フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2017/11/09

先生に教わった「酒論(さろん)たかしま」

20171109_salon01

このブログによく出てくる私の中学時代の担任の先生。
先生の展示を見に出掛けたときに教えてくれた「酒論たかしま」。


20171109_salon04

銚子の銘酒専門店「酒のたかしま」が運営する地酒Barでした。
先生と食事に出掛けた帰りにちょっと寄ってお店の中を見せてもらったのですが、まだ昼間だったため、中をのぞいてお茶をごちそうになってきました。


20171109_salon02

“和風モダン”な店内でゆっくりと選び抜かれた全国の銘酒をゆっくりと味わうことができるという・・素敵なお店でした。先生の絵も飾られていた・・。


20171109_salon03

この空間で時にはジャズのライブもあるという、「いいなぁ、絶対に飲みに来るぞ」と思いました。

場所は・・JR成田線・椎柴駅前です。驚いたことにこの駅、“無人駅”でした。
ご近所の方はいいかもしれないが、私のように遠方からとなると、銚子にでも泊まらなければならないかもしれませんが、・・でも飲みに来たい。


20171109_salon05

なんとか今年中にでも行ってみて、飲んでみて、このブログでご報告したいと思っています。


【Now Playing】 Too Many People / Paul McCartney ( Rock )

2017/10/30

なぎらさんの「東京酒場漂流記」を読んだ

20171029_kenichi_nagira01

『東京酒場漂流記/なぎら健壱著(ちくま文庫)』を読みました。
ブックオフで108円!値段もなぎらさんぽくていいでしょd(^_^o)

この本は、いわゆる「居酒屋の名店」みたいなものの紹介ではありません。
それじゃ“なぎらさんぽく”ないものねぇ。
出てくる店は安くて、“変なもの”が出て来たり、変な客が出てくるところばかり。
そしてなぎらさんが醜態をさらす場面も多々(^_^;)
・・だからおもしろいんだよ。

なぎらさんが、友人でイラストレーターの栗山邦正氏と組んで“飲み歩き”、ほとんどが“珍道中”的な様子を文とイラストで綴ったおもしろ本なのです。

この本に出てくるお酒の基本は「酎ハイ」と「ホッピー」。
そりゃそうだろうという感じ(^^;)

おでんはもちろん関東風のつゆが濃いヤツ。
紹介される店の中には怪しく狭く、トイレは外に工事現場にあるようなのがあったりする。
先輩にあやしい店に連れていかれ、「牛トロの刺身」というものを食べさせられるが、いったい牛のどこの部位なのかも店主は教えてくれない、「うまいんだからいいんだよ」というお言葉に「ごもっとも」としぶしぶ食べるが、こりゃうまい!みたいな話もある。

下町では「焼酎の梅割」はコップに焼酎を入れた後に、少量の梅のエキスを注ぎ込むだけのもの。梅の香りのする薄茶の液体は、甘く、合成香料・合成着色料等を調合した合成シロップみたいなもの・・だという。
正当派の方が“いかがわしい”っていうのも下町らしい。
それをビールをチェイサーにして呑んでいるオヤジがいる風景、すごい。

山谷といえば、なぎらさんのようなフォークシンガーには歌に出てくるかけがえのない場所。で、行ってみると、とてもすごいところで午後も4時になると飲み屋は満員で、すでに酔いどれて歩道に寝ている作業服を着たおっちゃんもいる。
「ちょいと跨がせていただきますよ」といいながらおっちゃんを跨いで飲み屋へ、なんてシーンもありました。

真っ黒に日焼けした男共がピーナッツやら、イカのゲソの佃煮などをつまみに飲っている姿も描かれていますが、それもなにか呑兵衛のなれの果て的な光景で印象深かった。

有楽町に行くことが多い私ですが、有楽町駅改札からすぐそこのガード下に「自販機立ち飲み」というすごいジャンルの立ち飲みがあります。名前は「食安商店」!!!

ここは場所柄、作業員ぽい人たちではなく、サラリーマンなどが多いのですが、夏などはスーツのまま歩道に座り込み自販機で買った酒を片手に、さらに自販機で買った乾き物のつまみなどもやりながら、要するに「飲めりゃいい」という究極の飲み方がまかり通っているところです。

ここで飲むってことは呑兵衛の終着点なんじゃないでしょうか。・・と、いつも思ってしまうのです。
たぶん私がここで飲むことはないとは思いますが、噂では東京勤務時に、他市同業で上品で優秀なマダムがいたのですが、その彼女がここで一杯やっていたという・・。ほんものの“呑兵衛”なのか、何かつらいことがあったのか・・。

いずれにせよ、有楽町に行ったらぜひ一度、夜にここをのぞいてみていただきたい。
酒というもの、酒を飲む人について何かを感じることができるでしょう。

きょうは話がいろいろ飛んできたので、ここでおしまいっ!


【Now Playing】 きらくら / 遠藤真理・ふかわりょう ( NHK-FM )

2017/10/17

太田和彦さんの「居酒屋道楽」を読んだ

20171017_ota_kazuhiko01

『居酒屋道楽/太田和彦著(新潮文庫)』を読みました。

居酒屋道楽の達人、太田和彦さんの東京から東北、横浜から大阪へと訪ね歩く居酒屋のお話。
今回は、編集の担当者と居酒屋めぐりをしているものが多いせいか、より私のような居酒屋にまだまだ慣れていない者にも店の様子や、酒、肴のことが具体的に身近に書かれているように感じました。
太田さん自身についてもかなりリラックスしているように思いました。

また、担当が若い女性に変わると、とまどいつつも俄然うれしそうな太田さんの様子がこれまた“可愛い”・・失礼・・(#^.^#)

さらにあやしい探検隊などで行動を共にしてきた椎名誠さんとの飲み会の様子も楽しく拝見しました。
やはり、一歩ひいているんですね、太田さん・・(*^_^*)
“男呑み”をする椎名さんの様子もカッコイイし、椎名さんがこれとこれっ!って決めた肴に小声で店員に「サザエのつぼ焼きも・・」と追加で頼み、ギロッと椎名さんに睨まれる太田さんの姿もおかしい(^^;)

ビアホールの街といも言える銀座の名店それぞれも、かつて資生堂に勤め、銀座を庭のようにしていた太田さんの文は冴えます!
銀座の老舗ビアホール、行ってみたくなりました。

また、バスや都電に乗って居酒屋めぐりをする企画も楽しく、どんどん「はしご」していく太田さんとその一行は“酔いどれ”て、これまた呑兵衛にはうらやましいような様子が描かれていました。

下町には下町の流儀にしたがい、ちょっと小洒落た店では粋な酒や肴の愉しみ方をする、達人・太田和彦さんは健在です。
こんなふうに10年後くらいになりたい・・なんて思うこの頃です(゚ー゚*)。oO


【Now Playing】 ニュース / NHK ( AMラジオ )

2017/10/15

ミュージカルを観て、寄席に行って、そいでもって一杯

20171013_hannas_florist001

先日、けっこう東京で忙しい思いをしつつ、とても楽しくて豊かな気持ちになる一日を過しました。

まずは赤坂ACTシアターでミュージカル「ハンナのお花屋さん」を観劇。
これはすでにこのブログで観劇記をもってご紹介いたしました。しみじみとよい作品でした。


20171013_ueno_suzumoto01

そのあとは、すでに午後になっておりましたが、上野に向かい、寄席へ。
「上野鈴本」で昼の部の仲入り後から客席に。
稲荷寿司を食べつつ笑わせてもらいました。春風亭勢朝さんのププッと笑ってしまうギャグの連発(^o^)、のだゆきさんのピアニカを使った“音楽笑”もほのぼのと笑ってしまいました。寄席のちょっとゆるんだ雰囲気はとてもいい。
トリの三遊亭金時さんの本格落語で仲入り後の一時間半ほどでしたが、ゆったりと楽しみました。


20171013_daitouryou_shiten01

そのあとはインスタグラム経由ですでに“酒の肴”の方は facebook でご紹介した上野の居酒屋「大統領支店」で友と一杯でした。

友と飲んだ日本酒「翠玉」は、限定流通品の特別純米酒のようでしたが、飲みやすく味わいがあり、繊細な部分も持ちつつ、芳醇さも感じさせてくれました。

何種類か日本酒を友とその後にやったのですが、最後にまたこの翠玉に戻って飲みました。
冷でもとてもおいしいのですが、ぬる燗でもいけると思いました。

友とは尽きぬ話をしましたが、朝まで喋りたおすくらい(^_^;)の勢いでした。
互いに話したいことがいっぱい!

もう帰らないと最終に間に合わない・・と、ぎりぎりの時間でお開きにしましたが、楽しい一夜、楽しい一日でした。

たまにはこんな、とりとめのない話でも・・ということで。


【Now Playing】 Mamacita / Blue Mitchell ( Jazz )

2017/09/18

「ギョーザのような月がでた」を読んだ

20170918_makoto_shiina01

『ギョーザのような月がでた/椎名誠著(文春文庫)』を読みました。
ブックオフで買ってきたのですが、初出は1996年となっていますので、椎名さんの文もまだ若い感じ。

この頃は相変わらず日本中を飛び回りつつ、原稿を書き、焚き火をして(#^.^#)、さまざまなイベントなどに出席し、あちこちで飲みまくるという内容で、椎名さん、かなりアクティブです。

書かれている文を読むと、その当時の首相は橋本龍太郎さんで、だいたい時代が想像できると思います。

時代の雰囲気がわかるのは、「唐突な連想だが、このままでいくとむこう十年もしないうちに、日本は携帯電話だらけになってしまうのではあるまいか。どこでも誰でも日本の町中一日中移動個人電話の社会になっていく、というのは考えてみるとどうもオソロシイ。」という椎名さんの懸念です。

今、・・そのとおりになっちゃいました。
そして、当時はこのエッセイの中にも書かれていますが、携帯は通話が主体です。
でも、もっとオソロシイことに、メールやライン、SNSが携帯電話の使い方の中心となり、当時の想像をはるかに超えた状態になっております。

そしてこんなに情報網が発達したにもかかわらず、人と人の心のつながりは、たぶん当時の十分の一くらいになっているのではないかと思われます。
“便利”は人と人のつながりを排除していくのです。見事に結果が出ました。そして、犯罪の温床もここにある・・。

それから、椎名さんもこの頃たぶん50代に突入していて、「せいぜい三~四人の顔ぶれで、酒くみかわしつつしっかりした話をする、というのがいい。」と言っています。今の私とまったく同じ心境。
さらに「まあ少々あやしい女と二人でのむ、というのもいい。」と書かれています。
あやしくなくてもいいけど、私も同感(^_^)

「このふたつのケースぐらいでわが人生もういいもんね、という気がする。」と結んでいますが、さらに同感!d(^_^o)

私も椎名さんの人生のあとを“なぞっている”のか、と思いました。

テンポよく次から次へと人と酒の話題中心に書かれているこの本、いつものことではありながら心の栄養になります。


【Now Playing】 Born to Be Blue / Helen Merrill ( Jazz )

2017/09/10

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №017 白瀧酒造/湊屋藤助(みなとやとうすけ)】

20170909_minatoya_tousuke01

今回は「飲んでみた」と「酔ってみた」(#^.^#)

たいせつな友人からいただいたこのお酒、「湊屋藤助」。
新潟県南魚沼郡湯沢町の白瀧酒造のお酒です。新潟県産米越し淡麗100%使用と記されています。


20170909_minatoya_tousuke02

冷蔵庫で冷やして飲んでみました。
特に色は着いていないです。

まず、香りをかいでみるとすっきりとした印象です。香りだけでも輪郭がくっきりしている感じ。

口に含んでみると、おぉっ、けっこう辛口です。
そして旨味がグッと拡がります。喉にちょっと強さを感じて、そのあとスウッと入っていきます。
スウッと入ってからは「これはいける!」と思いました。

何口か飲んでみての感想は、『男の酒』だな、ということでした。
新潟のちょっと雪深いところで、男がクイッ、クイッと静かに飲み進めるような光景が瞼に浮かびました。

いただいた友人は“お酒好き”。この酒、酒の好きな人にはたまらないものだと思います。
辛口で男の酒と私が感じた「湊屋藤助」ですが、このフルーティーさは、お酒の好きな女性にももちろん“イケる”味です。
とてもストレートな感じ。

いいお酒、ぐいぐい飲んで酔っちゃいました(*^_^*)
それではまた次回に。


【Now Playing】 ナイツのちゃきちゃき大放送 / ナイツ ( TBSラジオ )

2017/08/24

「酒呑まれ」?を読んだ

20170824_sakenomare01

『酒呑まれ/大竹聡著(ちくま文庫)』という本を読みました。
著者大竹さんは、雑誌『酒とつまみ』を創刊された方、そしてあの「なぎら健壱」さんから「酒呑みではなく、酒に呑まれる“酒呑まれ”だ」と呼ばれた方・・(^_^;)

この本は書き下ろしで、大竹さんの子供時代から現在の“酒呑まれ”状態になるまでの一代酒呑まれ記となっておりました(*^_^*)

すごいよぉ~、なんたって中学生の頃から酒を飲んでいるんだ。
親もすすめたりしている。
小学生の頃だって親は少年野球の監督、コーチ仲間と練習後は酒盛りし、著者はそれをみて酒盛りの雰囲気を楽しんでいるようだ。
すでにその頃ご相伴にあずかったりしているが、大人はそれを止めようともせず、むしろ喜んでいる・・そんな時代だったのか。

中学、高校、そして二部に進んだ大学時代、その間のアルバイト時代・・すでに酒に呑まれ、読んでいるだけだと、かなり荒んだ生活のようにお見受けしました。
面倒を見てくれる人達も何人もいますが、結局裏切るようなハメになっていること多し。
でも、何年後かにその関係が実を結んだこともあって、人生と酒の裏表が見え隠れして、まさに酒のように沁みてくるお話が前半に書かれていました。

フリーランスとなってからの仕事ぶり(特に取材に様々なところに出掛けて行き、そこで飲む酒の話)の様子も生き生きと書かれていて、そこがハイライトだと思いました。
いい話、楽しい話、ちょっと笑ってしまう話、それ“あるある”みたいな話が満載です。

後半に出てくる「バー」に通うようになった著者が出会ったマスターとの会話やエピソードも珠玉の“酒話し”で、深くうなずいてしまうのでした。

とにかく最初っから最後まで、人生と酒の渦巻くような逸話の数々、あなたのような酒呑み(酒呑まれ?)にはぴったりの本ですよ!d(^_^o)
呑兵衛のみなさん、ご一読を。


【Now Playing】 今夜は踊ろう / 荒木一郎 ( 歌謡曲 )

2017/08/18

「泥酔懺悔」を読んだ

20170818_deisui_zange01

『泥酔懺悔(でいすいざんげ)/朝倉かすみ他11名(ちくま文庫)』という本を読みました。
朝倉さん他、平松洋子さん、室井滋さん、山崎ナオコーラさん、三浦しをんさんなど、多彩な方々の“酒飲み”に関するお話がぎゅっと詰めてありました。

飲めない人もいました。
そしてそれらの人達は、泥酔する輩の行動について、「いつから酔い始めたんだ?」「人の話を聞いているのか?」「なぜ今まで酔っていいかげんに話を聞いていたのに、突然醒めたように冷酷な締めの言葉を発するのか?」など半分怒っている状態でした。
さらに泥酔した人を介抱してあげたのに、自分の服や靴に嘔吐された・・・などのひどい話も登場。
さらにそんなひどいことをしたにもかかわらず、記憶がないってのはどういうこと?!という理解不能な泥酔者達の行動に対するご意見もあった。

飲める人は、「飲まなきゃ自分の人生始まらないんだよ」「生中2杯?そこまでは“水”と同じだろう!」ってのもいました。
どうやって家に帰ったのかわからない、なぜ人の家の寝袋にぶち込まれていたのか、それが問題だ、などというわけのわかんない人もいます。

初めて酒を飲んだ話、初めてコンパに行った話、年下の男と海辺でビールを飲みながらしみじみと語り合う話、どれもこれも酒にまつわるどうでもいい話だが、でも面白い!(^_^;)
そんな酒飲みにしかわからない、そして下戸にしかわからない話満載です。

えっ?!お前はどっちだ?って。
私はどっちの気持ちもわかるのです。
基本的に飲んできた人生ではありますが、途中でまったく飲まない時期が何年もありました。
でも、特にお酒が恋しいということもありませんでした。そのときには、酒飲みの気持ちがよくわからないという感覚が確かにありました。

ま、お互い迷惑をかけないように過していきましょう。
基本的に呑兵衛の飲み会には下戸は誘わない方がいい、互いにろくなことにならないというのが今までの経験でわかっています。そしてお互いが相手に対して変な恨みのような感情を持つことがある・・。

とりあえず、この本を読んでから仲の良い飲み友達と、この本をネタにして一杯やってみたらいかがでしょう。
下戸の方々もコメダ珈琲などで甘いものでも飲みながら“泥酔者達”の悪行三昧をやり玉にあげて楽しんでみたらいかがでしょう。

以上です。


【Now Playing】 Dig A Pony / The Beatles ( Rock )

2017/08/13

上野で仕上げを

20170812_ueno01

前回、国立西洋美術館でのアルチンボルド展鑑賞について書きましたが、我々家族三人は長時間の鑑賞後、お腹が減って「アメ横」のある方の界隈に行ってみました。

あの有名なチョコレートのたたき売りなども見学し、ごった返している路地をウロウロ。

ちょうどよさそうなお店を見つけ、突入!

結局お酒を飲むのは私だけということで、妻はトマトジュース、長女はカルピスソーダで乾杯。
写真のように焼き鳥などをやっつけました。


20170812_ueno02

私のおごりだと思うと遠慮会釈はありません(^^;)、刺身三種盛り、ふぐの唐揚げ、ハムカツ、明太とポテト、などガンガン頼みやが・・頼まれて、昼間っから盛り上がりました。
アルコール的に盛り上がっているのは私だけですけど…σ(^_^;)

食べ終わると、またまたあちこちの路地やお店を見学。


20170812_ueno03

そして・・。
気になった喫茶店があったんだけど、と妻、長女に言われて来た道を戻っていくと、「王城」という、どう見ても昭和40年代風なレトロ喫茶に到着。
外観も、内装も昔の映画に出て来そう、森繁久弥さんなんかが珈琲飲んでそう・・(゚ー゚*)。oO


20170812_ueno04

店員も女性は、誰もが昔の喫茶店のウエイトレスといえばという服装。
男性は蝶ネクタイでした。


20170812_ueno05

妻と長女がねらっていたのは、「アフォガード」という、アイスクリームに熱い珈琲をかけて食べるというもの。

写真は「王城風アフォガード」、たっぷりと器に入ってきたこってりアイスを珈琲かけて濃厚&さっぱりといただきました(#^.^#)

他のお客さんが注文していたナポリタンなどは三角にうずたかく盛られ、おいしそうでした。また、サンドイッチなども、昔の喫茶店にあんなサンドイッチあったよなぁ、という懐かしい感じでお皿にのっていました。

レトロ喫茶でシメて、今回の上野のお楽しみはおしまい。
いい一日になりました。


【Now Playing】 Midnight Mambo / Sony Clark ( Jazz )

2017/08/04

「俺の飲み会に来い!」っていうよりも「俺と飲もう」の方がいい

20170804_tree01

長く仕事をしているともちろん、当然のごとく様々な飲み会があり、お誘いを受けます。

誘う側はたいていえらい人(あるいは今後えらくなる人)になるわけですが、けっこう無理矢理なことも多いです。よろこんで行く人もいると思いますが、私はそういうの、苦手でした。今も・・かな。

そんな方々からのお誘いは、タイトルにあるように「俺の飲み会に来い」的なものが多くありました。
出るか、出ないかによって何か“ためされている”空気を感じて、ますます行きたくなくなるわけです、私のようなそんなえらい人達とは別世界に住んでいる人間には。

そこには番頭的な人や“腰ぎんちゃく”みたいな人、その他仕方なく出席している人、とりあえず来た人などさまざまな人がいますが、その場でよろこんでいるのは数人です・・たぶん・・。

そんな飲み会を開催する人はどんどんえらくなりますねぇ、そして宴席では自分の自慢話ばかり。あるいは誰かを貶めるような話もしばしば飛び出します。
話題にはプライベートなことはあまり出ないし、人と人、一対一の関係での深い話なども出てくることはありません・・、だから行きたくなくなるんですよね、ごめんね。

「俺と飲もう」ということになれば、行きますよ。
互いに向き合って仕事だろうが、個人的なことだろうが、そういう飲む機会ではいいお話ができそうだし、いろいろと勉強になることがたくさんあります、今までの経験でいうと。

一対一、あるいはせいぜい三人での飲み会となれば、その人の人となりが見えてきます。
だから逆に「俺が俺が」みたいな人はいやなんでしょうね、ほんとうの自分が見えてしまうから。

なんて、皮肉なことを書いてしまいましたが、ついこのあいだも突然電話をいただき、“オレを囲む会”的な飲み会のお誘いを受けてしまい、困っていると、幸い?にその日に仕事の用事が入り、行けなくなりました。ある意味“ホッ”といたしました。

「俺と飲もう」というお誘いも多々受けましたが、それらはたいがい、素敵な夜になりました。
来てよかった、いい話を聞けたし、自分のたいした話でもないものを聞いてもらえたりもした、ということにたいていはなるのです。

今夜は、やや精神不安定な状態で書いてしまったので、おかしな文になっているかもしれませんが、そう思ったら聞き流してください。たぶん本当に“おかしい文”なのだと思います(^_^;)
それじゃまた。


【Now Playing】 ハンモックでカムバック / ヒロシキャンプ ( YouTube )

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック