フォト

わたしのいきつけ

無料ブログはココログ

2017/08/07

「たとえば、ブラッキーとクラプトン」読みました

20170806_blackie_and_clapton01

『たとえば、ブラッキーとクラプトン -ぼくらが恋した伝説のギターたち-/細川真平・近藤正義著(リットーミュージック)』を読みました。

これは、ロックファンなら誰もが知っている、誰もが憧れたギタリストとその愛器についてギター大好きな人が書いた本と言えます。
ギター小僧でなかった私にも、とても興味深く読めました。

エリック・クラプトンのストラトキャスター、愛称ブラッキーは、多くの人が指板も剥げ、ヘッドの部分に煙草の焼け焦げがある、ああ、あのギターって思い浮かべることができるでしょう。
それに、クイーンのブライアン・メイが暖炉にあった木を削りだして自作したレッド・スペシャル、世界で唯一の素晴らしいデザインとフェイズサウンドのギター、これも知らなかったらロックファンじゃありませんよね。
そんなギターの持ち主とギターの物語がこの本です。持ち主が次々と変遷していくギターも多々ありました。

私が気になったのは、ルーシーと呼ばれた赤いレスポール。
そう、ビートルズのプロモフィルム「レボリューション」でジョージが弾いていたギターです。

クラプトンがジョージにプレゼントし、ホワイトアルバムの「ノット・ギルティ」レコーディングでジョージが使っていましたが・・これは“ボツ”に・・。
そしてそのプレゼントしたギターを使わせてもらってクラプトンがあの名演「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」を弾いています。

今、写真を見ても風格あるレスポールです。

そしてこのギターでジョージは「サムシング」を録音し、クラプトンはまたこのギターをジョージから借りて「レイラ」をライブで演奏。
二人の妻になったパティと二人が繋がっている間はずっとこのルーシーというレスポールがクラプトンとジョージ間に存在しているという印象があって、不思議な気持ちになりました。

あとはビートルズ好きの私としては、ジョンのエピフォン・カジノです。
この本には映画「レット・イット・ビー」でジョンが屋上で弾いていたときの状態の写真が掲載されています(塗装がなく、ナチュラル・ウッドなボディ)が、実は日本公演でジョンが弾いていたのもこのギターで、あのときはサンバーストの塗装が施されていました。ジョンがボディの“鳴り”をよくするために塗装を剥がしてしまったんですね。
さいたまにあったジョン・レノン・ミュージアムにもこのギターが展示されていました。私は感動に震えて動けなくなくりました。

私はジョンというと、リッケンバッカーの黒白のショートスケールギターか、このカジノを思い出します。
アップル屋上での「ゲット・バック」、ジョン渾身のソロがギターの姿を見ただけで思い起こされるのです。

で、そんな思い出のギターのお話が、数奇なミュージシャンの運命なども含め、語られているこの本、ロックファンにはなかなか読み応え、見応えのある本でした。


【Now Playing】 Revolution / The Beatles ( Rock )

2017/07/23

【行ってみた、喰ってみた、飲んでみた、酔ってみた №008 東京都台東区谷中/ギャラリー猫町:橫倉絹枝・切り絵個展「ねこの小さなお話」】

20170722_nekomachi001

今回は、“行ってみた”です!
表題の橫倉絹枝さんの切り絵個展に行ってまいりました。
場所は台東区谷中、駅でいうと千駄木がいちばん近いところです。

橫倉さんご本人にお目にかかるのは、船橋にあった「ビートルズ資料館」で橫倉さんの猫の切り絵(ビートルズ・レコード・ジャケット仕様)を拝見し、そのときに少しお話させていただいて以来でした。


20170722_nekomachi002

相変わらずのパワフルさ、エネルギーがみなぎっているような様子に、さすがだなぁと、連れの者共々感心してしまいました。
おいしいお茶を淹れていただいたうえに、お菓子まで頂戴して、しかも楽しくお話できて、いい時間を過すことができました。


20170722_nekomachi003

掲載している写真はもちろん橫倉さんの作品です。
うちの家族も猫と生活していますので、猫好きの猫愛あふれる橫倉さんの切り絵は大好きです。


20170722_nekomachi004

このブログを読んでいただいている方の中にも猫好きの方はたくさんいらっしゃると思うので(一部ではこのブログが猫ブログにカテゴライズされていたりするのを発見したことがあります)、写真、お楽しみいただけると思います。


20170722_nekomachi005

そして同じギャラリーの二階では、天野千恵美個展「猫、入ってます。」も開催されていました。
この最初の絵は、ある家で飼われた猫ちゃんたちを一枚の絵の中に大集合させたものだそうです。
とてもいいです。今まで飼ってきた猫が仲良さそうに集っている様子、うちもいつか描いていただきたい・・なんて思ってしまいました。


20170722_nekomachi006

うしろの絵と同じ花が猫の身体に投影されているこの作品も目を引きました。
ちょっと不思議な空間になっていました。


20170722_nekomachi007

それからかわいい猫たちが顔を出したりしている作品。(*^_^*)


20170722_nekomachi008

思わず微笑んでしまうものでした。

このあと、また橫倉さんの展示室に戻り、しばしビートルズ関係のお話までして、エネルギーまでいただいてギャラリーを出ました。
楽しいひとときでした。
橫倉さんの作品、また東京で見ることができる機会がありましたらうかがってみようと思います。橫倉さんの楽しいお話を聞くのも“込み”でd(^_^o)


【Now Playing】 Lady Madonna / The Beatles ( Rock )

2017/06/25

「この日のビートルズ」を読みました

20170623_satoru_kamibayashi01

『この日のビートルズ/上林格著(朝日文庫)』を読みました。
この本は、朝日新聞デジタルサイト「どらく」で連載された「この日のビートルズ」を再構成したものだそうです。

第一印象は、とても真面目にビートルズ現役時代の大きな出来事を丹念に拾って丁寧に真面目に書いている、という感じです。

私とは年代的に近い著者のビートルズ経験は、かなり似たものを感じます。
ということは、実際にビートルズを体験(ほとんど後追い体験)したときには、ネットも無く、情報もめっちゃ少なく、関連書籍に書かれていることも今にしてみるとかなり誇張したものや憶測が多いということになります。

また、ビートルズに対するいわれの無いバッシングのようなものも多分経験されていると思います。ツェッペリンなどのハードロック系や、プログレ系のファンなどからもひどいことを言われた世代です。

そんな辛い体験を経た後には、インターネットが普及し、ビートルズファンであることを堂々と言える時代がやって来て、関連書籍も次々と出版され、新たな事実や、謎であったエピソードなども解明され、さらにレコーディング時の細かい逸話なども徐々に明らかになってきて、やっと“我が世の春”を経験するわけです、私達後追い第一世代。

そんなことで、ビートルズの節目の出来事について著者はとても丁寧に書き、まとめています。
既に知っていることも多いのですが、それにしてもこれだけのことをまとめ上げるのはたいしたものだと思いました。
私にとってもビートルズ現役時代のエピソードを復習することが出来ましたし、ちらほらと私の知らなかった話題も見受けられ、それも楽しく読むことが出来ました。

デッカのオーディションから、最後のフォトセッションまで、感慨深いものがありました。
ビートルズファンで、もう一度彼らの現役時代を“悪口”やメンバーの誰かに“偏った”記述などを抜きにして真摯に振り返りたい人にはおすすめです。

彼らのその時々の気持ちが伝わってくるような本でした。


【Now Playing】 You've Got To Hide Your Love Away / The Beatles ( Rock )

2017/06/11

サージェント・ペパーズ・・50周年記念盤、ブルーレイの画像も見てみた

20170611_sgt_video01

表題のデラックス・エディション、音源の方のCD2,3,4も聞きました。
これについては、ビートルズを聞き込んだ人には、「この曲はこういうふうに作られていったのか」などと興味をそそられるものがあるかもしれませんが、マニアの域にまで入り込んでいない人には全部聞くのは大変だったことでしょう、お察し申し上げます。

さて、そんなわけで上記CDにはふれずに、同梱されていたブルーレイの画像の方、見てみました。そこに入っていた音源の方は、それを立派に再生する手段を持たないので、今回は割愛いたします…σ(^_^;)

画像の方はストロベリーやペニーレインなどのプロモ画像があり、あの時代にこれを作ったのか、とあらためて新鮮な気持ちで見ることができました。今見ても面白い画像です。

そして、サージェント・ペパーズ・・のメイキングの画像はとても楽しめるものでした。
元気だった頃のプロデューサー、ジョージ・マーティンがマルチのテープを回しながら、サージェントの製作過程を語ってくれて、それにポール、リンゴ、ジョージのコメントも添えられていました。

ジョージ・マーティンはフェーダーを自分の指の一部のように自然に操作し、どの曲のどのトラックに何を入れたか、どの曲のテイク〇〇にはどんなボーカル、ギター、ドラムなどが入っているか、引き出しを開けるようにスイスイと紹介してくれて、ファンには楽しいことこの上ないです。

そのとき、メンバーの誰がどんなことを言ったか、したか、鮮やかに記憶していて、このアルバムの製作が彼にとっても素晴らしい時間であったことがよくわかりました。

また、ポールもジョージもリンゴも当時のことを事細かに覚えていて、様々なエピソードを披露してくれています。
特にポールとジョージはこのアルバムを作っていく中で“遊び心”をふんだんに発揮していたことがわかりました。

天の邪鬼のジョンは後にサージェント・ペパーズ・・を揶揄したりもしていましたが、ジョンの取り組みもこのアルバムでは素晴らしいものであることがよくわかったし、ジョージ・マーティンのジョンの曲への思いや、ジョンの当時の様子もたくさん語っています。
それがまたうれしい!d(^_^o)

一時期、サージェント・ペパーズ・・は、不当に低い評価を受けていて、「リボルバー一番」みたいな、“わけがわかった”風な人が跋扈していて辟易としたものですが、さあ、あの頃のあの人たち、今どんな顔して聞いてんの?!

結局は買ってよかった、このお高いデラックス・エディション、ファンなら買って損はないでしょう、どうします?買っちゃう?!


【Now Playing】 Lucy In The Sky With Diamonds / The Beatles ( Rock )

2017/06/05

50周年記念エディション「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド New Stereo Mix」“ざっくり”と聞いてみた

20170605_sgt_new_stereo_mix01

ビートルズが生み出した傑作アルバム、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」が世に発表されて50周年。
それを記念してあらたにミキシングを行い、発表された New Stereo Mix バージョン。
ちょっと遅れましたが遂に手に入れましたので、さっそく聞いてみました。
今回は“ざっと聞き”した第一印象を書いてみます。
オリジナル・レコード、CDと同時に聞きくらべたわけではありませんが、私の耳に、身体に残っている、そして沁みているオリジナル盤の記憶と比較しながらのものです。正確ではありませんが、とりあえず、ざっと聞いたところです。
では、一曲目から曲順に。


1 Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band

いきなりバスドラムにパワー感があります。「やってやろうじゃないの!」というジャイルズ・マーティンの心意気が冒頭から伝わってきます。
おっと、ポールのボーカルは、なんだかゴージャスな感じがします。残響音などに変化を加えたからでしょうか。
右スピーカーのギターでは、ロックらしい音の歪み具合がはっきりわかり、くっきりとプレイが浮き彫りになっているような印象です。
いつも気になる、途中で“グキッ”とやめてしまうギターソロは、やはり・・そのまま・・。そこまで手を入れちゃねぇ・・と思ってのことか。
それからリンゴのスネアの音が突然消える謎の部分は、やはりそのままスネアの音は消えていました。これはたぶんバックのオーケストラの音を生かそうとして、スネアの音が消えてしまったと考えるのが相当ではないかと思います。つまり音源としてはもうその部分のスネアの音は残っていないのでしょう。
全体のコーラスについては、個々の声がよく分離して聞こえるようになったと感じました。
サビの前のボーカルの音は、ホールにいるような感じがより増していると思いました。


2 With A Little Help From My Friends

まずは、リンゴのハイハット・プレイが繊細でくっきりとした音で聞こえるようになりました。
タムタムも元々オリジナルでは、ワイルドな音の録り方がされていましたが、さらに迫力あるのものになっていました。
コーラスについても、これもまた分離してよく聞こえます。
ポールのベースは想像していたほどは強調されていませんでした。もともとかなり強調されていたからかもしれません。


3 Lucy In The Sky With Diamonds

次に、この曲ではドラム、特に、タムタムの音がドラムの裏側のヘッドが跳ね返る音まで十分に聞こえてくるようなサウンド表現をしています。。
サビのルーシー・インザ・・・の部分のベースの音がいままでと異なる気がします。エフェクト感があるもので、単音的ではありません。
最後のリフレインの部分のドラムも反響音が増した感じでした。


4 Getting Better

最初のコーラス部分にキレがあります。
ポールのボーカルにパワーを感じるし、ボーカル部分については、生音っぽい成分が増えたように思います。だからポールのボーカルも聞き取り易いし、逆に伸び伸びしているようにも感じます。
ポールのユニゾンになっているボーカル部分には切れ込むような迫力があり、「ジーン」というギター?の音も明らかに変化を感じました。そしてなんだか宇宙的空間のようなものを感じました。
ポールのペースはオリジナル盤より輪郭をぼやかして“ポーン・ボーン”いう感じを増強しているようです。


5 Fixing A Hole

ポールのベース、単音に聞こえないくらいのエフェクト増しの感じがします。
バックの弦楽器のサウンドには、ふわふわとした空間を感じるような気がしました。
エピフォンであろうリードギターの音もくっきりとした感じです。
リンゴのハイハットにかけているエフェクトも強調されているように思いました。


6 She's Leaving Home

明らかにスピードが上がり(モノラルのスピードと同化したらしい)、ポールのボーカルはステレオミックスに慣れた私には“高っ調子”に聞こえる(^_^;)
逆に外部ミュージシャンが弾いている弦楽器は上品になったように聞こえる。
ポールのボーカルの音自体はまろやかになったようにも感じました。


7 Being For The Benefit Of Mr.Kite !

いきなり迫力が1.5倍増し!d(^_^o)
リンゴのスネアもハイハットも増強1.2倍増し
バックのテープ編集した間奏部分も輪郭くっきりです。
ポールのベースも“こんなもんでどうだ”ってポールが言い出しそうなくらいバブン・バブンいってる(^^;)
ラストの部分のフレーズがオリジナルと異なっているように感じた・・気のせいか・・。


8 Within You Without You

オリジナルでは“もや”の向こうからジョージが語りかけてくるような感じだったが、割と目の前でジョージの説教を受けている…σ(^_^;)感じ。
聞き易いけど、不思議感は減ったように思いました。


※ここまで聞いてきて、うわさに聞いていたよりもまっとうなミックスになっていると思いました。
たぶん・・大袈裟に言っている人って、ふだんあまりサージェント・ペパーズ・・を聞いていなくて、オリジナルとそんなに変わらない部分も初めて聞くような衝撃を受けてしまっているのではないか、などと密かに思いました


9 When I'm Sixty-Four

バックのクラリネットなどの演奏にリッチな感じがします。
全体に豊かな曲になった印象です。
ポールのボーカルは、生音っぽい成分が増しているよう。
リンゴのブラシの音もエフェクト感を減少させ、すっきりした印象です。


10 Lovely Rita

ドラムの音、特にハイハットとスネアが“本日おまけ増量中”的な感じ(*^_^*)
感想のピアノもオリジナルよりもはっきりと聞こえます。
バック・コーラス、個々の声もオリジナルより分離して聞こえました。


11 Good Morning Good Morning

ドラムがドスドス、ズボズボいってる(^_^;)感じ
ベースもヤケになってるのかと思うくらい、“これもん”で弾いている。
スネアもこれでもかというくらいの大増量&響き線の音もがっしり入っている。
ついでにバスドラもドッスン・ドッスンすごいのでした。


12 Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)

こちらはバスドラを強調したいはずだと思っていたらそうでもない(^^;)
そのかわりボーカルは切れ込み鋭く、ロックでヤクザな感じ増強です。


13 A Day In The Life

ジョンのボーカルが豊かな音になっています。エフェクトで絞っている感じがしません。
そしてこの曲もリンゴのドラムを大増強するかと思いきや、割と冷静にほどほどに強化しているのでした。
でも、ドラムの裏側のヘッドの鳴りを拾うくらいのいい感じの強調がされています。この辺の加減が絶妙です。
途中のオーケストラの盛り上がり部分も意外とそんなに“やり過ぎ”感はありません。
ただ「ア~~ア~~ア~~」のところのサウンド的空間はオリジナルよりも浮遊感がリアルに出ていると思いました。
最後の「ダ~ンッ」ていう四人で三台のピアノを弾いた部分については、迫力がかなり出てましたd(^_^o)

いかがでしょうか、“ざっと聞き”状態の感想。
今回のアルバム全体についての感想は、また後日、もう一度聞き直してからにいたします。
それではみなさん、何度も聞いてみましょうね(^-^)/☆

2017/05/10

【はっPのアナログ探訪_0140: Wings Wild Life / Wings ( LP )】

20170510_wings_wildlife01

久しぶりのアナログ探訪、今回は来日公演も好評だったポール・マッカートニーのウイングス結成初のアルバムとなった「ウイングス・ワイルド・ライフ」です。

まずはジャケットが最高です。
こういう感じのものって、近年あまりないですね。しかも配信が多くなってしまうと、ジャケットそのものにあまり価値がないっていうか、重きが置かれていない・・そんな時代だし・・。

このアナログ盤は当時A面4曲、B面4曲の合計8曲しか入っていませんでした。
プログレのアルバムじゃあるまいし、と当時は思ったものですが、一曲ごとがそれほど長時間の曲でもないし、あっけない感じで終わってしまうアルバムだと感じました。

近年のCDなどでは「メアリーの子羊」などの曲をボーナス・トラックとして付け加えてそれなりのボリュームをだしていますが、高校生くらいの頃にこのアルバムを聞いた私はバンドを結成はしたものの、なかなか曲が揃わなかったんだろうな、なんて勝手に思っていたものです。

でも、今回含めポールの公演を何度か味わってからこのアルバムを聞くと、ポールの魅力のある一面が強調されているようで、なかなか味わいのあるアルバムです。


20170510_wings_wildlife02

ワイルド・ライフと銘打っているくらいで、サウンドそのものは、とてもシンプルでワイルド感がありますし、ポールのボーカル自体もダイレクトに伝わって来て、コンサートでもワイルド・ライフ・メドレーなんてやったら面白かったかも、(*^_^*)なんて思いましたよ。

さらにこのアルバムの音はアナログ盤がよく似合います。
切々と歌う曲がけっこうあり、それが適度にアナログらしく、“ゆるく”、“まろやか”に展開されていくような気がしました、あらためてレコード盤で聞いてみて・・。

ある意味“ポールの世界”を堪能できるアルバムと言ってもよいかもしれません。
「バンドでエレクトリックでドッカァ~ン」みたいな派手な感じはないし、プライベート感満載な感じのこの雰囲気、今にしてみるとなかなかです。

ポール・ファンでこのアルバムをまだお持ちでない方、手に入れてみてもいいかもしれませんよ、しかもアナログ盤でd(^_^o)

2017/05/02

Paul McCartney_One On One Tour 最終日に行きました

20170430_paul_tour003

ポール・マッカートニーの日本公演。東京ドームの最終日に行って来ました。
前回、前々回の来日時のコンサートについてもこのブログで感想を書きました。その時は特に一曲ずつ書いたりしましたが、今回は全体を通していろいろと感じたことを書いてみます。

最終日に演奏されたのは以下の曲です。

01. A Hard Day’s Night
02. Junior’s Farm・・・ドーム二日目は Save Us だったらしい
03. Can’t Buy Me Love
04. Jet・・・ドーム初日は Letting Go とのこと
05. Temporary Secretary
06. Let Me Roll It
07. I’ve Got a Feeling
08. My Valentine
09. 1985
10. Maybe I’m Amazed
11. We Can Work It Out・・・ドーム二日目は I've Just Seen A Face だっととのこと
12. In Spite of All the Danger
13. You Won’t See Me
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. Queenie Eye
19. New・・・ドーム二日目は前曲と曲順が入れ替わっていたとのこと
20. The Fool on the Hill
21. Lady Madonna
22. Four Five Seconds
23. Eleanor Rigby
24. I Wanna Be Your Man
25. Being for the Benefit of Mr. Kite!
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band on the Run
29. Back In The U.S.S.R.
30. Let It Be
31. Live And Let Die
32. Hey Jude

33. Yesterday
34. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
35. Get Back
36. Hi, Hi, Hi・・・ ドーム初日は Birthday 、二日目は I Saw Her Standing There 、三日目は Get Back(しかも前曲と順序入れ替え)とのこと
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End

ポールも日本風に言えば、もう後期高齢者に入ってくるわけです。
それで上記39曲を二時間半に渡って、ステージに上がりっ放しで歌い、演奏したことに、驚くと共に、ファンとしてとてもうれしいし、感謝したいと思いました。常人には考えられないことです。ほんとうに素晴らしい。


20170430_paul_tour001

また、今回のツアーで感じたことは、どの曲も非常にすっきりと、丁寧に演奏されていて、楽曲、演奏そのものを十分に楽しむことができたということでした。
前回の来日時に、また来てくれるに違いない、この元気なポールを見たら・・と思いましたが、ポールは今回、ただ来日してコンサートを行うというのでなく、コンサートの構成や、演奏そのものを実にうまく練り上げていたと感じました。それがとても聞き易く、評判の高いコンサートになった要因ではないかとも思いました。

特に強く感じたのは、ポールが一人のプレイヤー(演奏者)として、真摯に楽器に向かい、プレイしていたことです。明らかに慈しむように、ベースを、ギターを、ピアノをプレイしていました。それも特にアコースティック・ギターをずっと奏でていたコーナーでは、ひとつひとつの運指もそうだし、曲に対して楽器で向き合うポールを感じました。

とても珍しかった You Won't See Me では、ギタープレイも素晴らしいし、バンド全体がこの楽曲について十分検討したうえで新たな編曲で、この曲の良さを十分に引き出した演奏となっていました。こういう言い方もなんですが、大御所がこの佳曲について、真摯に向き合ってお客様にこういうふうに楽しんでもらおうと取り組んでいる姿に心打たれました。

そんなポールの今回の様子だから、どの曲も丁寧な演奏、バンド全体の仕上げの良さを感じたのだと思います。


20170430_paul_tour002

それからもうひとつ。
最終日には、青く光るサイリウムが座席に置かれていて、「Hey Jude」のときに、今回のツアーのテーマカラーである「青」の光でポールに「おかえりなさい」「ありがとう」を伝えよう・・ということで写真のようにドームが美しい青い光の波に包まれたわけですが、それを見たポールには十分に伝わっていたのを感じると共に、今回の来日中のポールは、あらゆるシーンで、「今の自分に出来ることを丁寧にやり、それを見せ、それを喜ぶファンの空気を感じたい」ということだったのではないかと強く感じました。

75歳にもなろうという自分がこうしてビートルズ時代からの様々なナンバーを演奏し、世界を巡り、ファンがほんとうにうれしそうにしている、そんな様子を目に焼き付け、そしてそれを今の自分で全身に感じたい・・そんなことなんじゃないか、と思ったのです。

だから、今回のポールはとても自然体に見えました。
そしてこれこそがポールの人としての最も良いところなんじゃないか、なんて生意気にも考えました。

「なんであの曲やらないの」とか、「ノドに無理しているんじゃないの、もうやめた方がいいよ」とか、挙げ句に武道館公演に対して「まだ儲けたいのか」などということを言う人もいたりしますが、私には「わかってないなぁ」と感じます。

ポールがそこにいて、今のポールが出来ることをやっているのです。それも観客を楽しませること(自分のその姿を見てきっとよろこんでくれると・・)が一番大事だと、ビートルズ時代からわかっているビートルズの4人のうちの一人なんです、だから今のポールを見られて私は幸せでした。

ほんとうに良かった今回のコンサート。ひょっとするとポールの来日は今後無いかもしれませんが、ポールの真摯なステージは今回、ひときわ私の印象の中で光輝いています。

2017/04/21

「ビートルズ来日学」を読んだ、濃かった・・。

20170421_masataka_miyanaga01

『ビートルズ来日学/宮永正隆著(DU BOOKS)』という本を読みました。

“ビートルズ大学”?!学長の宮永さんが、1966年のビートルズ来日時に四人と接した人々へのインタビュー、そしてそのインタビューの検証、さらにそこから新事実や新仮説を提示し、記事としてまとめたものです。
その記事は「レコード・コレクターズ」という雑誌に掲載されたのですが、それをまとめたこの本ではさらにアップデイト&ブラッシュアップされているという寸法です。

買うには買ったが、ボリュームもあるためためらっておりました…σ(^_^;)
それに1966年にビートルズと実際に接した人たちの話を読んでいるうちに“やきもち”焼いたりしそうで、読書開始が遅れました・・、人間が小さい・・(^_^;)

で、感想なんですけど、実に多くの人が四人にものすごく接近していたんだな、と思いました。
日航機の中で特にポールに気に入られ、世話をしてくれたことに感謝されていた客室乗務員の男性は、夜にポールから「イエスタデイ」口ずさんでもらっていたりします。なんて素敵なことでしょうか。

読んでいると、実際に本人達からサインを直接もらっている人多数です。
ビートルズのサインというと、代筆が多いと聞いていますが、鑑定の結果もほとんどが本物です、なんとまあ羨ましいことか。

さらに気づいたこととして、ホテルの従業員や、日テレのスタッフ、その他この本の登場人物の多くがあまりビートルズの存在の大きさについて感じていないということでした。
気がつくと世間が大騒ぎしているので、ああそんなに凄いやつらなんだ・・なんてね。

当時の担当スチュワーデスの方の話に、ポールから「この手紙を出しておいてほしい」と飛行機の中で書いていた手紙を渡され、了承した場面がありました。
その手紙の宛先を見ると「ジェーン・アッシャー(当時、ポールの婚約者)」だったということで、その方はビートルズファンだったので、“妬けた”とおっしゃっています(^^;)
ポールも「宛先は婚約者なんだ」と言ったそうです。

ビートルズに古美術品を売った方(特に骨董に興味津々なジョンに)は、ジョンの“目利き”に驚いています。
ジョンについては、「とっつきにくい」という評価と「気さくでよく気遣いをしてくれる人」という極端な評価のわかれ方を感じました。ジョンは相手によって・・って、人なんだろうと思いました。

また、特にビートルズの音楽を知らなくても、ヒルトンホテルに呼ばれた人でビートルズの音楽をそれまで聞いたことがなかったのに、「ただのロックじゃない、様々な要素が織り込まれているのではないか」というような表現をされていた方もいて、いいとこついているなぁとも思いました。

ポールにわずか三日間でスーツをあつらえたテーラーの方の熟練の技にすぐに気づいたポールが全幅の信頼をおいて任せる場面もよかった。そして「このバンドはこの人でもっているな、若いに似合わず人との接し方が素晴らしい」とその方が感じる場面。
ポールにはそういう魅力があります。

ジョージとリンゴの情報は割と少な目でしたが、それでも興味深く読めました。

ただ、武道館やヒルトンホテルでのあまりに細かい検証については、前座のドリフのカトちゃんのステージの移動経路だとか、もうどこまで行ってしまうのかわからなくなってきて、そこまでいらないんじゃ・・と思うことも正直いっぱいありましたd(^_^o)

またいつか読み返すときに、そこをどう感じるか、その辺の気持ちは保留しておきます。

読んでいるうちにだいぶ疲れたので、この辺で(*^_^*)・・それじゃまた。


【Now Playing】 Paperback Writer / The Beatles ( Rock )

2017/04/12

【はっPのアナログ探訪_0139: SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND / The Beatles ( LP )】

20170411_sgt_peppers01

アナログ探訪、今回は「リリース後50周年記念盤が出る」と、このところ話題になっているビートルズのサージェント・ペパーズ・・をあらためてレコード盤で聞いてみました。

私が所有しているのは東芝音楽工業の日本盤。あの赤く透き通ったレコードです。

買った当時はほとんど毎日聞いていたので、音が悪いかと思っていたら、そんなことありませんでした。
雑音ひとつなく、とてもいい音(*^_^*)

CDで聞いてきた音とはやはりひと味もふた味も異なるものでした。
どちらかというと、とても安定した落ち着いた印象の音です。ギターの音色なども深く聞こえ、楽しめると感じました。

「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・・」などはアナログの方が不思議感、浮遊感がより出ていて、音の深みもこちらの方が豊かです。50年も経って、CD化の技術も進んでいるのに、驚きの結果です。
「ウィズィン・ユー・ウィズアウト・ユー」も同様(#^.^#)
インドの打楽器、タブラの“弾力”を感じさせる音も、こっちの方がはるかに上です(^_^)


20170411_sgt_peppers02

世間の評価はいろいろで、「コンセプト・アルバムって言ったって、偶然の産物だろ?!」とか、「シングル盤になるようないい曲がない」とか、逆に「世紀の傑作だ」とか、「20世紀がどういうものかを語るなら、このアルバム一枚聞けばいい」とか、中学生時代に私の耳にはそんな諸々のコメントが入ってきたものでした。

でもねぇ、当時の私には「とても楽しいアルバム」「聞き処満載」「サウンドが素晴らしい」「不思議の世界へボートを漕ぎ出した感じ」・・そんな印象でした。
だからもう、毎日、毎日聞きました。楽しくてうれしくて仕方ないアルバムだったのです。そしてビートルズをどんどん好きになったアルバムです。
また、四人それぞれの楽器のプレイが最高です。私にとっては大好きなアルバムだったのです。

またサージェント・ペパーズ・・の Reprise は、イントロのリンゴのドラムが世界で一番“かっこいい”ドラムではないかと思ったものです。そして今もナンバーワンのドラムだと思っています。そして、これを聞いて自分もドラムを叩いてみようと思ったのでした。

ああ、もうラストの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」になってしまいました。早いっ!!
いいアルバムはあっという間です。
そしてこの最後を飾る曲も、音が深い・・。

あらためていいアルバムでした。
今回の記念アルバムがどんなものかも楽しみになってきましたよ(゚ー゚*)。oO

2017/04/08

録画しておいた「発掘 お宝ガレリア」を見た

20170408_otakara01

NHKのテレビ番組「発掘 お宝ガレリア」を録画しておいたので見てみました。
内容はビートルズの幻のお宝・・というもの。

最初に音楽誌ミュージック・ライフの記者(のちに編集長)の星加ルミ子さんが登場。
ビートルズ来日時のエピソードを語ってくださいましたが、その中で当時ビートルズがヒルトンホテルの部屋で描いていた絵をもらった話が出ました。


20170408_otakara02

上の写真がその絵です。ミュージック・ライフに掲載されたカラー写真です。
ビートルズの四人が描いたものですが、星加さんはもらって箱に詰めたのにもかかわらず帰りに忘れてしまい、それっきり探したけれど見つからないのだそうです。
私も聞いたことがありました。貴重なものです。


20170408_otakara03

次は有名な「ノルウェイの森」などの邦題をつけた、当時の東芝、ビートルズ担当の髙嶋さん。
もちろん、話題はビートルズ来日時の幻の日本編集ベスト盤の話。
結局、本国から許可が出ず、“オシャカ”になったレコードですが、番組中で紹介されたAB面それぞれの曲目はプリーズ・ミスター・ポストマンやアイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア、オール・マイ・ラヴィング、恋する二人、のっぽのサリーが入っているなど、とてもいいセレクトだと思います。


20170408_otakara04

現在テスト盤の一枚のみ(髙嶋さん所有)が確認されているのみのレコード盤ですが、実は私、それを自分の手に取って見せていただいたことがあります。それが上記の写真です。
東芝音楽工業らしく赤い色の盤ですね。レーベル面の曲目クレジットは丁寧に手書きされていました。
この経験は今でも忘れられません。手が震えました。


20170408_otakara05

そして次に登場したのは、ビートルズ来日時のハンブルクからアンカレッジまで日航機で四人と同行した客室乗務員の重岡良蔵さん。


20170408_otakara06

実はこの録画を見たきょう、偶然「ビートルズ来日学/宮永正隆」という本を読み始めたのです。早めに買っておいたのですが、なかなか手がつかなかった状態でした。
そこにももちろん、重岡さんが登場しています。


20170408_otakara07

「ビートルズ来日学」にも掲載されたアンカレッジでのビートルズ、日航の鶴丸マーク入りの扇子を持つポールの写真が紹介されました。
こういう話はもうねぇ、ドキドキするんですよね。ビートルズ四人の息づかいが聞こえてくるようです。


20170408_otakara08

この写真は、ヒルトンホテルでの骨董商が持ち込んだものを見せてもらっているビートルズ。
ポールが着ているものをよく見ると、あのアルバム「オールディーズ」の裏ジャケに載っていたものです。つまりあの裏ジャケは日本公演時のヒルトンホテル内でのものなんですよね。それを初めて知ったときには私も「あぁっ!!」と驚きましたっけ。


20170408_otakara09

次の写真は、そのときにもらったビートルズのサイン・・素晴らし過ぎる保存状態でした。
ふくさに包まれてきちんと保管されていました。

先に書きましたが、「ビートルズ来日学」も読書中なので、読了後にまた感想を書こうと思っています。けっこうすごい内容です。


【Now Playing】 Hey Jude / The Beatles ( Rock )

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック