003

そのあとは帰り道、ちょっと古本をチラチラと見るだけで帰宅。

妻と長女は体のメンテナンスで特殊な治療をしているところに出掛け、そのまま妻の実家へ。

長男も出掛けました。


20180519_flower004

私はひとり昼食を家でとり、そのあとは肌寒いくらいの風が吹き渡る庭をながめつつ、小さなスピーカーで様々なジャンルの音楽をシャッフルして居眠りしつつゆっくりと過しました。
写真はその庭です。


20180519_flower05

ときどき今読み途中の本のページをめくって、感動する話にほろっと涙を流してしまいました。


20180519_flower06

先週も仕事の関係である人のために必死に、その人のためを思い、あちこちにお話をして説得したり、納得してもらったり、その人の今後によかれと全力で動きました。
でも・・当のご本人には理解されていないみたい・・。ひょっとして少し恨まれているような様子もうかがわれ、心の中はとても苦しい。
だから、心身ともに疲れて、きょうの医者に行くこともやめてしまいました。

できるだけ何もせずに平静を保とうと思ったのです。
少しだけ、回復したかもしれません。

明日は、また起きてみてどうするか決めようと思います。
というわけで、おやすみなさい。
皆さんの明日もいい日でありますように。


【Now Playing】 ラジオ深夜便 / 早見優他 ( NHK-AMラジオ )

2018/05/15

今年は例年と気候やその他がちがうみたい

20180514_flower001

写真は インスタにアップしている写真以外で最近撮った庭の草花です。
今年は既にゴールデンウィークに一度大掛かりな草刈りを行ったのですが、例年だともう二週間もすると“草ぼうぼう”になってしまうのですが、今のところ“ぽわぽわ”と背丈も低く生えているだけです。


20180514_flower002

生えている雑草の種類も異なっていて、去年はあまり見なかったものが多い。
何かが今年はちがうのか。


20180514_flower003

体に感じる風というか、空気も去年まで感じていたものとはちがうんだよなぁ、明らかに。


20180514_flower004

でも、ご覧のとおり、花はどんどん咲いていきます。
毎朝、出がけにこの草花たちに挨拶しながら出掛けます。


20180514_flower005

そういえば、葉っぱや茎の緑の色がちょっといつもとちがうみたいな気もします。
ちょっと濃いというか、“深い”んですよね。


20180514_flower006

そんなことに気付くようになったのも、ここ最近です。
やはり少し自分も年輪を重ねて落ち着いてきたのでしょうか…σ(^_^;)
・・いや、ただの“おっちょこちょい”だね、やっぱり!

つまらない戯れ言申し訳ございませんでした。
また明日も元気にやっていこうじゃありませんか、皆さんd(^_^o)


【Now Playing】 Call Me Back Again / Paul McCartney & Wings ( Rock )

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック