フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2018/04/15

人と私の間に「自分」がいる

20180415_bunka_housou01

日曜の朝のラジオ番組に、小椋佳さん司会のインタビュー形式番組「小椋佳・闌(たけなわ)の季節(とき)」というのがあって、今朝も聞きました。

ゲストはマラソン解説でおなじみの増田明美さん。

さすが増田さんは、いつもインタビューする側にいるので、番組はだんだん増田さんから小椋さんへのインタビューにくるっと転回してしまって(^^;)自分夫婦への質問を逆に小椋さんに「どういう夫婦になっているか」と返しました。

小椋さんは小学校からの同級生と結婚されたそうで、「私がいるのは彼女がいるから」?と意味深長な返答がありました。

つまり・・自分が自分としているだけでは、自分は存在していることにはならない。

「私が妻といることによって、私と妻の間に「自分」というものが存在しているのだ」

というわけです。

一瞬何を言っているのかわからなくなりましたが、

そうか、と思いました。

妻だけではありません。

私がいろいろな人と会い、いろいろな関係を持つわけですが、その人と私がいるその間の空間に“その人との関係の私”というものが存在しているのだ・・と気づきました。

そう考えると意義深いです。

私には、職場での多くの他者との関係もありますが、いろいろなところに、いろいろな人といろいろな関係を持っています。

その人達それぞれの間に、その人と私にとっての「自分」が存在しています。
逆も言えます。「その人」と私が認識している存在は、私とその人の間にあるその人の人物像です。

そう考えると二人の間に出来上がっている互いの人物像は二人の関係の間で築き上げられたものになるわけです。

いいかげんな関係の間に築いてしまった「自分像」は、きっと“いいかげんな自分”になっているのだと思います。

自分を少し戒めるような言葉だと、私には感じました。

そんな朝、ゆっくりと始まりました。


【Now Playing】 闌の季節 / 小椋佳 ( 文化放送 )

2018/03/24

“ほっ”として

20180324_morning01

今朝は早起きして、人間ドック時に「再検査を」と言われた検査をしてきました。
かってに大丈夫だろう、なんて思っていましたが、夕べから不安感におそわれ(・・実は臆病(^_^;))重い気分のまま医者へ。

妻がついていくと言ってクルマに乗せてくれ、なんだかやさしいので余計に不安に…σ(^_^;)

検査中も先生は私に話しかけず、「うぅん・・おぉっ・・ああ・・」などとつぶやきつつ念入りに検査。
何かあるような気にさせられ、検査後先生からお話があるので少しここで待っていてくださいと看護師さんから言われ、ポツンと検査室にいるとますます不安に・・。

長時間かかったため妻が心配になり、受付で頼んで検査室までやってきて一緒に先生の話を聞くことに。

検査中に看護師さんに頼んで先生が組織のサンプルを取ったのも見ていたので、心配&不安は“マックス”に!

で、さんざん待ったあと先生が来て、結果は「だいじょうぶ」・・だって'(*゚▽゚*)'


20180324_morning02

どっと疲れが出たあと、昨夜から何も食べていなかったので、妻とカフェに入りモーニング。


20180324_morning03

そのあと近くの桜がある通りを二人で「よかった」と歩いてから帰ってきました。

ああドキドキした。


【Now Playing】 Where Are You / Dextor Gordon ( Jazz )

2018/02/14

映画「はじめてのおもてなし」を見た

20180212_wecome_to_germany01

映画『はじめてのおもてなし(Willkommen bei den Hartmannst)/2016年・ドイツ 監督サイモン・バーホーベン 出演:センタ・バーガー、ハイナー・ラウターバッハ、フロリアン・ダーヴィト・フィッツ、パリーナ・ロジンスキ、エリヤス・エンバレク他』を見ました。

物語はドイツの閑静な住宅地に暮らすある一家(見た目は裕福で幸せそうだが、実はいろいろな問題を抱えている)が難民を一人、受け入れて、そこから始まる騒動のお話。

・・でも、その一家は、お互いが理解できずに内実は“バラバラ”な状態になっていて、次から次へと起こる“問題”は難民の青年の受け入れという事実からではなく、一家の問題が発端となっていて、それを解決することによって収まるという、そんなお話でした。

ストーリーの展開は、難民の青年が持つ外国文化や習慣の違いがハプニングとなり、それが笑えたり、泣けたりのドタバタ具合が面白い・・という形で進んで行きます。
でも、このハートマン家という家族は、主人が“老い”を感じつつも、それを肯定できず、若返りの整形的な施術を友人の医師にしてもらい、さらに若い女に“モテよう”としてアレコレ画策をし、しかも自らも医師でありながら、老いから起こる小さなミスをおかしても、逆ギレしてそれを否定する状況。さらに妻とはものすごく長いあいだ“ごぶさた”。

妻は妻で、元教師だが、引退後に生き甲斐を見失い、この映画の元となる難民引き受けを夫の反対を押し切って行い、難民青年ディアロを自宅に住まわせる。

長男は仕事のことばかりで鬼のような仕事人生を送り、妻は逃げ、子供は悪い方に染まっていく状態。

長女は、永遠に“自分探しの旅”をしているのか、30歳になっても何度も学校を落第し、学校を変え、未だに学校に通っている状態、しかもいつもストーカー付き!

そんな一家が難民青年を引き受けたことで、互いの弱みを突っつき合い、傷つけたりしながらも、実際は難民青年と家族一人一人が関わり、向き合うことによって、壊れかけた家族の結び付きが徐々に修復され、泣き笑いのハッピーエンディングを迎える、というものなのでした。

ドイツ映画って、あまり見たことがなかったのですが、どんよりとしたところがなく、明快で、しかも映像も美しく、ヒューマニズムも感じさせ、見どころいっぱいのものでした。

登場人物も“キャラが立って”いて、笑ったり、泣いたり、心配したり、ワクワクしたりで、時間を感じさせませんでした。

いい映画、おすすめですd(^_^o)


【Now Playing】 天気予報 / NHK ( AMラジオ )

2018/01/21

映画「ベロニカとの記憶」を見てきました

20180121_sense_of_ending01

映画『ベロニカとの記憶(The Sense of an Ending)/2015年・英国 監督:リテーシュ・バトラ 出演:ジム・ブロードベント、ハリエット・ウォルター、スージー・ウェブスター、エミリー・モーティマー、ビリー・ハウル、ジョー・アルウィン、フレイア・メーバー、シャーロット・ランプリング』を見てきました。

主人公は妻と離婚し、一人暮らし。娘はシングルマザーになろうとしているところ。
ある日突然、記憶の彼方となったはずの女性から自分宛に遺品が残されているという知らせ。

その女性は自分が学生時代に付き合っていた彼女の母。一度しか会ったことのない彼女の母が亡くなり、しかも遺品はその母が持っていた自分の級友(男性、※当時自殺している)の日記・・という不可解なもの。

で、当時の彼女はその遺品を渡せないという・・。

なぜなのか、すっかり風化され、自分に都合の良いものとなった記憶を呼び戻し、また、かつての彼女との接触をはかり、謎を解いていきます。
その過程は別れた妻にも告げますが、逆に怒りを買うようなこととなり、ますます男性は居場所がない、というか、若き日の自分が犯した罪・・蘇った記憶の忌まわしさにオロオロすることになります。

自分を大きく見せようとしたり、皮肉な態度をとったり、人に対して気遣いや思いやりに欠ける失言、余計な言葉を発するなどの過去の事実に愕然とするようなこととなります。

でもね、その愚かさって、私のように長い人生を経験してきた者だったら、ほとんどの人が犯していることなんじゃないでしょうか。
特に男はね。


20180121_sense_of_ending02

この物語には原作があるとのことですが、エンディングはそれとは異なるものになっているそうです。
何か、愚かなことをしてきた老いた男に、少しばかりの“救い”の光が見えて終わるのです。

現在のシーンと、過去の学生時代の甘い恋愛をしている頃の映像が交互に現われ、物語は記憶をたどるように進みますが、“ほろ苦く”、そして“甘酸っぱく”、さらにたまらなく“渋い”ような現在と過去の対比。
大人になってから見る映画です。

で、私がどう感じたかというと、この主人公にも自分は似ている、・・似ているが、今後の人生は短いが正直に、真っ直ぐに生きてみようと思いました。
あのとき、ああすればよかった、と思うことばかりの過去の人生でしたが、「いつかこうしてみよう」という年齢ではなくなりました。
「今、こうしたい。だからこうする。」そう生きていこうと。それが私に関わる人への誠意だと。


【Now Playing】 My Favorite Things / John Coltrane ( Jazz )

2018/01/04

映画「ルージュの手紙」を見てきました

20180104_sage_femme01

映画『ルージュの手紙(Sage Femme)/2017年・仏 監督・脚本:マルタン・プロヴォ 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、カトリーヌ・フロ』を見てきました。新年初の映画です。

この映画は、30年ぶりに再会する血のつながらない母(カトリーヌ・ドヌーヴ)と娘(カトリーヌ・フロ)の何から何まで正反対の二人の物語です。

30年前に突然姿を消した義理の母。それを苦にして父親は自殺・・、その後の娘の真っ正面から人生に取り組む姿、それにひきかえ、母は「彼は田舎で暮らそうとしてた。私はイヤよ。それが罪なの?」って具合で、酒とタバコ、肉食系でギャンブルにどっぷりとつかり、アニマル柄の服が好き(^_^;)、しかし重い病にかかってしまった母?は頼るところもなく30年ぶりに連絡を取ってきたのです。かつての夫が自殺してしまったことも知りませんでした。

それにくらべて娘の方は、野菜好きで場所を借りて家庭菜園もやっていて、仕事は助産婦で必死に取り組んでいる。ダサい服装をしているが、まじめが取り柄!みたいなおばさんです。

正反対の二人が、互いに呆れ果てつつも、やがて心を寄せ合い、見ているこちらに笑いや、ホロリとさせられるシーンもあり、なかなかのヒューマン・ドラマになっていました。
それに加えてフランスの美しい景色も手伝って、フランス映画ならではの風情をたたえていました。

カトリーヌ・ドヌーヴの奔放過ぎる、毒のある母親役は、でも憎めない・・という心憎い設定で、それをまた巧みに演じていて、さすがの大女優です、しかもこういう役でもくさることなく“ガンガンいってる”感じがあります。

対してカトリーヌ・フロは、生活感あふれる、ちょっと疲れた感じをうまく演じていて、でも自己の家庭菜園の隣でやはり菜園をつくっているトラック運転手の男性との“大人の恋”もあり、こちらもその地味な感じと、恋にパッと華やぐ感じがこれまた絶妙でした。
母親のカトリーヌ・ドヌーヴからは、「あんたそのコートださいからやめなさい」なんて言われるんですけどね(^^;)

ドタバタかと思うと、泣かせるシーンや、心にジンとくる回想シーンなどもあり、いい映画でした。
新年第一回目の映画鑑賞は、成功裏に終わりましたd(^_^o)


【Now Playing】 MUSIC10 / 渡辺満里奈 ( ニッポン放送 )

2018/01/01

初詣に行ってきた

20180101_omikuji01

年も明けました。
facebook 、Instagram では神社の写真をアップしたりしましたが、このブログでは新年初アップです。

早起きして、家族四人で家を出て、妻の実家に寄り、義母・義弟・義妹と合流し、上総国二之宮 橘樹神社に初詣しました。
神主が妻の従兄弟なので本格的に本殿で祈祷していただきました。気持ちも新たになりました。

甘酒がふるまわれていたので、それで温まり、ふとみると“おみくじ”が・・。
私はまったくその気ではなかったのですが、「みんな引いているよ」と妻に言われ、それじゃということで・・あの番号が付いている箱みたいなのをカラカラとやって出て来た番号の“おみくじ”の結果は!

『小吉』・・だったんだけど、書いてあるのはろくな事がない(T_T)

願いごとは叶いがたく・・のち、自然成就すとは書いてあった

失せ物は出ても、てまどる

商いは利益少なし

学問は困難なり、勉学せよ・・(^_^;)

争い事は、勝ちがたし、控えよ・・そうしよう

病気は、重し、医師に頼め

ほかもなんだかマイナス要素ばかりでした・・( ̄O ̄;)

でね、「恋愛」・・この人を逃すな・・だって!d(^_^o)
よしわかった!!って・・何がわかったんだかわかりませんが、今年もがんばりまぁ~す(^-^)/☆


【Now Playing】 Goodナイト!Goodトーク! / 磯山さやか ( ニッポン放送 )

2017/11/23

11月22日が“いい夫婦の日”ってことで

20171122_calender01

昨日は表題のとおり、11月22日。
“いい夫婦の日”ってことになっているそうで、「友引」だったことも手伝って婚姻届を出されたカップルもたくさんいらしたことでしょう。

この日に結婚してめでたく夫婦となり、毎年どんな気持ちで記念日を迎えるんでしょうね(^_^)

年々厳しくなっていく・・、そんなこと想像もしないでしょう。
すでに過去の11月22日に結婚されたご夫婦、どうです?!“いい夫婦”になりましたか?(^_^;)

昨日、職場でちょっとふざけて、「いやぁ、“いい夫婦”って自分達で言っている夫婦を一度でいいから見てみたい。」「どこにいるのかね?」と言ってみました。

「私んとこですっ!」って勇気ある発言ていうか、無謀にも手を挙げた男性がいましたが、それがジョークなのか、マジなのか、私にはわかりません…σ(^_^;)

自ら「自分達は“いい夫婦”だ。」と自分に言い聞かせるのもいいかもしれませんよ。
相手方はそう思ってないかもしれないげと(^^;)

ま、暗示となって現実から一瞬でも逃避できるだろうし・・、それはそれでいいでしょう(^_^)
せいぜい頑張ってください!

本日は、昨日のちょっとした出来事を思い出して、ちょっと意地悪く書いてみました。
たまにはこんなのもいいでしょd(^_^o)


【Now Playing】 今朝の三枚おろし / 武田鉄矢 ( Podcast )

2017/11/19

成田に先生の展覧会を見に出かけた

20171119_minami_ryuuichi001

成田山のすぐ近く、ユニバーサル美術館に私の中学時代の担任の先生の展覧会を見に行ってまいりました。珍しく家族四人で。

今回は会場も大きく、三部屋を使っての展示でした。
なので、大作もたくさん展示されていました。


20171119_minami_ryuuichi002

あらかじめ手紙できょう行くことは伝えてあったのですが、先生も会場に来てくれました。
私の家族全員との再会は久しぶりでした。

先生は70歳も越えましたが、まだまだ元気で活躍されています。
時々、手紙もくれるし、電話もくれる。その手紙や電話からは大きな、そして強いエネルギーを感じ、私を元気にしてくれます。
ふつうは生徒だった私が先生に何かを送らなければならないのでしょうが、逆ですねぇ(^^;)


20171119_minami_ryuuichi003

今回のブログにも数ある展示作品の中から私が今日見て気に入ったものの一部を掲載いたします。

先生の作風はあくまで自由。
こうしなければならない、とか、こうあらねばならない、などという“縛り”のようなものは一切感じさせず、見ているこちらも自由な気持ちでイメージを膨らませることができます。
それは私の中学時代から変わらず・・です。


20171119_minami_ryuuichi004

妻は大作の風景画を見てなぜか涙を流して(とても珍しいこと)いましたが、たしかにその作品は何か心の原風景のようなものを感じさせてくれました。
ちょっと大きすぎて、カメラにうまく捉えることができなかったので、今回は掲載しておりませんが・・。

今回は、写真を見てもわかるかもしれませんが、なんだか明るい色彩が私にインパクトを与えてくれました。
自分にない部分だな、と、心に残る訪問となりました。


20171119_minami_ryuuichi005

見学を終えると別室で珈琲と大判焼きをご馳走になり、先生が今考え、思っていることなどを私の家族、そしてギャラリーの方を交え、楽しく歓談しました。

成田山新勝寺の参道まで先生も見送ってくださり、家族全員と握手して別れました。

先生、いつまでもこうしてエネルギッシュな作品を見せてください、と、心の中で言いつつ、その後のお参りと隣接する公園の散策をしてきました。その様子はまた後日のこのブログで。

本日は、私の大事な先生の個展についてのご紹介でした。


【Now Playing】 Full House / Wes Montgomery ( Jazz )

2017/11/12

映画「キセキの葉書」を見てきました

20171111_tegami_kiseki01

映画『キセキの葉書/2017年 日本 監督:ジャッキー・ウー 主演:鈴木紗理奈』を千葉劇場で見てきました。

実話をもとに作られた映画で、脳性麻痺の重度の障害を持つ女の子と長男、夫、そして自分という家族構成で、震災後の神戸に住む四人家族の物語です。
その家族をぎりぎりの状態で支え、奮闘し、悩み、苦しみ、そして人からのささやかであたたかな言葉に光明を見出していく主婦役の鈴木紗理奈さんが主役です。


20171111_tegami_kiseki02

さらに遠方に住む両親のうち、母親とは脳性麻痺の長女への冷たい言葉で確執があり、その母が今度は認知症と鬱という、これもたいへんな症状が顕著になり、父親から再三の電話が来て、それにも心痛み、やはり人からのささやかな言葉から母親にも遠方から全力で対応していく・・。
聞いているだけで暗くなりそうな話ですが・・、それがねぇ涙なくしては語れない光輝く物語に進展していくのです。

遠方の母親には脳性麻痺の長女がいる身、そして夫が単身赴任留学となってしまった状況で直接行くことが出来ないが、毎日おもしろエピソードで葉書を送るということを始めます。

どんどん症状が重くなる母親(役:赤座美代子・・静かかつ激しい女優魂を感じさせる演技だった)が、やがて心開き、しかも最終的に5000枚にも達したという(実話)葉書が楽しみになり、スケッチブックにそれらを貼り、そのスケッチブックに「希望」とマジックペンで書き入れるまでに回復してゆく過程はあまりに長く、紆余曲折があるのですが、大きな感動となります。
また、そのきっかけとなった、やさしく、しかも力強く、さりげない言葉をかけた紗理奈さんを見守る近所の老婦人を演じた雪村いづみさんの演技もしみじみとよかった。

脳性麻痺の長女を演じた八日市屋天満さんも、信じられないような素晴らしい演技で脳性麻痺の女の子を演じ、やがて紗理奈さんはじめ皆の言っていることが理解出来ていることがわかる感動の場面まで見ているこちらをものすごく強い力で引きつけていました。この子の役者魂も常人ではないと思いました。

長男で紗理奈さんのことを気遣い、やはり涙なしには見られない健気な様子を演じた福冨慶志郎さんも溌剌として心打ちました。

そして主演の鈴木紗理奈さん。
もともとの大女優が演じたのならば、こんなに人の心を打つ演技はできなかったのかもしれません。
彼女の演技にひたむきに取り組んでいる様子は、この映画のストーリーも素晴らしいのですが、全身で原田美幸という女性を演じていて、大きな感動を呼びました。
もう、涙なしには見ることの出来ない作品でした。

多くの人に見てもらいたな、と思いました。


20171111_tegami_kiseki03

最近のニュースなどでご存知の方もいらっしゃると思いますが、主演の鈴木紗理奈さんはこの作品で、スペイン・マドリード国際映画祭・最優秀外国映画主演女優賞を受賞しました。
授賞式前夜のレストランでパスポートを盗まれてしまった紗理奈さん。
受賞挨拶のときに「パスポートなくして、賞取った!」と叫んで笑いをとりましたが、「人生の転機、自分の中で何かが動いている」と語っています。
写真は満面の笑みでトロフィーを掲げる紗理奈さん。
女優としての活躍がこれから楽しみです。

今回は、感動の映画のご紹介でした。

映画の中で心に残った言葉。
「生きているだけで、ここにいるだけで幸せなんだ。」と言う言葉。私もたいせつにしたいと思います。


【Now Playing】 トーキングウィズ松尾堂 / 大橋マキ、平山令明 ( NHK-FM )

2017/10/12

映画「エタニティ 永遠の花たちへ」を見ました

20171009_eternite01

映画『エタニティ 永遠の花たちへ(Eternite)/2016年 フランス=ベルギー合作 監督:トラン・アン・ユン 出演:オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョ』という映画を見ました。

実に不思議な映画でした。
だって、ほとんどセリフが無いのです。ほぼナレーション(日本語版では字幕で確認することに)で、主役のヴァランティーヌ(オドレイ・トトゥ)から始まるこの一族の行く末を見守ることになる・・そんな映画なのです。

主役・ヴァランティーヌと婚約を破棄されても想いを貫きやがて結婚する夫(妻を残して急死)の夫婦から始まり、その子供達の結婚と死を中心とする人生の流れを19世紀末、フランスを舞台に色とりどりの花が咲き誇り、樹木が広がるあまりにも美しい情景の中でフィルムに記録的に、写真アルバム的に繰り広げているのがこの映画でした。

さらにその流れは孫子の代にも繋がり・・、ひと組の夫婦から広がる生命・愛・死が、川の流れのようにとうとうと映画という表現を使って表現されているのです。


20171009_eternite02

最初に書いたように、普通の映画のようにセリフがあって、喜びや苦悩を表現する濃密なシーンがあるわけではないのです。
だから、役者はきっと撮られていてどう表現すればいいのか、セリフもほとんど無いのですから非常に難しかったと思います。

見ているうちに私は“女性から女性”に受け継がれる愛と生の流れを自然と感じたのですが、女性の立場で見ると、さらに深く感じることができるのではないかと思いました。
だから・・劇場内にいた数人の年配の男性は・・ほとんど寝ていました・・。きっと、その女性視線な内容が伝わらないというか、つまらなかったのだと思います。
・・ここで感じられるか、感じられないかがこの映画を見るときの分かれ目ですが、どうか見てやってください。感動の度合いはその人それぞれ・・ってことになりそうです。
女性には“超おすすめ”な映画だと私は思いました。※私は半分おばちゃんなので、私にも良かったのですが・・(*^_^*)


【Now Playing】 小森谷徹のFine!! / 小森谷徹 ( TBSラジオ )

より以前の記事一覧

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック