フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2018/06/03

茂原のジャズ喫茶『MJQ』に行ってみた

20180602_mjq001

前回のブログでは九十九里町片貝にある「望月定子美術館」に行ったお話を書きましたが、次も紹介者は同じ(゚ー゚*)。oO私の中学時代の担任の美術の先生、・・先生、いろいろ知ってて驚きます。自分のテリトリーじゃないところにもアンテナは拡がっている。

千葉県茂原市谷本にあるこのジャズ喫茶。
地図で見るとかなり“田舎”にあるんじゃないか、小屋みたいなところじゃないのか、などと憶測しましたが、入ってびっくりでした。お洒落だった。

暑い中、クルマに乗ってきたので冷たいものが欲しく、ノンアルコールビールを所望。
ジャズ喫茶で400円は格安だけど、それにさらにクラッカーに美味しいものをのせたものが付いてきました。なんだかうれしいっ!(^o^)


20180602_mjq002

写真の左側にスピーカーが見えますが、メインは小さなスピーカーの後ろに鎮座しているJBLの大きなスピーカーでした。


20180602_mjq003

何を掛けましょうかとラックを見ながら聞いてもらったので、アートペッパーの「ミーツ・ザ・リズムセクション」を掛けてもらいました。
音量はそれほどガンガンに上げてはいませんでしたが、CDで掛けたこのアルバム、とても素直でやさしい音で気持ちよく鳴っています。


20180602_mjq007

たぶんデジタル主体の装置なので、もともとアナログ用に録音されたこのアートペッパーのアルバムを聞いていると、まだまだこの装置のいいところが半分も出ていないような気がしていたのですが、マスターから「これ、掛けてもいいですか?」と見せてもらったアルバムがこれ。

「WOOD/BRAIAN BROMBERG」というものでした。初めて聞くアルバムですが、ウッドベース奏者のリーダーアルバムで、重低音の魅力が“ぎゅう詰め”されたものでした。


20180602_mjq004

これを掛けるとJBLがその能力を遺憾なく発揮!d(^_^o)大迫力なのに、余裕のドライブ。ジャズ好きのみならず、オーディオ・ファンも大満足な音でした。素晴らしいっ!!


20180602_mjq005

喫茶店の外観はこんな感じでした。ここに入ってくる前に遠くに見えたときには、ひっそりと建っていて、ドアを開けて入っていくときには少しドキドキしました。どんな人がいるのか、こわい人なのか(^^;)、ご常連がいたりして、ギロッとにらまれたらどうしよう、なんてね。
でも、心配ありませんでした。やさしい感じのマスターでした。


20180602_mjq006

お店はこんな田んぼのど真ん中。
クルマじゃなきゃ行けないけど、ジャズで午後のひとときを過したい、なんて人にはかえって隠れ家的ないいところです。
千葉県内にお住まいなら一度は、ぜひd(^_^o)


【Now Playing】 浜美枝のいつかあなたと / 高田明 ( 文化放送 )

2018/05/10

【はっPのアナログ探訪_0150: MAGIC TOUCH / STANLEY JORDAN ( LP )】

20180510_stanley_jordan001

今回のアナログ探訪は、ジャズ・ギタリスト、スタンリー・ジョーダンのアルバムです。
ブルー・ノート・レーベルから出されたこのアルバム、当時はギタリストの間では騒然と話題になった作品ではなかったかと思います。

一曲目はビートルズの「エリナー・リグビー」をジャズにして弾いているのですが、アルバムジャケットの裏面にも書かれているように、「驚くな、このギターはたった一人で、しかも同時に弾いているのだ」みたいなことが書かれていました。

今でこそ、日本には、告井延隆さんという“超絶ギター・ひとり全パート演奏”の達人がいらっしゃいますが、たぶんこのアルバムが出たときには、まったく信じられないプレイだったと思います。

プロモビデオで見たときにも、その映像だけではどう弾いているのかもわかりませんでした。
オリンピックの体操競技が時代を経るにつれ、過去の超絶技術が“普通”の難度になっているような感覚にも似たものを、今聞いていて感じました。


20180510_stanley_jordan002

あの頃は、あまりに“テクニック誇示”的に聞こえてしまい、鼻白むような思いもしましたが、でも、今のこの時代に聞いてみると、なかなかソフトでふんわりと優しい感覚のギターに感じます。
かなり意外な感覚でした。
ようするに「音楽」として純粋に楽しめるものになっていました。
結局、そういうことなんだなぁと思いましたよd(^_^o)本人は、ただいい音楽を演奏していただけなんですね、やや偏見をもって聞いていたあの頃の自分に気づき、ちょっと恥ずかしくなりました。

ギターの音色は、リバーブ的な残響音のエフェクトはかかっているものの、あくまでナチュラルなもので、静かに部屋でフレーズごとの余韻を感じながら聞いていくことができました。

クールなプレイの中にも、ほのかな温かみを感じるいい演奏でした。

2018/05/08

【はっPのアナログ探訪_0149: ELOQUENCE / STAN GETZ ( LP )】

20180507_stan_getz001

今回のアナログ探訪は、ジャズのアルバムです。スタン・ゲッツのレコードなのですが、ゲッツのテナーはもちろん、メンバーも錚錚たる顔ぶれで、ライオネル・ハンプトンのバイブラホン、シェリー・マンのドラム、ハーブ・エリスのギター、レイ・ブラウンのベース、オスカー・ピーターソンのピアノの他、同じ楽器でもいろいろな人がクレジットされています。

ようするにいくつかの時期の録音を集めて、当時においてリマスターしているもののようです。そのようなことがジャケット裏面に書かれています。英語なので、よくわかりませんが…σ(^_^;)

1954年~1958年にかけての録音と書かれていて、1954年録音の「I Hadn't Anyone 'Til You」については、オリジナル録音はSP盤で78回転だったのだ、なんて書いてあります。

ここで驚くのは、その1954年のSP盤の録音だったものについても、その他の曲についても、非常に録音が良いのです。
ギター、ベースの音、管楽器の音、楽器それぞれの音が実に生き生きと録音されています。

なんていうんだろう、当時はたぶん各楽器に“オンマイク”で録るようなことはしていないと思います。マイクの本数も限られ、だからマイクの配置はきっと絶妙なところに見事にセッティングされていたに違いありません。

ハートに直に感じる音楽的なものについては、現在の録音など足もとにも及ばないんじゃないかと感じました。


20180507_stan_getz002

チェロキーなどの名曲を、スタン・ゲッツを中心に名だたるミュージシャンが自信たっぷりに演奏する、いいレコードです。

これを買ったときには、まだジャズの聞き始めで、スタン・ゲッツについても、ジャズ関連の雑誌などで名前だけ見たことがある、だから買っちゃった!みたいな状態でしたが、その後ジャズのレコード、CDをたくさん聞くようになった今になって聞いてみると、いいアルバムです。

ものすごく古いものを中古で買ったのですが、いい買物だったんだな(#^.^#)って、うれしくなっちゃいます。

2018/04/16

寺島靖国さんの「JAZZ雑文集」を読んだ

20180415_yasukuni_terashima01

『JAZZ雑文集/寺島靖国著(DU文庫)』を読みました。
いや、長かったというか、たいへんだったというか、手に重かったというか、700ページもあるのです。

著者の寺島さんは、ジャズ喫茶のオーナー(最近、メグを譲ったらしい)、オーディオマニア、レーベル・プロデューサー、そしてジャズに関する執筆でも有名です。
その人が書きも書いたり700ページ!!
老人の“グチ”、恨み節、罵り、泣きごと、我田引水、ケンカの売ったり買ったり、などなどと700ページも付き合ったのです、もうやんなっちゃった(^_^;)

しかもハイハット・シンバルの“ズシャ~ン”にこだわっている、などというわけのわからないどういう音かもわからない表現に四苦八苦し、そうですか、おじいちゃんそうなんですね・・みたいになってきて、まさに「傾聴ボランティア」的な読書となりました(*^_^*)

非常に臆病な側面をときどき見せてくれて、あれれ意外と可愛い感じ、などと思っていると、突然凶暴になり、同業者やミュージシャンに毒づき、挙げ句には、この本の元となっている連載誌の読者からのお手紙に真っ向戦いを挑みます、もうこのひと“ぶっ壊れて”いる。

などとは思いつつも700ページも無事読んだわけで、それを面白がっている私がいるわけです。しかも、ジャズの話題で700ページ書ける人なんて他にいるのかね、素晴らしいっ!!
結局、私は寺島靖国さんの存在そのものに魅了されているわけです、びっくりだよ、自分でも…σ(^_^;)

昔はよかった的なこだわりを捨て、新しく出てくるジャズを聞け!、口で歌えないアドリブなどろくなもんじゃない、スタンダードを半分くらい、新曲を半分くらいにした、ほどよいアルバムを出せ、アルバム・ジャケットにこだわれ!ジャケット見てても買いたくなるものがおそろしいほど無いぞ、“自分のジャズ哲学”を押し付けるな、“オーディオ”でなく“ジャズ・オーディオ”だ、ジャズ喫茶では1260円以上たのむから消費してくれ・・(^_^;)などなど、次々と速射砲的に様々な話題について書いている寺島さん、疲れましたが面白かったですよd(^_^o)

最後の方で、千葉市の稲毛にあるジャズ喫茶「キャンディー」を訪れ、そのJBL「エベレスト」の音に感心する寺島さん。ママの「JBLの音ではなく、キャンディーの音なのです」という言葉にさらに感服。
またママのカウンターでの客扱いの妙味にも驚いていました。
キャンディーは千葉が誇るジャズ・スポットです、あらためてそう思わせてもらいました。

ジャズが好きで、“ジャズの話題をオカズに飯が食える”ような人、そんなあなたには700ページなんて、なんてことないかもしれません。あなたも“犠牲者”になりましょうよ(^_^)


【Now Playing】 トーキングウィズ松尾堂 / 菅野祐悟、和田薫他 ( NHK-FM )

2018/04/03

ジャズ喫茶の良さがいつまで残れるのか

20180331_brooklyn02

このあいだの休日、映画を見たあとに脚を延ばして八街市のJR八街駅近く、住宅街の中にあるジャズ喫茶「BROOKLYN」に行って来た。

この店もけっこう長いつき合いになってきた。
ここを教えてくれた中学時代の担任の先生によれば、マスターは、会社勤めをリタイアしたあと、念願だったジャズ喫茶をここ八街に開いたとのこと。

ジャズ喫茶なんて、特に田舎の八街で(失礼だけど)採算が取れるなんてちょっと考えられないが、それでもやりたかったジャズ喫茶を開店し、マッキントッシュのアンプとJBLのスピーカー、アナログ・レコードで紹介するジャズの名盤・・、あまりにも理想的でうれしい形態だけど、心配しちゃうのです。


20180331_brooklyn01

今回私が店に入ると、客は居なくて、私ひとり。
珈琲を注文すると、もうさっそくアナログ・レコードでエリントンとレイ・ブラウンのアルバムが掛かり、それこそただ事ではない重量感とスピード感あるレコード演奏が始まる。
ふつうの家では絶対に聞くことのできない音量と豊かな表現力、それだけで珈琲一杯700円の元は取れてしまうと思うのだが、でもそれはジャズが好きで(オーディオも好きで?)、いい音が好きな人にしかわからないものです。

難しいよねぇ。

私がひとり大音量のジャズに耳を傾けていると、馴れた様子で入って来た年配の男性はカウンターに陣取り、ビールを注文。
マスターと会話しながら水割りに移行、さらに水割りをお代わり。・・もっと注文して売り上げに貢献して・・なんて老婆心ながら思ってしまうのでした。

そこに今度はもうちょっと若い男性が来て、すぐさま珈琲を注文し、ジャズに耳を傾ける。
きょうはちょっといい感じかもな、と少しほっとする。


20180331_brooklyn03

この八街までは遠いし、クルマで来るしかないのでビールを飲んだりすることは出来ないけど、千葉のジャズの灯を消してはいかんと、度々足を運ぶのです。
何よりもここの音は品があって、しかも折り目正しく、端正な音なのです。
聞いていて耳が疲れない。しかも盤に入っている音の隅々までが再現され、純粋にジャズを楽しめる。

どうかジャズが好きな人、音楽が好きな人、いい音で音楽を聞いてみたい人、この八街駅近くのジャズ喫茶「ブルックリン」を訪ねてみてください。
この音に損をさせられることはないですよd(^_^o)


【Now Playing】 Pensamento Feliz / Greta Panettieri ( Jazz )

2018/02/05

極楽寺から八街 BROOKLYN へ

20180204_jazz03

前回、このブログでご紹介した東金市極楽寺にあるギャラリー喫茶「工芸自然(じねん)」をあとにした私・・。

ここからなら、八街市にあるジャズ喫茶「BROOKLYN」も割と近いぞ、と思い、クルマをJR八街駅方向に!

ブルックリンもちょっとご無沙汰気味でしたが、勢いよくドアを開け入って行くと、マスターが「おっ、きょうはどこかに寄ってこられたんですか?」と私を覚えていてくれ、話しかけてくれました。
工芸自然の話をしつつ席に着きました。

マスター、レコード室に入るとスパッとレコード盤をジャケットから抜き、ターンテーブルに乗せたのは・・ブルー・ミッチェルの「ブルー・ソウル」というアルバムでした。


20180204_jazz01

めっちゃ“カッコいい”演奏が始まりました。
JBLのスピーカーも「がってんだっ!!」って感じでいきなり唸るような勢いのいい演奏開始っ!!
いやあ、気持ちよかったぁ~(^o^)

ジャケットを見ると、トロンボーンはカーティス・フラー、ドラムはフィリー・ジョー・ジョーンズ、ピアノはウィントン・ケリーという私の“三大好物”達が演奏しているじゃぁありませんか'(*゚▽゚*)'
初っ端から大興奮しちゃいました。それにしてもこのアルバム、今まで知りませんでした。
ナイスな演奏満載でした。


20180204_jazz02

気分を出すために、“ノンアルコールビール”を頼み、シュワッと気持ちよく、ジャズを楽しむ体制が整いましたd(^_^o)

続いて掛かったミルト・ジャクソンのアルバムは、録音されている音が凄かった。
まるで電気楽器をアンプに通しているのかと思うような、シビれる感じの演奏。
特にウッド・ベースは、その弾むような、飛び出すような、“ど迫力”の音に度肝を抜かれました。さすが、マッキンとJBLの組み合わせ、大音量で聴くジャズの醍醐味を堪能しました。

この日は録音のよい盤を掛けてくれているのではないか、と思われるセレクト。
「いいね、いいね」と聞いているうちにお客さんも入ってきました。
そうそう、お客さんが入って来て初めて店内の雰囲気も温まってくるのです(*^_^*)
目は合わせないが、皆で聞いている感じ(゚ー゚*)。oO昔のジャズ喫茶はそんな感じだったんでしょうね。


【Now Playing】 Got To Get You Into My Life / The Beatles ( Rock )

2017/12/18

私の『今年の漢字』

20171217_dictionary01

毎年発表されている「今年の漢字」が世間では、発表されましたが、自分にとっての今年の漢字はなんだろう、と少し考えてみました。・・ま、どうでもいい話題だと思われるでしょうけど、ちょっと付き合ってください(*^_^*)

ということで、今年の「私の漢字」を『焦』としました。
※焦がれる(こがれる)という文字です。

このブログでは宝塚関係のことをよく掲載しているのですが、花組のトップスター明日海りお(あすみ・りお)さんの三人目の相手娘役が仙名彩世(せんな・あやせ)さんに決まり、実際の舞台は非常に充実したものとなり、明日海さんは落ち着いてじっくりと舞台に取り組んでいるように見えます。
これは娘役として仙名さんに明日海さんが“焦がれて”いたのではないかと思ったのです。

それは、雪組の望海風斗(のぞみ・ふうと)さんについても、どうしても真彩希帆(まあや・きほ)さんだったんじゃないかと推測します。“焦がれた”というわけです。・・ほんとかどうかは知らないよ(^_^;)

このあいだ退団された宙組・娘役の怜美うらら(れいみ・うらら)さんは、前のトップスター凰稀かなめ(おうき・かなめ)さんが“焦がれていた”んじゃないかと、これまた愚かな推測をしています。
凰稀さんのここのところのインスタグラムでは、怜美さんが再三登場。
自らの舞台にも呼び寄せているようで、写真を見ても凰稀さんの“焦がれ”を感じます。何度も言うけど、ほんとかどうかは知らないよ…σ(^_^;)

宝塚での「焦」は以上のように考えました。

あとは今年見た映画の中でも、男女の恋愛上の“焦がれ”もあったけど、親子間のものや、他人の状況についてのもの、美しい自然へのものなど、様々な“焦がれ”を感じました。
何か、今、人は“焦がれる”ものを探しているんじゃないかと思うくらい。

読書関係では、作品の内容そのものよりも、著者・作者の探求心や、それを求めていく環境などに“焦がれる”私がいました。
こんなふうに突き詰めていろいろなことを考えてみたい、文にしてみたいと、作者や作者のいる環境に焦がれました。

音楽関係では、相変わらず1950年代後半から1960年代前半のジャズや、1960年代のビートルズの音楽に惹きつけられ、その「時代」の空気に“焦がれ”ました。
これは長年続いているなぁ・・。

そして、自分の人への“焦がれ”。
このブログによく出てくる中学時代の担任の美術の先生の作品への意欲を見ていると、人としての存在に“焦がれ”ました。また、ほかにもガッツリ様々なことに取り組んでいる人とも今年は出会い、やはりここでも“焦がれ”を感じました。

また、今年は数十年ぶりに友として復活した高校の同窓生がいて、あの時代の感覚に“焦がれ”た感覚があります。

最後に、「いい歳こいて」と思われるかもしれませんが、生き生きとして私の目に映る女性にも“焦がれ”ました。別にどうこうなろうというわけじゃありませんよ。でも、そんな気持ちになるというのは、いくつになっても男女には必要なんじゃないか、とあらためて深く感じたのです。

というわけで、今年の私の漢字は『焦』でした。
最後まであきれず読んでいただいた方、ありがとうございました。
あなたの今年の漢字は何ですか?


【Now Playing】 HEART TO HEART / 姜尚中 ( J-WAVE )

2017/11/08

せっかくだからジャズを聞く体制も整えた

20171106_yamaha_pdx13

写真のヤマハのドックに刺さっているのは古い i Pod nano です。
今までは、ポップスからロック、ジャズ、歌謡曲、クラッシックまで雑多に入れて聞いていたのですが、前回の i Pad にビートルズ解散後の4人のアルバムを詰め込んで好結果を得たのを機に、こっちはジャズ専門にしようと思い立ち、さっそく実行!

ジャズ以外の楽曲を全て削除し、既に入っていたジャズも1950年代半ばから、1960年代半ばまでの私が一番好きな時代のジャズに選りすぐり、そして残った容量全てにその時期の私のお気に入りな人たち(マイルス、コルトレーン、ハンク・モブレー、ハービー・ハンコック、ソニー・クラーク、ロリンズ、ジャッキー・マクリーン、ホレス・パーランなどなど)だけを“ぎゅうぎゅう”詰め込んで目一杯まで押し込みました(^^;)

古い i Pod なのでそんなに容量自体は無いのですが、それでも578曲!!入りましたぁ~っヽ(=´▽`=)ノ

これもまたランダムにして聞くと、自分が好きな時代の好きな人たちばかりが入っているので、こたえられないジャズ・タイムが実現いたしました(^-^)/☆

そんなに大きな音量を出さずとも、このヤマハのフルレンジ・スピーカーのドックは、いわゆるモダン・ジャズをカッコイイ音で聞かせてくれます。
また部屋でジャズを聞きながら飲む珈琲も美味しくなることでしょう。

現在持っている i Phone には、既にビートルズ現役時代のアルバムは全て入れ、さらに様々なジャンルの音楽を詰め込んであるので、こちらはクルマでのお出掛けがあらゆるシチュエーションで楽しめる体制が出来上がっています。

i Pad 、i Pod 、i Phone のそれぞれに異なる楽しみ方が出来ました。
なんだか毎日の音楽を聞く時間が充実しそうです。

一人でうれしがっているところで、本日の書き込みはおしまい!


【Now Playing】 Miss You / The Rolling Stones ( Rock )

2017/09/30

東金 Spirit Jazz Ⅱ に行ってきた

20170929_togane_spirit_jazz2_01

東金文化会館ホール特設ステージで行われた表題のライブに行って来ました。
昨年も行われたのですが、今回のメンバーは髙橋知己(ts)、小杉敏(b)、元岡一英(p)、渡辺文男(ds)の四人でした。

副題に「よみがえる“東金エルビン”サウンド」となっていて、かつて東金にあった有名なジャズ喫茶「エルビン(※エルビン・ジョーンズ本人から承諾を得た店名)」で繰り広げられた熱いジャズ・レコードの演奏や、ライブ、そこに集った人達のジャズに対する情熱のようなものを再現しよう、というライブコンサートなのでした。

客席の最前列にはそのエルビンのマスターも齢を重ねられていましたが、おいでになっていて、体を揺らして髙橋氏を中心とした当時よく演奏されていたナンバーに身をゆだねていらっしゃいました。
そして会場に集まった人達は70代が中心の当時の熱いジャズファンの皆さん。私などはすっかり“ひよっこ”状態でした。

演奏前にスクリーンに映し出されたのは、エルビンのマスターの幼少期から、大学時代、エルビン本人と知り合うところ、ジャズ喫茶全盛期の様子などでした。ちょっと私も目頭が熱くなりました。
あっと思ったのは、そのスクリーンに当時の常連だった中学時代の担任の先生が映っていたこと。
・・そうか、それでこのコンサートのポスターの絵も先生が描かれたのだな、とあらためて思いました。先生も熱いっ!!

演奏は当時のことを髙橋氏が思い出しながらコメントしつつのもので、当時の空気まで感じさせるいい演奏でした。
そして、ドラムの渡辺文男さんは1938年生まれというから、御年79歳!'(*゚▽゚*)'、渡辺貞夫さんの弟さんでしたよね、たしか。
心配しちゃいましたが、そんなの全然無用でした。
多彩なリズムパターンには驚かされたし、キメのフィルインは迫力ありました。
ドラムソロは二回。エルビンがやっていた曲での長尺の曲中でしたが、聞き応えと見応えありましたヽ(=´▽`=)ノ
さらに、ラテン系の曲でもスネアの響き線を外して、見事なソロを展開。素晴らしかった、恐れ入りました。


20170929_togane_spirit_jazz2_02

コンサートの休憩時間には、当時の東金エルビン常連として司会者が三人をステージに上げましたが、その中に私の担任だった先生も(#^.^#)
エルビンからの人と人のつながりについて満場をわかせた“熱い語り”に、さすが先生っ!と私もうれしくなりました。

特設ステージは会場の客席部分にステージを作り、それを囲むように座席を置き、ミュージシャンとは超近い感覚で聞くことが出来、ライティングも凝りに凝って、素敵な空間になっていました。先生に誘われ、来てよかった(^o^)

熱く、素敵なジャズの夜を過し、大満足で会場を後にしたのでした。


【Now Playing】 Message In Minor / The Lenny Hambro Quintet ( Jazz )

2017/07/17

猫が離れずジャズを聞く

20170710_marron01

最近はずっと私が家にいるあいだは、我が家の猫、マロンさんは私にくっついていることが多いです。
特に猫に“親切”なわけでも(^_^)ないのですが・・。

私の部屋に入ってきたときには、私の椅子に座り、何か音楽をかけろと言わんばかり(^^;)

かけてやると、好みがあるらしく、しっとりとしたスローなジャズがお好みのようです。
時々ハードなやつをかけると「ミャー」と声をあげて、やや不満な様子d(^_^o)

ビートルズの場合には、首を立てて、耳をあげ、やや“ノッている”感じ。
結局一番好きなのはスローな感じの、1950年代後半くらいのジャズのようです。

それを妻や長女が部屋のドアをちょっと開けてのぞきこみ、・・「やだね、あいつ、またジャズ聞いてるよ、うっとりすんじゃないよ」と私への“焼き餅”込みで、ちょっとおこっていました(*^_^*)


【Now Playing】 Waltz For Debby / Bill Evans ( Jazz )

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック